73式中型トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
73式中型トラック(旧型・パワステ付)
73式中型トラック(新型)

73式中型トラック(ななさんしきちゅうがたトラック)は、主に陸上自衛隊で使用されているソフトスキンの輸送車両である。設計は日野自動車トヨタ自動車の共同、生産は日野、納入がトヨタとなっている。

それまで使用されていた3/4tトラックにはトヨタ製と日産製があったが、どちらも旧態化が甚だしく、また、燃費の面でも好ましくないガソリンエンジンを搭載していたため、その後継として、国内のトラック建設機械メーカー各社に開発が指示された。数社による競争入札の末、1973年に制式化された。「キャリア」や「ヤオトラ」といった通称が存在する。


概要[編集]

戦闘用ではなく、主に人員や物資の輸送を目的とし、運転席に2名(新型は3名乗車可)後部荷台に16名が搭乗可能。高機動車の配備が始まると同時に高機動車のシャーシをベースにした新型が登場した。

車番(生産時期)で細部違いがあり、以下の様に大別される。

ここまでは日野・レンジャーコンポーネントを流用しており、はしご型フレームに、4輪リーフリジッドサスペンションを組み合わせたシャーシ構成で、パートタイム式4WDを採用している。

  • 5XXX-:本車輛の現生産タイプ。高機動シャーシに切り替わる。センターデフを持つフルタイム4WDとなり、パワーステアリングとロックアップ機構付4速ATを装備する。
    • 前部バンパーの形状が変更され、テールライトの形状が丸形の個別のものから、高機動車同様のトヨタトラック用となり、タイヤとホイールも高機動車と同じとなったほか、荷台部分の後輪用の切り欠きが有ることで旧型との判別が可能。高機動車に比べホイールベースが短縮されたことと、取り回しの良いキャブオーバー形状のため、4WSは省略されている。また、ラジエーターの位置も低くなったため、フロントラジエーターカバーの形状が変更されている
    • 運転台にエアコンラジオが装備され、フロントサスペンションがリジッドから独立懸架となり、デフが固定されたことでエンジンの搭載位置が下がり、運転台中央に突出していたエンジンカバーが無くなったため、運転席と助手席の間にもう1名分の座席が設けられた。
(旧型の車内)運転席右下部にサイドブレーキの存在も確認できる
(旧型の車内)運転席と助手席の間にエンジンルームの存在を確認できる
(新型の車内)


運用方法等[編集]

主に普通科連隊の重迫撃砲中隊の砲車(107mm迫撃砲M2装備部隊のみ)として運用、若しくは普通科中隊迫撃砲小隊の資材車や本部管理中隊通信小隊の通信資材などの運搬や他部隊では大型トラックを使わない程度の荷物の運搬などに使用されている。

また、中部方面移動監視隊では、広域用監視装置全天候型監視室を本車輛に搭載して運用している。

諸元・性能[編集]

  • 全長:約5,490mm
  • 全幅:約2,220mm
  • 全高:約2,565mm
  • 車両重量:約3,040kg
  • 積載量:約2,000kg
  • 最高速度:約115km/h
  • エンジン:日野・N04C

登場作品[編集]

実写
73式大型トラックと共に巨大ロボット攻撃に向かう普通科部隊を輸送する。
ウルトラセブン誕生30周年記念3部作』では地球防衛軍の、『ウルトラマンガイア』ではG.U.A.R.D.の、『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』では国家緊急部隊シャークスの輸送トラックとして登場している。
現実通りの自衛隊車両としてだけではなく、日本国防衛軍特生自衛隊の車両としても登場。
アニメ
アニメ第2期にて雛見沢村に派遣された災害派遣部隊の車両として登場。
小説
ゲーム
劇中のムービーに1トン半救急車が登場。

関連項目[編集]