マイク・ハガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイク・ハガー プロフィール

マイク・ハガー (Mike Haggar) は、カプコンアクションゲームファイナルファイト』シリーズに登場する架空の人物。同シリーズにおいては皆勤を果たしている。

キャラクターの設定[編集]

『ファイナルファイト』シリーズ[編集]

メトロシティの市長で、元ストリートファイター。通称「戦う市長」。娘にジェシカがいる(妻は故人)。

初代『ファイナルファイト』において、メトロシティの巨大犯罪組織マッドギアに徹底的な弾圧を加えるが、その報復として愛娘のジェシカをマッドギアに誘拐されてしまう。ジェシカ救出のためにコーディーガイと共に殴り込みをかけ、ボスのベルガーを倒してマッドギアを叩き潰した。

その後も市長職を続け、『ファイナルファイト2』(以下『2』と表記)では彼の家に居候していたカルロス宮本とガイの妹弟子である源柳斎マキと共に新生マッドギアを、『ファイナルファイト タフ』(以下『タフ』と表記)ではメトロシティに帰って来たガイと女刑事ルシアと謎の青年ディーンと共に敵組織「スカルクロス」を、それぞれ壊滅させる。

50歳を超えていても筋力は衰えるどころか、ますますパワーアップしていると『タフ』のプロフィールで謳われている。また同作では髪を後ろまで伸ばしている。

戦闘服は上半身裸にサスペンダー1本のみという、1989年当時の主人公キャラクターにしてはアヴァンギャルドな格好をしている。『2』では手にグローブをはめて脚にプロテクターを装着し、『タフ』では長ズボンがスパッツ状の半ズボンに変更されたが、いずれの新コスチュームも上半身がサスペンダー1本のみは変わらない。

その他[編集]

ストリートファイターZERO』シリーズにおいては、『ZERO2』『ZERO3』でガイのステージの背景に出演する。その他に『ZERO3』ではガイのサイドストーリーに登場しており、またコーディーのプロフィールの「嫌いなもの」には「ハガーの説教」とあることから、投獄の身となったコーディーに度々面会に行っては世話を焼いているようである。

また、同社のプロレスゲーム『マッスルボマー』シリーズにも「マイク“マッチョ”ハガー」のリングネームで出演している。『カプコンファイティングオールスターズ』にも出演が決定していたが、作品自体がお蔵入りになった[1]。その後に発売された『CAPCOM FIGHTING Jam』ではアレックスのエンディングに登場している。

MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』(以下『MVC3』と表記)において、『ファイナルファイト リベンジ』(以下『リベンジ』と表記)以来の対戦型格闘ゲームにプレイヤーキャラクターとして登場。『NAMCO x CAPCOM』でも『ファイナルファイト』からガイと共にプレイヤーキャラクターとして出演を果たしている。

「なぜ、彼のような強面オヤジが市長をしているのか?」というのはカプコンゲーム史上の謎の1つである。『ストリートファイター』シリーズのケンなども「このことが不思議で仕方が無い」と語っている。メトロシティのチンピラ達の間では「先代の市長を暴力で脅した」という噂も広がった。しかし、実際はプロレスラーだった頃に有名になり、人柄もいいということで人望を集めて、正当な選挙を経て市長になっているというのが真実である。

プロレスラーで、しかも市長という設定が人気を博して雑誌『ゲーメスト』において1990年度のキャラクター部門で大賞を獲得した。例年の大賞獲得キャラクターは春麗ワルキューレなどの女性キャラクターがほとんどを占めており、非主人公の中年マッチョ男性が選ばれるのは極めて異例。日本国外でも人気があり、『MVC3』で登場するまでは「何でハガーが出ないのか」といった意見が多かったが、出ない理由は毎回マッチョ系の枠をザンギエフに持って行かれたため[2]

ゲーム上の特徴[編集]

ベルトスクロールアクションゲーム版『ファイナルファイト』シリーズのプレイヤーキャラクター中でパワーは1番であるが、攻撃速度は最も遅い。パイルドライバーやバックドロップなどのプロレス技を得意とする。

得意武器は鉄パイプで、素早く振ることが可能。初代のボーナスステージ1の車破壊では、ハガーでないと最高タイムを出せない。『2』では角材、『マイティファイナルファイト』(以下『マイティ』と表記)ではハンマーを得意アイテムにしている。

技の解説[編集]

通常技[編集]

ボディーブロー
アクションゲーム版での通常のパンチ攻撃。最大2発まで出せる。
ハンマーナックル
上記のボディーブローを2発出した後に攻撃ボタンを押すと繰り出すフィニッシュ技。
ドロップキック
アクションゲーム版での通常のジャンプ攻撃。コーディーなどと違い、垂直ジャンプでもレバー入れジャンプでもこの技になる。

連続技[編集]

ボディーブロー×2→ハンマーナックル(フィニッシュ)
『ファイナルファイト』シリーズでは基本の連続技。『マッスルボマー』ではラッシュ状態のときのみ使用可能。

投げ技[編集]

頭突き
最大3発まで出せる掴み技。
バックドロップ
初代と『マイティ』で使用可能な通常投げ。『タフ』では背後から仕掛けた場合に使用可能。
ブレーンバスター
『2』で使用可能な通常投げ。
リフトアップスラム
『タフ』で使用可能な通常投げ。

特殊技[編集]

フライングボディアタック
初代と『2』で使用可能。ジャンプ中に出せる技で攻撃判定が広く、ヒットすれば必ずダウンを奪える。なお『タフ』ではダッシュジャンプ中に限り使用可能。
ヒップドロップ
『マイティ』と『タフ』で使用可能。こちらもジャンプ中に出せる技で、ヒットすればダウンを奪える。
スチールパイプ
『MVC3』で使用可能。鉄パイプを振り下ろす。初代の鉄パイプ攻撃を再現したもの。

必殺技[編集]

ダブルラリアット
両腕を広げ回転、前後左右にラリアットを繰り出す。体力を少し消費するが完全無敵。『リベンジ』では他の作品と仕様が違い、ザンギエフの使う同技に性能が近い。『NAMCO x CAPCOM』ではMA攻撃として2体の敵を同時に攻撃できるほか、遠距離攻撃の回避スキルとしても使われる。
クイックダブルラリアット
『リベンジ』の技。回転数の少ないダブルラリアット。
フライングパイルドライバー
初代と『マイティ』で使用可能。大きくジャンプして相手にパイルドライバーを叩き込む。また着地点付近にいる他の敵を巻き込める。ベルトスクロール版での『2』以降は「スクリューパイルドライバー」にバージョンアップしているが、『MVC3』ではこちらが必殺技として実装されている。
スクリューパイルドライバー
『2』からの技。前作での「フライングパイルドライバー」の改良版。空中で回転しながら相手にパイルドライバーを叩き込む技。
スクランブル・ハガー・プレス
『マイティ』の技および『NAMCO x CAPCOM』のスキル(表記は「Sハガープレス」)。
『マイティ』では、両腕を広げて正面から横方向へ体当たりする技。攻撃判定が広く、さらにヒット時には相手を捕まえることができ、「フライングパイルドライバー」へと繋げられる。
『NAMCO x CAPCOM』では、隣接する敵1体の気絶値を50上昇し、1マス後退させるマップスキル。
スカイハイバックドロップ
『タフ』からの技。相手に背後からジャンプして後頭部から地面に落下する。
バイオレントアックス
スーパーマッスルボマー』からの技で、『タフ』でも使用。両腕を振り上げる2段ヒットの打撃技。なお密着状態から出せば3発ヒットする。『MVC3』ではコマンド入力時のボタンによりショルダータックルや「アングリーハンマー」のような振り下ろすモーションも加わる。
アングリーハンマー
『マッスルボマーDUO』および『スーパーマッスルボマー』での技。前進して両腕を振り下ろす突進技だが、『NAMCO x CAPCOM』では「バイオレントアックス」のように両腕を振り上げる打撃技に変更されている。
パワースウィング
『リベンジ』の技。「バイオレントアックス」と同じく両腕を振り上げる打撃技であるが、炎を纏うという点が違う。
ハンマースルー
『リベンジ』の技。相手の攻撃を受け止めて投げ技で返す。
ワイルドスウィング
『MVC3』の技。空中で相手を掴み、振り回して投げ落とす。
フードラムランチャー
『MVC3』の技。相手を掴んで上方に放り投げる。弱は打撃投げ、中はガード不能の打撃投げ、強は対空投げとなる。

スーパーメガクラッシュ / スーパームーブ / ハイパーコンボ[編集]

『NAMCO x CAPCOM』での「必殺技」は対戦型格闘ゲームで言う「超必殺技」や「スーパーコンボ」に相当するため、それもここに記述する。

ファイナルハンマー
『タフ』のスーパーメガクラッシュ。上への投げ飛ばし→「スカイハイバックドロップ」→「スクリューパイルドライバー」の連続コンビネーション。技中は完全無敵である。
ギャンブルスラム
『リベンジ』のスーパームーブ。相手を掴むとルーレットが出現し、出た目に従って様々な投げ技を行う。
ジャイアントスイング
『リベンジ』のスーパームーブ。空中の相手を掴みにかかる技で、両脚を掴み回転して投げ飛ばす。
デスクワークガトリング
『MVC3』のハイパーコンボ。ボディブローを叩き込み、ヒットするとさらにボディブローの連打を打ち込み、「バイオレントアックス」でフィニッシュを決める。
暗転時にボタンを連打するとボディブローの回数が増える仕組みになっており、連打数に応じて、ボディブロー発動時にハガーの目が光ったり、赤いオーラが吹き出す演出が入る。
原作でのテクニック「パンチはめ」を擬似的に再現したもの。
ジャイアントハガープレス
『MVC3』のハイパーコンボ。上空に跳び上がってからボディプレスで落下し、着地の際に衝撃波を発する。
マッスルディスコース
『MVC3』のハイパーコンボ(レベル3専用)。相手にバックドロップを決めてからジャイアントスイングで上空に放り上げ、追って空中で掴んだ相手を「スクリューパイルドライバー」で地面に叩き落とす。
マッスルボマー
『NAMCO x CAPCOM』での必殺技。元は『スーパーマッスルボマー』でのヴィクター・オルテガの技。

登場作品[編集]

担当声優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]