マッスルボマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッスルボマー
ジャンル プロレス
対応機種 アーケード [AC]
FM TOWNS [FMT]
スーパーファミコン [SFC]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1 - 2人(シングル)
1 - 4人(チームバトル)
メディア [FMT] CD-ROM
[SFC] ロムカセット
発売日 [AC] 1993年7月
[FMT] 1993年11月
[SFC] 1994年3月30日
システム基板 CPシステムDASH
テンプレートを表示
マッスルボマーDUO
ジャンル プロレス
対応機種 アーケード
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1 - 4人
稼働時期 1993年12月
システム基板 CPシステムDASH
テンプレートを表示

マッスルボマー』(MUSCLE BOMBER)は、1993年7月にカプコンからアーケードゲームとして発表された、プロレスを題材とする対戦アクションゲームアメリカ版でのタイトルは『Saturday Night Slam Masters』(サタデーナイトスラムマスターズ)。キャラクターデザインに漫画家の原哲夫を起用。

同社のゲーム『ファイナルファイト』シリーズからマイク・ハガーをプレイヤーキャラクターとして登場させている。時系列としては『ファイナルファイト』の前の話となり、この作品の時間では市長に就任したばかりとなっている。

1993年12月にはタッグマッチ専用になり、同キャラクター対戦を可能にした『マッスルボマーDUO -HEAT UP WARRIORS-』が登場している。ゲームシステムの変更に伴い、バランスにも調整が施されている。

初代のみ、1993年11月にFM-TOWNS版、1994年3月30日スーパーファミコン版が発売されている。スーパーファミコン版はマルチタップを利用した4人同時プレイに対応しており、一部『DUO』の要素が組み込まれている。その他にも日本国外ではメガドライブ版(GENESIS)も発売されている。

システム[編集]

操作は8方向レバーと攻撃・ジャンプ・フォールの3ボタン。ゲームのモードは1対1で対戦できるシングルマッチと2対2で戦うことのできるチームバトルロイヤルの2つがある。

同キャラクター対戦は不可能だが、チームバトルロイヤルのみキャラクターカラーは4色用意されている。ちなみにキャラクター選択画面では一人のキャラクターの枠の上に複数の選択カーソルが重なる事がなくその枠を飛び越えてカーソルが移動する仕様のため、複数人が同時に操作するとカーソルが予想外な移動をする事がある。

奥行きが設定されていて、方向レバーで上下(奥・手前)左右に移動する。また格闘ゲームのように技を出すためのコマンド入力にもレバーが使われる。ガードは存在せず、敵の攻撃から身を守るには移動で回避する。

キャラクターには体力ゲージがあり、打撃(凶器攻撃含む)や投げによって敵の体力を奪っていくのだが、体力をゼロにすることは勝敗の直接条件ではなく、決着はプロレスのルールに準じてピンフォールでの3カウント、相手のギブアップリングアウト時の20カウント、そして試合時間を消費しつくした時(タイムオーバー)の判定によってつく。体力ゲージ残量の多少はタイムオーバー時の勝敗判定と(チームバトルロイヤルでは2名の体力の合計量を比較する)、フォールや関節技を受けた際の抵抗力を左右する。元気なうちなら抵抗できるが体力が少なくなるにつれ困難になり、完全に尽きてしまっていると脱出はまず不可能になる。

試合ではボタンひとつで相手との距離によって様々な技が出せるため、多少大雑把な操作でもゲームを楽しめるのが特徴。一方で投げを含んだ技の使いこなしや戦略の駆け引きには奥の深いところもある。他にも、相手をロープに振っての追撃やコーナーポストに上ってのアピール行動など、プロレスらしい要素を多く持っている。

正面から掴んで↓+攻撃とジャンプ同時押しで各キャラクター共通で隠し技が出せる。また、少し複雑なコマンドを要求する必殺技(コマンドはキャラクター毎に異なる)も各キャラクターに1つずつ設定されており、必殺技の名に違わぬ大ダメージを与えることができる。

シングルマッチでは場外戦があり、そこにあるパイプ椅子やビール瓶などを拾って凶器として使うこともできる。凶器には使用回数の制限があり、例えばパイプ椅子なら3回、ビール瓶なら1回攻撃が当たれば壊れて消滅するようになっている。場外に居続けてハリー・ヒックス(レフェリー。詳しくは後述)が20カウントを終えると試合終了となる。なお本来なら場外はリングの四方にあるが、本作ではリングの向こうに隠れた画面奥側の空間には行けないようになっている。

チームバトルロイヤルでは最大4人までの同時対戦が可能、これはスーパーファミコン版でもマルチタップを使用し再現されている。誰と誰がチームになるかは自由には選べず、1Pと2P、3Pと4Pがチームになるよう固定されている。同キャラクターでチームを組む事はできない。このモードでは基本のキャラクター8人(CWA所属レスラー)に加えて、シングルマッチにおけるCPU専用である2人のボスキャラクター(BWA所属レスラー)が使用できる。試合部分ではレスラーが4人になる他、リング上からレフェリーがいなくなり、さらに場外に出ることができなくなるという変化がある。

『DUO』での変更点[編集]

モードがチームバトルロイヤルのみになり、同キャラクター対戦および同キャラクターでのチーム結成が可能になった。

操作はボタンの構成が攻撃・ジャンプ・フォールから、掴み・打撃・ジャンプに変更され、行動にガード(操作は打撃ボタン+方向レバー後方要素)が加わった。

シングルモードの削除により、場外戦およびリングアウトによる決着は無くなっている。

登場人物[編集]

アメリカ版ではハガー以外のプレイヤーキャラクターが違う名前と設定(英語版も参照)に変更されているため、括弧内に「日本版/アメリカ版」の英語表記を併記する。キャラクター設定は、特に注釈が無い限り日本版のものを記載。

プレイヤーキャラクター[編集]

CWA[編集]

アレクセイ・ザラゾフ(Alexei Zalazof / Biff Slamkovich(ビッフ・スラムコビッチ))
ロシア出身のプロレスラーで、ニックネームは赤い獅子。幼い頃からレスリングの英才教育を受けて育っており、数々の功績にも奢らず日々鍛錬を重ねている。パワーとスピードはともに平均的で攻めも守りも得意。
必殺技は高速で6発の拳を叩き込むソニックフィストと逆関節を決めたまま一本背負いをするサンセットスプラッシュ。隠し技はツームストン・パイルドライバー
なお、アメリカ版のビッフは『ストリートファイターII』のザンギエフの同胞とされている。
ラッキー・コルト(Lucky Colt / Gunloc(ガンロック))
アメリカ出身で、ニックネームはフロリダの荒馬。ザラゾフとはライバル関係にあり、ともにハガーに師事した仲。現在でも互いに力を磨き合っているが、冷静沈着なザラゾフに対して、コルトは頭に血がのぼりやすく、すぐにカッとなる性格。ザラゾフと同じような体格で同じような技を持っており、ザラゾフがローキックを出す間合いでコルトはトゥキックを出すなどの細かい技が異なる以外、2人の性能はほぼ互角。
必殺技はザラゾフと同じくソニックフィストとサンセットスプラッシュ。隠し技はパワースラム。
なお、アメリカ版のガンロックは『ストリートファイターII』のガイルの親戚とされており、『ストリートファイター ザ・ムービー』ではバイソン軍にスパイとして潜入し、「ブレード」という名前で登場する。
ミステリアス・ブドー(Mysterious Budo / The Great Oni(ザ・グレート・オニ))
日本出身。歌舞伎役者を彷彿させる外見で、ニックネームは白面の悪魔。真っ赤な長髪、顔には白いペイントの派手なメイクとコスチュームは嫌々始めたものらしいが、最近では徐々に愛着を感じ始めているとか。軽量級でパワーは無いものの、それを補って多彩な技を持つ。
必殺技はその場で跳躍して横回転しながら蹴りを放つ旋風脚(せんぷうきゃく)と相手の首に爪を立て風車のように回る血風刃(けっぷうじん)。隠し技はフェイスクラッシャー。
タイタン・ザ・グレート(Titan The Great / Titanic Tim(タイタニック・ティム))
イギリス出身。2m36cmという巨躯を持ち、ニックネームは最強最後の巨人。生まれた時から体重は5000gを超えており、小学校卒業時にはすでに身長190cmに達していたと言われる。その巨体ゆえ動きは鈍いが、その分非常にリーチが長く、パワーはハガーをも凌駕する。加えてカウンター技も豊富に備える。『ストリートファイター』シリーズに登場するバーディーとは過去にコンビを組んでいた関係にある。
必殺技はマットに手を付いて周囲を薙ぎ払うように両足を振り回すサークルウェーブと相手を足で上空まで放り投げた後で落ちてきたところにバックブリーカーを掛けるタイタンブリーカー。隠し技はアイアンクローバスター。
エル・スティンガー(El Stinger / El Stingray(エル・スティングレイ))
メキシコ出身の覆面レスラーで、ニックネームはアカプルコの殺人蜂。目立ちたがり屋で脚光を浴びたいがためにリングに立っているが、その鍛えぬかれた実力は本物。身長168cmで体重も70kgに満たないという小柄で最軽量のキャラクターで、「殺人蜂」の名に恥じぬ全キャラクター中で最速のスピードを誇る。反面パワーは最弱で打たれ弱く、技のコマンドも少々難しいものが多い。
必殺技は回転しながらロケットの如く水平に飛行して相手に頭突きを喰らわすスクリューダイビングと相手の顎に膝蹴りを入れた後に上空高くジャンプしてきりもみしながら相手の頭めがけて落下して頭突きをかますアトミックダイバー。隠し技はモンキーフリップ。
マイク・"マッチョ"・ハガーMike "Macho" Haggar
アメリカ出身で、架空の都市メトロシティの市長を務める。ニックネームは市長。持ち前の正義感とパワーで悪党から恐れられている存在。パワータイプだが、その他の能力も高く使いやすい。ただし全体的に技の出が若干遅め。
必殺技は自身を軸に回転して両腕でラリアットを放つダブルラリアットと相手を掴んで飛び上がり高速回転しながら落下するスクリューパイルドライバー。隠し技はジャンピングパイルドライバー。
シープ・ザ・ロイヤル(Sheep the Royal / Alexander the Grater(アレクサンダー・ザ・グレーター))
オーストラリアシドニー出身のレスラーで、ニックネームは迷える羊。元アメフト界のスター選手であったが、数々の暴力沙汰を起こしたために追放処分を受け、その後プロレスに転向した。「迷える」の名は如何に相手を殺さないように戦うか、という彼自身の悩みから来ているらしい。対空性能が乏しく動きも鈍いが、それ以外は標準以上の性能であり、特に接近戦に強い。
必殺技は猛スピードで地獄突きを放つショットガンスタッブと相手をきりもみさせながら上空に放り投げるトルネードスラム。隠し技はサンダーファイヤーパワーボム。
"ミッシングIQ" ゴメス(Missing "IQ" Gomes / King Rasta Mon(キング・ラスタ・マン))
ドミニカ共和国出身のレスラーで、ニックネームは失われた知性と書かれている。実際、ジャングルで猿に育てられたせいで今でも余り人語が得意ではないらしい。野生育ちということもあってか、体格に似合わず非常にジャンプ力が高く、対空性能にも優秀。基本的には攻守を備えたバランス型のキャラクターだが、動作自体にややクセがある。
必殺技は駄々っ子のように手足をジタバタと振るジャングルパニックと相手を掴んで縦回転しながらジャンプして凄まじい勢いで地面に叩きつけるハリケーンストンパー。いずれもコマンドが簡単で出しやすい。隠し技はフェイスドライバー。

BWA[編集]

初代ではチームバトルロイヤルでのみ選択可能。本来はボスキャラクターにあたる存在であるため、キマラ、アストロともに全体的に性能が高い。

キマラ・ザ・バウンサー(Kimala the Bouncer / Jumbo Flapjack(ジャンボ・フラップジャック))
アメリカ出身で、体重200kgの巨漢レスラー。ニックネームは荒ぶる巨鯨。「強い者には弱く、弱い者には強い」性格で、自分より強いアストロには忠実な反面、弱った対戦相手をいたぶることに快感を覚えている。見た目通り、全キャラクター中で最も動きが鈍重。反面、パワーとリーチにかけては非常に高性能であり、首締めやストンピングなど、ヒールに相応しい数々の強力な攻撃を持つ。
必殺技は周囲に口から吹き散らす毒霧(反則技)、ジャンプしながら頭突きを出すバルーンミサイル(『DUO』で追加)、ジャイアントスイング。隠し技はオクラホマ・スタンピード
アストロ(Astro / The Scorpion(ザ・スコーピオン))
出身国をはじめ、その経歴や素性は一切不明で素顔すら見た者はいないという覆面レスラー。ニックネームは褐色の閃光。闇プロレス団体BWA(ブラッド・レスリング・アソシエイション)の総帥であり、ひたすら強者との戦いを求めている。他のキャラクターに比べると体格は小柄だが、パワーとスピードを併せ持つハイレベルなバランス型キャラクターである。
必殺技は片手で倒立した状態で開いた脚を高速で回転させて蹴りを放つデススパイラル、連続でハイキックを繰り出すタイガーファング(『DUO』で追加)、相手を担ぎ上げてジャンプして、きりもみを加えながら地面に叩きつけると同時に腹部に頭突きを叩き込むピラミッドクラッシュ。隠し技はタイガードライバー。また、CPUのみ場外に向けての特殊技としてトペ・スイシーダを使う。

サブキャラクター[編集]

ヴィクター・オルテガ(Victor Ortega)
幾つかの派閥に分かれていたアメリカのプロレス団体を一つにまとめ上げたCWA(カプコン・レスリング・アソシエイション)の初代チャンプで、ニックネームはマッスルボマーマスター・オブ・マッスルボマー。表題の『マッスルボマー』も彼の称号から来ている。類稀なパワーとテクニックを併せ持ち、その無敵とも言われる強さは「オルテガ覇者伝説」として世界の格闘界で語り継がれるほどだが、彼自身の詳細なデータは不明である。オルテガの存在によりプロレス界は平穏な時代が続いたが、幾つかのタイトルマッチをこなした後、彼は突如として失踪。噂では自分と戦えるだけの選手がいなくなってしまったことが原因らしいが、真相は定かではない。この失踪事件がアストロ率いる闇プロレス団体BWAが表の世界に進出する機会を与えてしまった。本作の大会(初代のシングルモード)は、オルテガの後継者を決めるための戦いである。
ハリー・ヒックス(Harry Hicks)
アメリカ出身で、ゲーム中の試合を裁くレフェリー。ニックネームは人間裁判所。彼の父親もレスラーであったため、その憧れからプロレス界に入る。華麗にして公正なジャッジで、オルテガの試合を担当した経験もある。ゲーム中では初代のシングルモードにのみ姿を見せる。必殺技は正確無比な審判による電光石火の3カウント。
ジェシカ(Jessica)
ハガー自慢の箱入り娘で、ニックネームはプリティ・ドール。父の試合を観客席で見守っており、ハガーが勝利すると思わずリングに上がり込むこともある。まだ父に夢中で恋人はいないが、後に『ファイナルファイト』のコーディーと恋愛関係になる。なお、試合後にコルトがジェシカにちょっかいを出した際、怒ったコーディーと場外乱闘騒ぎになったことがある。必殺技はセクシーな目線攻撃と魅力的なナイスバディ。
フリーク(Freak)
ゴメスのセコンドにして友人で、ニックネームはインテリジェンスモンキー。IQ200超とも言われるチンパンジーで、人語をほぼ理解する。ゴメスとはジャングルで兄弟のように育ってきていたので以心伝心の関係にあり、ゴメスが試合に勝利すると喜びの余りリングで飛び跳ねることも。必殺技はウキ(?)らしい。

漫画版マッスルボマー[編集]

1994年の週刊少年ジャンプ15・16号で、前編・後編に分けて読み切り作品「マッスルボマー特別編(スペシャル)」として掲載された。原作は沢村烈、漫画は柳田東一郎。登場キャラクターは概ねゲームのキャラクターと同様で、CWAの選手を次々と屠って行くアストロに主人公であるザラゾフが挑む、というのがストーリーの大筋。この漫画のアストロは、オリジナルの投げ技3D(Diving Death Drive)を必殺技として使用している。

他作品における登場[編集]

ストリートファイターZERO2 / ストリートファイターZERO2 ALPHA
ケンステージの背景にザラゾフとオルテガが登場する[1]
ストリートファイターIII 2nd IMPACT -GIANT ATTACK-
ヒューゴーのエンディングでザラゾフ、コルト、ハガー、ウィドー(『スーパーマッスルボマー』のキャラクター)が名前のみ登場する[1]
NAMCO x CAPCOM
『ファイナルファイト』代表としてハガーが登場しており、オルテガの名前込みの台詞を言いながら必殺技「マッスルボマー」を使う。

続編[編集]

スーパーマッスルボマー
『DUO』の続編であるが、こちらはリングの奥行きを無くして他の2D対戦格闘ゲームに近くなるなど、システムが大幅に変更されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム 1987-2000』電波新聞社より。