カールじいさんの空飛ぶ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カールじいさんの空飛ぶ家
Up
監督 ピート・ドクター
ボブ・ピーターソン
脚本 ボブ・ピーターソン
ロニー・デル・カルメン
製作 ジョナス・リベラ
製作総指揮 アンドリュー・スタントン
ジョン・ラセター
出演者 エドワード・アズナー
クリストファー・プラマー
ジョン・ラッツェンバーガー
ジョーダン・ナガイ
音楽 マイケル・ジアッキーノ
編集 ケヴィン・ノルティング
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年5月29日
日本の旗 2009年12月5日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $175,000,000[1]
興行収入 $723,012,453[1]
50.0億円[2]日本の旗
テンプレートを表示

カールじいさんの空飛ぶ家』(カールじいさんのそらとぶいえ、原題: Up)は、ピクサー・アニメーション・スタジオが製作した2009年公開のアニメ映画である。ピクサー初のディズニーデジタル3-D版も同時公開された。同時上映は短編アニメーション『晴れ ときどき くもり』(Partly Cloudy)。

第62回カンヌ国際映画祭のオープニング作品となった(アニメ映画としては初)。 第67回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞・作曲賞受賞。また第82回アカデミー賞にて、アニメーション映画としては1991年の『美女と野獣』以来史上2度目となる、作品賞候補入りを果たした。

あらすじ[編集]

勇敢な冒険家チャールズ・マンツに憧れる少年カールは1軒の空き家で、同じく冒険好きでマンツに憧れる少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、マンツが消息を絶ったという“伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつか二人で行こうと約束する。二人は夫婦の時間を楽しみ、長い間共に幸せに生きてきたが、やがてエリーは病に倒れ、先立ってしまう。

一人になったカールは、街の開発計画によって周囲に高層ビルが建設されていく中、妻との思い出が詰まった家を守るため、立ち退きの要求を頑固に拒み続けていた。ところがある日、立ち退きを迫る相手に誤ってケガをさせてしまい、立ち退かざるをえなくなってしまう。そして立ち退きの前夜、カールは妻の遺した冒険ブックを眺めながら決心し、10297個もの風船を結びつけた家ごとパラダイスフォールに向けて旅に出る。しかし、飛び立った後で“お年寄りのお手伝いバッジ”を手に入れて自然探検隊員としてのランクアップを目指している少年・ラッセルが家に入り込んでいた事に気付く。

“お年寄りのお手伝いバッジ”入手に必要な書類へのカールの署名をしつこく求めるラッセルの助けもあってパラダイス・フォールのある土地にたどり着いた二人だったが、着地したのは滝から離れた場所だった。ラッセルの提案で家が浮くことが出来る限界の3日後までに滝まで移動しようと家をロープで引っ張って移動している最中、ラッセルが巨大な怪鳥・ケヴィン、そしてケヴィンを追っていた犬・ダグと遭遇し「ペットにしたい」とカールに懇願。成り行きで二匹も同行する事になった。

キャッチコピー[編集]

全て日本版。

  • 愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。(チラシ・テレビスポット)
  • いくつになっても、旅に出る理由がある。(予告編・前売チケット)
  • じいさんだって、飛べるんです。 (特報・パネル)
  • 人生、このままじゃ、終われない。 (新聞広告)
  • 人生って、最高の冒険だ。(DVD・ブルーレイ・microSD)
  • 僕のともだち、78歳。(DVD・ブルーレイ・microSD)

登場人物[編集]

カール・フレドリクセン
主人公。無口で頑固な78歳の老人。冒険好きだった少年時代に同じ冒険好きの少女エリーと出会い、結ばれる。本来は子供好きの優しい性格で初めて出会った家を新居にして幸せに暮らしていたが、エリーが病で没し一人になると、思い出の詰まった家に固執するあまり頑固な性格になる。最近は足腰が弱くなって来た為、階段は普段電動椅子で昇降し、テニスボールがクッション代わりの4つ足のを使っている。偶然工事関係者がポストを破壊しかけた時に思わず杖で相手に怪我を負わせてしまい、彼の対応が悪かったのも重なって法廷に立つ事になった上、立ち退き勧告で家を奪われそうになったとき、エリーとの約束を果たすため、風船をつけた家と共に旅に出る。当初は妻との約束である目的を果たす事のみに執着し周囲に冷たく当たっていたが、ラッセルと旅をする内に本来の自分を取り戻していく。
エリー
カールの妻。少女時代に空き家でカールと出会い、自身が作った「冒険クラブ」に誘った。結婚後子どもには恵まれず、それでも2人幸せに暮らしていたが病に倒れ、死の直前に「わたしの冒険ブック」をカールに託す。
ラッセル
好奇心旺盛なボーイスカウトの少年。肥満体型の8歳。仕事にかまけて一度も会話をしたことがない父親と会話すべく「お年寄りの手伝いをする」という任務を遂行し“お年寄りのお手伝いバッジ”の授与式に父を出席させるため[3]、何かできないことはないかとカールに付きまとっていた。父親の再婚相手である義母に心を開けないでいる。カールの旅立ちの際に家に紛れ込み、旅に同行することになる。父親に会う為だけにボーイスカウトのバッジが欲しいだけなのでマナーや実地訓練は殆ど受けていないに等しく、テントの張り方は知らず、位置確認はGPSで済ますだけだったり、野生動物であるケヴィンに平気でチョコレートを与えてしまったり、ペットとして飼いたいと思う等普通の少年とそれ程大差ない。更に肥満体型のせいもあってかロープ昇りが出来ないなど体力や運動能力も良くはない。マンツに捕獲されたケヴィンを救出すべく、自身も数個の風船を付けて手持ち送風機を動力に飛行し、マンツの飛行船に立ち向かう。
ダグ
首輪に犬語翻訳機をつけた犬。マンツの犬軍団の一匹で命じられた任務を遂行しようとしていたが、仲間達からは落ちこぼれ扱いされており、常に一匹で行動している。カール達と行動を共にするうちにカールを主人として慕うようになる。大勢いる犬の中で彼だけがデフォルメされて描かれている。
短編アニメでカールとの出会いまでの物語が描かれており、後に二人と出会った日が彼の誕生日であることが判明した。
ケヴィン
マンツが生涯を賭けて捜し求めている伝説の怪鳥。体長12フィート(3m65cm)で、カラフルな羽毛をもつ。足跡の形状と外見からラッセルからはシギだと思われている。ラッセルと出会い、彼が偶然与えたチョコレートが好物となり、人にもなつくようになる。ラッセルを放り投げて遊ぶほど首と脚が強靭で、カールとラッセルを乗せて走れる。ラッセルがオスだと思って名付けたが実は雌で、巣には子供もいる。彼女の巣は入り込むと脱出不可能な石の迷宮の中にある。
チャールズ・F・マンツ
30年代に活躍した冒険家で子供時代のカールやエリーが憧れていた存在。現在は94歳。「パラダイスの滝の怪物」とされる怪鳥の骨が偽物と断定されたことで、冒険家協会の協会員資格を剥奪され、名誉挽回の「怪物を生け捕りにするまで戻らない」と宣言し、南米へ再び旅立ってからは、洞窟に飛行船を置きアジトとし、犬軍団を従えて怪物(ケヴィン)を探し続けていた。
長らく捕らえられずにいた怪物に執着しており、さらに過去の出来事から疑心暗鬼になっている。旅の途中のカールと対面し、最初は意気投合するが、誤解により彼らが怪物を手に入れるために南米に来たのだと勘違いした挙句、ケヴィンを手に入れるのに邪魔な彼らを始末しようとまで企む。最後は、カールたちとの熾烈な対決の末に飛行船から雲の下に落下していった。
アルファ
マンツの犬軍団のリーダーであるドーベルマン。命じられた任務を忠実に遂行する。彼の犬語翻訳機は故障しており、ちょっとしたショックで声が高くなったりしている。ベータやガンマなどの部下の犬達も犬語翻訳機をつけている。彼らマンツの犬たちは戦闘機の操縦をするなど賢い一面もあるが根は普通の犬と同じ習性を持ち、ボールを追いかける、「リスがいる」と言われた方向に注意が向いたりする。

声の出演[編集]

役名 原語版声優 日本語吹替
カール・フレドリクセン エドワード・アズナー 飯塚昭三
チャールズ・マンツ クリストファー・プラマー 大木民夫
ラッセル ジョーダン・ナガイ 立川大樹
ダグ ボブ・ピーターソン 松本保典
ベータ デルロイ・リンドー 檀臣幸
ガンマ ジェローム・ランフト 高木渉
アルファ ボブ・ピーターソン 大塚芳忠
トム ジョン・ラッツェンバーガー 楠見尚己
アナウンサー デヴィッド・ケイ 垂木勉
エリー(子供時代) エリザベス・ドクター 松元環季
カール(子供時代) ジェレミー・レアリー 吉永拓斗
イディス巡査 ミッキー・マッゴーワン 梅田貴公美
スティーブ ダニー・マン 小形満
看護士ジョージ ドナルド・フュリラブ 多田野曜平
看護士AJ ジェス・ハーネル 朝倉栄介
ストラウチ ピート・ドクター 滝知史
ケヴィン 原語版流用
オメガ ジュシュ・クーリー 三宅健太
その他の声の出演 渡辺穣

主な受賞[編集]

トリヴィア[編集]

  • カールの家が旅立つ際、『トイ・ストーリー』に出てきたピザプラネットのデリバリートラックが通常より角ばったデザインで登場する。
  • 犬語翻訳機の元ネタはタカラトミーの玩具バウリンガルである。
  • カールの家の前には「SUSHI PRONTO」というお店がある。
  • カールが出廷した法廷の部屋番号がA113
  • カールが南米行きの航空チケットを購入した受付にあるパンフレットに、ピクサーの短編『ニック・ナック』に登場する水着の女性がいる。
  • カールが町を旅立つ際、窓の外を通る子供部屋に、次回作『トイ・ストーリー3』の「ロッツォ・ハグベア」がカメオ出演している。
  • 「パラダイスの滝」のシーンはギアナ高地に実在する滝(エンジェル・フォール)を取材したもの[4]だが、1925年の無声映画ロスト・ワールド」へのオマージュが込められている。
  • カールの容姿は、名優スペンサー・トレイシーの晩年をモチーフにしている。
  • ピクサー初の3D映画長編作品。同時上映の「晴れ時々曇り」も3D化された。また、オープニング及びエンディングのピクサーのロゴも3D上映では3D用のアングルで上映された。

脚注[編集]

  1. ^ a b Up (2009)”. Box Office Mojo. 2010年3月9日閲覧。
  2. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  3. ^ ボーイスカウトのバッジは原則として授与される者の親が授与された子供の身に付ける慣わしであるため。
  4. ^ DVDのボーナスコンテンツより

外部リンク[編集]

関連項目[編集]