天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天装戦隊ゴセイジャー
VS シンケンジャー
エピック on 銀幕
監督 竹本昇
脚本 下山健人
出演者 千葉雄大
さとう里香
浜尾京介
にわみきほ
小野健斗
松坂桃李
相葉弘樹
高梨臨
鈴木勝吾
森田涼花
相馬圭祐
音楽 三宅一徳高木洋
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 2011年1月22日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー
侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(シリーズ前作)
次作 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(シリーズ次作)
テンプレートを表示

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックON銀幕』(てんそうせんたいゴセイジャー たい シンケンジャー エピック オン ぎんまく)は、2011年1月22日より東映系で公開された日本の映画作品。特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」『天装戦隊ゴセイジャー』の映画化作品である。

キャッチコピーは「いざゆけ、侍! はばたけ、天使たち!」「誰も見たことのないサムライ、天使のコラボレーション!![1]

概要[編集]

天装戦隊ゴセイジャー』と『侍戦隊シンケンジャー』のクロスオーバー作品であり、『劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』から続くスーパー戦隊祭りの第3弾である。タイトルは両作品の夏の映画タイトル「銀幕版」と「エピックON THEムービー」を合わせたものとなっている。本作以降、スーパー戦隊祭では表題作以外の過去シリーズのキャラクターが登場している[2]

前売り券販売は行われず、鑑賞料金は特別設定であった。入場者プレゼントとしてデータカードダススーパー戦隊バトル ダイスオーカードも配布された。

物語は前作『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』ともリンクしており、それと同様にテレビ放送開始前の新戦隊である『海賊戦隊ゴーカイジャー』が先行登場している。設定上この時点ではゴーカイジャーは地球にいないはずであり、本作品への登場は映画だからと割り切った上での演出であったが、後にテレビシリーズ『ゴーカイジャー』第40話の制作にあたりつじつまを合わせることになった[3]。同話は本作品の裏エピソードと呼べる内容で、時間移動を絡めてゴーカイジャー登場の謎に説明をつけている他、本作品の映像も一部流用されているが、セリフは新録に変更されている。

パンフレット掲載の竹本昇のインタビューによると、本作品は幽魔獣壊滅からマトリンティス出現までの間(『ゴセイジャー』本編でいえば第32話と第33話の間)の出来事である。このためサイボーグのブレドRUNは登場しない。また、裏エピソードに当たる『ゴーカイジャー』第40話では、ゴーカイジャーが時間移動した先の日時(=本作品の最終決戦の日)が2010年10月2日であるとされており(この日付は『ゴセイジャー』第33話の放送前日にあたる)、ゴセイジャーと戦う前のマトリンティスの様子も描写されている。

全国255スクリーンで公開され、2011年1月22,23日初日2日間で興収1億1,400万1,500円、動員は11万4,110人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[4]。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)でも第3位になるなど好評価されている。

あらすじ[編集]

シンケンジャーに倒された外道衆の生き残り・マダコダマが現れた。立ち向かうアラタだったが、マダコダマは天装術を無効化する力を持っており苦戦を強いられてしまう。そんな時彼を助けたのは、志葉家19代目当主・シンケンレッドこと志葉丈瑠だった。

シンケンジャーのメンバーたちは復活した外道衆を倒すべく再び集結するが、そこに新たな姿・血祭のブレドランとなったブレドランとマダコダマが現れる。応戦するシンケンジャーだが敵の罠にはまり、丈瑠はさらわれてしまう。しかし、丈瑠を失ったシンケンジャーはゴセイジャーと作戦を考えようにもお互いのそりが合わない。

そんな彼らの前に立ちはだかったのは黒い羽衣を身につけ操られた外道シンケンレッドだった。

登場人物[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

外道シンケンレッド(げどうシンケンレッド)
ブレドランに捕まり洗脳された丈瑠が変身した黒い陣羽織と手袋を纏ったシンケンレッド。両戦隊のレッド以外の2大戦隊メンバー全員を圧倒する力を持つ。烈火大斬刀、モウギュウバズーカなどの武器を自在に使いこなす。
血祭のブレドラン(ちまつりのブレドラン)
ゴセイジャーの宿敵ブレドランの新たな姿。本作品ではシンケンジャーとの死闘の末倒された外道衆の総大将「血祭ドウコク」に酷似した姿に変身している。自らをドウコクの意思を継ぐ者と言い、復活した外道衆を傘下にし護星界壊滅を目論む。
本作品では大太刀を武器とする他、かつての姿である彗星のブレドランとチュパカブラの武レドランを分身として生み出す。
デザインモチーフはアリジゴク[5]
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』では、黒十字城の手によって、巨大再生怪人として復活したブラジラの分身として登場し、シンケンオー、旋風神、無敵将軍と戦った。
マダコダマ
本作品オリジナルのアヤカシ。ゴセイジャーの天装術を山水画の様な右肩で吸い込み無効化し、左肩の閻魔大王のねぶたの様な顔から倍の威力にして放つ特殊能力を持つ。
モチーフになった妖怪は山彦[5]

装備・戦力[編集]

グランドハイパーゴセイグレート
全高:65.5m / 全幅:59m(翼長:61.4m) / 全厚:31.5m / 最高走行速度:600km/h
ゴセイジャーとシンケンジャーの諦めない意思が生み出したミラクルコンバインカードの力でミラクル天装合体した新たなる天装巨人。
ハイパーゴセイグレートをベースとしているが、本来データスに合体しているハイパーチェンジヘッダーとハンマーシャークヘッダーの2つが肩に移動し元々その2つがあった場所へスカイオンヘッダーとシーレオンヘッダー、頭部にグランディオンヘッダーが合体[6]し完成する。
合体の際、グラディオンヘッダーにシンケンジャー6人が吸い込まれ合体と同時にシンケンジャーも操縦席[7]に乗り込む。
必殺技はモヂカラと共にグランディオンヘッダーを除く全ヘッダーを射出する「モヂカラヘッダーストライク」。
戦隊シリーズ史上最多の合体パーツ数であった『ゴセイジャー』本編のハイパーゴセイグレートの「15体」を上回る「18体」という新記録を樹立している(2012年現在)。

映画新規必殺技[編集]

火炎トルネードカード
アラタのゴセイパワーに薫が志葉家の火のモヂカラを加えて作り出したカード。炎をツイストルネードの竜巻で増幅して放つ[8]。外道シンケンレッドとなった丈瑠を元に戻すために、ゴセイレッドが使用した。
スーパーモヂカラパワーカード[10]
スーパーゴセイジャーからシンケンジャーに送られたとっておきの天装術でカードには各シンケンジャーのマーク[11]が入っている。これによりシンケンレッド以外の5人を同時にスーパーシンケンジャーへ変身させている[12]
ピンクダブルアタック
ゴセイピンクとシンケンピンクの合体技。
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』ではゴセイピンクとゴーカイピンクがパート2として使用。
真・六重の太刀
ハイパーシンケンレッドとスーパーシンケンジャー(ブルー、ピンク、グリーン、イエロー、ゴールド)の6人で行う五重の太刀。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ガッチャ☆銀幕 〜ゴセイジャーVSシンケンジャー〜」
作詞:藤林聖子 / 作曲:岩崎貴文 / 歌:高橋秀幸Project.R)、ヤング・フレッシュ
映像にはスーパー戦隊VSシリーズ作品の静止画が使用されている。なお、前作の主題歌同様フルサイズが存在しない。
先行登場した『海賊戦隊ゴーカイジャー』もエンドクレジットに出現しており、3つの戦隊が揃うカットもあった。
挿入歌
侍戦隊シンケンジャー
作詞:藤林聖子 / 作曲:YOFFY / 編曲:Project.R(大石憲一郎サイキックラバー) / 歌:サイキックラバー (Project.R)
天装戦隊ゴセイジャー
作詞:吉元由美 / 作曲:YOFFY / 編曲:Project.R(籠島裕昌) / 歌:NoB (Project.R)

映像ソフト化[編集]

2011年3月21日発売。Blu-rayとDVDでのリリース。

  • 天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 劇場予告編
      • TVスポット集
      • ノンスーパーED
  • 天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 特別限定版(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 完成披露イベント&試写会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶 1回目
      • 公開初日舞台挨拶 2回目
      • ゴセイファイル
      • ゴセイカードファイル
      • アヤカシ絵巻
      • 外道衆絵巻&ゴセイミュージアム
      • ポスタービジュアル
      • ネクスト護星天使
      • スーパー戦隊バトル ダイスオーDX PV
    • 封入特典
      • ダイスオーカード

トピックス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東映公式サイトより。
  2. ^ 本作ではゴーカイチェンジ(ゴーカイジャーによる変身)という形で登場し、オリジナルキャストは登場しない。
  3. ^ 『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義 SUPER SENTAI 35th UNIVERSE』グライドメディア〈グライドメディアムック〉、2012年6月、p.72。ISBN 978-4-8130-8173-9
  4. ^ 日本でも『ソーシャル・ネットワーク』は大ヒット!公開2週目で首位に!シネマトゥディ 2011年1月26日
  5. ^ a b DVDボーナスディスク特典映像より。
  6. ^ 足のパーツはゴセイグランド時同様閉じた状態。
  7. ^ ゴセイナイトはグランドゴセイグレート時と同じく後ろのエンブレムに変化。
  8. ^ 超全集 2011, p. 81.
  9. ^ 超全集 2011, p. 78.
  10. ^ 『天装戦隊ゴセイジャー超全集』では、名称をスーパーチェンジカードと記載している[9]
  11. ^ シンケンゴールド用の物はスーパーゴセイレッドが使用。
  12. ^ なお、初期メンバー4人の持つシンケンマルにはインロウマルは装備されていない。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 公式ガイドブック 一筆、天装!』 角川書店、2011年ISBN 978-4048545884
  14. ^ a b 個別の戦闘シーンでは清家が入っているが、ブレドラン3体が同時に出ている場面ではこの2体はJAEの若手俳優が入って演じている[13]
  15. ^ 【映画】出演情報”. 今井靖彦オフィシャルブログ~One for all,All for one.~ (2011年1月17日). 2011年4月23日閲覧。
  16. ^ a b エンドロールより。
  17. ^ 仮面ライダー&戦隊ヒーロー&プリキュア、日本初の3D新聞広告に映画.com 2010年12月31日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]