ウルトラマンVS仮面ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  • ウルトラマン対仮面ライダー』(ウルトラマン たい かめんライダー)は、池田憲章高橋信之による著書。1993年発売。文藝春秋ISBN 41634717072001年に文庫本(文春文庫)化。 ISBN 4167660059
  • 決定版! CDツインパック ウルトラマンVS仮面ライダー』は、ウルトラマンシリーズと仮面ライダーシリーズの主題歌集CD。1998年2月21日発売。
  • スーパーバトル ウルトラマンVS仮面ライダー』(ウルトラマン たい かめんライダー)は、1993年7月21日に発売された特撮ビデオ作品。本項目で詳述。

概要[編集]

ウルトラマン仮面ライダーという、制作会社が異なる作品がコラボレーション(クロスオーバー)することは従来では考えられなかった[1]が、1990年代前半にはテレビシリーズは両シリーズとも休止中であったものの、映画やビデオ作品として久々に新作が発表されるなどの新たなムーブメントが起きつつあった。さらに、円谷プロダクション側が東映の競合企業である東宝の傘下から離脱していた。そのような状況下でバンダイビジュアルが制作を手掛けた本作品は、それぞれの作品の権利者である円谷プロダクションと東映が複雑な権利関係をクリアするため再発売およびテレビ放送しない前提で同意[2]。両シリーズ歴代作品の名場面を使用した比較紹介[3]やスタッフや出演者へのインタビューに加えて、完全新作の短編ドラマが収録されるに至った。

主演俳優のインタビュー映像では、本作品が制作された当時『仮面ライダー』の主演の藤岡弘、が当人の事情で『仮面ライダー』関係の出演を断っていたため、『ウルトラマン』の黒部進のインタビューは見送られ、互いに好評であった次作の『ウルトラセブン』の森次晃嗣と『仮面ライダーV3』の宮内洋が応じることになった。

監督は雨宮慶太が、ナレーションは『ウルトラマン』の浦野光と『仮面ライダー』の中江真司が交互に担当した。本ビデオオリジナルの主題歌・挿入歌も1曲ずつ作られており、前者は両雄の活躍を称え、後者は全てのヒーローものに共通するテーマを影山ヒロノブが唄っている。本作品と同時期には子供向けに内容を変更したSVS (スーパー・ビデオ・セレクション)|SVS(スーパー・ビデオ・セレクション)シリーズとして『ウルトラマン』と『仮面ライダー』のそれぞれのパートのみを収録した『ウルトラマン編』、『仮面ライダー編』も発売された(ナレーションなどは変更されている)。

前述のように制作当時は再発売などはされない前提だったが、2011年にウルトラマン生誕45周年と仮面ライダーシリーズ40周年を迎えたのを記念して、18年ぶりにバンダイビジュアルによって一部に再編集を施したBD、DVDが発売された。映像特典として制作当時に実現できずにいた黒部進と藤岡弘、の対談および記者会見の模様が収録されている(インタビュー制作と発売権利は、円谷プロによるもの)。また2013年10月にはCSの専門チャンネルである東映チャンネルにて、短編ドラマ部分のみであるが初めて本作品のテレビ放送が行われた。

あらすじ[編集]

ショッカー中近東支部から送られた怪人毒サソリ男が「東京ズタズタ作戦」による大地震を起こし、それによって地下で眠っていた古代怪獣ガドラスが目覚める。街の危機にウルトラマン(初代)と仮面ライダー(新1号)が登場し、それぞれ対決。追い詰められた怪人と怪獣が互いの力を吸収し合って、合体獣サソリガドラスとなったのに対し、ウルトラマンと同サイズに巨大化した仮面ライダーがタッグを組んで戦う。

放映当時の映像をCGで合成した両ヒーローの同時変身シーンや、飛行するウルトラマンの眼下をサイクロン号で疾走する仮面ライダー、それぞれの得意技を連携させる2大ヒーロー、と各自の特徴を比べつつ際立たせる演出がなされており、カラータイマー点滅やサイクロン号による大ジャンプ等、種々の「お約束」も再現されている。

登場怪獣・怪人[編集]

毒サソリ男
ショッカー中近東支部から送られた怪人。「東京ズタズタ作戦」を実行し、大地震を起こす。左手の大きなハサミと口から吐く青いガスを武器とする。一言も喋らないが、再発版特典の絵コンテ集では「死ね、ライダー!」という台詞が用意されていた。
古代怪獣 ガドラス
毒サソリ男が起こした「東京ズタズタ作戦」の影響により目覚めた怪獣。超能力の類は持たず、常に腕力による接近戦を行う。
合体獣 サソリガドラス
仮面ライダーとウルトラマンの必殺技をそれぞれ受け、絶体絶命の危機に陥ったガドラスと毒サソリ男が、互いのエネルギーを共鳴させ、力を吸収し合って変貌することで誕生した合体獣。武器は両手の鍵爪と頭部にある巨大な角から発射するビーム、蠍の尻尾。また、腹部にはウルトラマンのスペシウム光線を吸い取ってしまう能力も備えている。ウルトラマンを圧倒し優勢に立つが、巨大化した仮面ライダー1号の加勢により2対1の戦いとなる。大激戦の末にスペシウム光線とライダーキックの同時攻撃を受けて爆死した。

スタッフ[編集]

映像ソフト化[編集]

  • ビデオVHS、セル・レンタル共通)とLD(セルのみ)がリリースされている。
  • 2011年10月26日に、バンダイビジュアルからBDDVDが発売されている。BDの特典には、再編集した「ウルトラマン編」、「仮面ライダー編」のDVDが同封されている。上記のビデオ版と異なり、本編は一部の映像がカットされているが、BD特典のDVDでは一部が新規の映像に差し替えられている。

備考[編集]

  • 本作品のエンディング映像では人間大のウルトラマンがサイクロン号に跨るという一幕があり、その逆に仮面ライダー1号がスペシウム光線のポーズもとっているシーンもある。
  • 前述の通り、本作品ではそれぞれのシリーズで多数ナレーションを手掛けていた浦野光中江真司のコラボレーションが実現しているが、この他にも当時円谷プロに所属していた美術監督山口修がデザインした怪獣ガドラス及びサソリガドラスを、レインボー造型企画が製作するというコラボレーションも行われている。
  • 共闘しているのにもかかわらずタイトルが「VS」であるのは、本ビデオソフト発売前に、その前身となる同名の書籍(書籍のタイトルは正確には『ウルトラマン対仮面ライダー』)が特撮ライターによって上梓されていることに由来する(内容は本作品の前半部分同様、作品解説や両シリーズの比較・関係者へのインタビューや制作秘話紹介などといったいわゆる「謎本」であった)。さらに、ビデオ冒頭では夜の街を舞台に実際に両雄が拳を交えており、文字通りの「ウルトラマンvs仮面ライダー」という構図も実現している(スペシウム光線とライダーキックが交錯したカットでタイトルが入り、直後に本編へ移ったため勝敗は付かず)。
  • 『仮面ライダー』と同じく石ノ森章太郎原作で、本作品のリリースと同じ1993年に放送された『有言実行三姉妹シュシュトリアン』第40話『ウルトラマンに逢いたい』では、円谷プロ作品のキャラクターであるウルトラマンやウルトラ怪獣、快獣ブースカらが登場。また、ハヤタ役の黒部進も重要な役割で出演している。これは同番組のファンだった当時円谷プロダクション営業部長の円谷一夫の協力の元実現したもので[4][5]、本作品と異なり権利関係(シュシュトリアンとウルトラマンがダブル主人公として描かれておらず、あくまでシュシュトリアンをメインで活躍させたため)の問題をクリアしているため、後年東映ビデオから発売されたビデオおよびDVDにも収録されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SDというフィルタを通してのゲーム作品『コンパチヒーローシリーズ』などでは多数共演している。
  2. ^ 2003年9月24日放送の『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で本作品が取り上げられた際にそのような解説がなされた。
  3. ^ ウルトラシリーズは初代~『グレート』、ライダーシリーズは初代~『ZO』まで。
  4. ^ 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、214頁。ISBN 9784096820742
  5. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では当時社長と誤記している。