侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 侍戦隊シンケンジャー > 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦
侍戦隊シンケンジャー 銀幕版
天下分け目の戦
監督 中澤祥次郎
脚本 小林靖子
出演者 松坂桃李
相葉弘樹
高梨臨
鈴木勝吾
森田涼花
相馬圭祐
伊吹吾郎
音楽 高木洋
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 2009年8月8日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 19億円[1]
前作 劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!(シリーズ前作)
次作 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!
天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー(シリーズ次作)
テンプレートを表示

侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』(さむらいせんたいシンケンジャー ぎんまくばん てんかわけめのたたかい)は、2009年8月8日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組『スーパー戦隊シリーズ』の『侍戦隊シンケンジャー』の映画化作品である。同時上映は『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』。

両映画共通のキャッチコピーは「最強決戦、夏の陣。」。

概要[編集]

サブタイトルは歴史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」に由来する。

クランクインは2009年4月、クランクアップは5月上旬であり[2]、製作発表記者会見は5月25日に東京會舘で行われた[3]

劇場版のオリジナルキャラクターとして、初代シンケンレッドこと志葉列堂を合田雅吏、敵役である脂目マンプクの声を大和田伸也が担当する。彼らは、TVシリーズのレギュラーである日下部彦馬役の伊吹吾郎と同様に、『水戸黄門』で「格さん」役を務めたことで知られており、歴代の格さんが競演することも本作の見所でもある[3]。合田は『超力戦隊オーレンジャー』でオーブルーに変身する三田裕司を演じており、戦隊OBと現役戦隊の共演という意味も持っている。

また、本作は日本映画で初めてのフルデジタル3Dデジタルシネマステレオスコピック3D上映)となる。撮影にはTVシリーズと同様に「レッド・ワン」が使用され、このレッド・ワンを2台並べて使用することで3D映像を作り出す「4K+3Dシステム」が用いられている[4]。本編は約20分と例年の作品よりやや短い[注 1]が、例年よりも1カ月早くクランクインしており撮影には通常より長く時間がかかったという[5]。監督の中澤祥次郎は「3D映画の飛び出す画面、奥行きのある画面を是非堪能して欲しい」と語っている[6]

3D上映は一部劇場で専用の3Dメガネを借りて鑑賞する「ドルビー方式」となり、他の映画館では2D上映となる。また、2D上映の場合は例年通り本作が先に上映されるが、3D上映の場合は『仮面ライダーディケイド』の方が先の上映となる。その際、シンケンジャーのメンバーと『仮面ライダーディケイド』の主人公・門矢士が、3Dメガネの使用をナビゲートするムービーが間に流れ[3][注 2]、『ディケイド』のラストに流れる「平成仮面ライダー10th 冬の陣」となった『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』の特報はカットされている。

3D映画での上映は1994年に各地のイベントで上映された短編作品『スーパー戦隊ワールド』以来15年ぶりであり、次作『天装戦隊ゴセイジャー』の劇場版である『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』にも受け継がれた。また翌年の『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』以降の仮面ライダーシリーズの劇場版が3D上映されるきっかけともなった。

平成仮面ライダー10周年の追い風もあり、公開2日間で興行収入4億7747万9400円を記録し、10日発表の映画観客動員ランキングで初登場1位を獲得。公開2日間の興行成績は、前年の『炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!』の約2.5倍という好スタートとなった(上映中バージョンのCMでは、「シリーズ新記録」というテロップが出ている)。最終的には、19億円を記録し、大ヒットした。

8月12日より映画大ヒット御礼・舞台挨拶を全国各地で行う予定であったが、13日に梅盛源太(シンケンゴールド)役の相馬圭祐、次いで池波流ノ介(シンケンブルー)役の相葉弘樹と花織ことは(シンケンイエロー)役の森田涼花が相次いで高熱を発症、新型インフルエンザの可能性もあるとして15日以降の舞台挨拶が一時中止となり、その後9月下旬に再開された。彼らの体調が快復するまで、TVシリーズの撮影も中断していた。

第24幕で大ノサカマタが現れた際、千明が「あんなの見たことない」と発言しており、また本作で源太と十臓が互いを敵と認識しているため、本作の時系列は第24幕と第25幕の間であることがわかるが、本作ではTV本編と異なり薄皮太夫がまだ六門船にいる(第24幕で太夫はドウコクに十臓の抹殺を命じられており、次の第25幕の冒頭において、それを果たせなかったことにより、六門船から追い出されているため)。

第31幕は本作の後日談(作中では夏の陣と呼称される)となっており、恐竜折神やクサレ外道衆が再登場している。

あらすじ[編集]

2009年夏。脂目マンプク率いるクサレ外道衆が現世に甦り、シンケンジャーの6人もその圧倒的な敵軍に劣勢を強いられてしまう。

この強敵を倒すためには、300年前に初代シンケンレッド・志葉列堂が脂目マンプクを封印する際に使用したといわれる初代秘伝ディスクが必要となるが、そのディスクは現在は行方不明となっていたのだった。

彦馬と黒子勢はその在り処を突き止めるが、場所はなんとクサレ外道衆が根城にしている中にあった。なんとか敵の陣地に潜り込んだシンケンジャーは初代秘伝ディスクを手に入れ、反撃を開始する。

登場人物[編集]

志葉 烈堂(しば れつどう) / 初代シンケンレッド
志葉家の初代当主[注 3]
TV本編の23話にも登場。志葉烈堂としての登場は初代秘伝ディスクの映像のみであり、初代シンケンレッドとしての登場は回想シーンのみで、変身シーンは見られない。

クサレ外道衆[編集]

外道衆の中の外道衆と呼ばれる妖怪たち。後に本編で生き残りが登場する。

脂目マンプク(あぶらめマンプク)
300年前、初代シンケンレッド/志葉烈堂によって封印されていたクサレ外道衆の頭目。一万体のクサレ外道衆の大軍団を率いて、シンケンジャーにほぼ休む暇を与えない戦いを強いる。その実力は血祭ドウコクも認めるところであり、彼に対しても、本気ともとれる冗談を言うなど、恐れのなさと底知れなさを見せる。しかし作戦自体は大兵力による力押しという極めてまっとうなものであり、逃げずに最後まで戦うことを選んだシンケンレッドの勇猛さを称えるなど、外道らしからぬ堂々とした武人の顔も持っている為、後に元部下のアゼミドロから「外道衆としては真面目すぎた」と評された。
武器は「采配形戦斧(さいはいのなりせんぷ)」という大型の戦斧。巨大化した二の目では真の姿となる。真の姿では肥満体の外装が開き、暴食さを表す腹部に第二の口(また伸びる)を持つシャープな青色の姿をしており、口調がかなり荒っぽくなる。
モチーフは布袋メンダコに由来する[7]
クサレノサカマタ
クサレ外道衆のを思わせる姿をしたクサレアヤカシ。複数存在する。
モチーフになった妖怪は野槌[7]
クサレナナシ
クサレ外道衆の戦闘員。等身大の他巨大なクサレ大ナナシ[注 4]も複数存在する。

シンケンジャーの装備・戦力[編集]

恐竜ディスク(初代秘伝ディスク)
初代シンケンレッドが脂目マンプクとの対決の際、使用したとされる秘伝ディスク。脂目マンプクを倒す手段があるとされている。
恐竜折神(きょうりゅうおりがみ)
全長:27.5m / 全幅:19m / 全高:88.5m / 重量:1000t / 最高速度:600km/h / 出力:800万馬力
初代秘伝ディスクに収納されていた恐竜竜脚類[要出典])型の折神。ディスクを発見した時には初代シンケンレッドに「力」は別の場所に封印されていた。刀身が伸びる刀「キョウリュウマル」としての使用の他、巨大化しシンケンオーとの侍武装も可能。キョウリュウマルを使用したシンケンレッドは、赤い陣羽織を纏ったハイパーシンケンレッドになる[注 5]
キョウリュウシンケンオー
全高:53.6m / 全幅:35.6m / 全厚:16.9m / 重量:2900t / 最高速度:500km/h / 出力:2200万馬力
シンケンオーが恐竜折神と侍武装することで誕生する侍巨人。武器はキョウリュウマルが巨大化した恐竜刀(きょうりゅうとう)。
必殺技は「斬」のモヂカラを込めて、キョウリュウマルを一気に振り落とすキョウリュウマル天地一閃

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「四六時中シンケンジャー 〜銀幕版〜」
作詞:藤林聖子/作曲:高取ヒデアキ/編曲:Project.R(籠島裕昌)/歌:シンケンジャー(松坂桃李相葉弘樹高梨臨鈴木勝吾森田涼花相馬圭祐)と高取ヒデアキ
TVシリーズのエンディングの映画バージョンで、シンケンジャーの俳優陣が原曲の歌手である高取と歌ったもの。TVシリーズの第二十一幕から第二十七幕でも宣伝の一環で使用された(そのため、DVD版では通常版に差し替えられている)。
オープニングは存在しないが、本編冒頭でキャストと主要スタッフがクレジットされる。

映像ソフト化[編集]

  • 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 メイキング 撮影記奏上!(DVD1枚組、2009年7月21日発売)
    • 本作のメイキングDVD。
  • 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 通常版(DVD1枚組、2010年2月21日発売)
    • 本編:2D版本編を収録
    • 映像特典
      • PR集
  • 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦 特別限定版(DVD2枚組、2010年2月21日発売)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と同様)
      • 本編:2D版本編を収録
    • ディスク2:特典DVD
      • 本編:3D版本編を収録
      • 映像特典
        • 3D上映用幕間コメント
        • ノンスーパーED
        • 3D告知用TVスポット集
        • 製作発表会見
        • 完成披露試写会舞台挨拶
        • 公開2日目舞台挨拶
        • 大ヒット御礼舞台挨拶
        • 実況秘伝絵巻
        • 侍放談絵巻
        • 折神大変化絵巻
        • アヤカシ絵巻
        • クサレ外道衆絵巻
        • ポスタービジュアル
        • 銀幕BANG!! 見所絵巻
    • 封入特典
      • 3Dメガネ(3セット)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ TV本編1話分よりも若干短い。そのためか、本編はいきなりシンケンジャーがマンプク率いるクサレ外道衆に苦戦するシーンから始まっており、ナレーションが冒頭に至る経緯を説明するのみとなっている。ラストも戦闘終了直後に「勝利の3本締め」を行うとすぐEDに入って終了となる。
  2. ^ 志葉丈瑠、白石茉子、谷千明、梅盛源太、門矢士らは3Dメガネをかけているが、池波流ノ介と花織ことはは市販のサングラスをかけている。
  3. ^ 丈瑠はのちに影武者であることが発覚したため、血縁関係はない。
  4. ^ 『侍戦隊シンケンジャー超全集』では、名称を大クサレナナシと記載している[8]
  5. ^ 第48幕ではシンケングリーンが使用してハイパーシンケングリーンに、講談社スペシャルDVDでは、シンケンゴールドが使用してハイパーシンケンゴールドとなっている。また、次作『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』ではゴーオンレッドがこの力を使いハイパーゴーオンレッドになっている。

出典[編集]

  1. ^ 2009年度興収10億円以上番組(日本映画製作者連盟 2010年1月発表)
  2. ^ 『松坂桃李オフィシャルブログ』2009年4月10日2009-04-10 21:52:40、2009年5月6日2009-05-06 23:27:11(最終更新確認:2009年5月31日)
  3. ^ a b c 『MOVIE Collection』2009年5月26日『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版』の製作発表記者会見に松坂桃李、相葉弘樹、高梨臨らが登壇(最終更新確認:2009年5月31日)
  4. ^ 『マイコミジャーナル』2009年6月16日映像制作ワークフローを完全テープレス化するカメラシステム「RED ONE」(最終更新確認:2009年6月16日))(ウェブ魚拓
  5. ^ 特撮監督 佛田洋(インタビュー)『特撮ニュータイプ』角川書店、2009年7月号(通号43)、p.42、P.38
  6. ^ 『テレビドガッチ』2009年5月25日劇場版 仮面ライダーディケイド&侍戦隊シンケンジャー 制作発表会見(最終更新確認:2009年5月31日)
  7. ^ a b 『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』
  8. ^ 超全集 2010, p. 91.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK』 辰巳出版、2009年ISBN 978-4-7778-0690-4
  10. ^ JAE NAKED HERO 2010, p. 123, LIST OF WORKS 押川善文.
  11. ^ JAE NAKED HERO 2010, p. 35, LIST OF WORKS 岡元次郎.
  12. ^ -Profile- 丹野宜政”. 「殺陣師がゆく。」(大野剣友会公式ブログ) (2010年6月5日). 2011年5月4日閲覧。
  13. ^ 『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版』参る!!”. 「ショッカーO野の戦闘報告」(ショッカーO野公式ブログ) (2009年5月27日). 2011年5月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]