宇宙刑事魂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇宙刑事魂 THE SPACE SHERIFF SPIRITS(うちゅうけいじたましい)は2006年5月25日バンダイナムコゲームスより発売のプレイステーション2用ゲームソフト。

概要[編集]

1982年から1985年テレビ朝日系列で放送されていた東映特撮番組宇宙刑事シリーズ』(『宇宙刑事ギャバン』『宇宙刑事シャリバン』『宇宙刑事シャイダー』)をテーマとするキャラクターゲームである。

テレビシリーズでは実現しなかった三宇宙刑事の共闘(競演は『宇宙刑事シャイダー』最終話で実現しているが、変身や名乗りポーズを決めただけで共闘は描かれなかった)が実現した。また曽我町子演ずるゲームオリジナルの悪役「暗黒銀河女王」が登場。曽我は本作の発売直前である2006年5月7日に急逝したため、これが役者としての最後の仕事となった。

『宇宙刑事シャイダー』で沢村大/シャイダーを演じた円谷浩は2001年7月24日に死去したため、声優の川村拓央がシャイダー役を演じている。

メタルヒーローシリーズ」としては、『特救指令ソルブレイン』(ファミコン用ソフト)以来のゲーム作品となる。

ストーリー[編集]

フーマがシャイダーの手で壊滅してから3年後、宇宙では謎の武装集団による惑星侵略が行われていた。捜査に乗り出したギャバンに暗黒銀河女王と名乗る者から挑戦状が叩きつけられた。宇宙刑事たちは力を合わせ宇宙最大の危機に立ち向かう。

オリジナルキャラクター[編集]

暗黒銀河女王:曽我町子
本作の元凶でラスボス。自らを暗黒宇宙の支配者と名乗る。マグー、マドー、フーマの構成員たちを甦らせ、バード星と地球を壊滅させようと目論む。宇宙刑事たちを小童と見下している。

コンバットスーツ[編集]

バリオゼクター
本作オリジナルのコンバットスーツ。宇宙警察で作られた超電導コンバットスーツであまりにパワーが強すぎるため使用禁止になっていたが、女王に盗まれハンターキラーが装着する。エネルギー消費が悪い弱点の共通等、後に登場するブラックブートレグギャバンブートレグとの関連性も仄めかせている。

キャスト[編集]

銀河連邦警察関係者は、銀河連邦警察を参照。

主なスタッフ[編集]

  • 企画:デジフロイド
  • プロデューサー:中潟憲雄
  • ディレクター:町田武幸
  • ゲームデザイン:鈴木龍治
  • プログラマー:宇野智之、西川大悟、桑原弘稔、中山賢、伊達幸祐
  • 3Dデザイナー:松枝希世志、南雲裕一、虎谷佳昌、SIN、吉村清人
  • モーションデザイナー:常世田陽二、船越零司、中根篤、森田雅人
  • アクションコーディネーター:阿部光男
  • モーションアクター:前田浩大橋明佐々木俊宜マーク武蔵伊藤慎
  • サウンドクリエーター:藤原保
  • 原作:八手三郎
  • 暗黒銀河女王・衣装デザイン:野口竜
  • ゲームオリジナル宇宙刑事アニー・キャストデザイン:盛作貞三
  • 監修:篠原智士(東映株式会社)、松山直美(東映株式会社)

外部リンク[編集]