仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮面ライダー×スーパー戦隊
スーパーヒーロー大戦
監督 金田治ジャパンアクションエンタープライズ
脚本 米村正二
原作 石ノ森章太郎
八手三郎
製作 鈴木武幸、平城隆司、日達長夫、篠田芳彦、松田英史、垰義孝、木下直哉
出演者 井上正大
小澤亮太
福士蒼汰
鈴木勝大
渡部秀
音楽 中川幸太郎
山下康介
主題歌 Hero Music All Stars「情熱 〜We are Brothers〜
撮影 いのくままさお
編集 須永弘志
製作会社 「スーパーヒーロー大戦」製作委員会
配給 東映
公開 2012年4月21日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15億6000万円
前作 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX(ライダー)
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(戦隊)
次作 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(ライダー)
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!(戦隊)
仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z(シリーズ次作)
テンプレートを表示

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』(かめんライダースーパーせんたい スーパーヒーローたいせん)は、2012年4月21日より東映系で公開された、特撮テレビドラマシリーズ『仮面ライダーシリーズ』と『スーパー戦隊シリーズ』の劇場版作品。

キャッチコピーは「全ライダーVS全戦隊 ついに大激突!」、「ヒーロー新世紀―史上最大のヒーローバトル!」。

概要[編集]

仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズのクロスオーバー作品『スーパーヒーロー大戦シリーズ』の第1弾。

本作品最大の特徴として、昭和から平成までの仮面ライダーたち(50人[1])とスーパー戦隊戦士たち(173人[2])、そして双方の代表的な敵怪人(97人)と戦闘員(165人)が一堂に会して戦うという文字通りの“大戦”を実現したところにある。その総勢は全485人[3]に及び、これに伴い参加したスーツアクターの人数も、2011年に公開された『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』の2倍以上となり、ギネスブック申請も視野に入れている[4]

本作品はシリーズ記念作品・クロスオーバー作品であり、過去の戦士に二段変身するという共通点を持つ、平成仮面ライダー10周年記念作品の『仮面ライダーディケイド』とスーパー戦隊35作記念作品の『海賊戦隊ゴーカイジャー』を中心に、上映当時の現行作品である『仮面ライダーフォーゼ』と『特命戦隊ゴーバスターズ』、『ゴーカイジャー』と同時期の現行作品で、『フォーゼ』と数度共演していた『仮面ライダーオーズ/OOO』や、春の映画に定期的に登場する『仮面ライダー電王』の登場人物が活躍し、仮面ライダー・スーパー戦隊両作品ならではのクロスオーバー要素が展開される[5]

仮面ライダーとスーパー戦隊のクロスオーバー作品ではあるものの、本作品のスタッフや関連企業は仮面ライダー関係が中心であり、予告編の構成もライダー作品と同じ形となっている。一方で戦隊側では、両戦隊同士の絡みは少ないもののスーパー戦隊VSシリーズに先駆けて新旧両戦隊が共演する形となり、ルカや鎧はゴーバスターズのことを「36番目のスーパー戦隊」と認知しており、『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』でも本作品にて対面したという事実を踏まえた描写がなされている。

敵側では、『仮面ライダーディケイド』に登場した大ショッカーに加え、歴代スーパー戦隊の敵が結託した大ザンギャックが登場。『仮面ライダーV3』のドクトルG、『超電子バイオマン』のシルバを中心に、両シリーズで登場した怪人たちも多数再登場している。

評価[編集]

新宿バルト9他全国292スクリーンで公開され、2012年4月21・22日の初日2日間で興収4億1003万8450円・動員35万5985人を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位を獲得した[6]ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)でも第1位を獲得した。最終興行収入は15億6000万円を記録し、2013年時点で仮面ライダー劇場版シリーズ・スーパー戦隊劇場版シリーズ通しての週末興行収入シリーズ・最終興行収入シリーズ共に第3位を樹立した。

ストーリー[編集]

地球の平和、そして人々の自由と笑顔を守るために日夜戦い続けるスーパーヒーロー、それが仮面ライダーとスーパー戦隊である。

西暦2012年4月、そんな彼らに突如として大事件が襲い掛かる。門矢士 / 仮面ライダーディケイドが歴代ライダーの悪を束ねた「大ショッカー」の大首領として全てのスーパー戦隊たちを倒し始め、また時を同じくしてキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッドもまた、歴代戦隊の悪が結集した「大ザンギャック」の大帝王を名乗り全てのライダーたちに攻撃を仕掛けたのだ。

この事件は新たなスーパーヒーロー・如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼが属する仮面ライダー部、桜田ヒロム / レッドバスターを始めとする特命戦隊ゴーバスターズにまで波及。辛くも難を逃れたジョー・ギブケン / ゴーカイブルーとドン・ドッゴイヤー(ハカセ) / ゴーカイグリーン、海東大樹 / 仮面ライダーディエンドと泉比奈はデンライナーと合流し、この事件の謎を解くべく過去へと向かう。

そして双方の組織の幹部が口にするビッグマシン計画とは。果たして二大ヒーローは地球を救うことが出来るのか。

登場人物[編集]

本作品オリジナルのキャラクターのみ記述する。

登場ヒーロー[編集]

仮面ライダーディケイド1号
ディケイドが仮面ライダー1号にカメンライドした姿。 ベルトの外観は原典と同様のタイフーンになっている他、声も1号の物に変化している[7]。必殺技もライダーカードを使用せずに「ライダーキック」を放つことが可能[8]。攻撃を受けた際に他の変身形態同様にディケイドライバーが露になる。
ディケイドが昭和仮面ライダーにカメンライドするのは本作品が初となる。

敵組織[編集]

本作品では、歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊が戦った敵勢力が、それぞれ手を組んで大組織を結成しているという設定となっている。

当初はライダーと戦隊のどちらが滅ぼさないともう片方は消滅するという事態を防ぐために、両組織が互いにライダーと戦隊の全滅を目的に戦いあっていたが、実際は両組織がそれぞれの潰し合いを狙い、門矢士とキャプテン・マーベラスを組織の頂点として君臨させることで、それぞれの要塞を合体させる「ビッグマシン計画」の完成を目論んでいた。もっとも士とマーベラスにはその目論見は最初から見抜かれており、彼等が組織の頂点の座に就いたのも、両組織の企てを暴くための一環にしか過ぎなかった。両組織が本性を表した後は「ショッカー・ザンギャック連合」としてライダーと戦隊との決戦に臨んだ。

大ショッカー
歴代仮面ライダーが戦った悪の組織が集結した大組織。
過去にもライダーたちと何度か戦い敗退したが、門矢士 / 仮面ライダーディケイドを再び大首領とし、クライス要塞を拠点としてスーパー戦隊の全滅を狙う。
組織自体の幹部や構成はあまり変わらないが、新たにグリードとヤミードーパントジェネラル・シャドウなど新規加入者が加わっている。
組織のシンボルマークは『ディケイド』登場時の「DCDの文字を刻んだ双頭の鷲」から、初代ショッカーと同様に「地球を鷲掴みする鷲」となっている。
ドクトルG
大ショッカーの副首領[9]。原典と同様に仮面ライダーを「仮面ラーイダ」と独特のイントネーションで呼び表す。一方で鎧のデザインはリメイクされており、サソリの意匠を取り入れた黒い鎧になっている。
正体は『ディケイド』に登場する鳴滝。鳴滝については、仮面ライダーディケイド#鳴滝を参照。
カニレーザー
ドクトルGの怪人態。ドクトルGの時にも使用する斧の他、左腕の鋏・頭部から放つレーザー光線が武器。特にレーザー光線は最大の武器であり、その威力は仮面ライダーたちを寄せ付けない程である。最終決戦ではその力でライダーたちを圧倒するも、ディケイド、龍騎、ブレイドが使用したゴセイジャーのゴセイカードの力でレーザーを跳ね返され、3大ライダーの「トリプルライダーキック」を受けて敗北し、鳴滝の姿に戻り次元の壁の彼方へ消えた。こちらもデザインがリメイクされており、原典のサソリ・カニを合わせた姿とは異なり、名前の通りカニを全面的に意識した姿になっている。また原典では「カァーバラァー」という鳴き声だったが、本作品では「ガニガニ」になっている。
大幹部
  • アークオルフェノク
  • ジョーカー
  • ヌリカベの武者童子
  • グリラスワーム
  • バットファンガイア
  • アリゲーターイマジン
  • ウェザー・ドーパント
  • メズール
大ザンギャック
海賊戦隊ゴーカイジャーが倒した宇宙帝国ザンギャックを中心に、復活した歴代スーパー戦隊の敵勢力が集結し構成された大軍団。
かつてのザンギャック第2次地球侵略艦隊の旗艦「ギガントホース」を拠点に、大帝王を名乗るキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッドの元、仮面ライダーの全滅ならびに大いなる力の奪取を狙う。
組織のシンボルは通常のザンギャックと変化は無い。
副首領
大幹部
  • 黒十字王
  • 冥府神ダゴン
  • クエスター・ガイ
  • クエスター・レイ
  • ドラゴン拳ロン
  • 血祭ドウコク
  • 救星主のブラジラ
  • 皇帝アクドス・ギル
  • 司令官ワルズ・ギル

装備・戦力[編集]

本作品オリジナルの装備・戦力のみ記述する。ロケットスイッチS-1(スーパーワン)については、仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAXを参照。

ロケットゴーバスターオー
ゴーバスターオーの両腕に巨大ロケットモジュールが装着された形態。宇宙空間での驚異的な推進力を得る。
ロケットドリルゴーバスターオー
ロケットゴーバスターオーの両足に巨大ドリルモジュールが装着された形態。必殺技は両腕の巨大ロケットモジュールの噴射で加速し、その勢いを乗せた両足の巨大ドリルモジュールで貫く「戦隊ライダー宇宙キック」。
ドリルスイッチS-3(スーパースリー)
ロケットゴーバスターオーの両足にドリルモジュールを装着させるスイッチ。何の前触れも無く登場したため、開発の経緯・及びフォーゼ単体での効果に関しては描かれていない。
ライダーキー
仮面ライダーオーズ タジャドルコンボキー
仮面ライダーオーズ シャウタコンボキー
仮面ライダーオーズ ラトラーターコンボキー
仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボキー
仮面ライダーオーズ プトティラコンボキー
仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボキー
仮面ライダー版のレンジャーキーで、オーズの頭部コアメダル6枚(タカ・シャチ・ライオン・クワガタ・プテラ・サイ)が変化した。ゴーカイレッドがタジャドル、ゴーカイブルーがシャウタ、ゴーカイイエローがラトラーター、ゴーカイグリーンがガタキリバ、ゴーカイピンクがプトティラ[10]、ゴーカイシルバーがサゴーゾとオーズの各コンボに豪快チェンジした[11]
ゴーカイガレオンバスターにもセットすることが可能で、キーの差し込みによる電子音声は「ギガスキャン」の後にタジャドルコンボキーを使用した「タジャドルチャージ」、発射時の電子音声に「派〜手にングオーズ!」とタジャドルコンボの変身コールが追加されている。また発射されるエネルギーにも羽が生え3つのリングを通っていき、敵に当たった際にゴーカイジャーのマークとリングが重なるという演出がなされている。
玩具版の『レンジャーキーシリーズ レンジャーキーセット 仮面ライダーオーズ』には、劇中未登場の仮面ライダーオーズ タトバコンボキーが付属している。
REFLECLOUD(リフレクラウド)・REFLEQUARTZ(リフレクオーツ)・REFLECLEAR(リフレクリア)
ゴセイジャーがディケイド・龍騎・ブレイドに渡した3種のゴセイカード。ライダー用にバーコードを挿入・スラッシュのいずれでも読み込める様にしている。それぞれディケイドライバー・ドラグバイザー・ブレイラウザーで読み込ませることで、それぞれ雲・鉱石・水を模した光の壁が出現し、カニレーザーのレーザー攻撃に付与して反射する能力を持つ。
ビッグマシン
クライス要塞・ギガントホースが合体した超巨大戦闘ロボ。
上半身がクライス要塞、下半身がギカントホースによって構成されており、その巨大さはゴーバスターオーを遥かに上回る。頭部の口に当たる部分から凄まじい破壊力を誇る光線を発射し、背面から放つ多数のワイヤー・その巨体も強力な武器になり、宇宙空間でも活動可能。コックピットはクライス要塞の物を使用。
合体には両組織が持つショッカーとザンギャックのシンボルを象った割り符を合わせる必要があり、ディケイドとゴーカイレッドの相打ちによって自分たちに立ち向かう者がいなくなったことを確信したドクトルG・シルバによって合体が発動しようとしたが、組織の動きを探っていた士・マーベラスが本性を現したことで阻止させられてしまう。だが割り符は最終決戦の中で大樹によって密かに回収されており、最終的には士・マーベラスのやり方に憤慨した彼の手によって合体を果たし、第三勢力としてライダー・戦隊の前に立ちはだかり、大ショッカー・大ザンギャックにも多大な被害を与えたが、最終的にはロケットドリルゴーバスターオーの「戦隊ライダー宇宙キック」を受けて爆発四散した。搭乗していた大樹は重傷を負ったものの、辛うじて生存している。
名前は漫画版『仮面ライダー』の同名キャラクターに由来する[12]

キャスト[編集]

記載順はエンドロールに基づく。太字文は各作品の主人公及び本作品のメインを表している。

仮面ライダーディケイド
  • 門矢士 / 仮面ライダーディケイド(声) - 井上正大
  • 海東大樹 / 仮面ライダーディエンド(声) - 戸谷公人[14]
仮面ライダーオーズ/OOO
仮面ライダーフォーゼ
海賊戦隊ゴーカイジャー
  • キャプテン・マーベラス / ゴーカイレッド(声) - 小澤亮太
  • ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー(声) - 山田裕貴
  • ドン・ドッゴイヤー(ハカセ) / ゴーカイグリーン(声) - 清水一希
  • ルカ・ミルフィ / ゴーカイイエロー(声) - 市道真央[16]
  • アイム・ド・ファミーユ / ゴーカイピンク(声) - 小池唯
  • 伊狩鎧 / ゴーカイシルバー(声) - 池田純矢[17]
特命戦隊ゴーバスターズ

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

本作品の制作チームは平成仮面ライダーシリーズを手掛けるスタッフが中心で、ライダーと戦隊のそれぞれに初参加・あるいは久々に関わった人物も多い。

主題歌[編集]

情熱 〜We are Brothers〜
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - AYANO / 編曲 - RIDER CHIPS五十嵐"IGAO"淳一中川幸太郎
歌 - Hero Music All Stars[24]
過去に仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズの主題歌や挿入歌を歌った歴代のアーティストたちによるコラボレーション曲[25]。PVでは『仮面ライダー』、『秘密戦隊ゴレンジャー』、『仮面ライダーBLACK』、『超獣戦隊ライブマン』、『忍風戦隊ハリケンジャー』、『仮面ライダー龍騎』、『侍戦隊シンケンジャー』、『仮面ライダーW』、『海賊戦隊ゴーカイジャー』、『仮面ライダーフォーゼ』の映像が使用されている。

他媒体展開[編集]

映像ソフト化[編集]

  • ネット版 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大変 〜犯人はダレだ?!〜(DVD1枚組、2012年8月10日発売)
    • スピンオフネットムービー全10話を収録。
    • 映像特典
      • 奥田達士×白倉伸一郎 スペシャルインタビュー
      • PR集
  • 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 通常版(1枚組、2012年10月21日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
  • 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 コレクターズパック(2枚組、2012年10月21日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 完成披露試写会記者会見
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶
      • TVスポット集
      • データファイル
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 特製スリーブケース

ネットムービー[編集]

ネット版 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大 〜犯人はダレだ?!〜』(ネットばん かめんライダースーパーせんたい スーパーヒーローたいへん はんにんはダレだ)は、2012年4月1日より東映特撮BBやテレ朝動画などで有料配信が開始されたスピンオフネットムービー[26]。演出はスーパー戦隊シリーズ本編の演出陣にも名を連ね、『スーパーヒーロー大戦』本編にも監督補として参加している加藤弘之が担当。

スタッフ(ネットムービー)[編集]

  • 原作 - 石ノ森章太郎、八手三郎
  • 脚本 - 米村正二、白倉伸一郎
  • 監督 - 加藤弘之

キャスト(ネットムービー)[編集]

  • 如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼ(声) - 福士蒼汰
  • 歌星賢吾 - 高橋龍輝
  • 城島ユウキ - 清水富美加
  • 大文字隼 - 冨森ジャスティン
  • 野座間友子 - 志保
  • JK - 土屋シオン
  • 速水公平 - 天野浩成
  • 桜田ヒロム / レッドバスター(声) - 鈴木勝大
  • 岩崎リュウジ / ブルーバスター(声) - 馬場良馬
  • 宇佐美ヨーコ / イエローバスター(声) - 小宮有紗
  • 仲村ミホ - 西平風香
  • 鳴滝 - 奥田達士
  • 永徳 - 永徳
  • 加藤監督 - 神尾佑

声の出演(ネットムービー)[編集]

  • 仮面ライダーメテオ - 吉沢亮
  • チダ・ニック - 藤原啓治
  • ゴリサキ・バナナ - 玄田哲章
  • ウサダ・レタス、仮面ライダーオーズ - 鈴木達央
  • 仮面ライダー1号、その他 - 稲田徹
  • ウラタロス、仮面ライダーファイズ - 遊佐浩二
  • ゴーカイレッド 、その他- 小澤亮太
  • ゴーカイシルバー、その他 - 池田純矢
  • 仮面ライダーディケイド、その他 - 川野剛稔
  • 仮面ライダーW、その他 - 河本邦弘
  • ガイアメモリ音声 - 立木文彦
  • オースキャナー音声 - 串田アキラ

各話リスト(ネットムービー)[編集]

フォーム名の無い限り、基本のフォーム(例として「仮面ライダーオーズ」とのみ記述されていれば、「仮面ライダーオーズ タトバコンボ」)。

  • 仮面ライダー殺人事件
話数 サブタイトル レギュラー 被害者 容疑者 その他ゲスト 配信日
1 名探偵は君だ!(推理編) 如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼ
歌星賢吾
城島ユウキ
大文字隼
野座間友子
JK
仮面ライダーディケイド
仮面ライダーW
モモタロス
ハリケンレッド
ニンジャレッド
ゴーカイレッド
仮面ライダーメテオ 2012年4月1日
2 名探偵は君だ!(解決編) 永徳
仮面ライダーファイズ
2012年4月20日
  • スーパー戦隊殺人事件
話数 サブタイトル レギュラー 被害者 容疑者 その他ゲスト 配信日
1 名探偵は君だ!(推理編) 桜田ヒロム / レッドバスター
岩崎リュウジ / ブルーバスター
宇佐美ヨーコ / イエローバスター
ゴーカイピンク
ゴセイピンク
シンケンピンク
仮面ライダーオーズ
仮面ライダーW
仮面ライダー1号
仮面ライダー2号
スカイライダー
仮面ライダーシン
仲村ミホ 2012年4月1日
2 名探偵は君だ!(解決編) ゴーオンレッド
シンケンレッド
ゴセイレッド
加藤監督
仮面ライダーファイズ
2012年4月20日
  • 特命探偵バディゴー!
話数 サブタイトル レギュラー 特命探偵 その他ゲスト 配信日
1 財団Xからの挑戦状 速水公平[27] レッドバスター
チダ・ニック
仮面ライダーW ルナトリガー 2012年4月13日
2 鴻上さんからの挑戦状 ブルーバスター
ゴリサキ・バナナ
ティラノレンジャー
プテラレンジャー
トリケラレンジャー
仮面ライダーオーズ プトティラコンボ
仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ
3 ホロスコープスからの挑戦状 イエローバスター
ウサダ・レタス
オーレッド
オーグリーン
オーブルー
オーイエロー
オーピンク
キングレンジャー
歌星賢吾
2012年4月27日
  • オトナの鳴海探偵事務所
話数 サブタイトル レギュラー 登場キャラクター 配信日
1 ゴーカイはディケイドのパクリ? ゴーカイシルバー
ウラタロス
鳴滝
ゴーカイシルバー ゴールドモード[28]
仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
2012年4月13日
2 「カイジャー」って何だ? ゴーオンレッド
シンケンレッド
3 「アマゾン」の後番組は? 2012年4月27日

テレビ放送[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 主役以外のライダーの一部を除く(キバ以前のライダーは、主役のみ)。
  2. ^ 追加・番外戦士を除く。ただし本作品のメインであるゴーカイジャーのみ6人構成で、最終決戦においてのヒーロー大集合では、ライブマン・ハリケンジャー・アバレンジャー・ゲキレンジャーのみ初期の3人メンバーで構成されているが、ライブマンは一時的、ゲキレンジャーは回想・最終決戦で5人構成で登場している。
  3. ^ スーパーヒーロー大戦 : 史上初!総勢485人で大バトル 全仮面ライダーと全スーパー戦隊が初共演毎日新聞 2012年3月10日
  4. ^ なんと485人!ヒーロー&怪人“ギネス”バトル スポニチ 2012年3月10日
  5. ^ ディケイドのカメンライド・ゴーカイレッドの豪快チェンジによる2段変身、響鬼とマジレンジャー・BLACKとマスクマン・キバとゴーオンジャーといった同年代活躍したヒーローの競演、ライダー・戦隊がそれぞれの装備を使用するなど。
  6. ^ 仮面ライダー×スーパー戦隊奇跡の共演で初登場トップ!『コナン』は早くも動員100万人!シネマトゥデイ 2012年4月24日
  7. ^ 本作品ではゴーカイレッドが豪快チェンジしたアカレンジャーも声がアカレンジャーの物に変化している。
  8. ^ 本作品においてディケイドとゴーカイレッドの攻撃を受けたライダーと戦隊たちが、紫の光に包まれて異空間に閉じ込められるという能力を持っており、それぞれ変身した1号とアカレンジャーにもその能力が発動している。
  9. ^ 講談社の書籍『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦超百科』の記述より。
  10. ^ 恐竜系のコアメダルは『オーズ』TVシリーズ最終回にてメダルの器の破壊に伴い発生したブラックホールに呑み込まれており、『フォーゼ&オーズ』でも他のメダルとは異なりその後については触れられていなかったが、本作品では何の前ふりもなく登場している。
  11. ^ チェンジ時の音声は「仮~面ライダー、オーズ!」でチェンジ後、各コンボの歌が流れる。
  12. ^ 「宇宙船vol.140特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2013」、『宇宙船』vol.140(2013.春号)、ホビージャパン2013年4月1日、 別冊p.11、 ISBN 978-4798605944
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 映画パンフレットより。2012年4月21日検証。
  14. ^ アポロガイストの声も担当[13]
  15. ^ 仮面ライダーファイズの声も担当[13]
  16. ^ ゲキイエローの声も担当[13]
  17. ^ ゴーオンレッドの声も担当[13]
  18. ^ a b Twitter / 穴井勇輝(勇吹輝)@IBUKI_VOICE: お、今日からスーパーヒーロー大戦劇場公開だね。幾つか ...”. 2013年7月21日閲覧。
  19. ^ ただし、ディケイドカブトが使用した『アタックライド クロックアップ』の音声はカブトゼクターと同じ音声になっている。
  20. ^ a b c d Twitter / @seki0908: 今度公開の映画、スーパーヒーロー対戦でナレーション ...”. 2012年3月16日閲覧。
  21. ^ 『宇宙船』Vol.136より。
  22. ^ a b c d 『東映ヒーローMAX Vol.41』 辰巳出版、28頁。ISBN 978-4777810277
  23. ^ Akihiro Haga”. Stunt Directory and Professional Stunt Registry. 2013年6月25日閲覧。
  24. ^ 『仮面ライダー×スーパー戦隊』の主題歌で夢のコラボ! 総勢27名が再集結”. マイナビ. 2012年4月18日閲覧。
  25. ^ “仮面ライダー×スーパー戦隊”映画主題歌で最強コラボが実現!CDJournal.com 2012年4月3日
  26. ^ ネット限定公開!『ネット版 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大変 〜犯人はダレだ?!〜』をモバイル向けに配信開始CINEMA TOPICS ONLINE 2012年3月30日
  27. ^ 「ホロスコープスからの挑戦状」では、ある仮面ライダーに変身し戦っていた記憶が目覚めている。
  28. ^ ダサい仮面ライダーディケイド コンプリートフォームをさらにダサくしたというような解説がされている。

外部リンク[編集]