パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!ターボパワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!ターボパワー
Turbo: A Power Rangers Movie
監督 デヴィッド・ウィニング
シュキ・レヴィ
脚本 シュキ・レヴィ
シェル・ダニエルソン
製作 ジョナサン・ヅァクワー
製作総指揮 ハイム・サバン
シュキ・レヴィ
ナレーター ロバート・L・マナハン
出演者 ジェイソン・デビッド・フランク
ジョニー・ヨング・ボッシュ
キャサリン・サザーランド
ナキア・ブリース
ブレーク・フォスター
音楽 シュキ・レヴィ
撮影 イアン・ローゼンバーグ
編集 ヘンリー・リチャードソン
BJ・シアーズ
製作会社 サバン・エンターテイメント
東映
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1997年3月28日
日本の旗 1999年8月2日(テレビ放送)
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
興行収入 $9,615,840[1]
前作 パワーレンジャー・映画版
テンプレートを表示

パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!ターボパワー』(Turbo: A Power Rangers Movie)は、1997年アメリカ合衆国の映画で、日本の特撮作品「スーパー戦隊シリーズ」の英語版ローカライズとして制作された[2]テレビドラマシリーズ・『パワーレンジャー』シリーズの劇場版第2作である[3]。米国では1997年3月28日に公開された[4]。日本においては1999年8月2日スーパーチャンネルにて『パワーレンジャー・ターボ 2時間スペシャル』[5]のタイトルで放送された。

ストーリー[編集]

宇宙の彼方、ライエリア星に異次元に続く扉を開く鍵を持つ、魔法使いがラルゴが住んでいた。宇宙の女海賊ディバトックスは異次元の怪物マリゴルを復活させ、マリゴルと結婚してその力を自分の物にするためにラルゴを狙っていたのである。その頃、地球では経営難に陥った天使の家の運営資金を集めるため、格闘大会に出場することになったトミー達であったが、トレーニング中にロッキーが背中を強打し入院。ディバトックスから逃れるため、ラルゴが地球に来たことを察知したゾードンはロッキーを除くレンジャー達にラルゴを探すように命じる。トミー達は苦労の末にラルゴを発見するが、ラルゴを追ってディバトックス達も地球にやって来ていた。マリゴルに捧げる生贄としてバルクとスカル、キンバリーとジェイソンとラルゴの家族を捕らえてしまう。そして、ラルゴと引き換えにジェイソン達を解放すると取引を持ち出し、ラルゴはそれに応じ、ディバトックスの元に言ってしまう。しかし、ジェイソン達は解放されず捕らわれたままであった。この事態に対し、ゾードンはトミー達に最強のゾード、ターボゾードと新たな力、ターボパワーをトミー達に与える。捕らわれた者達を救い、マリゴルの復活を阻止するために、新たなブルーレンジャーとなった少年ジャスティンを加えたレンジャー達は幻の島へ向かう。島にたどり着いたレンジャー達であったが、キンバリーとジェイソンはマリゴルに捧げられ、悪の戦士となってしまう。しかし、トミー達の努力により、2人は悪の力から解放される。それと時を同じくしてマリゴルが復活。巨大化したマリゴルに対し、ターボメガゾードを呼び出し、マリゴルを粉砕する。ディバトックス達は姿を消し、トミー達も島から脱出することに成功した。その後、格闘大会にもトミー達は勝利し、天使の家の危機も救ったのであった。

概要[編集]

パワーレンジャー・ジオ』と『パワーレンジャー・ターボ』の間を繋ぐ作品である[6]。日本国内における放送・映像ソフトは一部のシーンがカットされている[6]

ターボゾードの劇用車はカー・カスタマイザーのジョージ・ハリスが制作を担当した他[7]、ターボメガゾードの合体シーンは新たに特撮研究所によって制作されている[4]

ゲストとして、初代レッドレンジャーのジェイソンと初代ピンクレンジャーのキンバリーが再登場[8]。監督兼脚本のシュキ・レヴィによれば、当初は初代パワーレンジャーのジェイソン、ザック、ビリー、トリニー、キンバリーの5名が再登場することが検討されていたが、ザック役のウォルター・ジョーンズが映画俳優組合に加盟済みだった為、ノン・ユニオン作品である[9]パワーレンジャーに出演することが出来ないなどと言う事情から全員の出演は実現しなかったとしている[10]

登場人物[編集]

パワーレンジャー[編集]

トーマス"トミー"オリバー/レッドレンジャー
天使の家の運営資金を稼ぐために格闘大会に出場する。
アダム・パーク/グリーンレンジャー
トミーと共に天使の家の運営資金を稼ぐために格闘大会に出場する。
キャサリン・ヒラード/ピンクレンジャー
ターニャ・スローン/イエローレンジャー
ジャスティン・スティワート/ブルーレンジャー
ロッキーの病室に忍び込んだ際にレンジャー達の正体を知り、ロッキーの後継者となるが当初はロッキーの代役のつもりで行動していた。

仲間たち[編集]

ロッキー・デサントス
天使の家の運営資金を稼ぐために格闘大会に出場することになるが、トレーニング中に背中を強打し入院、ジャスティンにパワーを託した。ラストの格闘大会ではトミー達を観客として応援していた。その後、TVシリーズにも登場するがまだ怪我は完治しておらず、子供達に武道を教えることに専念すると決心し、ジャスティンを正式な後継者とした。
作中ではこれが最後の登場であり、後の『フォーエバーレッド』には歴代レッドの中で唯一出演していない。
ジェイソン・リー・スコット
かつてのレッドレンジャーでありゴールドレンジャー。キンバリーと共にダイビング中にディバトックスにより拉致され、マリゴルを復活させるための生贄とされる。ラストでは、ロッキーの代わりに格闘大会に出場していた。
キンバリー・アン・ハート
かつてのピンクレンジャー。ジェイソンと共にダイビングをしていたところをディバトックスにより拉致され、マリゴルを復活させるための生贄とされる。ジェイソンの努力により、脱出に成功するが、また捕まってしまう。
バルク&スカル
ストーン警部の尽力により警察に復帰する。エルガーにより拉致され、マリゴルを復活させるための生贄にされそうになる。ジェイソンの努力により、脱出に成功。ユーランシアス島で隠れていた。マリゴルが倒された後、トミー達によってターボゾードに乗せられ、帰っていった。
ストーン警部
バルク達を警察に復帰させるがやはり彼らのドジに振り回されている。
アーニー
格闘大会の観客として登場し、トミー達の応援をしていた。
ゾードン
ディバトックスに対抗する為、トミー達にターボゾードとターボパワーを与えた。
アルファ5
デザインが変更され、後に登場するアルファ6と同じ姿になる。
ラルゴ
かつてマリゴルを封印した者達の子孫。アルファ5の親友でもある。太陽の光に弱い。マリゴルを復活させる為にディバトックスに狙われる。後にテレビシリーズにも登場し、ゾードンとアルファをエルター星に送るためのワームホールを開いた。
デザインは原作『激走戦隊カーレンジャー』に登場したダップをイメージしている[3]

[編集]

ディバトックス
宇宙の女海賊。マリゴルと結婚してその力を自らの物にしようと企む。
エルガー
ディバトックスの甥。ジェイソン達が悪の力から解放された後、ディバトックスにより溶岩に落とされ、マリゴルを復活させるための生贄にされてしまった。
ライゴグ
ディバトックスの手下。
マリゴル
幻のユーランシアス島に封印されている怪物。ディバトックスの婚約者で絶大な魔力を持つ。生贄を捧げることで復活する。
プトラポッド
ユーランシアス島に向かうレンジャー達を妨害する為に送り込まれたモンスター。卵の状態で送り込まれて3体が孵化。変身前のレンジャー達と戦いすべて海に沈められた。
ピラナトロン
ディバトックス配下の戦闘員。テレビシリーズとはデザインが異なる[3]
リタ・レパルサ&ロード・ゼッド
現在、日本においてリリースされているビデオではリタとゼッドの登場シーンはカットされている。

キャスト[編集]

スーツアクター・スタント[編集]

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

  • 演出 - 鍛治谷功
  • 翻訳 - 中村紀美子
  • 調整 - 長井利親
  • 制作担当 - 三木恵子
  • 製作 - 遠藤雅義、古玉國彦
  • 監修 - 鈴木武幸髙寺成紀
  • 配給 - 東映
  • 制作 - ムービーテレビジョン、東映

ノミネート歴[編集]

  • 1998年ヤングアーチストアワードベストパフォーマンス賞長編映画部門:ブレイク・フォスター(ジャスティン役)[18]

音楽[編集]

本作のサウンドトラックは1997年3月18日ポリグラム / ポリドール・レコードからCDとカセットテープで発売[19]。『パワーレンジャー・ジオ』の音楽も一部収録されている[20]

挿入歌[編集]

『Let's Rock'N Roll』
作詞・作曲 - ジェレミー・スウィート/歌 - スーパー・パワー
『Invincible』
作詞・作曲 - ジェレミー・スウィート/歌 - スーパー・パワー
ターボメガゾードの戦闘シーンのBGMとして使用されている。テレビシリーズではレスキューメガゾードが合体するシーンのBGMとして使用されている。

EDテーマ[編集]

『Shift Into Turbo』
作詞・作曲 - Fulflej マシュー・ネルソン/ 歌 - Fulflej
『Power Rangers Turbo Go』
作詞・作曲 - シュキ・レヴィクッサ・マーチ、シェリル・サバン/歌 - スーパー・パワー
テレビシリーズ主題歌のフルバージョン。ターボメガゾードの合体シーンのBGMとしても使用された。
『Hope For The World』
作詞・作曲 - ロン・ワッサーマン / 歌 - マイティ・ロー

映像ソフト化[編集]

アメリカ合衆国[編集]

リリースはすべて20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント

Turbo - A Power Rangers Movie(VHS)
1997年9月2日発売[21]
Mighty Morphin Power Rangers The Movie / Turbo - A Power Rangers Movie(DVD)
2001年3月13日発売。『パワーレンジャー・映画版』とのカップリング収録[22]
Turbo - A Power Rangers Movie(DVD)
2003年9月2日発売[23]

日本[編集]

パワーレンジャー・ターボ・映画版・誕生!ターボパワー(VHS、レンタルのみ[24]。2ヶ国語収録[25]。)
2000年2月11日レンタル開始[24][26]。リリースは東映ビデオ[24][3]

脚注[編集]

  1. ^ Turbo: A Power Rangers Movie”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月14日閲覧。
  2. ^ 「パワーレンジャー」新シリーズの製作配給契約をサバン・キャピタル・グループと締結”. 東映プレスリリース (2010年5月19日). 2014年3月11日閲覧。
  3. ^ a b c d 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 18 - 19頁、 ISSN 9784846523183
  4. ^ a b 間宮尚彦構成 『30大スーパー戦隊超全集』 小学館、2007年、343頁。ISBN 978-4091051127
  5. ^ 戸澤好彦構成 「スーパー戦隊放映リスト」『25大スーパー戦隊シリーズ完全マテリアルブック 下巻』 勁文社、2002年、111頁。ISBN 978-4766941081
  6. ^ a b 「パワーレンジャー NOW!!」、『宇宙船』Vol.122、ホビージャパン、2008年10月、 95頁、 ISBN 978-4894257726
  7. ^ The Inside Story/The Filmmakers”. Fox Kids. 1998年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  8. ^ Austin St. John & Amy Jo Johnson Bios”. Fox Kids. 1997年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。
  9. ^ 坂本浩一 「アメリカと日本のギャランティ」『ハリウッドアクション! ジャッキー・チェンへの挑戦』 フィルムアート社、1996年、111頁。ISBN 4845996642
  10. ^ Turbo: A Power Rangers Movie (1997) Trivia”. インターネット・ムービーデータベース. 2014年6月13日閲覧。
  11. ^ a b 前田浩 プロフィール”. O.S FACTORY. 2007年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h EDクレジットより
  13. ^ 横山誠”. チャンネルAAC公式サイト. 2011年7月5日閲覧。
  14. ^ メンバープロフィール”. AAC STUNTS. 2011年7月5日閲覧。
  15. ^ Johnny Yong Bosch”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年7月5日閲覧。
  16. ^ Steve Cardenas”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年7月5日閲覧。
  17. ^ Member”. アルファスタント公式サイト. 2012年5月8日閲覧。
  18. ^ Blake Foster - Awards”. インターネット・ムービー・データベース. 2013年7月26日閲覧。
  19. ^ Original Soundtrack Turbo: Power Rangers Movie Soundtrack”. Allmusic. 2014年6月10日閲覧。
  20. ^ ASIN B000001ETF
  21. ^ ASIN 6304486529
  22. ^ ASIN B000059HAJ
  23. ^ ASIN B00009WVSM
  24. ^ a b c 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、65頁。雑誌コード:01844-04。
  25. ^ シュキ・レヴィ(監督・脚本)・デヴィッド・ウィニング(監督) (2000年2月11日) (日本語・英語). 映画 パワーレンジャー・ターボ・誕生!ターボパワー (VHS). 20世紀フォックス、東映、東映ビデオ.. VRTB00932 
  26. ^ パワーレンジャーターボ誕生!ターボパワー”. ツタヤオンライン. 2013年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]