影武者徳川家康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

影武者徳川家康』(かげむしゃとくがわいえやす)は、隆慶一郎作の時代小説徳川家康が実は関ヶ原の戦いで西軍により暗殺され、影武者と入れ替わっていたという内容で、『静岡新聞』に1986年1月4日から1988年11月30日にかけて連載され、1989年新潮社から上下巻で刊行された。1993年、上中下の全3巻で文庫化。

その後、原哲夫によって漫画化され、また1998年にテレビドラマ化され、4月から6月までテレビ朝日系列で、また2014年1月2日に「新春ワイド時代劇」としてテレビ東京系列により放映された。

主な登場人物[編集]

世良田二郎三郎元信
諸国を流浪する「道々の者」である“ささら者”の子として生まれるが、幼少時に一族と無縁になり、願人坊主の酒井常光坊に銭五貫で買われた。長じて後は願人坊主の元から離れて世良田二郎三郎元信と名乗り、火縄銃を片手に戦場を駆ける野武士となった。三河をはじめ数々の一揆傭兵として参戦し名を馳せ、特に天正四年(1576)の摂津石山本願寺における織田軍との戦闘では織田信長を狙撃し負傷させたため「信長を撃った男」として有名になる。紆余曲折を経て後北条氏下人となっていたところを本多弥八郎正信に発見され、以降十余年間、家康の影武者を務める。家康とは知識からものの考え方までも似ており、関ヶ原合戦の本戦に際して西軍の布いた鶴翼の陣を見分して「西軍の勝ち」という意味の分析をしたほど。後継者や権力を巡る争いの中で、秀忠や井伊直政藤堂高虎らに命を狙われるも、「道々の者」として自由な世の中を作るべく、駿府政権の長として大御所政治を推進し、島左近や六郎とともに秀忠と戦う。
漫画版においては、伊勢長島一向一揆で戦死した信長の親族は、全て二郎三郎が射殺したと描かれている(織田秀成については、鉄砲に討たれたのは史実であるが、無論世良田二郎三郎が撃ったわけではない)。また家康ともども痩身の美男子として描かれ、小説の描写とは大きく違っている(リメイクされた『SAKON(左近) -戦国風雲録-』においては、小説の描写に近くなっている)。
お梶の方
徳川家康側室、絶世の美女。関ヶ原合戦後に側室の中で一番先に影武者に会い、徳川家康が死んだことを二郎三郎から伝えられる。その後は二郎三郎に最も愛され、彼女もまた彼を深く愛し、実質的な妻として阿茶の局と共に奥を取りまとめる。左近に口説かれた。
徳川家康
関ヶ原合戦の東軍総大将。本作では合戦の開始直後に暗殺される。
甲斐の六郎
島左近勝猛に仕える武田忍びの裔。左近の命をうけ、関ヶ原の合戦開始直後に徳川家康を暗殺。その後は二郎三郎に仕えて忍びの指揮を任される。本物と影武者の違いを爪を噛む癖から見極める(左近からの情報もあったが)、風魔小太郎の正体を見破るなど明晰な頭脳も兼ね備えている。左腕を失ってからは、金縛りの術も使うようになった(元々左近に仕えていた時代に習得していたが、左腕が健在の時にはほとんど使っていなかった)。おふうの夫。
島左近
石田三成の参謀にして石田軍随一の猛将。甲斐の六郎に徳川家康暗殺を命じた。関ヶ原合戦の敗北後、甲斐の六郎と供に京に落ち延びる。六郎を通じて二郎三郎の心意を知り、陰ながら協力することを決断。やがて増上寺で二郎三郎と対面するが、柳生宗矩にその存在を知られてしまう。本作では「島左近」「島左近勝猛」と名乗り、勇猛にして知略に優れ、情け深い軍師役であり、同時に莫逆の友の1人として二郎三郎を支える。
石田三成
西軍の大将。捕縛後に二郎三郎と対面。この時の徳川家康が影武者だと知っており、対面時に豊臣秀頼の今後を託す。
本多弥八郎正信
三河一向一揆の際に世良田二郎三郎と出会い、家康の影武者とするために行動を共にする。その後一旦袂を分かつが、後北条氏の下人になっていた二郎三郎を京で発見し、本多忠勝を通して徳川家康の影武者にさせた。関ヶ原後は政治の中枢で徳川家安泰の為に働く。二郎三郎の過去を知る数少ない人物であり、家康・二郎三郎双方の莫逆の友でもある。また本作では二郎三郎と同様、織田信長に敵意を抱いていたことから、いわゆる伊賀越えの途中で漸く家康の元へ戻った。そして、この大難を切り抜けた立役者になっている。大御所政治開始後は、江戸に常駐して秀忠と二郎三郎の交渉窓口となった。秀忠の愚行を度々諌め、二郎三郎にとりなすことが多い。
本多正純
正信の子。世良田二郎三郎が見込んで育てている若手官僚。二郎三郎が影武者であることを父・正信から聞かされており、二郎三郎に忠実に仕える。
本多忠勝
関ヶ原合戦時に徳川家の武将で唯一、徳川家康の死を知っていた人物。影武者を補佐して合戦を勝利に導く。家康の死を秀忠、本多正信、井伊直政、榊原康政に伝え、引き続き二郎三郎を家康の代役としていくことを決定した。合戦中やお梶の方説得の過程で二郎三郎の能力に気付き、高く買っている。大御所政治では桑名藩主を務め、同姓の正信ともども二郎三郎について秀忠に反抗した。
おふう
お梶の方付の女忍者で、風魔忍軍の頭領小太郎の実娘。二郎三郎の命で小太郎の下へ向かう六郎を案内し、その道中で契りを結び夫婦になる。七郎出産後、自ら養育するため六郎と別れ、里に残った。垂れ目のおかめ顔で、美人とはいえないらしいが、肉感的な女性として描かれる。漫画版では美女とされ、左近には出会って早々に口説かれた。
風魔小太郎
箱根山一帯に勢力を持つ関東忍衆「風魔衆」の頭領。伝承と異なり小男で優しい風貌の持ち主。二郎三郎護衛の為に風魔衆を指揮し奔走する。二郎三郎・左近との増上寺での3者面談で両者を気に入り、莫逆の友となった。おふうの実父で、風斎の子。六郎を「婿殿」と呼ぶ。
風斎
おふうに案内されて風魔衆に会いに行く六郎の腕前を試し、六郎を認める。引退したとはいえ実力は壮者を遥かに凌ぎ、おふうの戦線離脱後は六郎の背を守る。おふうの祖父で、小太郎の父。先代風魔小太郎。なお、漫画『SAKON(左近) -戦国風雲録-』では、島左近に風魔一族に伝来する白雷という名刀を渡した。
徳川秀忠
家康の三男で嫡男。関ヶ原に遅参するという大失態を犯すが、家康の死によって救われた形になった。権力を手中におさめるべく柳生忍軍を使って二郎三郎と対峙する。本作では、支配欲に満ち、天才・家康(ひいては二郎三郎)を憎む凡人であり、二郎三郎が目指す自由な世の中を度々妨害せんとして、子分の柳生宗矩ともども卑怯な手を使って邪魔者は即刻排除(暗殺)しようと企む歪んだ性格の持ち主として描かれ、史実に比べて数段劣る人物にされている。
松平忠輝
家康の六男。本作では武芸や語学の才に恵まれ、キリシタンにも造詣が深い国際人として描かれている。二郎三郎に能力を買われている人物で、秀忠とは敵対。豊臣秀頼とは義兄弟の契りを交わし、不戦の誓いを立てた。妻は伊達政宗の娘の五郎八姫
徳川義直
家康の死後に生まれた九男。幼名五郎太丸。最後の実子であり、二郎三郎自身の子である徳川頼宣徳川頼房と共に、二郎三郎が手塩にかけて育てる。後に二郎三郎から尾張藩を与えられた。妻は浅野幸長の娘。
柳生宗矩
徳川秀忠の腹心であり、秀忠の直臣では唯一家康の死を知る人物。若くして柳生の里を離れ、放浪の末に秀忠へ仕官する。本作では秀忠のために柳生忍軍を巧みに操る小才子、悪役として描かれ、剣豪としての能力も史実に比べて低く描かれている。
藤堂高虎
伊賀藩主。秀忠からの信頼をなくした柳生宗矩に代わって、伊賀忍者を使って家康(実は二郎三郎)と豊臣秀頼の二条城会見を妨害を試みる。
豊臣秀頼
豊臣家当主。本作では年齢に見合わないほどの偉丈夫で、明晰な頭脳を持つ若者として描かれている。大坂夏の陣に際しては、助命を自ら拒んでいた。

漫画版[編集]

『影武者徳川家康』のタイトルで、1994年から1995年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された。その後、アレンジを加え主人公を変更した上で『SAKON(左近) -戦国風雲録-』のタイトルで、1997年から2000年まで『月刊少年ジャンプ』で連載された。

『影武者徳川家康』と『SAKON』、同じく原作:隆慶一郎・作画:原哲夫の『花の慶次-雲のかなたに-』の3作では家康の容貌に極端な違いがあり、肖像画とも異なる容貌が話題となった。

  • ジャンプコミック版
    • 1巻 1994年7月9日
    • 2巻 1994年9月7日
    • 3巻 1993年11月9日
    • 4巻 1995年2月8日
    • 5巻 1995年5月16日
    • 6巻 1995年7月9日

漫画版のみの登場人物[編集]

門奈助左衛門
徳川家康の小姓。徳川家康暗殺を目撃する(小説版でも若干の記述あり)。
すり
屯田兵で口取り。徳川家康暗殺を目撃する。口止めのため、二郎三郎の近侍として留め置かれる。生まれたばかりの孫がおり、孫に会うために二郎三郎らの手引きによって城を出るが、徳川秀忠の放った刺客に殺された。
柳生八虎
柳生新陰流。石田三成処刑の際に登場した島左近を討ち取るべく島左近に挑むが、一太刀で斬られた。漫画『SAKON(左近) -戦国風雲録-』にのみ登場。
羅刹七人衆
島左近打倒の為に徳川秀忠が呼び寄せた忍。山中鹿之助の元家臣で尼子氏滅亡のきっかけを作った豊臣家に復讐するために登場した。鷹麻呂、天鬼坊、烏丸、猿羅、幻霧斎、月羆、紅 時之丞の七名がいる。漫画『SAKON(左近) -戦国風雲録-』にのみ登場。

テレビドラマ (1998年・テレビ朝日版)[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 家康、関ヶ原に死す
  2. 秀忠の反撃! 暗殺指令
  3. 脅迫! 側室お茶阿の方
  4. 風魔一族対柳生軍団
  5. 反逆児忠輝と母の秘密
  6. 忠輝を将軍に! 怪物長安の野望
  7. 秀頼暗殺! 徳川の豊臣つぶし
  8. 大坂城! 戦雲のきざし
  9. 決戦! 大坂城炎上
  10. 最後の激突! 二郎三郎対秀忠

テレビドラマ (2014年・テレビ東京「新春ワイド時代劇」)[編集]

テレビ東京開局50周年特別企画番組
影武者 徳川家康
ジャンル 時代劇
放送時間 木曜18:00 - 23:00
放送期間 2014年1月2日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 重光亨彦
原作 隆慶一郎
脚本 田村惠
プロデューサー 佐々木彰
山鹿達也
佐々木淳一
足立弘平
西麻美
出演者 西田敏行
観月ありさ
高橋英樹
ナレーター 平野啓子
音声 ステレオ放送
字幕 あり
エンディング 平原綾香『What I am -未来の私へ-』
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

テレビ東京開局50周年特別企画番組。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビ東京 新春ワイド時代劇
前番組 番組名 次番組
影武者徳川家康
(2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 1998年のテレビ朝日版では、徳川家康と世良田次郎三郎を演じた
  2. ^ 1998年のテレビ朝日版では、島左近を演じた
  3. ^ 当初は大和田伸也と発表されていた
  4. ^ a b c 劇団ひまわり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]