轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 轟轟戦隊ボウケンジャー > 轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第12作 魔法戦隊
マジレンジャー
VS
デカレンジャー
2006年3月10日
第13作 轟轟戦隊
ボウケンジャー
VS
スーパー戦隊
2007年3月9日
第14作 獣拳戦隊
ゲキレンジャー
VS
ボウケンジャー
2008年3月14日

轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』は、2007年3月9日に発売されたスーパー戦隊Vシネマ

概要[編集]

スーパー戦隊30作記念作の締めくくりとして、本作は『ガオレンジャーVSスーパー戦隊』同様、現役戦隊と歴代戦隊選抜メンバーの共演を描いた作品。今作では『ハリケンジャー』から『マジレンジャー』までの4戦隊から選抜された戦士達とボウケンジャーが共闘する[1]。登場する歴代戦士は、ハリケンブルー(『忍風戦隊ハリケンジャー』)、アバレブラック(『爆竜戦隊アバレンジャー』)、デカブレイク(『特捜戦隊デカレンジャー』)、マジイエロー、マジシャイン(『魔法戦隊マジレンジャー』)の5名[2]。さらに本作オリジナルの戦士・アカレッドが登場。

本作ではこれまでのスーパー戦隊Vシネマとは異なり、通常戦隊シリーズ中盤で加入する6人目の戦士(高丘映士 / ボウケンシルバー)から見た視点で描かれているのも大きな特徴である(本作の主役は映士になっている)。また戦闘シーンもレッドコンビ(アカレッド&ボウケンレッド)、男性戦士チーム(アバレブラック、マジイエロー、ボウケンブラック、ボウケンブルー)、女性戦士チーム(ハリケンブルー、ボウケンイエロー、ボウケンピンク)、6人目チーム(デカブレイク、マジシャイン、ボウケンシルバー)に戦隊メンバーもチーム分けされて敵幹部軍団と戦闘した。

敵側も再生された敵幹部として、ツエツエ(『ガオレンジャー』)、フラビージョ(『ハリケンジャー』)、メーミィ(『マジレンジャー』)が登場。フラビージョが戦隊シリーズに登場するのはこれで4作品目になる。なお、爆竜ブラキオサウルスも登場しているが、銀河万丈の声の出演は無かった。『ボウケンジャー』レギュラーの敵組織で登場したのはゴードム文明のガジャだけで、その他の敵キャラクターは登場しない。オリジナルロボとして、ダイボイジャーに追加パーツを配した「バーニングレジェンドダイボイジャー」が登場する。

DVD版のデザインギャラリーにて本編にも登場した「スーパー戦隊住所録」の各戦士のページを閲覧することが可能で、『ハリケンジャー』から『マジレンジャー』の主な事件の時系列を知ることが出来る。特に、時期が不明瞭だったVシネマや劇場版の時系列が確認できるが、『アバレンジャーVSハリケンジャー』のように、辻褄が合わない場合も存在する。

轟轟戦隊ボウケンジャー』の本放送ではハイビジョンでの放送だったが、本作は通常の4:3での収録となっている。本シリーズのハイビジョンでの制作は、次作『ゲキレンジャーVSボウケンジャー』からとなる。

本作はタイトルバックはないものの、前作前々作では存在しなかったオープニングテーマが復活し、オープニングナレーションは本作オリジナルとなっている(これは次作も同様)。

中川幸太郎の本編音楽に加え、BGM「対決」とEDテーマ「伝説」(後者の歌唱は串田アキラ宮内タカユキMoJo、作詞は會川昇)の作・編曲で渡辺宙明が参加[3]。スーパー戦隊Vシネマで初めて、サウンドトラックCDが発売された。

あらすじ[編集]

いつものようにゴードム文明と戦うボウケンジャーの5人。しかし、大神官ガジャと手を組んだ時の魔人クロノスによって、異空間に飛ばされてしまう。1人残された高丘映士(ボウケンシルバー)の前に、アカレッドが現れる。単独ではクロノスにかなわないというアカレッドの助言に従い、映士は先輩戦士たちの元へ向かう。

先輩戦士たちと共にクロノスへ立ち向かうボウケンシルバーだったが、その連携は全くのバラバラ。クロノスたちに苦戦する。しかし、映士とボウケンジャーの仲間との絆を知った彼らは改めて団結する。一方、クロノスは歴代の悪の幹部を復活させることで、ある陰謀を進めていた。

登場キャラクター[編集]

轟轟戦隊ボウケンジャー』の登場キャラクターについては、轟轟戦隊ボウケンジャーの登場人物を参照。ゲストキャラクターについては各リンク先を参照。

ゲストキャラクター

オリジナルキャラクター[編集]

アカレッド
全身真紅の謎の戦士で赤の魂を受け継ぐ者。初めて映士の前に現れた際は「スーパー戦隊 アカレッド」と名乗り、「戦隊のリーダーたる赤の戦士達の、平和への願いより生まれし者」と自己紹介した。時の魔神クロノスによって異空間に閉じ込められたボウケンジャーを救うため、ただ1人残った映士に「スーパー戦隊住所録」を渡して先輩戦士たちの力を借りるよう助言する。
ソウル降臨!(戦士名)!」の後のコールで歴代のレッド系戦士の姿に変化することが可能で劇中では ガオレッドマジレッドになって敵と戦い、ハリケンレッドアバレッドデカレッドは名乗りの際に一瞬だけ変身したのみだが、ガオレッドより前の戦士にも変身は可能。また、左胸の「30th ANNIVERSARY」マークから歴代レッドの武器を取り出すことも出来、劇中ではティラノロッドを自ら使用し、ボウケンレッドにハヤテ丸とディーマグナムを貸し与えた。
それから4年後に放送された35作記念作品の『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではキャプテン・マーベラス/ゴーカイレッドが所属していた「赤き海賊団」のリーダーとして登場。スーツのデザインは基本的に本作と同様だが本作と比べて、左胸のマークの数字が35に変更され、ベルトのバックルにVが追加されている他、ゴーカイジャーの武器であるゴーカイサーベルとゴーカイガンを武器として所持している。ゲスト出演の明石暁がこの名をつぶやいたことから同一人物であることが伺える。
元々はシリーズ30作目を記念しての宣伝用キャラクターとして企画されたものだったが、「現行戦隊であるボウケンジャーの存在感が薄くなる」として一度お蔵入り。その後、本作の企画が立ち上がったことで再利用された[4]
炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-39「郷愁ノコドモ」に登場した害気目蛮機獣ヤタイバンキの胴体に付けられたお面の中に、彼の顔のお面が確認できる。後に『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』にて「ハイド(ゴセイブルー)の変身」という形で登場している。
時の魔神クロノス
ガジャからゴードムエンジン3つを受け取り、それらと自らの特殊能力とを合わせて、メーミィ、ツエツエ、フラビージョを復活させようと暗躍する。その過程で映士を除くボウケンジャーやヒカルらを異空間に閉じ込める。ヒカルによればこの空間は(『マジレンジャー』本編で度々使用された)マルデヨーナ世界のようなものでいつ崩壊してもおかしくない不安定な世界とのこと。
デザインモチーフは、等身大時は『魔法戦隊マジレンジャー』の冥獣人。巨大化後に装備した鎧は繋がりで『未来戦隊タイムレンジャー』のプロバイダス。DVDのアートギャラリーには「準備稿ではマジレンジャーの冥獣人にするはずだった…」との記述があり、上記の「時を操る不思議な力」は冥獣人もしくは冥府神に見られた能力である。

装備・戦力[編集]

ピンクイエローフルスロットルクラッシュ
ボウケンイエローとボウケンピンクがハリケンブルーの肩を踏み台にしてジャンプ、2人で同時にサバイブレードで垂直斬りを繰り出す技。
ブラックハンマーノック
ボウケンブラックの技。落ちてくる敵を横スイングで殴り飛ばす。
ブルーフライングヒット
ボウケンブルーの技。敵に飛びかかり、敵を掴んで浮遊しながら壁に叩き付ける。
スーパー戦隊ボール
ボウケンシルバー・アカレッド・4人の先輩戦士による必殺技。
バーニングレジェンドダイボイジャー
全高:71メートル / 重量:9200トン / 出力:6000万馬力 / 最高速度:時速800キロ[5]
「希望」、「愛」、「勇気」、「正義」、「情熱」、「友情」の「スーパー戦隊魂」の力をアカレッドに送り込まれ、ダイボイジャーが新たな強化パーツを合体させた姿。出力は6500万hp/t。「ダブルファイヤーパンチ」や「30thスーパー戦隊ソウル[6]」などの技を使う。
当初は『魔法戦隊マジレンジャー』に登場するマジレジェンドとの魔法合体を想定してデザインされていたと当時のインタビュー[要文献特定詳細情報]で語られている。名前に「レジェンド」と付くのはその名残である。

スタッフ[編集]

  • 原作:八手三郎、石ノ森章太郎[7] 
  • 監督:渡辺勝也
  • 脚本:大和屋暁
  • 撮影:松村文雄
  • 音楽:中川幸太郎、渡辺宙明(アカレッドのテーマのみ)
  • 製作:テレビ朝日、東映ビデオ、東映、東映エージエンシー

キャスト[編集]

声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「轟轟戦隊ボウケンジャー
作詞:岩里祐穂 / 作曲:山田信夫 / 編曲:京田誠一 / 歌:NoB
エンディングテーマ「伝説」
作詞:會川昇 / 編曲:渡辺宙明 / 歌:串田アキラ宮内タカユキMoJo

脚注[編集]

  1. ^ 今作ではアカレッドの変身でガオレッドと、敵キャラとしてツエツエが登場するが、ガオレンジャーの戦士は1人も登場しない。
  2. ^ スーパー戦隊バトル ダイスオーDXの特命第2弾のダイバトルはこの5人にボウケンシルバーを加えた6人(当初別行動だったマジシャインはEXカード扱い)で構成されている。
  3. ^ 「対決」という曲名は日本コロムビアの当該商品ページ([1][2])より
  4. ^ スーパー戦隊VSシリーズ劇場 BATTLE-26 轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊(前編)
  5. ^ a b 超全集 下 2007, p. 95.
  6. ^ 『轟轟戦隊ボウケンジャー超全集 下巻』では、名称をスーパーサーティーセンタイソウルと記載している[5]
  7. ^ 百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』のような石ノ森章太郎のキャラクターが登場したわけではないが、アカレッドが歴代赤の戦士をあげる際にアカレンジャーとスペードエースが映されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]