帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 天装戦隊ゴセイジャー > 帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic
スーパー戦隊
ラストスペシャルエディション
特別版
第1作 帰ってきた
侍戦隊
シンケンジャー
特別幕
2010年6月21日
第2作 帰ってきた
天装戦隊
ゴセイジャー
last epic
2011年6月21日
第3作 帰ってきた
特命戦隊
ゴーバスターズ
VS
動物戦隊
ゴーバスターズ
2013年6月21日

帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic』は、2011年6月21日に発売されたスーパー戦隊Vシネマ

作中でのサブタイトルは、「last epic 護星天使が国民的アイドルに!?

概要[編集]

前年の『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー』に引き続き、『天装戦隊ゴセイジャー』最終回後に発売が告知された「スーパー戦隊ラストスペシャルエディション・特別編」の第2弾。通常版と合わせててれびくん別冊ムックである「超全集」同梱の限定版が発売されるなど、リリース方式は前作のそれを踏襲しているが、内容は「帰ってきた」の文字通りTVシリーズ本編終了後のストーリーとなる。

時系列上ではTVシリーズ本編の最終回から次作『海賊戦隊ゴーカイジャー』におけるレジェンド大戦までの間の出来事とされており[1]、冒頭のプロローグではアラタのナレーションと共にレジェンド大戦の映像が引用されている。脚本は『ゴセイジャー』には初参加となる波多野都が、監督はTVシリーズでもパイロット等を手掛けた長石多可男がそれぞれ担当しており、長石にとっては本作品が遺作となった。

あらすじ[編集]

最後の敵ブラジラを倒した後、ゴセイジャーのメンバー5人は地球で平和な日々を過ごしていた­。しかし、人々の記憶を消す天装術が謎の電磁波によって発動しなくなってしまった。混乱を避けようと記者会見を開き、­マスコミを通じて自分達の正体を明かすゴセイジャー達は、これがきっかけで芸能事務所「芸能のサカイ」所属のアイドルとして芸能活動をすることに。一躍人気アイドルとなったゴセイジャーだが、なぜか人類の敵と非難されてしまう。

オリジナルキャラクター[編集]

キングビービ
ビービ虫の生き残りが、残ったダークゴセイパワーの作用によって普通のビービ虫から超進化を果たして「キングビービ虫」になり、これが星野ユメコに取り付き、キングビービとなった。ユメコに取り付いている間、キングビービの腹部にはユメコの顔が浮き出ている。
天装術を狂わす特殊な電磁波を発生させることができ、更に人の悪意を増大することができ、ゴセイジャーを悪人に仕立て上げた。
星野ユメコ
株式会社「芸能のサカイ」所属のマネージャー。元は有名な女優だった。
サカイ
株式会社「芸能のサカイ」の社長。正体を公表したゴセイジャーをアイドルに仕立てあげ、金儲けを企む。しかし、キングビービによって増幅された人間のゴセイジャーに対する不信感により、ゴセイジャーを人気暴落の元凶だと考え5人を責め立てて、「芸能のサカイ」所属のアイドルを解雇してしまう。
加納竜介
サカイの助手兼運転手を務める青年。サカイの計画では、彼が6人目のゴセイジャーとしてデビューする予定だったが、キングビービによって増幅された人間のゴセイジャーへの不信感により、6人目のゴセイジャーとしてのデビューを解消され、「僕のデビューをどうしてくれるんだ!」と5人を激しく責め立てた。
富岡松
バラエティ番組の司会者。
カモミラージュカードを使ったショー[2]でゴセイジャーの活躍を紹介するも、キングビービによる人間のゴセイジャーへの不信感から、5人を激しく責め立てた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

主題歌「ガッチャ☆ゴセイジャー 護星天使ヴァージョン
作詞:藤林聖子 / 作曲:岩崎貴文 / 編曲:Project.R大石憲一郎) / 歌:ゴセイジャー&高橋秀幸ヤング・フレッシュ
挿入歌
「Over The Rainbow」
作詞:八手三郎 / 作曲:鈴木盛広 / 編曲:Project.R / 歌:ゴセイジャー(千葉雄大さとう里香浜尾京介にわみきほ小野健斗
天装戦隊ゴセイジャー
作詞:吉元由美 / 作曲:YOFFY / 編曲:Project.R(籠島裕昌) / 歌:NoB (Project.R)

脚注[編集]

  1. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第14話
  2. ^ 「惑星のモンス・ドレイク」「ビッグフットの筋グゴン」「10サイのロボゴーグ」に変身したモネ・アグリ・ハイドがアラタとエリに倒される内容。
  3. ^ a b c d e f g 「宇宙船vol.136特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2012」、『宇宙船』vol.136(2012.春号)、ホビージャパン2012年3月31日、 別冊p.23、 ISBN 978-4798603681

外部リンク[編集]