ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルトラマンメビウス > ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
監督 小中和哉
脚本 長谷川圭一
出演者 五十嵐隼士
黒部進
森次晃嗣
団時朗
高峰圭二
いとうあいこ
田中碧海
音楽 佐橋俊彦
主題歌 KIYOSHI 「未来」
撮影 高橋創
編集 松木朗
配給 松竹
公開 日本の旗 2006年9月16日
上映時間 93分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
興行収入 6億8000万
前作 ULTRAMAN
次作 大決戦!超ウルトラ8兄弟
テンプレートを表示

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』(ウルトラマンメビウス アンド ウルトラきょうだい)は、2006年9月16日に全国松竹系映画館にて公開された円谷プロダクション製作の特撮映画。テレビ番組『ウルトラマンメビウス』の劇場版。

キャッチコピーは「宇宙最大の敵 復活! 迎え撃て、永遠のヒーローたち!」、「帰ってきたウルトラ兄弟!! 僕らのメビウスが映画になった!!

概要[編集]

テレビシリーズ同様、「ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品」として製作された。ウルトラシリーズの映画としては『ULTRAMAN』以来、1年9ヶ月ぶりとなる。テレビシリーズとも連動し、同作24話以降は本作以降の話となっている。また、ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution 0』ともストーリーが連動している。

40周年を記念し、初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックウルトラマンエースウルトラマンタロウゾフィーウルトラ6兄弟が登場。初代マン、セブン、ジャック、エースの4人はそれぞれの人間体も登場し、オリジナルキャストの黒部進森次晃嗣団時朗高峰圭二が演じている。

敵キャラクターも『ウルトラマン』から『ウルトラマンタロウ』までの5作品から、因縁の深いザラブ星人ガッツ星人ナックル星人ヤプールテンペラー星人が登場。ヤプールは、本作の公開と同じ2006年9月16日に放映されたTVシリーズ第24話にも登場する。

本作の製作に当たり、テレビシリーズでは明確な説明がなかったセブンやタロウの後日談を本作に矛盾が生じないよう、円谷プロが公式に設定した[1]

公開後、TVシリーズではジングウジ・アヤやウルトラ兄弟が再登場するが、メビウスインフィニティーは本作限定の形態であり、テレビシリーズには登場しない。

次作『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、パラレルワールドに住むマドカ・ダイゴが夢の中で本作の戦闘の最中に紛れ込んでおり、ウルトラ4兄弟の変身からメビウスたちの勝利までの様子を見守っていたとされている。

企画経緯[編集]

元々はテレビシリーズが制作される以前、ウルトラ兄弟を復活させる企画で進められ、「地球で人間として生活するウルトラ兄弟の子どもたちがその力と使命を受け継いでいく」という内容だったが、『メビウス』と連動した内容に変更された[2]

初期の企画段階では、敵は宇宙人連合ではなく怪獣軍団という案もあったが、『メビウス』の前番組『ウルトラマンマックス』で昭和の怪獣が多数登場したため、宇宙人連合に変更された[2][3]。この頃には酉澤安施によるベムスターのデザインが起こされている[4][5]ボスは『ウルトラマンゼアス』に登場したベンゼン星人で、神戸に縁のあるキングジョーの登場が考えられていた。[要出典]

全体的なイメージとして『ウルトラマンタロウ』でウルトラ兄弟が共演した第33話「ウルトラの国 大爆発5秒前!」第と34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」が意識されている[2]。当初、ウルトラマンタロウ=東光太郎も「水族館で学芸員として勤務する」という設定で登場予定だったが、オリジナルキャストである篠田三郎が出演しなかったため[6]、実現されなかった。代わりに「タロウは光の国で教官として活躍中でメビウスも教え子の1人」という設定が作られ、これがTVシリーズにも導入された。

神戸市全面協力のもと、阪神大震災復興10周年として神戸を舞台に撮影される予定だった『ULTRAMAN2 requiem』が制作中止となったため、そのお詫びという意味も含めて本作では神戸を舞台にしている。撮影が行われた主な場所は、神戸空港六甲山牧場神戸ポートピアランド(2006年3月31日閉園)、神戸市立須磨海浜水族園、ポートアイランド住友倉庫など。

制作関連[編集]

  • 公開はテレビシリーズ第24話と同日であったが、撮影はテレビシリーズよりも前に開始しており、五十嵐隼士にとっては本作品がヒビノ・ミライ役としての初演技であった[7]。他のGUYSクルーの登場シーンはテレビシリーズ第1話・第2話の後に撮影された[8]
  • 原点回帰を意識し、初代ウルトラマンのスーツは多く使用されているCタイプ(ゾフィーやジャックに近い造型)ではなく、Aタイプ(『ウルトラマン』放送初期の造型)をイメージしたものになった[8]。後のTVシリーズ客演時ではCタイプとなったが、映画続編の『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では本作と同じスーツが使用された。
  • セブンの変身プロセスにはモロボシ・ダンの姿が挿入されるため、過去の映像では整合性が取れず、セブンだけ新たに撮影すると他の兄弟との違和感が生じることから、4兄弟の変身・巨大化カットはすべて新撮された。小中和哉によると、光学合成用の下絵の一部(ジャックの変身時やタロウのストリウム光線発射時など)は本放映時のものを用いている。
  • 戦闘シーンなどのウルトラマンの掛け声(効果音)は、メビウスの五十嵐隼士とセブンの森次晃嗣を除き、当時の物が使用されているが、エースの声は当時声優を務めた納谷悟朗の音声が使用されず、初代マンの声及び、それを加工したものが使用された。テレビシリーズ第44話や『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、ライブラリの納谷の声が使用されている。
  • 黒部、森次、団、高峰の4人は、スタッフや他のキャストから「ダンディー4」と呼ばれていた。久々に揃っての共演が嬉しかったのか、ロケの2週間は毎晩朝まで4人で飲み明かし、それでも撮影時は完璧な演技をすることから、周囲からは「変身前から既にウルトラマン」と言われた。再び4人が出演した次作『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の宣伝媒体でも、「ダンディー4」の呼称が使用されている。

ストーリー[編集]

ウルトラマンメビウスが地球に降り立つ20年前のこと。ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースのウルトラ4兄弟は、異次元人ヤプールの怨念の集結した究極超獣Uキラーザウルスの地球侵攻を阻止する為、月面で激しい戦いを繰り広げていた。

苦闘の末に4兄弟は、Uキラーザウルスを神戸港沖へと沈め、自分たちの光エネルギーの大半を使い果たす大技ファイナル・クロスシールドによってヤプールの怨念を封印する。そのため4兄弟は変身能力を失ってしまったが、愛する地球にとどまって地球人の姿で生活を始め、そのかたわらで封印を監視し続けていた。

そして現在。神戸港における異変を察知し、調査のため現地へ赴いたウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライは、海洋科学者のジングウジ・アヤとその弟・タカトと出会う。タカトはかつてウルトラマンやGUYSに憧れていたが、3ヶ月前に怪獣に遭遇した際、愛犬を助けられなかった事に対する自責の念から、自らその夢を捨てていた。

タカトが塞ぎ込んだ事には自分にも責任があると考え、彼の心を救う決意をするミライ。そこへハヤタたちウルトラ4兄弟が現れ、自分達ウルトラマンは神ではないと諭した。

しかしこの時、地球侵略とヤプール復活を企てる宇宙人連合の魔の手が彼らに忍び寄っていた。

登場人物[編集]

※テレビシリーズにもレギュラーで登場する人物については別項を参照。

ジングウジ・アヤ
わずか14歳でGUYSのライセンスを取得した天才海洋学者。年齢22歳。姓の漢字表記は「神宮寺」。塞ぎ込んでいるタカトを心配していた。
『ウルトラマンメビウス』
TVシリーズ第43・44話に登場。タケナカ最高総議長の孫娘という事が判明する。タケナカ同様、サコミズを「サコっち」と呼ぶ。本来は16歳以上でないと取得できないGUYSライセンスを例外的に14歳で取得している。
劇場版での一件からミライの正体に気付き、それを確かめるためにフェニックスネストを訪れる。ヤプールの罠に落ちた時も冷静かつ毅然とした態度を取り、ヒルカワの非情な暴行からミライを庇ったり、ヤプールに付け入られそうになったミライを信じて励ますことで、人間への失望感を抱きかけていたミライの心を救った。
ジングウジ・タカト
アヤの弟。GUYSやウルトラマンに憧れていたが、3ヶ月前にケルビムと遭遇した際にすくみあがって愛犬アルトを助けられなかった事にショックを受け、自責の念からかつての明るさを失って塞ぎ込んでいたが……。
広川
水族園の学芸員。忙しいアヤの代わりにタカトの面倒を見ている。
エンドロールやその他広報資料では「広川さん」と表記されているが、劇中の小道具である神戸海洋環境センターSTAFF CARDでは「広川 正義」と表記されている。
企画初期は前述の東光太郎(ウルトラマンタロウ)が務める予定だった。
ポートライナー助役コウダ & 神戸市長松永 & 市長秘書ミドリカワ
ポートライナー神戸空港直通線の試運転の最中、ニセメビウスに襲われる神戸市職員3人組。
3人とも、平成ウルトラシリーズ『ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマンネクサス』のレギュラーキャラを捩った名前で、役者も本人が出演ししており、市長の携帯の着メロは『ウルトラマンネクサス』のナイトレイダーのテーマ曲である。

登場ウルトラマン[編集]

詳しくはリンク先を参照

登場怪獣・宇宙人[編集]

ヤプール関連[編集]

異次元人 ヤプール
究極超獣 Uキラーザウルス
身長:79m
体重:8万2千t
20年前に異次元人ヤプールが作り出した究極の超獣で、ヤプールの怨念の集合体。ウルトラ兄弟との戦いで瀕死となったヤプールが彼らに対抗するため生み出した。目の部分にはヤプールの魂が宿っており、一心同体に近い形となる。
武器は4本の巨大な触手や、背中から肩にかけて生えたトゲミサイル「ザウルス・スティンガー」、肩から胸にかけての発光体から放つ白熱光「テリブルフラッシャー」。背中の生体バーニアで高速飛行もできる。
月面でウルトラ4兄弟と対決して苦戦させ、戦いの末に4兄弟の必殺光線を受けて神戸沖に落下するが、それでもなお強力なマイナスエネルギーを発していたため、4兄弟のファイナル・クロスシールドで封印された。
  • デザインは、酉澤安施・奥山潔・友杉達也の3人でコンペが行われ、最終的に酉澤がそれぞれのアイデアをまとめた決定稿を描いた[4][8]。デザインモチーフは『ウルトラマンA』に登場したエースキラー[10]、頭部や体色などを意識している[4][5]。デザイン画にも「エースキラー ゴリラタイプ」と書かれている[4][5]。当初はオリジナルの鳥獣としてデザインされていたが、スタッフの要望によりエースキラーの要素が加えられた[11]。プロデューサーの鈴木清の要望により多人数で戦うウルトラマンがいじめっ子に見えないよう大きく見せることを意図しており、一人用のスーツだが肩を大きくすることで上半身にボリュームを持たせている[5]。名前の「U」とはウルトラ(ULTRA)の意であり、ウルトラ兄弟抹殺の意味が込められている。
  • データカードダス「大怪獣バトルRR」6-050スーパーレア「Uキラーザウルス」のカードには、「他の超獣の戦力も増幅される」との文献がある。
  • 雑誌企画『ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー』てれびくん版には、同系統の超獣であるゼロキラーザウルスが登場している。
究極巨大超獣 Uキラーザウルス・ネオ
身長:303m
体重:42万9千t
宇宙人連合の手でマイナスに変換されたウルトラ4兄弟の光エネルギーにより、ファイナル・クロスシールドが破られたことで、Uキラーザウルスが復活した姿。封印されていた20年の間に怨念を蓄えてパワーアップしており、二足歩行だった下半身は巨大化して6本足の昆虫のようなものとなっている。
復活前は4本だった触手は6本に増え(設定では、この触手の一本一本が通常の超獣を凌駕する力を持つ)、その爪先から放つ赤い電撃ビーム「フィーラーショック」、目からのビーム「キラーアイレイ」、全身の突起「キラー・ウォーヘッド」から発する生体ミサイル、下方向から敵を狙い撃つ光線「ダイナマイト・イレイサー」、腹部から放ち獲物を数km先まで消滅させる破壊光線「ザウルス・フルバースト」など全身が武器となっている。
復活直後はウルトラ4兄弟とメビウスを苦しめるが、タロウとゾフィーの出現により形勢が逆転し、ウルトラ兄弟の必殺技で触手を斬り飛ばされる。しかし、捕らえて額の赤い部分に宿したアヤを人質とすることで、再度メビウスたちを追い詰め、「ザウルス・フルバースト」でメビウスたちを吹き飛ばそうとするが、最期はメビウスにウルトラ6兄弟が合体したメビウスインフィニティーのコスモミラクルアタックを受け、灰化して崩れ去る。同時に一心同体となっていたヤプールも消滅し、アヤも救出された。
  • デザインは酉澤安施による上部と友杉達也による下部を合わせて友杉が決定稿を描いた[4][5][10]。全体的に魚介類のイメージが取り入れられている[4]。検討稿ではスーツアクターが二人羽織で入るケンタウロス型のものや、背中から増加部分が伸びるものなどもあったが、Uキラーザウルスのスーツがそのまま使えるよう下方に伸びる形となった[5]
  • 大決戦!超ウルトラ8兄弟』では本作の映像の流用で、ダイゴの夢に登場している。
プラズマキラーザウルス
大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場する超巨大プラズマ怪獣。通常のプラズマ怪獣とは比較にならないほど大量のプラズマソウルを有し(マグナ曰く「ちょっと削っただけでも普通のプラズマ怪獣何十体分」)、全身の大部分がプラズマソウルと化している。
初登場は劇場版「VEROKRON hunting」で、終盤にて爆発した惑星の中から目覚め、プラズマギャラクシー中にプラズマソウルを大量にばらまきながら飛び去った。その後、テレビ版「PLASMA KILLAR ZAURUS hunting」ではラッシュハンターズがハンターステーションへの転送失敗により転送された浮遊惑星にて姿を現し、ラッシュハンターズに襲いかかる。
アーケード版でもウルトラ大集結!後編にてボス怪獣として登場。

宇宙人連合[編集]

幾度となくウルトラ兄弟を苦しめた宇宙人たちの同族による集団。地球侵略とUキラーザウルスの復活を目的とする。

その他[編集]

宇宙凶険怪獣 ケルビム
回想シーンに登場。『メビウス』TV本編第20話に登場したケルビムと同一の個体。メビウスと戦う直前にタカトを襲い、愛犬アルトに怪我を負わせた。以来、タカトのトラウマの原因になっている。
  • 『メビウス』本編とは鳴き声が異なっている。
  • 台本では「タカトのトラウマ怪獣」と表記されている。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌
「未来」
作詞 - MIKURO /作曲 - 和也 / 編曲 - 京田誠一 / 歌 - KIYOSHI
挿入歌
「believe〜あきらめないで〜」
作詞 - MIKURO / 作曲 - 藤井宏一 / 編曲 - 亀山耕一郎 / 歌 - KIYOSHI

漫画版[編集]

たくま朋正
角川書店の漫画雑誌『特撮エース』に掲載。後に増補加筆版が同じく角川書店より発売された「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 MOVIE GUIDE BOOK」に収録された。
内山まもる
「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟超全集(小学館刊)」に収録。

映像ソフト化[編集]

2007年1月26日発売。発売・販売元はバンダイビジュアル

  • ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • TVスポット集
      • PV
      • デジタルギャラリー
    • 封入特典
      • 作品解説書(8P)
  • ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 メモリアルボックス(DVD2枚組、初回限定生産)
    • ディスク1:本編DVD
      • 映像特典:通常版と同様
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(監督・特技監督:小中和哉×脚本:長谷川圭一×CGI監督:板野一郎×ガイド:切通理作)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • キャストインタビュー
      • ウルトラマン☆トレイン
      • 未公開映像集
      • フルサイズパーティーシーン
    • 封入特典
      • 絵コンテ集(344P)
      • レプリカ台本(126P)
      • 作品解説書(通常版と同様)
    • 特製アウターケース付き

テレビ放送[編集]

2013年2月20日から3月20日まで、TXNウルトラマン列伝』において5回にわけ分割放送され、新規映像としてゾフィーが本映画の解説を行っている。

関連イベント[編集]

東急9000系ウルトラマントレイン

映画公開のタイアップ企画として、東京急行電鉄では2006年7月15日から8月31日まで「ウルトラマン☆スタンプラリー」が開催された[13]。またこれにあわせて東急9000系が「ウルトラマン☆トレイン」として、東横線みなとみらい線渋谷駅-横浜駅-元町・中華街駅間で運行された[13]。2006年7月17日には劇場版メインキャストによるイベントが催され、東横線・渋谷駅での出発式ののち、ウルトラマントレインに乗車して終点までの間に車内での記者会見や撮影会が行われた[13]

脚注[編集]

  1. ^ テレビシリーズでは、セブンは円盤生物の襲撃によって消息不明となり、タロウは一人の人間として地球で旅をしていた。
  2. ^ a b c 超全集 2006, pp. 58-59, 「小中和哉(監督)×長谷川圭一(脚本)ウルトラ対談」
  3. ^ 『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』より
  4. ^ a b c d e f g 超全集 2006, pp. 63-65, 「THE ART OF ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」
  5. ^ a b c d e f g アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 63, 「PRODUCT DESIGN ウルトラマンメビウス アートワークス」
  6. ^ 黒部は本作のメイキング映像(DVDメモリアルボックス特典映像)、森次はラジオ番組で、このことを残念がっていた。
  7. ^ 超全集 2006, p. 59, 「五十嵐隼士(ヒビノミライ)インタビュー」.
  8. ^ a b c アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 78, 「ウルトラマンメビウス白書 小中和哉
  9. ^ a b 映画のエンドロールや公式サイトなどのクレジットでは「ハヤタ」のみの表記であるが、劇中の小道具である神戸空港制限区域立入証では「ハヤタ・シン」と表記されている。
  10. ^ a b 宇宙船YEAR BOOK 2007』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、31頁。ISBN 978-4-257-13096-3
  11. ^ 『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟超全集』では長谷川の、『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』では小中の要望とそれぞれ記載している[4][5]
  12. ^ 声グラスペシャルDVD2006の企画で直接頼み込んでの出演。
  13. ^ a b c アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 92, 「Another Mebius World 「ウルトラマン☆トレイン」が走ってゆく!」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]