一人っ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一人っ子(ひとりっこ 英訳:only child)とは、自分以外の兄弟姉妹がいない人を指す。

概要[編集]

厚生省(現厚生労働省)設置の国立社会保障・人口問題研究所が1940年から定期的に行っている調査によると、一人っ子の割合は1990年代頃から徐々に増加している。2002年に行われた調査[1]によると、結婚期間が長い子供を産み終えた世代では平均2.0人を少し上回っており、80%以上の家庭が子供を2人以上持ち、一人っ子は10%に満たなかった。結婚4年未満の家庭における一人っ子の割合も1980年代とさほど変わらない。これは一人目の子供を持つ時期が変わっていないことを示す。しかし結婚期間が5年から9年経った家庭における一人っ子は24%(1987年から9ポイント上昇)、10年から14年の家庭でも16%(6ポイント上昇)となっており、一人目を生んだ後の出生率が鈍化している。

少子化の主たる原因は依然独身者の増加であるが、子供を持たない(持ない・産ない)夫婦(DINKS晩婚化不妊、経済的理由など)も結婚5年以上10年未満で10%(1987年から5ポイント上昇)となっているほか、一人っ子など出産ペースの低下も寄与している[2]

一人っ子のみを持つ(二人以上持てない)理由は以下のように様々である。

経済的な理由
  • ゆとりある生活が欲しい、複数でなく一人に絞って十分な育児・教育費をかけたい
  • 仕事をしながら子供を預ける費用が一人分しか捻出できない(二人以上だと大学へ行かせられなくなるおそれがある)
    • (親が民間企業で務めている場合)終身雇用が保証されていないため、解雇倒産に遭った際の経済的なリスクが大きい
  • (養育費の有無にかかわらず)乳幼児が二人以上いると、保育所に預けるのが難しくなる
身体・精神的な理由
  • 一人目の妊娠出産で身体・精神的に大きな負担を経験したため、第二子以降の出産を避けたい
  • 妊娠中毒症切迫早産などで入院、また出産後のうつなどを経験したため(重病や身体障害などで出産が困難)
  • 「二人目不妊」(治療中あるいは治療が高額・心身に負担が大きい)など
経済的・身体的な理由の併合
  • 晩婚のため、高齢出産に伴う問題を避けたい
  • 子供が中学校〜高校・大学を卒業し、就職するまでの体力・経済状態などを考慮した、親の加齢に伴う理由
    • 40歳で出産したとすれば、中学校を卒業する頃には55歳になり、高校〜大学までの学費を確保するのが難しくなる
    • 44歳で出産したとすれば、中学校を卒業する頃には59歳になり、高校〜大学までの学費を確保するのが難しくなる
その他の理由
  • 第一子(長男・長女)が、弟や妹を持つことを望まないため
  • 早く仕事に復帰したい・時間や貯蓄を自分に使いたいという親のライフスタイルの維持が理由
  • 家庭内別居、離婚、または「再婚で連れ子がいるため、新しく子供を作るのは控えたい」という家庭環境面における理由
  • いじめ性犯罪などの事件に遭遇する危険があり、目が行き届くには一人っ子が精一杯という社会環境面における理由
  • 親が精神的に余裕を持って一人の子に専念でき、子供は比べられる対象(兄弟・姉妹)がいないのは良いのではないかという育児環境面の理由
メリット
  • 一人っ子のIQや学業成績が、兄弟・姉妹のいる子供と比較して高いというデータが存在する[3]
  • 一人っ子の場合、親のリソースがより多く注がれる傾向がある[3]
  • デンマークの双子の調査では、一人っ子を持つ女性は、子供がいない、もしくは複数の子供を持つ女性よりも自分たちの生活に満足しているという結果がある[4]
  • 第一子や兄弟姉妹を1人持つ者と共に思考力や達成度のスコアが高いという点以外は、一人っ子は他の子供と比較して測れる程の違いは見られない[4]
デメリット
  • 科学的根拠の不明なものやステレオタイプも含め否定的な批判もある[4]
  • 対人関係能力が乏しく社会性・積極性に欠ける
  • 兄弟・姉妹と共有し、または我慢すること(菓子を分け合うなど)を知らないで育つため、精神的に甘く自己中心的になる
  • 兄弟・姉妹のいない状態で父母が同時に(事故などで)急死した場合、独りで生活しなければならなくなるおそれがある
  • 両親が高齢化し、寝たきりになった場合、独りで介護する必要性が発生し、肉体・精神面と費用面の負担を強いられる

小説[編集]

一人っ子が要素の小説として以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 厚生省 国立社会保障・人口問題研究所 第12回出生動向基本調査
  2. ^ 厚生省 国立社会保障・人口問題研究所 少子化情報ホームページ
  3. ^ a b 「長男長女は頭いい」「2番目は社会性高い」に根拠あるのか
  4. ^ a b c The Only Child: Debunking the Myths

参考文献[編集]

関連項目[編集]