特捜エクシードラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタルヒーローシリーズ
通番 題名 放映期間
第10作 特救指令
ソルブレイン
1991年1月
- 1992年1月
第11作 特捜
エクシードラフト
1992年2月
- 1993年1月
第12作 特捜ロボ
ジャンパーソン
1993年1月
- 1994年1月
特捜エクシードラフト
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 8時00分 - 8時30分(30分)
放送期間 1992年2月2日 - 1993年1月24日
(全49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 三ツ村鐵治
原作 八手三郎
脚本 宮下隼一
プロデューサー 宇都宮恭三、梶淳(テレビ朝日)
堀長文(東映)
出演者 影丸茂樹
河井マモル
榊原伊織
中村由利
福田豊土
オープニング 「特捜エクシードラフト」
歌:宮内タカユキ
エンディング 「ゴールは未来」
歌:宮内タカユキ

特記事項:
メタルヒーローシリーズ」 第11作
テンプレートを表示

特捜エクシードラフト』(とくそうエクシードラフト)は、1992年平成4年)2月2日から1993年(平成5年)1月24日までテレビ朝日系列で毎週日曜8時00分から8時30分(JST)に全49話が放送された、東映制作の特撮テレビ番組。「メタルヒーローシリーズ」の第11作にあたる。

概要[編集]

特徴[編集]

特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』に続く、「レスキューポリスシリーズ」の第3作であり、レスキューポリスシリーズとしては最後の作品となる。

企画時のネーミングは『緊急指令トライアングラー』で第1話の決定稿脚本にはこの名称で表記されている。

設定や作劇的には前2作の基本路線を踏襲した形となっているが、ロボットが排されて強化スーツを装着する人数が3人に増えたり、手作業でのスーツの装着など、従来の世界観からの変更もいくつかなされている。また前作よりもアクションシーンが増えた。

本作品は本来、1992年の時間設定がなされており、前2作より前の時間軸の為、世界観の関連性はほぼ皆無であった[1][注 1]。ところが終盤にて、前2作の主要登場人物である正木俊介[注 2]の登場に伴い、唐突に前2作品と世界観を同じくする作品とされた[1][注 3]

スタッフについて[編集]

メインライターは前年までの杉村升スーパー戦隊シリーズに移動したことにより、宮下隼一に交代。宇宙捜査官の登場や「神と悪魔の戦い」など、これまでのレスキューポリスシリーズの世界観とは趣を異にするストーリーが目立つようになった[1]

またエクシードラフトの与り知らぬ、助けようのないところで名もない一般市民が死ぬなどの描写もなされた。

メイン監督はパイロットを含め年間を通して三ツ村鐵治が担当。そして前作から引き続き小西通雄、また杉村と同じく戦隊シリーズに移動した小笠原猛とスイッチする形で蓑輪雅夫が登板。最終3部作を担当するなどの活躍ぶりを見せた。

ストーリー[編集]

明日の地球に人々は求めた、愛と希望と優しさを!そして人々は選んだ、若く熱い三つの魂を!多様化する未来型犯罪に敢然と挑戦する特別救急捜査隊の誕生である!(オープニングナレーション(1、2話)より)

多様化する犯罪から人々を守るために、3つの魂が炎となって燃えた! これは明日の地球に愛と優しさを求めた、特別救急捜査隊の物語である!(オープニングナレーション(3話以降)より)

犯罪、環境汚染、自然災害など高度化、複雑化する人類の脅威に立ち向かうべく、警視庁消防庁防衛省厚生省など様々な分野からのスペシャリストが集結し、ウインスペクター、ソルブレインに続く新たなレスキューポリスが誕生した。それが、特別救急捜査隊エクシードラフトである。

登場人物[編集]

エクシードラフトとその関係者[編集]

叶 隼人(かのう はやと) / ドラフトレッダー、シンクレッダー
インターポール(ICPO)出身の25歳。階級は警視正。エクシードラフトでは隊長を務める。
スポーツ万能の上に5ヶ国語をこなすインテリ。責任感が強く、冷静沈着さの持ち主。子供には優しい。正義を守るためなら自らの限界に挑む。秘密主義で仕事には厳しいが、敵の策略で人身事故の加害者に仕立てられた耕作の無実を何としてでも証明しようとしたり、敵の不意打ちによってリボルバックG3を奪われ取り乱す拳をなだめる(前者、後者とも第42話)など、隊員思いの面も持つ。
エクシードラフト入隊のきっかけは親友でもあった同僚を犯人(ビル岩城)逮捕の際に殉職させてしまった為で、当初は自分を責めていたが「友の志を無駄にする訳にはいかない」という決意の元、後に創設されたエクシードラフトの隊長に自ら志願した(第3話)。
最終話において、大門との最終決戦後に死亡してしまうが、考えを改めた美香の力によって新たな生命を吹き込まれて復活した。
村岡 耕作(むらおか こうさく) / ドラフトブルース
警視庁特捜部出身の24歳。階級は警視
見た目はクールだがその外見に対して人情家で、第39話では友人であり落ちぶれた野球選手のホームレスを立ち直らせようとしている。幼少の頃に両親を亡くしているため、家族の絆を断とうとする犯人には特に容赦無しに戦い、家族を大切にしない人間に対しても怒りを露わにしている。
エクシードラフト入隊のきっかけは説得して自首させようとした犯罪者から逆に殺されかけた為で、以来、犯人逮捕の技術に全力を注ぐようになったという(第4話)。
オリンピック出場歴のある父の影響から射撃を得意とする他、変装の名人でもあり隼人や拳らも騙される演技力も持ち、第42話ではそれを生かして中国マフィアのボスを追い詰めた。
第48話にて、拳と共に大門によって操られ、愛と彼女に宿された神の子を殺害しようとするが、桂木によって静止される。しかし、そのまま基地内の設備を爆破し、桂木・拳と共に本部の爆発に巻き込まれ生死不明となるが、最終話で遺体が大門のアジトに留置されていた。その際、愛の体に宿っていた神の子の生命エネルギーが吹き込まれたことで再生する。
大熊 拳(おおくま けん) / ドラフトキース
消防隊レンジャー部に所属していた。23歳。階級は警視。
空手の達人で、学生時代に「大旋風蹴り」で選手権6連覇を達成した実力者。性格は明朗だが、悪と戦う時は真剣な顔つきに変わり、第13話では親友の木暮を救うために単身敵のアジトに乗り込んだ。
エクシードラフト入隊のきっかけは、受験に失敗して自棄になった事から放火を犯した少年を改心させた経験から、「悪の炎」を消す使命に目覚めたからだとの事(第4話)。
熱血漢だが意外にも料理が趣味で、得意な料理はホットケーキ
第48話にて、耕作と共に大門によって操られ、愛と彼女に宿された神の子を殺害しようとするが、桂木によって静止される。しかし、そのまま基地内の設備を爆破し、桂木・耕作と共に本部の爆発に巻き込まれ生死不明となるが、最終話で遺体が大門のアジトに留置されていた。その際、愛の体に宿っていた神の子の生命エネルギーが吹き込まれたことで再生する。
日向 愛(ひゅうが あい)
アメリカ航空宇宙局(NASA)に所属していた。22歳。階級は警部。主にデータ解析官を務める。
事件が起こるとコンピュータをオペレートし、メンバーをバックアップする。頭脳明晰、スポーツ万能。特に剣道が得意であり、インターハイで優勝している。
第16話では、かつて自分を信頼していたロボット・デュークをかばうために隼人達に銃を向けた。
終盤で、自身に神の子を宿されて大門に命を狙われるようになるが、最終話にて神の子の生命エネルギーが耕作達に吹き込まれ、彼らを再生させた。
桂木 重吉(かつらぎ じゅうきち)
隼人同様、インターポール(ICPO)に所属していた。54歳。階級は警視監。エクシードラフトの本部長。
外見そのものは呑気だが、事件が起こるとメンバーに的確な指示を与える。趣味は釣り浪曲鑑賞。一時期、極秘任務のため古巣のICPOに赴いていた。また、ダーツの腕前もかなりのもの(第4話)。
第48話にて、大門に操られた耕作・拳を静止するものの、そのまま基地内の設備を爆破され、本部の爆発に巻き込まれて生死不明となるが、最終話で遺体が大門のアジトに留置されていた。その際、愛の体に宿っていた神の子の生命エネルギーが吹き込まれたことで再生する。
一色 哲夫(いっしき てつお)
階級は警視監で、50歳。極秘任務でパリへ赴いた桂木の本部長代理を務めた(第11~18話)。
日向 勝(ひゅうが まさる)
愛の弟で10歳。姉同様、剣道に勤しんでいる。
秋葉が担当した事件に幾度となく遭遇し、東郷に拉致されたり(第29話)神のサンタに連れ去られたこともあった(第43~44話)。
最終話では、隼人と大門の一騎打ちを愛と共に見届けている。
正木 俊介(まさき しゅんすけ)
階級は警視監。43歳。かつてウインスペクターとソルブレインを設立した人物で、現在は警察庁に在籍。後付けであるが、エクシードラフトの設立にも協力したとされている[2]

その他[編集]

デビット 秋葉(デビット あきば)
第19~20話・第28~29話・第43~44話・最終話に登場。28歳。
中南米テロ撲滅委員会の特別捜査官だったが殉職し、その体に宇宙生命体が乗り移った。秋葉に乗り移った宇宙生命体は宇宙の犯罪者になってしまった弟を追う宇宙捜査官で、実体を持たない意識だけの存在。当初は隼人達と対立するも互いに認め合うようになる。
第43~44話では、「神と悪魔の戦い」が絡んだ事件を捜査するエクシードラフトに協力する。第44話で大門に抹殺されたかのような描写があったが、最終話で隼人に加勢したことで無事が確認された。
カルロス 東郷(カルロス とうごう)
第19~20話・第28~29話に登場する国際的テロリスト
デビット秋葉に射殺されたが、その体に宇宙生命体が乗り移った。実は秋葉に乗り移った宇宙捜査官の実弟であり、犯罪によって両親を失った事が原因で道を踏み外し、捜査官となった兄と死闘を繰り広げてきた。しかし、自分のことに責任を感じた兄の心情を知り涙を流しつつも兄の制止を振り切って自殺した。
後に、「神と悪魔の戦い」にも関わっていた事が秋葉によって語られた(第44話)。
美香(みか)
第33話より度々隼人の前に現れる謎の少女。その正体は神に遣われし者・天使ミカエル
神を絶対としており、種として人類を存続させるために一部の人間(子供のみ)を大門の魔の手から守る使命を受けていた。もっとも個々の人間に対しては無慈悲かつ冷徹、保護する人間以外の犠牲はもとより、保護した子供の心情も一切気に掛けず、人として神の意思に反するエクシードラフトを抹殺しようとするなど、目的の為ならば手段を選ばず、エクシードラフト本部で自分の力を見せ付けた際にも人間を見下すような発言をし、人間は神の意思に従う事を当然としか認識していない。しかし最終話において考えを改め、大門と相打ちになった隼人を再生させた。
サンタクロースを使者として操る。
大門 巌(だいもん いわお)
大門コンツェルンの総裁。第33話で初登場し、エクシードラフトに度々挑戦を仕掛ける。その正体は悪魔[注 4]
「神と悪魔の戦い」に勝利すべく、様々な手段を用いる(第33~34話・第43~44話・第47~最終話)。心理攻撃を使って相手を操る事が出来る(その際、何故か爽やかな口調になる)。格闘術にも長けており、最終話では隼人を圧倒している。最後は隼人が放ったサイクロンノバを受けて灼熱地獄となっていた地球へ飛ばされて消滅し、直後に地球も元に戻った。
湯田や爆弾ロボット(厳密には、湯田の配下。)、黒い衣装のサンタクロース、紳士服の老人・少年を手駒として操る。二人の女性秘書もいた(第33~34話)。
テニスを趣味としているらしく、劇中ではテニスをする姿を見せた。

装備・メカニック[編集]

基本装備[編集]

トライジャケット
隼人、耕作、拳が装着する捜査用強化スーツ。クラステクター、ソリッドスーツの発展型と思われる。装着時の掛け声は実装
隼人のスーツは防弾性・耐衝撃性に優れた赤のスーツ(スワットモード)。耕作のスーツは追跡・電波吸収性・捜査能力に優れた青のスーツ(アレストモード)。拳のスーツは耐熱・消火・救助能力に優れた黄色のスーツ(ファイヤーモード)。
耐熱温度は、レッダーとブルースは4500℃、キースは4700℃。実装は、レッダーは前作までと同様、専用車スクラムヘッドの座席で自動で行われるが(第6話のみ不明)、ブルースとキースは車外のトランクを開いて手作業で着替える。
バトルジャケット・強化トライジャケット
物語の後半(第33話)から登場したトライジャケットの強化版で、レスキュー重視の機能に特化していた従来のトライジャケットから、戦闘面を重視したパワーアップが施された。
レッダーのトライジャケットは大幅にデザインチェンジが行われバトルジャケットにパワーアップ、名称もシンクレッダーに変更された。ブルース・キースのトライジャケットは腕と脚に白いラインが1本(シンクレッダーは2本)入った、強化トライジャケットにマイナーチェンジ。
この他一度だけの登場に終わったものの、従来のレッダーにもマイナーチェンジ型が存在している(第35話)。この強化の直前にレッダー専用車・バリアス7が配備されたこともあり、レッダーはバリアス7の車内で、ブルース&キースもスクラムヘッドの車内で「実装」するようになった。シンクレッダーの頭部には、犯人鎮圧用のショックガンが二門装備されている。
EDRT-003 アクセスロックS
エクシードラフト隊員が使用する多目的小型無線機。音声通信の他、ボタンを使用した暗号通信、シムの遠隔操作などといった機能を持つ。また、戦闘や救助の必要がある時にはアクセスロックキャッチャーに差し込む事で、格納された各トライジャケット・バトルジャケットを「実装」する。
なお、劇中で使用されたプロップは基本的に玩具を流用しており、玩具の広告でもそれを売りにしていた。
EDRT-009 特捜手帳
隼人、耕作、拳の3人が携帯する特殊捜査警察手帳。3人がエクシードラフトの隊長もしくは隊員である事を証明すると共に、付属しているデータチップが捜査やレスキュー活動に必要なデータを素早く提供する。
これまでのシリーズで登場した同系統のアイテム(電子手帳・特警手帳・ソルインジケーター)と異なり、本編への登場は中盤からとなっている(第25話以降)。

レスキュー・戦闘用装備[編集]

EDRT-001 リボルバックG-3
エクシードラフトが装備する多機能ハンドガン。6つのモードの切り替えが可能であり、1 - 3はそれぞれ普通の実弾の「ブラスター」、速射レーザーの「レーザーパルス」、消火ビームの「ケミカルショット」として、実装前に使用される。劇中では「レーザーパルス」と「ケミカルショット」は使用されなかった。
また下記のトライシャフトを追加装着することで4 - 6のモードが使用可能となり、それぞれブラスターの5倍の威力を誇る「ハイパーブラスターモード」(主にレッダーが使用)、麻痺ビームや電撃弾を発射する「サンダーグレネードモード」(主にブルースが使用)、冷凍ビームの「フリーズレーザーモード」(主にキースが使用)の3種類のレーザービーム銃として使える。
EDRT-002 トライシャフト
エクシードラフトが装備する特殊警棒。
EDRT-004 ハイドランダー
スクラムヘッドの収納庫内に備え付けられた携帯式放水銃。
EDRT-005 ターボユニットW
トライジャケットの足首部分に備え付けられた加速装置。「ターボユニット!」の掛け声で起動し、ファンの高速回転によりレッダーは秒速110メートル、ブルースとキースは秒速100メートルのスピードでの走行が可能となるほか、レッダーは100メートル、ブルースとキースは75メートルまでジャンプ力を高めることができる。
EDRT-006 ガードラー
第11話より登場した、ターボユニットWの性能をより効率良くするための装備。その形状から盾としても使用され、敵のあらゆる攻撃を防ぐ。
EDRT-007 エンブレード
アルファベット表記は「E.M-Blade」。レッダーのガードラーにのみ収納されている。近接戦闘で多用される他、刃の部分を縮めてヘビーサイクロンに装填する事も可能。
EDRT-008 ビルドライバー
第21話より登場したレスキューツール。「ドリルモード」と「ディスクソウモード」の2タイプのユニットを付け替えることによって威力を発揮し、主に人がエレベーターなどに閉じ込められた場合に使用。また、リボルバックG-3と合体し「リボルドライビングモード」として使用するとパワーが10倍にまでアップする。
EDRT-00X ヘビーサイクロン
シンクレッダー専用に開発された多目的銃火器。バルカン(エネルギー弾を連射)マグナム(破壊力に優れる)、ゲル(粘着弾)のカートリッジを使用する。またエンブレードを装填する事により、最強の必殺攻撃「サイクロン・ノバ」を放つ事が出来る。
バンダイCMでは、ヘビーサイクロンと右手のガードラーを装着した状態で撃っていたが、劇中にはそのようなシーンは存在しない。

メカニック[編集]

SRED-01 スクラムヘッド
全長:4900mm / 全幅:2000mm / 全高:2690mm / 最高速度:300km/h
四輪駆動のレスキューカー。当初は3人全員が使用していたが、バリアス7導入後はブルース、キースが主に使用するようになった。
運転席の「アクセスロックキャッチャー」にアクセスロックSを差し込むことで、座席がスクラムヘッド後部のトライジャケット格納庫に移動し実装が可能となっており、バリアス7が導入されるまでは隼人が使用していた。耕作と拳は車外のトランクからトライジャケットを取り出し実装していたが、バリアス7導入後は運転席で実装するようになった。
スピードと悪路での走破性に優れており、車体上部に救助ワイヤーや消火剤を噴射する「トライキャノン」、前部に強化チタナイト製クロー、格納庫内に携帯式放水銃EDRT-004 ハイドランダーを搭載。ベース車はシボレー・ブレイザー(K5型の第2世代)
SRED-02 バリアス7
全長:4650mm / 全幅:1970mm / 全高:1650mm / 最高速度:400km/h(パトロールスピード)、3000km/h(ウルトラハイスピード)、(2000kmという資料もある)
第25話より登場した、レッダー専用のスーパーパトカー。必要に応じて、ブルース・キースが使用する事もある(第40話など)。通常走行モードの他に「ウルトラハイスピード」と呼ばれる緊急走行モードが存在している。
スーパースピード時は、バリアフィールドジェネレーターにより空気抵抗などから車体を護る。また、下記の7種の機能が装備されており、通常形態の「パトロールモード」と、これらの装備を展開した「エマージェンシーモード」を状況に応じて使い分ける。ベース車はシボレー・コルベット(C4前期型)
  • グレネードシューター(Aボタン・爆雷射出装置)
  • ハイパーサーチライト(Bボタン・透視能力を持ち、明るさを最大にすれば有毒ガスも分解する強力な紫外線照明)
  • マルチアンカー(Cボタン・多目的マニピュレータ付属の牽引装置)
  • ブレイクレーザー(Dボタン・障害物破壊用レーザー砲)
  • アクセスレーダー(Eボタン・全周波数帯域を網羅する探査装置)
  • ハイドランドキャノン(Fボタン・化学放水銃)
  • ホバースピーダー(Gボタン・ウルトラハイスピード走行や短距離飛行を可能にする浮揚装備)
情報探査衛星シム(SIM)
地球の衛星軌道上に浮遊する人工衛星で、愛がオペレーターとなる。事件現場の模様を望遠鏡で捕らえたり、アクセスロックSからの無線信号もキャッチする。機体上部には、レーザー砲も装備。また、犯罪者データベースや様々な武器のデータベースも照会できる。
隊員用覆面パトカー
車種はオートザムAZ-3。パッションイエローマイカと、ブリリアントブラック(1話限り)の2台が登場。
赤色灯やサイレンはなかった(ただし、黒い方はサイレンを鳴らしていた)。

キャスト[編集]

※各話ゲストについては放映リストを参照。

スーツアクター[編集]

なお、赤田は本作撮影中の事故が原因で四肢麻痺となり、スーツアクターを引退した。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

メタルヒーローシリーズは基本的にOP・EDの歌詞表示は無いが、本作のOPでは唯一歌詞が表示された。

オープニングテーマ
「特捜エクシードラフト」
作詞:山川啓介 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:矢野立美 / 歌:宮内タカユキ
エンディングテーマ
「ゴールは未来」
作詞:山川啓介 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:矢野立美 / 歌:宮内タカユキ
挿入歌
「実装!!」(第24、25、28話)
作詞:松本一起 / 作曲:瑞木薫 / 編曲:信田かずお / 歌:宮内タカユキ
「スクラム! エクシードラフト」(第28話)
作詞:江口水基 / 作曲:瑞木薫 / 編曲:信田かずお / 歌:沢靖英
「たよりにしてます 本部長」
作詞:江口水基 / 作曲・編曲:信田かずお / 歌:橋本潮
「それは命」(第28、35話)
作詞:松本一起 / 作曲:鈴木キサブロー / 編曲:信田かずお / 歌:宮内タカユキ
「勇気を未来に向けて 〜エクシードラフト限りなく〜」(第24、28話)
作詞:榊原マサオ / 作曲:加治木剛 / 編曲:児嶋三郎 / 歌:古怒田健志
「生命はひとつ」
作詞:榊原マサオ / 作曲・編曲:信田かずお / 歌:宮内タカユキ
「LAST FIGHTER」(第25話、26話、29話、34話、43話、48話)
作詞:江口水基 / 作曲・編曲:児嶋三郎 / 歌:宮内タカユキ
「白い稲妻! バリアス7」(第33話、42話)
作詞:江口水基 / 作曲・編曲:児嶋三郎 / 歌:宮内タカユキ
「勇気と友情のバトル」
作詞:平出よしかつ / 作曲:鴨井学 / 編曲:信田かずお / 歌:宮内タカユキ
「エクシードラフトGrade up!」(第39話)
作詞:江口水基 / 作曲:瑞木薫 / 編曲:児嶋三郎 / 歌:宮内タカユキ
「嵐を巻きおこせ!」(第42話、43話)
作詞:江口水基 / 作曲:瑞木薫 / 編曲:信田かずお / 歌:宮内タカユキ
「未来を守る騎士たち」(第36話、37話、48話)
作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:赤坂東児 / 歌:宮内タカユキ
「勇気よ急げ!」(第33話、37話、最終話)
作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:赤坂東児 / 歌:宮内タカユキ

放映リスト[編集]

  • 1992年8月9日、11月1日、1993年1月3日は休止。
放送日 話数 サブタイトル 登場人物、メカなど 脚本 監督
1992年
2月2日
1 死の幼稚園バス 宮下隼一 三ツ村鐵治
2月9日 2 爆裂都市SOS!
  • 坂東常夫(演:堀越大史
  • 無重力砲、高効率燃料RS-14
2月16日 3 赤いスペードの影 小西通雄
2月23日 4 生体兵器少女
3月1日 5 一人ぼっちの宇宙 鷺山京子 新井清
3月8日 6 トラック母ちゃん
  • 竹内秀美(クレジットでは文枝)(演:高畑淳子
  • 俊彦
  • 梶山(警視庁国際部)(演:中川彰
  • 岡部(演:須賀良
  • 高木
  • 武藤マキオ
  • 早川(演:佐藤裕
  • 核弾頭
山田隆司
3月15日 7 隼人 指名手配!
  • 矢崎文三(フェルナンド・モラレス・ヤザキ)/クローン矢崎(演:春田純一
  • 子供時代の矢崎文三(演:宮野真守
宮下隼一 三ツ村鐵治
3月22日 8 スペード最終作戦
3月29日 9 危険な家族ごっこ 扇澤延男 蓑輪雅夫
4月5日 10 隼人の一番長い日 酒井直行
4月12日 11 炎の超高速ロボ
  • 野々村勇三
  • 野々村和也(演:久我未来
  • 玉木文夫(演:野崎海太郎
  • チャーリー・ウォン
  • 海底作業用ロボット・ポセイドン
宮下隼一 小西通雄
4月19日 12 マッハのロボ戦線
4月26日 13 禁断の地獄拳 増田貴彦 三ツ村鐵治
5月3日 14 遥かなる父の家路 酒井直行
5月10日 15 前略金銀息子さま 扇澤延男 蓑輪雅夫
5月17日 16 絶体絶命の愛
  • デューク(NASA・AD-Q型ロボット)(声:岸野一彦
  • シリコン弾
山田隆司
5月24日 17 シンデレラを救え 鷺山京子 小西通雄
5月31日 18 パパは嘘つき警官
  • 沢田英司(演:海津亮介
  • 加藤巡査部長
  • 加藤コウイチ
  • 心理透視機
中野睦
6月7日 19 光を破る侵入者 宮下隼一 三ツ村鐵治
6月14日 20 時空を越えた友情
6月21日 21 わたしはサイコ I 宮下隼一
細野辰興
蓑輪雅夫
6月28日 22 わたしはサイコ II
7月5日 23 死をよぶ愛の説得 扇澤延男 小西通雄
7月12日 24 傷だらけの迷走 中野睦
7月19日 25 発進! 超(スーパー)マシン 宮下隼一 三ツ村鐵治
7月26日 26 明日への激走
8月2日 27 拳のラブストリー[注 7] 酒井直行 蓑輪雅夫
8月16日 28 光の戦士、再び!
  • デビッド秋葉
  • カルロス東郷
  • 小針圭三(演:山田登是
宮下隼一 小西通雄
8月23日 29 さらば、光の戦士
8月30日 30 狙われた護送作戦 増田貴彦 三ツ村鐵治
9月6日 31 過去への特救便 酒井直行
9月13日 32 耕作のガンコ親父 扇澤延男 蓑輪雅夫
9月20日 33 完成! 戦闘強化服(バトルジャケット)
炎の黙示録編I[6]
  • 湯田均(演:高品剛
  • 爆弾ロボット軍団
  • 大門巌
  • 美香
宮下隼一
9月27日 34 生命(いのち)を売る契約書
炎の黙示録編II[6]
  • 湯田均
  • 大門巌
  • 美香
10月4日 35 見えない巨人
  • 奥田広行(演:中原丈雄
  • 新田保(演:柴田翔平
  • 反橋栄一郎(演:菅生隆之
  • 奥田タカヒコ
  • 反橋シュウイチ
  • 反橋夫人
  • 電磁波発生装置
扇澤延男 小西通雄
10月11日 36 隊長が裏切った!?
  • 陣野忠雄(演:原康義
  • 山崎(演:辰馬伸
  • 陣野ノブヒコ
  • 記憶移植装置
酒井直行
10月18日 37 復讐の爆走ロード 中野睦 三ツ村鐵治
10月25日 38 不発弾、出前一丁 宮下隼一
鈴木康之
11月8日 39 飛べ! 誓いの白球 鷺山京子 蓑輪雅夫
11月15日 40 死の爆弾罰ゲーム 宮下隼一
11月22日 41 対決! ふたりの拳 扇澤延男 石田秀範
11月29日 42 特捜、謹慎を命ず 酒井直行
12月6日 43 神と悪魔の黙示録 宮下隼一 小西通雄
12月13日 44 最終戦争(ハルマゲドン)の聖夜
  • 神のサンタ
  • 悪魔のサンタ[注 10]
  • 川村さやか
12月20日 45 死神の狙撃指令! 増田貴彦 三ツ村鐵治
12月27日 46 魔獣を飼う美少女 扇澤延男
1993年
1月10日
47 正木リターンズ!!
  • 大門巌
  • 美香
  • シルクハットの老紳士(演:菊地寿幸)・少年(演:松木一真
  • 正木俊介警視監
宮下隼一
鈴木康之
蓑輪雅夫
1月17日 48 決戦! 最後の審判
1月24日 49 さらば特捜警察(レスキューポリス)

視聴率[編集]

  • 最高視聴率:13.2%(メタルヒーローシリーズ歴代8位)

ビデオリサーチ調べ、関東地区

放映ネット局[編集]

他媒体展開[編集]

映像ソフト化[編集]

ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)は1993年4月 - 9月に全12巻が東映ビデオよりリリースされている。それまでのメタルヒーローシリーズのビデオは『宇宙刑事ギャバン』、『宇宙刑事シャリバン』を除いて全話収録ではない、もしくはテレビシリーズのビデオが未発売というパターンが多かったが、本作品から全話収録となった。またひと月2巻ずつのリリースだった。また、テレビシリーズを再編集したHEROクラブのビデオが2巻リリースされている。収録される音声については、第13話までは過去のメタルヒーローシリーズ同様、フィルムに記録された光学サウンドトラック音声を、第14話以降には現存するVTRマスターのものと思われる磁気音声をそれぞれ使用している。

2011年3月21日から7月21日にかけて前作『特救指令ソルブレイン』に続きDVDが東映ビデオから発売。全5巻。5巻には次作ジャンパーソンの予告も収録している。

漫画作品[編集]

こいしさとし
『てれびくん』連載。最終決戦は、本編では結局実現しなかった前2作との共演が描かれており、ウインスペクターとソルブレインも含めた9人の戦士が大門に立ち向かうという展開となっている(ちなみに、ナイトファイヤーはウインスペクター扱いで登場)。
相原和典
『テレビランド』連載。相原和典はレスキューポリスシリーズ3作品全ての漫画作品を執筆している。

映画作品[編集]

仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
ゴーカイレッドのゴーカイチェンジでドラフトレッダーが登場。

ネット配信[編集]

  •  2013年1月から6月にかけてYoutubeの「東映特撮 YouTube Official」において全49話が配信された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、前作の『ソルブレイン』にも放送期間である1991年が時間設定のように思われる描写があった。
  2. ^ 本作品での肩書きは警視監
  3. ^ デビット秋葉が再登場した第28話では「インターポールからエクシードラフトを視察に来た」という設定なため、この時点ではまだ前2作と別の世界観であったことが伺える。[独自研究?]
  4. ^ 名前の「大門」も、デーモンから取られている。
  5. ^ クレジットは24話まで「寺杣」、25話以降は「てらそま」。
  6. ^ 「全怪獣怪人大事典 中巻」では、名称を「キーパ」と記載している[4]
  7. ^ ナレーションでは「ラブストーリー」に聞こえるが、字幕記載は「ラブストリー」。
  8. ^ 「全怪獣怪人大事典 中巻」では、名称を「南条真弓」と記載している[5]
  9. ^ 「全怪獣怪人大事典 中巻」では、名称を「サンタクロース」と記載している[5]
  10. ^ 「全怪獣怪人大事典 中巻」では、名称を「黒サンタクロース」と記載している[5]
  11. ^ 「全怪獣怪人大事典 中巻」では、名称を「S-1」と記載している[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、206頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ てれびくん2003年3月号のレスキューポリスシリーズ紹介記事より
  3. ^ 『シールドの向こう側』 楽しかったな〜 ありがとう、お面達!”. 「hiroshiのブログ」(前田浩公式ブログ) (2010年2月20日). 2011年5月5日閲覧。
  4. ^ 全怪獣怪人 中 2003, p. 164.
  5. ^ a b c d 全怪獣怪人 中 2003, p. 165
  6. ^ a b 脚本のみ表記

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜8時台前半
前番組 番組名 次番組
特救指令ソルブレイン
(1991年1月20日 - 1992年1月26日)
特捜エクシードラフト
(1992年2月2日 - 1993年1月24日)
特捜ロボ ジャンパーソン
(1993年1月31日 - 1994年1月23日)