荒木飛呂彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒木 飛呂彦
生誕 1960年6月7日(53歳)
日本の旗 日本宮城県仙台市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
バトル漫画
代表作 ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ[1]
受賞 1980年:第20回手塚賞準入選 ※ 荒木利之名義
公式サイト 荒木飛呂彦公式サイト
『JOJO.com』
テンプレートを表示

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 - )は、日本漫画家宮城県仙台市[1]若林区[2]出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。

1980年昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー荒木 利之(あらき としゆき)名義[3])。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険[1]。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計106巻(2012年8月現在)、発行部数は7000万部に及ぶ[4]。その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている[5][6]

略歴[編集]

小学生時代は少年野球をしており、中学時代は剣道部に所属[7]。幼少期から「ひとりの世界」に浸るのが好きで、早くから漫画も描いていた。当時は梶原一騎の漫画作品『巨人の星』(川崎のぼる画)、『あしたのジョー』(ちばてつや画)などを愛読[7]、また白土三平忍者歴史漫画サスケ』と『カムイ伝』の理論的な作風に影響を受けた[8]。小説では江戸川乱歩や『シャーロック・ホームズ』シリーズをよく読んでいたという[7]。 なお荒木には4つ下の双子の妹がおり、この2人の仲が良かったため、「家族の中で疎外感を抱いていたため、ひとりで何かを楽しむことが余計に好きになったのだと思う」とインタビューで語っている[7][8]

高校時代はロードレース部に所属[7]。この頃に横山光輝サスペンス作品を愛読する。特に学生服の主人公が古代遺跡を探検する『バビル2世』は『ジョジョの奇妙な冒険』Part3のモチーフに影響を与えており[7]、インタビューでは「自分の原点」とも述べている[9]

16歳の時に同い年のゆでたまごが『週刊少年ジャンプ』でデビューしたことに焦りを感じ、高校3年の時に初投稿、以後何度か投稿を重ね、専門学校在学中の1980年(昭和55年)に「武装ポーカー」で第20回手塚賞[10]に準入選しデビュー。

デビュー後は、仙台に在住したまま『週刊少年ジャンプ』で『魔少年ビーティー』を執筆。上京後は『バオー来訪者』の短期連載を経て、1987年(昭和62年)より『ジョジョの奇妙な冒険』の連載を開始し、2003年平成15年)までに6部の物語を執筆する長期連載となった。2004年(平成16年)に同誌にて『ジョジョ』のPart7にあたる『スティール・ボール・ラン』の連載を開始し、連載途中の2005年(平成17年)より月刊誌『ウルトラジャンプ』に移籍。『ジョジョ』シリーズは2010年(平成22年)には通算100巻を達成し、達成後の2011年(平成22年)に『スティール・ボール・ラン』を完結させた後、すぐさま『ジョジョ』のPart8である『ジョジョリオン』の連載を開始し、現在に至る。

作風[編集]

評論家の加藤幹郎は、高度な技術で過去の作品の引用を行うその作風から荒木をマニエリスムの作家と言い表している[11]

一方で連載開始時から「人間讃歌」をメインテーマとして掲げる『ジョジョの奇妙な冒険』は「ある意味で少年漫画の王道」と評されており[5]、荒木自身「昔からある少年漫画の伝統を受け継いでいるつもり」と話している[5]

絵柄[編集]

荒木は自身の絵柄についてルネッサンス美術、特にミケランジェロに影響を受けたと公言しており[12]、「ジョジョ立ち」と呼ばれる独特のポージングもイタリア美術が発想の元となっている。また『ヴォーグ』などのファッション雑誌が好きで[13]1980年代ベルサーチフランコ・モスキーノ英語版などが『ジョジョ』のファッションのルーツだと語っている[7]。色は紫を好み[8]、カラーイラストでも多用される。絵柄についてはファッション・イラストレーターのアントニオ・ロペスen:Antonio Lopez (illustrator))()やSFファンタジー画家のフランク・フラゼッタ、ヨーロッパの漫画家エンキ・ビラルユーゴ・プラット英語版などからの影響も指摘されている[12]

コマ割り[編集]

荒木の作品では非対称な変形コマを多用し、ページ全体が歪んで見えるようなコマ割りがしばしば行なわれる。「斜めになったコマ」はそれほど珍しいものではないが、「1ページのコマ割り全体が斜めになっている」のは他にあまり例がない[14]。この変形ゴマは『ジョジョ』Part3後半より使われるようになり次第に頻度が増え、それに従いコマ外の余白が増えていったが、Part7『スティール・ボール・ラン』では全ページがタチキリ(ページの端いっぱいまで絵を入れること)で描かれるようになったため余白が激減した。このタチキリの使用については、Part7の舞台である西部アメリカの広大さを意識して取られた方法ではないかと指摘されている[14]

台詞回し・擬音[編集]

台詞回しはしばしば翻訳調と言われており、荒木自身も「本を読んだ影響が残っているんじゃあないか」と話している[5]。この“じゃあないか”というのも“じゃないか”に「あ」を加えた荒木独特の口調であり、“じゃあない”、“じゃあないぜ”、“じゃあないのォ?”といったパターンも確認されており、作中の人物の特徴的な言い回しはネット上で改変されて使われることも多い[15]。また緊迫したシーンなどで「ゴゴゴゴゴゴ・・・」「ドドドドドド‥‥」や「バーーーン」といった(物理的ではなく)心理的な状態を表現する独特の擬音が使われており、これらはサスペンス映画で使われるような効果音を漫画にも欲しいと思ったことが発想の元になったと述べている[5]。荒木の音楽好きは広く知られており、ズギュウンやズッギャーンなど、楽器の音をイメージした擬音が多い。なお登場人物が必殺技の名前を叫ぶのは車田正美の影響である[5]

キャラクター設定[編集]

荒木は漫画を描く上で最も重要な要素を「キャラクター作り」と捉えており[16]、設定の際には履歴や家族構成、所属組織の他、趣味や癖、信条など60近い項目が存在する「キャラクター身上調査書[1]」を用いてそのキャラクターのバックボーンを作り上げる方式を取っている。

ジョジョ立ち[編集]

『ジョジョの奇妙な冒険』には登場人物に腰の極端なひねりや回転、奇矯な手足の動きなどを加えた独特のポージングが頻出する。これらのポーズは、荒木が20代のときに『北斗の拳』『リングにかけろ』『キャプテン翼』などの強い個性を持つ当時の『ジャンプ』連載陣の中で自分の独創性を模索していた頃、イタリアの彫刻芸術からヒントを得て作り上げられたものだという[9][15]エゴン・シーレグスタフ・クリムトなどの、敬愛する画家が描いた人物そのままのポーズや顔を描く事も少なくない。

頭脳戦[編集]

代表作である『ジョジョの奇妙な冒険』は、それまで単純な「力比べ」だけだった少年誌のバトル漫画に、心理的な駆け引きやトリックによる「頭脳戦」を導入することで新たな展開をもたらしたと評価されている[17][18]。特にPart3以降に登場する「スタンド」(様々な超能力をヴィジュアル化したキャラクター)の概念は、人物ごとに異なった能力で勝負する「能力バトル」という新形式を日本のバトル漫画全体に普及させた。これらのことから「現在のバトルマンガは全て『ジョジョ』の影響下にあると言っても過言ではない」とも評されている[19]ただし、各々が独特の個性を持った能力で戦う漫画は『X-MEN』など、アメリカの漫画では公民権運動時代の1950 - 1960年代頃には既に多く見られるため、正確には「能力バトル」の漫画に敢えて「能力の限界」の概念を持ち込むことで、それを利用したミステリー小説のような複雑なトリックや、サスペンス映画のような緊張感を導入した先駆けといえる。[独自研究?]

作中の「波紋」(呼吸を中心とする特殊な身体技法)や「スタンド」の能力表現は、同郷の先輩である大友克洋が超能力の表現に使っていた「歪む背景」が、不可視であることに不満を持ったことが発想の元となったという[5][8](また「スタンド」に関してはつのだじろううしろの百太郎』にも言及している[15])。なお大友の作品に関しては、空間表現や緻密な描写などが大いに作画の勉強になったとも語っている[5]

執筆スタイル[編集]

基本的に徹夜をせず、毎朝10時に起床する生活をしており、日曜日はネーム、月から木まで作画、金、土は休養(取材)というサイクルの執筆を10年以上続けている[5][20]。このような規則正しい生活は『週刊少年ジャンプ』で『こちら葛飾区亀有公園前派出所』を長寿連載している秋本治を見習ってのことで、締め切りも今まで破ったことがないという[20]

2012年時点でも手書きにこだわっており、机の上にはパソコンやモニタなどは置いていない[21]が、画材には強いこだわりはなく、ぺんてる筆ペンゼブラのGペン、シャープペンシル、下書き用に青鉛筆があれば十分だという。またペン入れには開明書液を使っているほか、30年前に父親が制作した卓上製図板を現在でも使い続けている[2]

仕事の開始前には、自分で豆を挽いてコーヒーを淹れるのが習慣だという[2]

健康[編集]

単行本の著者近影は10数年間ほとんど変わらず若々しさを保っており、『ユリイカ』で10年越しにインタビューを行った斎藤環は「当時と比べてまったくお変わりないですね。むしろ若返ったくらいで驚くばかりです。さすが波紋の使い手というか……」と作品にちなんで驚きを表した[15]

体力維持のため50歳を過ぎてもジムでのトレーニングや水泳を欠かさず、ご飯はひとめぼれを食べる。また独自の健康法として、冬でも冷水のシャワーを浴びるという[2]ものがあったが心臓への負担の考慮から現在はやっていないと述べている[22]

年譜[編集]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

太字は連載作品。●:『ゴージャス☆アイリン』収録、○:『死刑執行中脱獄進行中』収録、◎:『岸辺露伴は動かない』収録、☆:単行本未収録。

単行本[編集]

発行は注記のない限り全て集英社

画集[編集]

  • JoJo6251 荒木飛呂彦の世界(1993年)
  • JOJO A-GO!GO!(2000年)
  • JOJOVELLER(2013年)

その他[編集]

TV出演歴[編集]

関連人物[編集]

こせきこうじ
荒木が生まれて初めて肉眼で目撃した漫画家はこせきこうじで、手塚賞赤塚賞授賞式の場であった。荒木はこせきの『県立海空高校野球部員山下たろーくん』第5巻に文章を寄稿しており、同作品について「『ジョジョ』を描く上でどの作品よりも影響を受け、最も尊敬している作品である」「漫画のヒーローは心の底に誰よりも熱い気持ちを持ち、目的を持って成長すればいい、という事を教えられた」と書いている。
高橋和希
遊☆戯☆王』の原作者で荒木のファン。『ジョジョ』を見たことが漫画家を目指すきっかけになっており、『遊☆戯☆王』の劇中カードゲーム『マジック&ウィザーズ』の原型は実在するカードゲームと『ジョジョ』の世界観である「スタンド」に由来し、メインキャラのメインカードはスタンドに近い設定で「精霊」と呼ばれている他、世界観は『ジョジョ』のPart3以降を元に製作している(コマ割りや舞台など)。高橋曰くPart3から『ジョジョ』に嵌ったとコメントしている。
武論尊原哲夫
北斗の拳』の原作者と作画担当者。ジャンプ時代の同期で交流も深い。そのため北斗の拳関連の企画に積極的に参加している。
アシスタント

参考文献[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 知事メッセージ 荒木飛呂彦氏によるイラスト
  2. ^ a b c d 杜王新報
  3. ^ 「次号予告」『週刊少年ジャンプ』1980年52号、331頁
  4. ^ 吉田大助「特集 ジョジョの奇妙な冒険(冒頭部)」『QuickJapan』Vol.75(2007年)89頁
  5. ^ a b c d e f g h i 斎藤環「書き続ける勇気 荒木飛呂彦インタビュー」『ユリイカ』1997年4月号、135頁-143頁
  6. ^ 『QuickJapan』Vol.75、巻頭ページ(文・吉田大助)
  7. ^ a b c d e f g 石井洋「人物研究 荒木飛呂彦」『Men's Non-no』2002年7月号、160頁-163頁
  8. ^ a b c d 吉田大助「荒木飛呂彦 12000字インタビュー」『QuickJapan』Vol.75、90頁-98頁
  9. ^ a b まんが天国 マンガのチカラ「荒木飛呂彦先生インタビュー その2」(2009年4月11日時点のアーカイブ
  10. ^ 授賞式の際の映像が1981年(昭和56年)5月25日NHK特集『わが青春のトキワ荘〜現代マンガ家立志伝〜』にて放送された。この中で手塚治虫は荒木の作品について「大変興味がある」「早く上京して来て下さい。東北出身は少ないから」というコメントを残している。
  11. ^ 加藤幹郎「法外なもの、不均衡なもの、否定的なもの」『ユリイカ』2007年11月臨時増刊号、84頁-96頁
  12. ^ a b 暮沢剛巳「Stand and Distortion」『ユリイカ』2007年11月臨時増刊号、97頁-103頁
  13. ^ まんが天国 マンガのチカラ「荒木飛呂彦先生インタビュー その3」(2009年5月19日時点のアーカイブ
  14. ^ a b イズミノウユキ「ヘヴン・ノウズ・ハウ・ザット・ビジョン・イズ」『ユリイカ』2007年11月臨時増刊号、146頁-172頁。ただし、「斜めになったコマ」の分析自体は「メビウス・ラビリンス」を元にしたもの。
  15. ^ a b c d 斎藤環ほか「徹底討議 男たちの奇妙な愛情!?」『ユリイカ』2007年11月臨時増刊号、8頁-34頁
  16. ^ 『NHK高校講座』2012年7月26日放送『第15回 美術(8) 漫画はやっぱりおもしろい ~人物~』
  17. ^ 「[少年ジャンプ]というジャンル」『STUDIO VOICE』2008年2月号、INFASパブリケーションズ、20頁-73頁
  18. ^ 元長柾木「『ジョジョ』だってインフレする!」『ユリイカ』2007年11月臨時増刊号、106頁-109頁
  19. ^ 更科修一郎ほか「JUMP CHRONICLE」前掲『STUDIO VOICE』2008年2月号、36頁-39頁
  20. ^ a b まんが天国 マンガのチカラ「荒木飛呂彦先生インタビュー その1」(2009年3月26日時点のアーカイブ
  21. ^ 2012年の原画展で本人の仕事机が再現されており、杜王新報にも写真が載っている。
  22. ^ 朝日新聞「Be」2013年9月14日
  23. ^ Cell - Archive
  24. ^ 小さなデッサン展-漫画の世界でルーヴルを(2009年1月31日時点のアーカイブ
  25. ^ 雑誌大賞 第3回受賞作品

外部リンク[編集]