野槌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「野槌」
黄表紙の野槌。恋川春町『妖怪仕内評判記』

野槌(のづち)は、日本に伝わる妖怪。その名は「野の精霊(野つ霊)」の意。

概要[編集]

のようだが、直径15センチ、体長1メートルくらいで、太さの割りに短い[1]。頭のてっぺんに口がある以外は目も鼻もなく、ちょうど柄のないのような形をしている[1]。深山に棲み子ウサギやリスを食べる[2]。時には人を喰うとされた[1]

奈良時代の歴史書『古事記』や『日本書紀』ではの女神カヤノヒメの別名とされ、山野の精とされた[1][3]。記紀神話にはカヤノヒメを蛇とする記述は見られないものの、夫のオオヤマツミを蛇体とする説がある[3]

後に仏教が普及すると、カヤノヒメが霧の神、暗闇の神、惑わしの神を産んだとされることから、野槌は妖怪変化を産む神とみなされ、野槌自体も次第に妖怪視された[4]。また仏教説話中にも取り入れられており、鎌倉時代の仏教説話集『沙石集』には、徳のない僧侶は深山に住む槌型の蛇に生まれ変わり、生前に口だけが達者で智慧の眼も信の手も戒めの足もなかったため、野槌は口だけがあって目や手足のない姿だとある[3]

江戸時代の百科事典『和漢三才図会』によれば、和州(現・奈良県吉野山中の菜摘川(夏実川)や清明滝(蜻螟滝)でよく見かけるもので、野槌の名は槌に似ていることが由来とある。深山の木の穴に住み、大きいものでは体長3尺(約90センチメートル)、直径5寸(約15センチメートル)、人を見ると坂を転がり下って人の足に噛みつくが、坂を登るのは遅いので、出くわしたときには高いところへ逃げると良いという[3]。民俗伝承においては奈良県のほかにも徳島県北陸地方中部地方に伝承されている[3]。また、シカを一飲みにする[5]、転がってくる野槌に当たると死ぬ[6]、野槌に見つけられただけでも病気を患ったり、高熱を発して死ぬともいう[7]

鳥山石燕は『今昔画図続百鬼』で、全身毛だらけの野槌がウサギを食べる様子を描いており、解説文で「草木の精をいふ」と述べ、その形状を『沙石集』からの引用で「目も鼻もなき物也といへり」と述べている[8]

ツチノコは、野槌に似ていることから名づけられた名前である。あるいは一説に、ノヅチの伝説の元になった実在の生物ともいう。昭和40年頃には、野槌の伝承はツチノコとしてほぼ統一されている[3]

黄表紙『妖怪仕内評判記』(ばけものしうちひょうばんき)にも野槌が登場するが、こちらはのっぺらぼうのように目鼻のない人型の化け物で、頭の上の大きな口で物を食べる姿として描かれている[9]。同様の異形は『奇異雑談集』にも登場しており、「目鼻がなく、口のみある」という野槌の形態の一つとして考えられていたようである[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社1997年、232頁。ISBN 978-4-88317-283-2
  2. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑II』 講談社〈講談社まんが百科〉、1996年、19頁。ISBN 978-4-06-259041-9
  3. ^ a b c d e f 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、264-265頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、90頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  5. ^ 近畿民俗 通巻60・61号 7 信仰俗信”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2008年10月8日閲覧。
  6. ^ 林宏. “近畿民俗 通巻44号 奥吉野の蛇と民俗”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年10月8日閲覧。
  7. ^ 中京民俗 通巻9号 伝説”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年10月8日閲覧。
  8. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、160頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  9. ^ アダム・カバット校注編 『大江戸化物細見』 小学館2000年、44頁。ISBN 978-4-09-362113-7
  10. ^ 伊藤龍平著 『ツチノコの民俗学』 青弓社2008年ISBN 978-4-7872-2029-5

関連項目[編集]