特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特命戦隊ゴーバスターズ
VS海賊戦隊ゴーカイジャー
THE MOVIE
監督 柴崎貴行
脚本 下山健人
出演者 鈴木勝大
馬場良馬
小宮有紗
松本寛也
小澤亮太
山田裕貴
市道真央
清水一希
小池唯
池田純矢
主題歌 謎の新ユニットSTA☆MEN「キズナ〜ゴーバスターズ! 豪快にアレンジver.」
製作会社 「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」製作委員会
配給 東映
公開 2013年1月19日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4億3,000万円
前作 特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(シリーズ前作)
次作 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ(シリーズ次作)
テンプレートを表示

特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』(とくめいせんたいゴーバスターズ たい かいぞくせんたいゴーカイジャー ザ ムービー)は、2013年1月19日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『特命戦隊ゴーバスターズ』の映画化作品である。最終興行収入4億3,000万円[1]

概要[編集]

特命戦隊ゴーバスターズ』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』のクロスオーバー作品であり、『劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』から続くスーパー戦隊祭の第5弾記念作品でもある。

スーパー戦隊Vシネマの展開が始まって以来、タイトルロゴは現役戦隊側が通常の番組タイトルロゴ、「VS」後の前作戦隊側は肩書無し(「○○戦隊」が無し)という組み合わせのフォーマットだったが、本作品では前作の戦隊も現役戦隊同様に通常の番組タイトルロゴを含む形となった。

『ゴーカイジャー』のクロスオーバー要素は本作品でも組み込まれており、過去のスーパー戦隊に登場した人物や巨大ロボも参戦する他、VSシリーズの劇場版への本格的な移行を境に廃されていた「恐竜や」も久々に登場する。過去の「スーパー戦隊祭」同様にTV放送開始前の新戦隊『獣電戦隊キョウリュウジャー』が放送開始に先駆けて先行登場。今回はキョウリュウレッドのみレッドバスターとゴーカイレッドの面前で登場するという、これまでと異なる形での顔見世となる[注 1]。これを踏まえて次作『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』では、本作でレッドバスターとキョウリュウレッドが対面した設定が反映されている[2]

脚本家の下山健人のインタビュー[要文献特定詳細情報]では初期案で時間移動するはずだった予定の時代は、3000年前・江戸時代・近未来の3つでゴーカイジャーとゴーバスターズの全員が飛ばされ、バディロイドが現代に残るはずだったとされ、ゴーカイジャーとゴーバスターズは3000年前・江戸時代・近未来で、3000年前の『星獣戦隊ギンガマン』・江戸時代の『侍戦隊シンケンジャー』と『獣電戦隊キョウリュウジャー』と共演するつもりだったとされており、劇中でシンケンレッド/志波薫が登場したのは初期案の名残となっている。また、現代への戻り方も初期案では、『未来戦隊タイムレンジャー』に登場する時間保護局が各時代のゴーカイジャーとゴーバスターズを回収。その後エンターの妨害により燃料のラムダ2000を奪われたため、バディロイドのエネトロンで代用するという展開だった。

ストーリー[編集]

ある日突然地球に現れた黒色のゴーカイガレオン。時同じくして、エネトロン防衛のために出動した特命戦隊ゴーバスターズの前に立ちはだかったのは、かつて宇宙帝国ザンギャックから地球を守り抜いた海賊戦隊ゴーカイジャーだった。

だが彼等は、敵であるはずのザンギャックの新司令官バッカス・ギルらと手を組みゴーバスターズと敵対。全て揃うことで宇宙で最も強大な力が手に入ると伝わる、5つの幻のレンジャーキーを巡る争奪戦が展開される中、そのレンジャーキーの力によって生じた時空の歪みに巻き込まれ、ゴーバスターズとゴーカイジャーは様々な時代へと散り散りになってしまう。

元の時代へ戻るべく、そして幻のレンジャーキーを回収すべく彼等が奔走する一方、ザンギャックはヴァグラスとも手を組み総攻撃の準備を着々と進めていく。果たしてザンギャックと組んだゴーカイジャーの真意はどこにあるのか?そして幻のレンジャーキーの持つ力とは如何なるものなのか?

登場人物[編集]

本作品のオリジナルキャラクター[編集]

新司令官バッカス・ギル
ザンギャックの新司令官。前ザンギャック皇帝アクドス・ギルの甥に当たる。
ワレドナイヤー
バッカスを補佐するザンギャックの行動隊長。TVシリーズにて登場した親衛隊長・デラツエイガーに酷似した姿と声を持つが、体色は赤く関西弁で話す。デラツエイガーと同様、剣術に優れている。
ゴーカイレッド・レッドバスターと対峙するが、突然現れた獣電戦隊キョウリュウジャーの獣電ブレイブフィニッシュに敗北する。

装備・戦力[編集]

本作品のオリジナル装備・戦力のみ記送する。

幻のレンジャーキー
その全てを集めることで「宇宙で最も強大な力」が宿ると伝わる、レッド・ブルー・イエロー・ピンク・グリーンの5色のレンジャーキー。黒いゴーカイガレオンにある鍵穴に挿すことにより時空のゆがみを発生させることができる。
バディロイドキー
幻のレンジャーキーがゴーカイジャーの手に渡ったことで変化したレンジャーキー。それぞれバディロイドの形状で、レッドがチダ・ニックキー、ブルーがゴリサキ・バナナキー、イエローがウサダ・レタスキー、ピンクがビート・J・スタッグキー、グリーンがエネたんキーに変化した。
メガゾードキー[注 2]
バディロイドキーをゴーカイダリンの鍵穴に挿し込むことでゴーカイオーの胸部ハッチから出てきた、歴代スーパー戦隊のロボの力を宿した巨大レンジャーキーでこれこそがゴーバスターズの大いなる力である。この鍵を使い、ゴーバスターエース、ゴーカイオー、ゴーバスターライオー、バスターヘラクレス、豪獣神が豪快チェンジの要領で戦隊ロボに変身した。劇中ではフラッシュキングキー、大獣神キー、龍星王キー、ガオキングキー、マジキングキー、ダイボウケンキー、ゲキトージャキーが登場した。
黒いゴーカイガレオン
ザンギャックの残党が使用するゴーカイガレオンの同型機。ただし、ゴーカイオーへの変形はしない。旗にはザンギャックのエンブレムが施されている。幻のレンジャーキーの力で時空の歪みを発生させて地球を亜空間で包み込もうとしたが、ゴーバスターエースのレゾリューションスラッシュで破壊された。
メガゾードω(オメガ)
エンター「とっておき」の最新型メガゾード。タイプεと同じくエンター自らが乗り込む。
従来のメガゾードと違い、全体的に細身で各部にスパイクなどの装飾がなされたより人に近い人形のようなボディに、左右に大きく広がった頭部と共通の単眼にモノクルを付けた仮面のような顔が特徴。
超銃火器武装戦闘に特化した最強のメガゾードで、肩部に3連ビーム砲、両腕に4連自動3000ミリランチャー、胸部には超高出力のエネトロンエネルギー弾を放つ主砲ヴァグラストライカー、その他全身には大小の強化バルカン砲とビーム発射口を無数に装備しており、今までのメガゾードシリーズとは比べ物にならない火力を誇る。
その力でバスターヘラクレスおよびゴーバスターオーを圧倒するが、バスターヘラクレスが豪快チェンジしたマジキングのファントムイリュージョンと豪獣神が豪快チェンジした大獣神の超伝説雷光斬りにより撃破される。
TVシリーズでも最終決戦でエンターがエネトロンタンクから作り出した巨大な繭型ドームを変貌させる形で登場。エンター自身のように腕からコード状の触手を伸ばす事が可能で、他のエネトロンタンクを同じようなドームへと変え、誘い込まれたゴーバスター基地を壊滅状態まで追い込んでいる。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「キズナ~ゴーバスターズ! 豪快にアレンジver.」
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:大石憲一郎Project.R)/ 歌:謎の新ユニットSTA☆MEN
キズナ~ゴーバスターズ!」に、「スーパー戦隊ヒーローゲッター ~Now Forever ver.~」のメロディをアレンジして合体させたソング。映画のストーリーに合わせた書き下ろしの歌詞になっている。
挿入歌
海賊戦隊ゴーカイジャー
作詞:岩里祐穂 / 作曲:持田裕輔 / 編曲:Project.R(籠島裕昌) / 歌:松原剛志(Project.R)/ コーラス:ヤング・フレッシュ、Project.R
バスターズ レディーゴー!
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:大石憲一郎(Project.R)/ 歌:高橋秀幸(Project.R)

映像ソフト化[編集]

2013年3月21日発売。Blu-rayとDVDでリリース。

  • 特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 劇場予告編
      • ノンスーパーED 劇場公開ver.
      • ノンスーパーED 江戸ver.
      • ノンスーパーED 橋ver.
  • 特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE コレクターズパック(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 完成披露試写会スペシャルイベント
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶上映前
      • 公開初日舞台挨拶上映後
      • PR集
      • バスターズ&ゴーカイギャラリー
      • バスターズ&宇宙帝国ファイル
      • ポスタービジュアル
    • 初回限定特典
      • ポスターカード

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ キョウリュウジャーの他の4名は遅れてきたためタイトル表記の2戦隊とは直接対面はしていない。
  2. ^ 『特命戦隊ゴーバスターズ超全集』ではレジェンドロボキーと記載している[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社2014年、 201頁。
  2. ^ 『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』劇場パンフレット、P.20、三条陸インタビュー。
  3. ^ 超全集 2013, p. 45.
  4. ^ a b c d e f 劇場パンフレットより記載。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]