スウィートホーム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウィートホーム
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
製作 玉置泰
製作総指揮 伊丹十三
出演者 宮本信子
山城新伍
NOKKO
黒田福美
古舘伊知郎
音楽 松浦雅也
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1989年1月21日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スウィートホーム』(SWEET HOME)は、1989年1月21日東宝系にて公開された日本のホラー映画である。画面サイズスタンダード

あらすじ[編集]

テレビ取材班5人がフレスコ画家・間宮一郎の遺作が残る屋敷にやってきた。壁画を修復した彼らは壁面から連作と思われるフレスコ画を発見する。 着々と取材を進める一行だが、次々と怪奇現象が起こり、やむなくプロデューサーの和夫とディレクターの秋子は取材を断念し、引き上げる準備を始める。 しかしその最中、カメラマンの田口とレポーターのアスカが怪奇現象によって命を落としてしまう。さらにそこへ山村と名乗る老人が現れ、供養塔を壊したのはお前たちかと和夫達を問い詰めてきた。この館ではかつて間宮一郎の妻が誤って我が子を死なせてしまい、そのショックから精神に異常をきたして子供たちを次々に攫っては殺害するという事件を起こした末に自らの命を絶つという凄惨な事件が起きていた。その事件の犠牲者や間宮夫人らの霊を鎮めるために供養塔が作られていたのだが、屋敷に入る時に偶然田口が供養塔を壊しており、それによって間宮夫人の霊が悪霊となって蘇ってしまったのだという。やがて間宮夫人の魔の手は残された和夫達にも迫り、和夫の娘・エミが夫人の霊に攫われてしまった。和夫と秋子は山村老人の助力を得てエミの救出に向かうのだった。

登場人物[編集]

テレビ取材班[編集]

早川秋子(はやかわ あきこ):宮本信子
本作の主人公。ディレクター。きびきびとしたしっかり者のキャリアウーマン。独身。星野和夫と付き合っており愛し合っているが、彼の優柔不断な面に不満も持っている。星野の娘のエミのことは妹のように可愛がっている。子を失った自分とは逆に母親を失ったエミを我が子にせんと執着する間宮夫人と戦う決意を固める。
星野和夫(ほしの かずお):山城新伍
プロデューサー。エミの父。陽気で明るい人物だが反面、優柔不断な面がある。秋子を愛しているが、なかなか結婚を言い出せないでいる。
星野エミ(ほしの えみ):NOKKO
和夫の娘。明るく活発な少女だが内心には幼い頃に亡くした母への思慕を抱いており、姉のように慕う秋子に母になって欲しいと願っている。夏休みであるため父に同行している。母を亡くすという生い立ちゆえに、子を亡くして苦しむ間宮夫人の悪霊と引き付けあい、そのままさらわれてしまう。
田口 亮(たぐち りょう):古舘伊知郎
カメラマン。カメラマンとしては優秀だが少々浅慮なところがありトラブルメーカー。発電機室に入る為に供養塔を壊してしまい、クルーに悲劇をもたらした張本人。『影』に捕まって下半身を溶かされ、上半身だけになりながらもアスカに助けを請うが、錯乱したアスカにスパナで殴られて死亡する。
アスカ(あすか):黒田福美
番組のレポーター。神秘的な雰囲気を持つ若い女性。芸術に造詣があるらしく間宮邸の壁に描かれたフレスコ画の修復作業も担当する。霊感が強いようで間宮邸の怪異に真っ先に反応し、何者かに取り憑かれたかのように奇行を見せるようになる。下半身を焼かれて半狂乱状態ですがりついてきた田口を混乱と共に撲殺した直後、壁に立てかけておいたために倒れてきた巨大な斧に頭を直撃され即死。和夫たちに発見された際には、間宮夫人の影の超高熱により、遺体が見る影もなく溶けだしていた。

間宮家に関わる人物[編集]

山村健一(やまむら けんいち):伊丹十三
間宮邸から一番近いガソリンスタンドの主人。気骨のある老人で間宮家の過去の悲劇を知る人物だが、その素性は謎。「心の力」と称する不思議な力を操ることができ、エミを失って途方にくれる和夫たちを叱咤しつつ導く。影に囚われたエミを救出した後に全身を溶かされ死亡。
間宮一郎(まみや いちろう)
フレスコ画家で間宮邸の主。故人。生前に間宮家の日々を描いた巨大なフレスコ画を残しており、これが間宮家での悲劇を一行に伝えている[1]
間宮夫人(まみや -):渡辺まち子
間宮一郎の妻。過去に子供を不慮の事故で亡くし、精神を病んだ末に自ら命を絶った。田口が供養塔をうっかり壊してしまったのが原因で憎悪の念と共に悪霊と化し一行に襲い掛かる。本体は屋敷の地下に潜み、影を自在に操って影に接触したものを超高熱で焼き殺すという凶行を繰り返している。母親を亡くすという、自分とは逆の境遇に置かれたエミと惹きつけ合い、彼女を自分の子供にしようと目論む。
間宮家の赤ん坊
間宮一郎と夫人の間の子ども。既に焼却炉の事故で亡くなっているため、顔が半分焼けた遺体の状態で登場。田口によって供養塔が破壊された後、何かを感じたアスカによって、棺ごと掘り起されてしまう。他の取材班一行にも発見され、無事に埋め戻されるが・・・・・・これらの行動から次々と大騒動が勃発する。

役場[編集]

若い上役:益岡徹
中年の役人:三谷昇
間宮邸の鍵を預かる役場の職員。間宮邸に怪異が現れるらしいことを知りながらもテレビ取材班一行に鍵を渡してしまう。

スタッフ[編集]

訴訟問題[編集]

映画公開後、東宝よりレンタルビデオ用のビデオカセット及びLDが発売されたが、このビデオを巡って監督の黒沢が伊丹プロと東宝を提訴した。ビデオ販売にともなう監督への追加報酬が合意されたか否か、ビデオ化およびテレビ放映に際してなされた編集が監督の著作者人格権を侵害しないか否かなどが争点となったが、黒沢の敗訴が確定している[2][3]

判決自体は伊丹プロらのビデオ化を是認するものであったが、裁判沙汰の影響もあってか、現在本作品のビデオは絶版、DVD化もされていない。

他媒体への展開[編集]

ゲーム
スウィートホーム(ゲーム)』を参照のこと。
漫画
御茶漬海苔著の『惨劇館7』(朝日ソノラマ)に収録。タイトルは『御茶漬版スウィートホーム』。間宮家の30年前の惨事を漫画にしており、32Pで端的にまとめられている。若き日の山村が間宮家の召使として描かれている。ラストのコマでは和夫一行が描かれ、ここから映画につながる。
ゲームブック
タイトルは『スウィートホーム 魔性の棲む館』(-ましょうのすむやかた)。尾崎克之著。双葉社のファミコン冒険ゲームブックシリーズとして発売。映画作中においても和夫が『ソーサリーシリーズ』と思われるゲームブックを読んでいるシーンがある。
サウンドトラック
映画版とゲーム版の2種類が存在する。松浦雅也作曲の映画版サウンドトラックは中古市場やインターネットオークションなどで現在も頻繁に売買が行われているが、ゲーム版は希少価値があり、1万円以上の価格が付くこともある。ゲーム版はファミコンの音源をCD化したものではないが、エンディング曲が完全に収録されているなどの要素がある。

脚注[編集]

  1. ^ このフレスコ画には描くものを変更した跡が残されている。フレスコ画はやり直しが効かない高度な技法なため、プロのフレスコ画家が描く内容を途中で変更するのはあり得ないことであり、この家で予測していなかった何かが起こった事を裏付けており、一行も奇妙に感じていた。
  2. ^ 平成4(ワ)5194 著作権 民事訴訟 平成7年07月31日 東京地方裁判所 - 裁判所ウェブサイト
  3. ^ 平成7(ネ)3529 著作権 民事訴訟 平成10年07月13日 東京高等裁判所 - 裁判所ウェブサイト

外部リンク[編集]