特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 特命戦隊ゴーバスターズ > 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!
特命戦隊ゴーバスターズ
THE MOVIE
東京エネタワーを守れ!
監督 柴崎貴行
脚本 小林靖子
原作 八手三郎
出演者 鈴木勝大
馬場良馬
小宮有紗
松本寛也
榊英雄
陳内将
主題歌 CV:鈴木勝大&藤原啓治、馬場良馬&玄田哲章、小宮有紗&鈴木達央「キズナ〜ゴーバスターズ!(2012 Summer MOVIE UNIT)」
製作会社 劇場版「フォーゼ・ゴーバスターズ」製作委員会
配給 東映
公開 2012年8月4日
上映時間 27分(劇場公開版)
35分(ディレクターズカット版)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船(シリーズ前作)
次作 特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック(シリーズ次作)
テンプレートを表示

特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』(とくめいせんたいゴーバスターズ ザ・ムービー とうきょうエネタワーをまもれ!)は、2012年8月4日より東映系で公開の特撮テレビドラマシリーズの『特命戦隊ゴーバスターズ』の劇場用作品。同時上映は『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』。

概要[編集]

『夏の2大ヒーロー祭』と題した、特命戦隊ゴーバスターズ単独の劇場作品。本作はシリーズで初めて東京タワー全面協力のもと撮影が行われており、イメージキャラクターのノッポンもゲスト出演している[1]。恒例のゲストとしてタレントの辻希美が、本作のオリジナルキャラクター・エネたんの声役で出演する。ロボ戦はテレビシリーズに引き続きオープンセットでの撮影となっている。

舞台として東京タワーが選ばれたのは、よく知られている場所でヒーローを戦わせることでリアルな世界観、臨場感を強調しようとしたためであり、当初は東京スカイツリーを舞台にする案もあったという[2]

全国304スクリーンで公開され、2012年8月4、5日の初日2日間で興収2億5,417万2,750円、動員21万7,655人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[3]

ストーリー[編集]

ゴーバスターズの宿敵・ヴァグラスのエンターが新たなメタロイド・スチームロイドを誕生させた。「錆びる」メタウイルスをインストールされたスチームロイドが発する蒸気はバディロイドのメタルボディをも錆びさせてしまい、バスターマシンが出撃不能に陥ってしまう。

エンターはゴーバスターズのピンチをチャンスと捉え、“東京エネタワー”と呼ばれる場所に大量のエネトロンを集積させ一気に亜空間へ転送させようと企む。これが実現すればヴァグラスの現実世界侵攻は一気に進むどころか、周囲の人々が転送の犠牲になってしまう。しかしマシンが動かない状態のゴーバスターズは対抗手段もおぼつかない。そんな中、出動できるマシンが一機だけ残されていた。

果たしてゴーバスターズは究極の“特命”を完遂できるのか?

登場人物[編集]

本作オリジナルキャラクター[編集]

エネたん
カエル型の小型バディロイド。性別は他の4体と違い、♀(メス)。FS-0O(潜水艦)に接続され、ゴーバスターズをサポートするが不用意に触れられることを嫌がり、気が強い。
スチームロイド
本作オリジナルのメタロイド。工場のパイプ及び工場全体にメタウィルス「錆びる」がインストールされて誕生した。
気性の荒い性格で、「仕事」を重要視している。その為、「仕事道具」である煙突を破壊された時は激怒していた。
煙突部分から生み出す特殊な蒸気はバディロイドやバスターマシンのボディに使われる特殊金属を錆びつかせてしまう。反面、動作には大量の水を必要とする。また煙突部分を塞がれることで壊れてしまう。

設定・用語[編集]

東京エネタワー
現実の東京タワー電波塔だが、今作では「エネタワー」の名の通り周囲のエネトロンタンクを管理する役割を果たしている。エンターによって装置を設置され、大量のエネトロンを蓄積し周辺域を亜空間に転送される装置に利用される。
バスターマシン FS-0O(エフエスゼロオー)フロッグ
全幅:29m / 重量:800t
本作初登場のバスターマシン。陣が開発した初期型バスターマシン。カエル型の潜水艦形態で水中潜行が可能で、ゴーバスターケロオーへの合体が可能。武装はオタマミサイル。「FS」は「フロッグ」と「サブマリン」である。
スーパー戦隊シリーズの夏の劇場版では最初の作品である『劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える』から恒例となっていた劇場版限定または先行のメカは前作『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』では未登場だったため、本作で2年振りの復活となる。TV本編にはMission44で登場し、『ゴーバスターズVSゴーカイジャー』にも登場した。
バスタービークル FS-0Oフロッグ
全長:28.7m / 全高:27.6m
水中潜行が可能な潜水艦型のビークル形態。
バスターアニマル FS-0Oフロッグ
全長:25.7m / 全高:23.5m
カエル型の動物形態。
ゴーバスターケロオー
全高:52m / 全幅:28.8m / 胸厚:26m / 重量:3700t
CB-01チーター、GT-02ゴリラ、FS-0Oフロッグの3機が特命合体した水中・水上戦を得意とするメガゾード形態。専用のグリップパーツ[4]を使用してスタッグビートルに牽引されることにより水上スキーのような航行も可能。武装は両腕のエネたんスクリューと、左腕内蔵のオタマミサイルで、ゴーバスターケロオー形態でのミサイルはおたまじゃくしからカエル形態に変形する。フロッグ同様、Mission44でTV本編にも登場した。
メガゾードε(イプシロン)
αからδまでの4体と共に出現した劇場版初登場の新型メガゾード。有人操縦型で、エンター自らが乗り込んで操縦する。
全体的にスリムなボディに、肩から背中にかけて生える六枚のブレード状のウイングと大きく突き出した膝が特徴で、頭部には二本の角が伸びる一つ目のドクロのような顔を持つ。カラーも赤を基調としている。
単体での高速飛行能力を持ち、右腕には強力なレールガンが搭載されている。テレビシリーズでのメガゾードとは異なり、メタロイドのデータを取り込んでいない素体状態そのままでの登場。
東京エネタワー転送達成のために出撃し、機動力でゴーバスターエースおよびゴーバスターケロオーを翻弄するが、最後はゴーバスターエースに撃破される。
後にテレビシリーズでも登場している。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 八手三郎
  • 脚本 - 小林靖子
  • 音楽 - 大橋恵
  • 製作 - 鈴木武幸(東映)、平城隆司(テレビ朝日)、高木勝裕(東映アニメーション)
  • 企画 - 白倉伸一郎(東映)、桑田潔(テレビ朝日)、日達長夫(東映ビデオ)、和田修治(アサツー・ディ・ケイ)、松田英史(東映エージェンジー)、古澤圭亮(バンダイ)
  • エグゼクティブプロデューサー - 杉山登(テレビ朝日)、加藤和夫(東映ビデオ)
  • 撮影 - 松村文雄
  • 照明 - 本田純一
  • 美術 - 大谷和正
  • 録音 - 工藤新一郎
  • 編集 - 佐藤連
  • 整音 - 小林喬
  • 助監督 - 荒川史絵
  • スクリプター - 渋谷康子
  • 制作担当 - 東正信
  • アシスタントプロデューサー - 望月卓(東映)
  • ラインプロデューサー - 道木広志
  • プロデューサー - 武部直美(東映)、佐々木基(テレビ朝日)、矢田晃一、深田明宏(東映エージェンジー)
  • アクション監督 - 福沢博文
  • 特撮監督 - 佛田洋
  • 監督 - 柴崎貴行
  • 配給 - 東映
  • 製作 - 劇場版「フォーゼ・ゴーバスターズ」製作委員会

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

主題歌[編集]

キズナ〜ゴーバスターズ!」(2012 summer MOVIE UNIT)
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:大石憲一郎Project.R) / 歌:CV:鈴木勝大&藤原啓治馬場良馬&玄田哲章小宮有紗&鈴木達央
挿入歌「バスターズ レディゴー!
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:大石憲一郎(Project.R) / 歌:高橋秀幸

映像ソフト化[編集]

  • 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ! 特命レポート(DVD1枚組、2012年7月21日発売)
    • 本作のメイキングDVD。
  • 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ! 劇場公開版(1枚組、2012年12月7日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • 本編:劇場公開版本編を収録
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
      • ノンスーパーED 劇場公開ver.
  • 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ! コンプリートパック(2枚組、2012年12月7日発売、Blu-rayとDVDでのリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(劇場公開版と同様)
    • ディスク2:DC版ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • 本編:劇場公開版に未公開シーンを追加した「ディレクターズカット版本編」を収録。なお、スーパー戦隊シリーズ劇場版のディレクターズカット版は本作が初となる。
      • 映像特典
        • 製作発表記者会見
        • 完成披露試写会前会見
        • 完成披露試写会舞台挨拶
        • 公開2日目舞台挨拶
        • ノンスーパーED DCver.
        • PR集
        • バスターズファイル
        • バスターズギャラリー
        • ポスタービジュアル
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督:柴﨑貴行×プロデューサー:武部直美×脚本:小林靖子)
    • 初回限定特典
      • 復刻台本
      • ロケ地マップ
      • 特製アウターケース

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エンドロールでは、兄弟共に他のキャストと同等の扱いでクレジットされている。
  2. ^ 柴崎貴行のインタビュー(映画パンフレット掲載)より
  3. ^ 『仮面ライダー』が『海猿』のV4阻止!『ポケモン』20億、『おおかみこども』15億円突破とアニメ強し!シネマトゥデイ 2012年8月7日
  4. ^ 超全集 2013, p. 72.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]