三谷昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みたに のぼる
三谷 昇
生年月日 1932年4月9日(82歳)
出生地 日本の旗日本広島県福山市
民族 日本人
ジャンル 俳優声優

三谷 昇みたに のぼる1932年4月9日[1] - )は、日本俳優広島県福山市出身。

来歴・人物[編集]

高校時代から演劇活動を始め、1951年広島県立福山葦陽高等学校を卒業後、文学座に舞台美術などを手がける裏方として入団。その後役者へと転身する。29歳の時、自動車事故で片目を失明1963年芥川比呂志らと文学座を退団し、劇団雲に参加する。

俳優としての転機となったのは、1970年黒澤明監督『どですかでん』での浮浪者の父親役への抜擢で、以降、映画テレビドラマへの出演機会が増えていく。気の弱い男の役や不当に虐げられる役をはじめ、詐欺師から警官、コミカルな道化役まで幅広く演じ分ける個性派俳優である。その特異な風貌から不気味な悪役も数多く演じており、男性でありながら妖婆役を演じることもあった(三谷自身は1970年代頃までは自身の演じる役が子供に言いづらく、『ウルトラマンタロウ』でわずか3話のみの登場であるが、二谷副隊長役のオファーを受けた際、初めて子供に言える役を貰えて嬉しかったという。また、当時41歳で、歴代の防衛チームの副隊長を演じた俳優としては最年長でもあった)。

深作欣二監督は三谷を重用し、1972年東映映画『狂犬三兄弟』では菅原文太田中邦衛との3人で主演している。『ミンボーの女』などの伊丹十三監督作品の常連でもあった。日活ロマンポルノから子供向けのテレビ番組まで、仕事の内容で選別せず幅広く出演。NHK『人形劇 三国志』やアニメ映画『クジラの跳躍 Glassy Ocean』『冬の日』などでは声の出演もしている。

2004年に名画座「自由が丘武蔵野館」にて特集上映“大怪優 三谷昇”が開催され、『軍旗はためく下に』『野獣狩り』『夢野久作の少女地獄』などの映画が上映された。その際のトークショーでは、自身が愛着のある出演作として『おろしや国酔夢譚』を挙げている。

1975年演劇集団 円の創立に参加。別役実作や、蜷川幸雄演出の舞台作品に数多く出演。2008年に演劇集団 円を退団した後、現在フリーとして舞台を中心に精力的な活動を続けている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

  • クジラの跳躍 Glassy Ocean(1998年 メディアボックス) - 画家のR

ラジオドラマ[編集]

人形劇[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、104頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021

外部リンク[編集]