ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルトラマンコスモス > ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT
ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT
監督 飯島敏宏
脚本 千束北男
製作総指揮 円谷一夫
ナレーター 石坂浩二
出演者 東海孝之助
赤井英和
高橋ひとみ
宇野あゆみ
川野太郎
風見しんご
舞の海
中山エミリ
藤村俊二
渡辺いっけい
黒部進
毒蝮三太夫
二瓶正也
西條康彦
桜井浩子
音楽 冬木透
主題歌 Project DMM「ウルトラマンコスモス〜君にできるなにか」
撮影 大岡新一
編集 松木朗
製作会社 映画ウルトラマンコスモス製作委員会
配給 松竹
公開 2001年7月20日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5億円
前作 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
次作 ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET
テンプレートを表示

ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』(ウルトラマンコスモス ザ・ファースト・コンタクト)は、2001年7月20日に全国松竹系映画館にて公開されたウルトラシリーズ映画作品、松竹配給。 キャッチコピーは「君も勇者になれる!」、「優しさがあれば、強くもなれる!

概要[編集]

21世紀最初のウルトラシリーズの映画作品。テレビシリーズ(『ウルトラマンコスモス』)の8年前の物語で、ムサシとコスモスの出会いを描いている。

当初は2001年3月に公開予定だったが、公開が遅れてしまい、さらにテレビシリーズの放送開始時期が同年10月から7月に繰り上がったため、劇中の時系列と公開の順序が逆になってしまった。

本作の世界観では「ウルトラマン」はサンタクロースのようなおとぎ話の存在として人々に認知されており、その実在を信じているのはムサシ少年のみである。

本作にはバルタン星人が登場しており、旧シリーズとの関連が無い『ウルトラマンコスモス』シリーズの作品で唯一旧シリーズの怪獣が登場した例となっている。監督の飯島敏宏はバルタン星人が初登場する『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」の監督であり、プロデューサーの鈴木清からの「飯島ならバルタン星人」というリクエストを受けて登場が決定した[1]。ストーリーは飯島が千束北男名義で90年代前半に執筆した未製作脚本『ウルトラマン/バルタン星人大逆襲』(飯島敏宏著『バルタンの星のもとに』(風塵社)に収録)の内容を色濃く反映したものとなっている[2]

一部の登場人物は後の劇場版やTVシリーズに登場している。

ストーリー[編集]

西暦2001年、母星が滅びたため廃月で新たな居住地を求めるバルタン星人と、それを追うウルトラマンコスモスが地球へ飛来した。バルタン星人との戦いでエネルギーを失い倒れたコスモスは、地球人の少年・春野ムサシに救われる。そして地球侵略を開始したバルタン星人に再び立ち向かう。

登場人物[編集]

春野ムサシ
宇宙飛行士を夢見る小学5年生。旧性は五十畑。宇宙科学技術者の父親、五十畑浩康を3歳の時にロケット事故で亡くす。天体観測をしている際にウルトラマンコスモスと出逢う。
ウルトラマンコスモス
詳しくはウルトラマンコスモスを参照。
春野勇次郎
ムサシの義理の父。39歳。関西弁を話す警察官で、階級は巡査部長。男気溢れる熱血漢で、ムサシの夢や意志を尊重し、見守るよき父親。シゲムラから「春田巡査」と名前と階級を呼び間違えられる。
春野みち子
ムサシの母。38歳。旧性は五十畑。「ウルトラマンを見た」というムサシの話を信じられないなど勇次郎に比べてやや現実的な性格だが、ムサシのことを強く想っている。
マリ
本作のヒロイン。ムサシの同級生で幼馴染。チャイルドバルタンシルビィに憑依されるが、続編では、メル友になる。
ショージ、ツトム
ムサシの同級生の幼馴染。ムサシとは仲が良いが、当初はムサシのコスモス目撃談を信じなかった。ツトムはカミナリが苦手。両者とも成長後の姿をTVシリーズや映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』で見せている。

SRCメンバー[編集]

木本研作
MITIの創始者の一人で、SRCの顧問とメカニックの開発を担当する。普段はおもちゃ病院の院長をしており、ムサシとも顔なじみである。兵器ではない SRC のメカや装備を「おもちゃ」と呼ぶ穏やかな人物。後にTVシリーズにも登場。
アカツキノボル隊長
SRCの隊長。元防衛軍の隊員でシャークスのシゲムラ参謀と同期である。名前は暁昇。防衛軍回線のパスワードは「ごろ寝のパパ」。呑龍(ドンロン)出現時に作戦「アクト・ワン」を実行。
ワタナベキョウコ隊員
SRCのコンピューター類担当の女性隊員。普段はムサシの小学校で音楽教師をしており、この時は眼鏡を掛けている。名前は渡辺響子。
キド隊員
SRCのメカニック担当。トロイAの操縦も行う。普段は自動車の研究所に勤める。明るいムードメーカーであり、映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』ではTEAM SEAの隊長になっている。
ライデン隊員
力自慢の隊員。ライデンとは見た目と怪力から江戸時代の力士雷電爲右エ門にちなんで付けられたあだ名で、本名はカオルという。普段はケーキ職人として働いている。本人も甘党らしい。
イチノセ隊員
天文学に精通しているSRC専任の女性隊員。バックアップ担当だが、格闘技が得意で力仕事もこなす。
サカグチ隊員
SRC専任の隊員。物静かな印象だが、主にメカニックでのサポートを行う。

統合防衛軍関係者[編集]

シゲムラ参謀
シャークスの司令官で、本作で悪者扱いの男。出動時には、シャークス・モバイルという超高性能小型端末を携帯し、部下たちに指令・通信を行う。SRCのアカツキ隊長とは同期であるが、考え方の違いにより対立する。当初はE.T.の存在に(アカツキ隊長の)冗談というなど、懐疑的であったようだが、その実在が確認されてからは彼らに対して強硬な姿勢を見せる。コスモスと遭遇したという噂を持ったムサシを現実的な視点から疑い、その父親の勇次郎のいう事まで疑う。人間を襲う呑龍やバルタン星人を襲い、バルタン星人と同じE.T.であるコスモスまで狙おうとした。最後は勇次郎と取っ組み合い、罵声を浴びせられる。
シャークス副官
シゲムラの補佐を務める忠実な副官。赤いベレー帽と黒い隊員服を着用している。シャークスの行動隊長的存在である。
シャークス隊員
赤いベレー帽と灰色の隊員服を着用し、機関銃を装備している隊員たち。鍛え抜かれた印象だが、ムサシや彼の友人である子供たちとの輝石の取り合いでは、終始翻弄されていた。

科学調査サークルSRC[編集]

日本が誇る科学研究所水無月工業技術研究所 (MITI) が設立したボランティア的な調査・研究を行う機関。正式名称は「Scientific Research Circle」。あくまでボランティア組織であるため、専任の隊員以外にも普段他に職を持っている者も多い。本作の事件をきっかけに発展・拡大し、テレビシリーズでは国際規模の組織になっている。

隊員装備[編集]

SRC隊員服
隊員達が着用する隊員服で、耐熱・耐寒・防御効果が高い。出動時にはプロテクターも装備する。
キャップ
危険度が低い調査任務の際に被る。
SRCヘルメット
危険な任務や、トロイ搭乗時に被る特殊ヘルメット。隊長用にはレッド、隊員用にはイエローのラインが入り、マイクロカメラと通信機を装備している。
ラウンダーグリップ(マイティツール)
銃のグリップ型の特殊小型コンピューターで、本部のドアのキーとしても機能する。

メカニック[編集]

トロイトータル
全長:30m 全高:約10m 全幅:約25m 最高速度:マッハ3 乗員:6名
木本研作博士の設計の下、SRCが開発した大型航空機。母機トロイAと子機トロイBに分離する。この合体機能がテレビシリーズに登場するコアモジュールシステムの原形となっており、『キーセーバー』という防弾・耐熱塗料で特殊コーティングされた外装は、敵の光線を弾く程強力である。本機もテレビシリーズに登場しており、また映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』では発展型のトロイSが登場している。名の意味は、『夢のつまったマシン』。
トロイA
全長:30m 全高:約10m 全幅:約25m 最高速度:マッハ4 乗員:3名
トロイBのデータ収集母機・エアマザーとして製作された。作戦指揮機として活躍し、機体下部に敵への直接パンチは勿論、冷凍ガスも放つ超大型グローブ・ドデカローブと、超大型スピーカーのドデカピーカーを装備する。
トロイB
全長:11m 全高:約3.7m 全幅:約10.4m 最高速度:マッハ2.5 乗員:3名
コアモジュールの実験・試作機で、ベイビーコアとも呼ばれる小型作戦機。小回りがきき、バランス性に優れ、VTOL・STOL機能も持つ。装備は、敵に直接パンチと冷凍ガスを放つ超大型グローブ・デカローブと、超大型スピーカーのデカピーカー。また、自動操縦装置も備えている。
バーナード
全長:4.5m 全高:1.45m 全幅:1.8m 最高時速:380km 乗員:4名
SRCの公用車で、地上パトロールや探査等に使用する白いメルセデス。特殊な装備は無い様である。

国家緊急部隊シャークス[編集]

国家の存亡に関わる重大局面に出動する、防衛軍のエリート部隊。軍内部においても、突出した権力を持つといわれている。SRCとのホットラインも作られている。エンブレムはその名の通り、サメをあしらった物。

メカニック[編集]

シャークスジェット機 JK
防衛軍主力戦闘機をチューンナップしたシャークス専用の機体。形状はF-86Fデルタ翼機にしたような双発機である。最高速度はマッハ5。強力機関砲や大型のGミサイル2発、小型ミサイル8発や機首のビーム砲などを装備している。多数の機体で編隊を組んで敵を一斉攻撃し、殲滅を図るのが攻撃パターンである。
シャークス指令車
シャークス部隊の指揮を行う指令車で、シゲムラの現場への移動手段も兼ねている。ベース車両は民間用のライトバンで、車内にはレーダーや指令用のコンピューターシステムが、車体上部には通信用と思われる小型アンテナが搭載されている。
73式小型トラック73式中型トラック
シャークスが使用している実在車両で、兵員の輸送などに用いられている。現実世界では陸上自衛隊などに配備されている。
防衛ミサイル
防衛軍駐屯地から発射される大型ミサイル。指令車からの遠隔操作が可能。シゲムラがバルタン星人に勝利した直後のコスモスに向けて発射しようとしたが、勇次郎とムサシの体を張った活躍で阻止された。
映像は、『ウルトラマンガイア』に登場したワーム・ジャンプ・ミサイルの流用。

登場怪獣・宇宙人[編集]

宇宙忍者バルタン星人 / ネオバルタン
チャイルドバルタン
伝説薬使獣 呑龍(ドンロン)
  • 身長:67メートル
  • 体重:6万7千トン
遺跡公園の地下に眠っていた怪獣。古代において人々と共存していたらしく、遺跡に神農様として奉られ、その鱗が薬になるという伝説が残されていた。固い鱗を持ち「猛炎烈火」という火炎を吐く。バルタン星人によって目覚めさせられる(地球人が他の生物と共存できるか見定める為と思われる)。SRCが再度冬眠させようとするも、その作戦中にシャークス隊に攻撃され、倒される。その後、SRCにより再び遺跡公園の地下に運ばれ眠りについた。
ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』では、対グローカー戦において遺跡公園から目覚め、リドリアス、ゴルメデ、ボルギルスと共闘する。最後は無事に公園に戻された。
スーパーハイテクロボット クレバーゴン
  • 身長:60センチメートル(脚部伸時:130センチメートル)
  • 体重:9キログラム
ムサシが拾ったおもちゃを木本博士が改造したハイテクロボット。愛称はゴン。腹にパソコンを持つ。テレビシリーズにも度々登場する。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ウルトラマンコスモス〜君にできるなにか」
作詞 - 松井五郎 / 作曲 - 鈴木キサブロー / 編曲 - 京田誠一 / 歌 - Project DMM

映像ソフト化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『テレビマガジン特別編集ウルトラマンコスモス』(講談社)P. 84.
  2. ^ 『テレビマガジン特別編集ウルトラマンコスモス』(講談社)P. 105.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]