黒い空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒い空』(くろいそら)は、松本清張の長編小説。『週刊朝日』1987年8月7日号から1988年3月25日号に、「歌のない歌集」第2話として連載、1988年8月に朝日新聞社から刊行された。

1990年にテレビドラマ化されている。

概要[編集]

戦国時代の怨念と黒い使者が完全犯罪を喰う怪奇調ミステリー。

あらすじ[編集]

八王子高尾街道の丘陵に聳える白亜の結婚宴会場・観麓会館。その庭園には擬岩石を利用した滝壺が構築され、白い瀑布が婚礼客を嘆賞させていた。しかしやがて、黒い凶兆の声が空を覆い、第一の殺人が発生する。

主な登場人物[編集]

高尾街道入口
  • 原作における設定を記述。
山内善朗
定子の婿養子。ヨーロッパの建築デザインを勉強していたが、経営者としては無能で、蔭で社員の失笑の的になっている。
山内定子
山内上杉家の嫡流。観麓会館会長にして山内コンツェルンの総帥。因みに観麓会館の名称は管領職のもじり。
千谷規子
定子に見込まれて採用された、観麓会館の経理部会計係。帳簿の数字に呑み込みが早い。
難波為利
秋川に在する御室熊野神社の禰宜で、観麓会館の祭主を務める。その神紋は亀甲に割菊を配したもの。
小原甚十
日高町・高麗本郷の百姓と称し、観麓会館に現れた、話し好きの男。歴史に詳しい。

関連項目[編集]

翻訳[編集]

  • 『Il palazzo dei matrimoni』(イタリア語、Il Giallo Mondadori)
  • 『黑色的天空』(中国語、北岳文艺出版社)

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス・黒い空」。1990年3月24日テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-23:21)にて放映。視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
古都金沢雪の殺意
(1990.3.17)
松本清張サスペンス
黒い空
(1990.3.24)
美人秘書殺し
(1990.3.31)