谷原章介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たにはら しょうすけ
谷原 章介
谷原 章介
2008年
本名 谷原 章介
生年月日 1972年7月8日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優タレント司会者
ジャンル 映画テレビドラマCMバラエティ番組
活動期間 1992年 -
配偶者 三宅えみ2007年 - )
事務所 イー・コンセプト
主な作品
映画
花より男子
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
スカイ・クロラ The Sky Crawlers
ハンサム★スーツ
のだめカンタービレ 最終楽章・前編
僕と妻の1778の物語
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜
情報番組
王様のブランチ』(2代目司会)

谷原 章介(たにはら しょうすけ、1972年7月8日 - )は、日本俳優タレント司会者イー・コンセプト所属。

神奈川県出身。身長183 cm、体重72 kg。愛称は「ハラショー」「タニショー」「谷やん」。

来歴[編集]

人物[編集]

仕事面
美男子であることを前提とした役柄が多いが、好青年から気取った嫌味な男、有能で頭の切れる男からうだつが上がらない情けない男と、演じる役は幅広い[2]
ブラザートムとは、その家族も含めて親交が深い。ブラザートムから「章介は(自分の)家族」と言われている。[要出典]
趣味・嗜好
趣味は、テディベア古着スニーカー・時計[3]・家具の収集と、ビリヤード。家事が得意で、普段の食事は自分で作ることが多く、腕前はプロ並みとも言われる[2]。収集癖があり、5000枚あまりのCDを所有している[5]
高校時代からヘヴィ・メタルを好み、1980年代に流行ったスラッシュメタル等をよく聴いていた[5]また、メガデスアンスラックスメタリカエクソダスが好きと公言している[要出典]
他にも少女漫画が好きな一面もあり、くらもちふさこ多田かおるがお気に入り[6]。また『このマンガがすごい!2006・オンナ版』[要ページ番号]でも、「各界のマンガ読み」として私のBEST6とコメントが掲載されている。
『王様のブランチ』で安室奈美恵のファンを自称しており、頭の中で頻繁にバーチャルデートをしているらしい。因みに安室本人から「タニー」と呼ばれたことがある[要出典]
漫画『ONE PIECE』のファンだと公言している[要出典]
娘と共に『ハートキャッチプリキュア!』の頃からプリキュアシリーズのファンであることを明かし[7]、映画館では子供への来場者特典であるミラクルライトを振っていたという[8]。『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』の悪役、マシュー役としてオファーが来た事には驚き[7]と共に「子供達に自慢できる」と出演を快諾したという。
横浜出身だが、プロ野球は熱烈な広島カープファン[1][9]。幼少期から父に連れられ、横浜スタジアム横浜×広島戦をよく見に行きカープを応援していたという[9]。また広島市民球場が閉鎖される前に家族で広島まで球場を見に行った[1][9]。ただし、妻は巨人ファンである。
JリーグではFC町田ゼルビアのサポーター[10]。町田がまだ関東リーグに在籍していた頃から応援していたほど[11]
愛犬家かつ爬虫類嫌い
愛犬家でもあり、自身の愛犬ボストンテリアの「デラ」は、アカラス(皮膚の難病)を患っていることを承知でブリーダーから引き取り、懸命なる看病と治療により完治させた(当時、ブリーダーから別の犬と交換の申し出があったが、それを断ってのこと)[要出典]
その一方、爬虫類が大の苦手)[要出典]
その他
納豆好き。2005年7月5日には、納豆の普及やイメージアップに貢献した著名人として、全国納豆協同組合連合会(全納連)から納豆食推進イメージリーダー「第2回納豆キング」に選出・表彰されている。[12]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

司会・ナビゲート[編集]

ナレーション[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 海に未来を託して〜俳優・谷原章介と深海に挑み続ける者たち〜(2011年12月30日、BS朝日) - BS民放5局共同特別番組
  • 旅のチカラ 「海に沈んだ祖父の想い〜谷原章介 フィリピン〜」(2013年8月21日、NHK BSプレミアム)
  • ファミリーヒストリー(2012年10月15日、NHK - この谷原の回でのナレーションは余貴美子
  • NHKスペシャル シリーズ 故宮 (2014年6月28日-29日、NHK)

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

吹き替え[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

イメージキャラクター[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 中国語会話(2006年度、NHK教育)
  • とっさの中国語(2007年、NHK教育)
  • 大人男のファッションウェブマガジン「GOODA」vol.1 巻頭インタビュー(2011年9月 - 2012年11月)

出版物[編集]

連載コラム[編集]

  • 『横浜スカイマガジン』 (2003年 - 2005年)
  • 小学館『テレパルf(エフ)』(2004年 - )
  • 読売新聞夕刊』(2006年)

解説[編集]

  • おまけのこ畠中恵,新潮文庫, 2005,しゃばけ第四弾。しゃばけ、うそうそには仁吉訳でテレビドラマ出演。

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2007年11月4日にWOWOWで放送され、2008年5月31日にはDV上映による劇場公開がされた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 鶴瓶の家族に乾杯 前編 ゲスト谷原章介”. TVでた蔵(TV DATA ZOO) (2012年5月7日). 2012年5月7日閲覧。鶴瓶の家族に乾杯 後編”. TV DATA ZOO (2012年5月14日). 2012年5月14日閲覧。鶴瓶の家族に乾杯 前編 ゲスト谷原章介”. gooTVトピック (2012年5月7日). 2013年2月3日閲覧。鶴瓶の家族に乾杯 後編”. gooTVトピック (2012年5月14日). 2013年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e INLIFE 男の履歴書DX 「谷原章介」
  3. ^ a b 谷原章介 最新情報”. ジャパン・ミュージックエンターテインメント. 2015年2月12日閲覧。
  4. ^ 香里奈とともに谷原章介が初の男性受賞 『ベストレザーニスト2008』”. ORICON STYLE (2008年11月3日). 2015年2月12日閲覧。
  5. ^ a b c 谷原章介、ヘヴィメタルな音楽遍歴を語る”. ORICON STYLE (2012年3月16日). 2015年2月12日閲覧。
  6. ^ 谷原章介 (2014年). 「わたしのマーガレット展」スペシャルサポーター・谷原章介さんインタビュー. (インタビュー). OZmall.. http://www.ozmall.co.jp/topics/marguerite/ 2015年2月12日閲覧。 
  7. ^ a b c 『映画ドキドキ!プリキュア』マシュー役に谷原章介、プリキュア遂に敗北!?”. マイナビニュース (2013年8月17日). 2015年2月12日閲覧。
  8. ^ 壬生智裕 (2013年11月4日). “ゲスト声優・谷原章介の魅力にプリキュア声優たちもドキドキ!!”. シネマトゥデイ. 2015年2月12日閲覧。
  9. ^ a b c ぴあ WE LOVE CARP』「鯉党インタビュー 谷原章介」ぴあ広島アスリートマガジン共同編集、2013年、30-33頁
  10. ^ https://twitter.com/odakyu_s/status/444254102654943232/photo/1
  11. ^ 「全勝します」FC町田ゼルビア戸塚監督-地域リーグ決勝大会壮行会で - 町田経済新聞・2008年11月13日
  12. ^ 2005年度納豆クイーン&納豆キング 納豆クイーン・華原朋美、納豆キング・谷原章介が受賞!!”. 全国納豆協同組合連合会 (2005年7月). 2015年2月12日閲覧。
  13. ^ “谷原章介「アタック25」3代目司会 40周年新たなスタート”. Sponichi Annex. (2015年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/12/kiji/K20150212009794850.html 2015年2月12日閲覧。 
  14. ^ “はるやまCM ギャラリー”. はるやま商事公式サイト. http://www.haruyama.co.jp/tvcm/ 2014年11月16日閲覧。 
  15. ^ “谷原章介:王子様姿で少女マンガの世界をPR「マーガレット展」サポーターに”. MANTANWEB. (2014年8月3日). http://mantan-web.jp/2014/08/03/20140803dog00m200021000c.html 2015年2月12日閲覧。 

外部リンク[編集]