電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 獣拳戦隊ゲキレンジャー > 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦
電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー
ネイネイ!ホウホウ! 香港大決戦
監督 中澤祥次郎
脚本 荒川稔久
原作 八手三郎
ナレーター ケイ・グラント
出演者 鈴木裕樹
福井未菜
高木万平
荒木宏文
平田裕香
伊藤かずえ
音楽 三宅一徳
撮影 松村文雄
製作会社 東映
配給 東映
公開 2007年8月4日
上映時間 36分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語, 広東語
前作 轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス
次作 炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!
テンプレートを表示

電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦』(でんえいばん じゅうけんせんたいゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!ほんこんだいけっせん)は、2007年8月4日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の映画化作品である。同時上映は『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』。

概要[編集]

一部のシーンではあるが、スーパー戦隊シリーズの劇場版で初めて海外ロケ(香港)が行われた作品。本作タイトルにある“電影”とは香港における“映画”を指す言葉であり、この特徴を端的に示している。本作以降から「劇場版」「THE MOVIE」にあたる独自の表現も使用される。

前6作の劇場版はテレビシリーズのメインライターが脚本を書いていたが、本作はテレビ本編のメインライターの横手美智子ではなく、『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション』以来のシリーズ劇場版参加となる荒川稔久が手掛ける。

世界征服を企む香港のメディア王・ヤン役には同シリーズへの出演経験を多く持つ石橋雅史が、『鳥人戦隊ジェットマン』以来のシリーズ出演を果たした。また、ヤンの秘書・ミランダ役にインリン・オブ・ジョイトイが、香港国際警察捜査官・ラオファン役に小野真弓がゲスト出演している。乾坤一擲武術会の参加者の一人として新堀和男が出演している。

あらすじ[編集]

激しい戦いを繰り広げるゲキレンジャーとメレ率いるリンシーたち[1]だが、妖しげな光とともに彼らはこつ然と姿を消した。

一同が“転送”されたのは、全世界の経済界を牛耳る香港のメディア王 ヤンが所有する島だった。そして次々と転送されてくる世界各地の格闘家たち。彼らはヤンの主催する「乾坤一擲武術会」で戦うために集められたのだ。しかし、その裏にはヤンの恐るべき陰謀が隠されていた。

機械人たちとレツ・ラン・理央たちが戦う中、ヤンの悪事を暴くべく潜入していたラオファンに協力していたジャンにも危機が迫る。

登場人物[編集]

ヤン
全世界の経済を裏で操っているといわれる香港のメディア王。世界最強の武術家を決める乾坤一擲武術会を開催する。科学技術の粋を尽くして作り上げた機械拳法・銘功夫(メカンフー)の総帥で、自らの肉体も機械化している。
その真の目的は優れた武術家たちの気を吸収して自らを最強の存在とし、その力で世界を征服すること。銘功夫・アントライオン拳を使いゲキレンジャーを苦しめる。巨大戦では銘観音に乗り込みゲキレンジャーに勝負を挑む。
ラオファン
乾坤一擲武術会に招かれた拳法家。ヌンチャクを武器としており、同じヌンチャク使いであるジャンとはすぐに意気投合する。おっちょこちょいな一面もある明るい性格。その正体は香港国際警察の秘密捜査官で、大会の主催者であるヤンの悪事の証拠を掴むため潜入捜査をする。
ミランダ
チャイナドレスに身を包んだヤンの秘書。妖しげな美貌を持つ。ヤンと同じく正体は機械人で、銘功夫・シーアネモネ拳の使い手。
両腕と頭部にある巨大な花のような装置で、武術家たちの気を吸収する。ゲキブルーとゲキイエローやメレを圧倒し3人の気を吸い取り、臨気凱装した理央と渡り合う。
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』では大ザンギャックの怪人として登場。
機械人
銘功夫の戦闘員。晩餐会場では踊り子に化けていた。武器は右手の剣。顔面にある模様が漢字の「罪」の字のように見える。
銘観音(メカンノン)
銘功夫スパイダー拳を使う[2]クモ型巨大ロボット。ヤンの島の大観音像の中に隠されていた。香港の町を夜の闇で覆いつくし、6本の腕を操りゲキトージャを圧倒する。

獣拳[編集]

ゲキワザ[編集]

ここでは劇場版でのみ使用したゲキワザを記載する。

魂魂弾(こんこんだん)
ゲキレンジャー3人が激気を最大限に高め、オレンジ色に輝く「激気爆発」状態になり、強烈な突きを1発、そして零距離で止めにもう1発繰り出す。

リンビースト / ゲキリントージャ[編集]

リンライオン
全長:51.4m / 全幅:15.6m / 全高:22.8m / 重量:1200t / 走行速度:600km/h / 出力:1300万馬力
理央がリンギ・招来獣によりつくり出すリンビースト。口から臨気のエネルギー弾を放つ「獅子吼」というリンギを使用する他、鋭い牙や爪での格闘戦や刃状の尻尾による斬撃も可能。
ゲキリントージャへ合体する際、頭はゲキトージャの胸部の装甲、胴体と足は両肩の装甲に、背中と尾は武器の激臨剣(尾は刀身、背中は護拳と柄)になる。
リンカメレオン
全長:16.3m / 全幅:10m / 全高:5.2m / 重量:200t / 走行速度:500km/h / 出力:200万馬力
メレがリンギ・招来獣によりつくり出すリンビースト。
ゲキリントージャへ合体する際、ゲキトージャの左腕にしがみつくように合体する。鳴き声は、ゴジラシリーズに登場するガイガンのものを流用している。[要出典]
2体ともスーパー戦隊Vシネマ『ゲキレンジャーvsボウケンジャー』では地球から月まで走って現れた。『劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』ではゲキリントージャウルフの合体の際に登場している。
ゲキリントージャ
全高:53m / 全幅:50m / 全長:21.5m / 重量:3500t / 走行速度:550km/h / 出力:3000万馬力
ゲキトージャにリンライオンとリンカメレオンが呉越同舟獣拳合体(ごえつどうしゅうじゅうけんがったい)した巨人。合体完了の際には、「ゲキリントージャ、バーニングアップ!」と叫ぶ。ゲキレンジャー3人に理央とメレを加えた5人で操縦する。全能力でゲキトージャを上回る。この合体をジャンは「ネイネイホウホウ」と表現している。TVシリーズの修行その33[3]にも登場。
武器はリンライオンの尾が変形した巨大な剣・激臨剣(げきりんけん)。
必殺技は上半身を回転させながら敵に突撃し、激臨剣ですれ違いざまに敵を連続で斬る「激激臨臨斬(げきげきりんりんざん)」。この技はゲキワザでもリンギでもない奥義として扱われている[5]
リンギ
獅子吼(ししこう)[5]
胸部から放つ。リンライオンの技と同様。
がんじがため
リンカメレオンの口から伸ばした舌で敵の動きを封じる。

キャスト[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
オープニングナレーションはあるが、スタッフクレジットはない。
エンディングテーマ「道(タオ)」
映像は本編と連動し、途中からTV版同様のダンスを行う。イントロのミニコーナーも本編の続きである。

トピックス[編集]

  • 2001年以降に製作・上映されたスーパー戦隊シリーズ劇場版において、いわゆる「追加戦士」が登場しない初の作品となった。また、顔出しの無い登場人物が3人と最も少ない。
  • テレビシリーズの“ 修行その22~25 ”の提供画面とエンディングにおいて、本作の映像が(一部)使用された(次作以降も映画公開時期にはこの流れが定着している)。[7]
  • 前売り券の購入特典として、電王ソードフォームとゲキレッドがそれぞれ描かれた「仮面ライダー電王 交通安全お守り」と「ゲキレンジャー 身体健勝お守り」が配布された(どちらか一つ選択)。お守りは、大ヒット祈願で参拝した赤坂豊川稲荷で魂が込められている。

映像ソフト化[編集]

  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦 メイキング 只今、電影版修行中!(DVD1枚組、2007年7月21日発売)
    • 本作のメイキング。
  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦 通常版(DVD1枚組、2008年2月21日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
  • 電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦 特別限定版(DVD1枚組、2008年2月21日発売)
    • 映像特典
      • 製作会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 劇場舞台挨拶
      • 銘功夫デザインファイル
      • 電影版拳士列伝
      • ポスタービジュアル
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
    • 封入特典
      • 特製ゲキレンジャーマスコット付き色鉛筆5本セット(塗り絵付き)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リンシーたちは転送されていない
  2. ^ 超全集 2008, p. 59.
  3. ^ 『ゲキレンジャー』における東映太秦映画村のエピソード。
  4. ^ 超全集 2008, p. 47.
  5. ^ a b 『獣拳戦隊ゲキレンジャー超全集』では、ゲキワザと記載している[4]
  6. ^ 福沢博文”. 株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2011年4月27日閲覧。
  7. ^ エンディングでは修行その22~23がメイキング映像、修行その24~25では制作発表会見の映像も使用。ただし、系列外遅れネット局での放送時やDVDソフト収録時には通常エンディングに差し替えられており、以降の作品も同様。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]