ピストン西沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぴすとん にしざわ
ピストン 西沢
生誕 1964年9月2日(49歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 成城大学 中退
職業 DJミュージシャン
ラジオパーソナリティ
配偶者 独身[1]

ピストン 西沢(ピストン にしざわ、1964年9月2日[2][1] - )は、日本ディスクジョッキー(DJ)、ミュージシャンラジオパーソナリティである。本名、西澤 健(にしざわ けん)。

愛称は、「ピス」、「ピス兄(ピスにい)」「ピスちゃん」など。座右の銘は、「他力本願」。

来歴[編集]

東京都目黒区祐天寺出身。成城大学経済学部中退。大学在学中からクラブDJを始め、ダンスミュージックやリミックスを多数手がける。

その後、DJ.ICHIRO名義で「ダンス☆マン&ザ・バンド☆マン」のリーダーとして活動。横浜のDISCO PLAZA CIRCUSでもDJをしていた。

音楽活動[編集]

モーニング娘。(『LOVEマシーン』『恋のダンスサイト』など)を始め様々な歌手の楽曲を多数再編曲しており、ピストン西沢名義でもネオンパーク『用がなければ帰ります』(1996年)、Valerie B.『Don't You Wanna Party?』(1998年)、広瀬香美『More More Love Winters』(2000年)など、これまでに数多くの作品にリミキサーとして参加している。

1998年にはゲーム 『Biohazard 2』のリミックスアルバムである『Biohazard 2 ReMix 〜met@morPhoses〜』を制作。2005年には綾小路きみまろ漫談トランスをリミックスしたアルバム『きみまろトランス』で楽曲提供とリミックスを行い、第47回日本レコード大賞で企画賞を受賞した。

また、2006年5月には福山雅治の楽曲(Heart・PaPaPa・桜坂~featuring WISE・HEAVEN・IT’S ONLY LOVE・Dear・you・Good night・恋人・HELLO・Message・Peach!!・Like A Hurricane)を西沢がリミックスした企画アルバム『ANOTHER WORKS』が発売され、オリコンアルバムチャート初登場2位を記録。HEAVEN・Dearには、秀島史香がナレーションで参加している。

これらの他にも、当時のJ-WAVEナビゲーターが多数参加するTechnotronic『Get Up!』のリミックスやSKOOP(現在のSkoop On Somebody)『壊したい』の「GROOVE LINE Mix」(HMV渋谷で店頭配布)などがある。

2010年4月には「柄沢怜奈とお兄ちゃん」の「チンチンポンポン」というカバー楽曲にお兄ちゃんとして参加し、ボーカルを務めた。この楽曲ではプロデュースの他、リミックスもピストンが行った。

ラジオ[編集]

TOKIO HOT 100 (J-WAVE) やハマラジ(現FMヨコハマ)でディレクターとして仕事をしていたが、個性的なキャラクターとトークの器用さから1994年からナビゲーター(パーソナリティ)として番組に出演するようになる。1997年10月から平日夕方のTHE VILLAGE Part2(火~金曜)を担当、1998年以降は同時間帯のGROOVE LINEのナビゲーターとして現在に至る。同番組ではリスナーの投稿を元に、秀島史香とのツインナビゲートでノンストップトークを展開、またMix Machineコーナーでは即興であらゆるジャンルの楽曲をDJミックスしている。同番組は2009年9月まで公開生放送だったが、平日夕方のしかも衆人環視の公開生放送にも拘らず、観客いじりや下ネタを振ることが多かった。 また同番組内で「俺のwiki読んだけどデタラメでした。でも編集しません。」と発言している。 ちなみに横浜エフエム放送で仕事をしていたころの愛称が「ハマラジ」だったため、GROOVE LINEで話をするとき、「俺が"ハマラジ"で仕事をしていたとき…」という話し方をすることがある。第48回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞を受賞した[3]

モータースポーツ[編集]

好きとして知られ、自動車雑誌に新車評を寄稿する他、ベストモータリングでは本人自ら出演もしている。その関係もあり、土屋圭市鈴木亜久里片山右京川井一仁などのモータースポーツOB・関係者や伊藤大輔本山哲脇阪寿一を初めとするGTドライバーや今村陽一熊久保信重などのD1ドライバーとも親交があり、業界内では顔が広い。また、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を務めるほか、さらには、レーサーとしてインテグラレース(2003年には予選3位を獲得)やスーパー耐久などに参戦するなどしている(自らをプロのアマチュアレーサーと称している)。2005年11月20日にツインリンクもてぎにて行われたスーパー耐久シリーズ第8戦ではTUBEの松本玲二と共にST4クラスに参戦し、優勝。2007年はロータス・エリーゼのみのワンメイクレース、ロータスカップジャパンに参戦、全4戦中、3戦で優勝を飾った。

ハンバーガー[編集]

バーガーキングが日本に再上陸した時、国内1号店のグランドオープニングセレモニーにファン代表として登場した[4]

放送出演[編集]

現在の出演[編集]

2013年3月時点。

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画出演[編集]

放送制作[編集]

SONY MUSIC TV (Sony Music Access) で、音楽ディレクターを何度か勤めた。 また、かつてTOKIO HOT 100 (J-WAVE) のディレクターだった。当時のアシスタントディレクターは、後に山梨放送NACK5で活動することになるかかしバカボン鬼塚だった。同番組が1000回を迎えた2007年12月2日には記念に出演した[10]

また、かつてYOUGAKU-KINGDOM (J-WAVE) のプロデューサーだった。

雑誌連載[編集]

TOKYO1週間講談社)- ピストン西沢のようこそ「こぶとり食堂」

著書[編集]

ゲーム[編集]

DJboxソニー・コンピュータエンタテインメント)の開発に参加した。

音楽解説[編集]

映画『Undercover Brother』のサントラCDである『ディスコ・ブラザー Undercover Brother』の曲目解説を勤めた。

関連項目[編集]

  • SPOON - レーシングドライバーとして起用した企業。

脚注[編集]

  1. ^ a b 【HAPPYシングル】ピストン西沢「ネエちゃんの尻を追っかけ回してる」ゲンダイネット2009年12月15日
  2. ^ 公式には年齢不詳 『現代ネット』 2009年12月15日
  3. ^ 放送批評懇談会 - 第48回ギャラクシー賞入賞作品一覧
  4. ^ サッシャブログ » バーガーキング日本再上陸 -- www.doitsujapan.jp - Saschaブログ
  5. ^ a b 文化通信.com - J‐WAVEメディアプレゼン開催、「GROOVE LINE」4月再編
  6. ^ a b J-WAVE WEBSITE : PROMOTION SQUARE
  7. ^ SUNTORY SATURDAY WAITING BAR 2007年3月3日の放送
  8. ^ 放送後記 第116回(2009年6月27日)
  9. ^ NEWS”. 映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」公式サイト. 2011年9月22日閲覧。
  10. ^ J-WAVE WEBSITE : TOKIO HOT100
  11. ^ DJ BIBLE PISTON NISHIZAWA - Yahoo!オークション

外部リンク[編集]