矢島信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

矢島 信男(やじま のぶお、1928年7月24日 - )は、日本特撮監督埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。特撮研究所会長。

経歴[編集]

松竹に入社[編集]

1949年東京物理学校理化学科を卒業し、松竹へと入社。同社の大船撮影所に配属される。新入当時は編集から現像、果ては直営館(浅草松竹)の窓口で切符のモギリに到るまで興行の流れを一通り体験した事が、後々のコスト感覚に優れた演出への貴重な礎となって行く。早くから劇場映画のカラー化に興味を持っていた事と、ジョン・フォード監督の『ハリケーン』という作品を観た事から特殊技術にも興味を持ち始め、松竹大船撮影所の特殊技術課において撮影監督を務めていた、川上景司への師事を選択する。

川上が特殊技術を担った日仏合作映画の『忘れ得ぬ慕情』において、助監督を務めていた矢島は撮影合成などの職務を通じて、フランス流の編集技術にも関心を抱くようになる。松竹時代には敗戦後の公職追放によって東宝を離れていた円谷英二が顧問として在籍しており、後にウルトラマンのデザインを手掛ける成田亨も『忘れ得ぬ慕情』の特殊技術を手伝っていた関係から、公私における彼等との付き合いもこの頃から始まっていたようだ。 なお、カラー時代の松竹マーク(映画が始まる前の会社マークの映像)は矢島の制作したものである。

東映へ移籍[編集]

1959年には、東映大川博社長からの誘いもあって松竹を退社。松竹特殊技術課の縮小に伴い不要となっていたエリアルイメージ合成機を手土産に、矢島は東映東京撮影所へと移籍する。同撮影所内に設立されたばかりの特殊技術課は、課長の小西昌三が予算管理などの職務を担当しており、撮影監督は松竹出身の矢島と新東宝出身の上村貞夫の二名のみ。技術スタッフも美術の成田亨や合成の山田孝など、必要最小限なチーフ担当者以外には、助手が数名ほどの規模であった。同時期の東宝特殊技術課とは比較にならないほどの、少ない人材と予算編成を強いられながらも量産期の東映作品において、矢島と上村の二大エースは多くの特殊技術を手掛けることになる。

特に矢島は松竹時代の経験も活かして、絵コンテを用いた独自の撮影方法をこの時期に考案。現場のセッティングを変えないまま、可能な限りのカットをまとめ撮りする事で撮影期間を短縮し、編集によって映像の流れを組み立てて行く演出はコストパフォーマンスの高さもあって、後の円谷プロダクションにおける仕事でも重宝される存在となった。

特撮研究所の設立[編集]

1965年、映画界の斜陽に伴うリストラを見越し、株式会社特撮研究所を設立する。

1967年の『ジャイアントロボ』では、強化ガラスの上で格闘を演じさせ、真下からの仰角で撮影したり、ロボの両足越しに敵怪獣を撮るなどの、斬新な撮影手法を次々発案。1969年頃までは東映特殊技術課に協力する形でテレビシリーズを主に手掛けて行く。因みに、当時の矢島は劇場映画の『海底大戦争』において、武庫透の名で特殊美術を担当していた成田亨から『マイティジャック』の仕事を誘われたものの、東映との契約を優先した矢島は成田からの誘いを断ったそうだ。

1970年になるとテレビの仕事も途絶えてしまったことから、矢島は特撮研究所を率いて東映から独立。フリーとなった矢島はピープロダクションによる『宇宙猿人ゴリ』の制作を聞きつけるや、同プロ社長の鷺巣富雄に売り込みをかけて、特撮研究所も含めた契約を成立させる。過去の設立時における、東映との出資関係を考慮してか特撮研究所の表記はなかったものの、『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』から参加した矢島の特撮演出は概ね好評を博した。海外における放送でも特に第32話・33話のスペクタクル場面は、アメリカ合衆国ではフィルムを35ミリへとブローアップさせて劇場公開するほどの人気を呼んだ。なお過去に矢島が演出した『ジャイアントロボ』もアメリカでは根強い人気があり、後の『アイアン・ジャイアント』などにも多大な影響が見られる。

スペクトルマン』の終了後、フジテレビ側の担当プロデューサーであった別所孝治からの紹介で、放送中の『ミラーマン』へと参加。ところが『ミラーマン』を制作していた円谷プロダクションでは、自社内に多くの特撮スタッフを抱えていたことから、特撮研究所の入りこむ余地は無かったのである。それ故に、円谷プロとは個人契約という形を選択することで、矢島は特殊技術(1974年からは特撮監督)という名の仕事を4年間にわたって引受けることになった。予算にも恵まれて充実した仕事ではあったものの、円谷プロの特撮監督という印象がこの時期に定着したことで、同時期の『人造人間キカイダー』以降における東映作品では五社協定時代から続く暗黙の掟に基づいて、特撮スタッフの表記から矢島の名が除外される措置を招いたという指摘もある。

東映における特撮監督の認定[編集]

劇場映画『宇宙からのメッセージ』を機に、東映でも「特撮監督 矢島信男」の表記は解禁されたものの、矢島が全話を演出した『宇宙からのメッセージ銀河大戦』は低視聴率で終了。逆に、初期の数話分しか演出できなかった『スパイダーマン』がそれなりに高視聴率を稼いだことから、以降のプロデューサーは矢島に対し、流用を目的とした映像のみを発注する方針へと発想を切り替えた。

『スパイダーマン』の成功例を継承した『バトルフィーバーJ』からは、初期の数話分において流用目的の映像を特撮監督がまとめ撮りし、現場のアクション監督にその後の演出を任せるといった制作方針が定着。1980年以降の東映では「特撮監督=ミニチュア演出」「アクション監督=着ぐるみ演出」という役割分担が作品数を重ねる毎に明確になって行き、この時期における矢島演出はコマーシャルフィルムである事を楽しんでいるかのような、ミニチュア撮影への様々な工夫が印象に残る。

1990年代からは佛田洋尾上克郎といった愛弟子達に特撮監督の座を譲り、監修的な立場に移行。

2006年には、第4回文化庁映画賞・映画功労表彰を受賞。

2008年制作の『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』の陣中見舞いにも訪れ、スタッフに感激されている。(2008年、宇宙船、8月号より)

2011年日本アカデミー賞・協会特別賞を受賞

2013年10月に同年7月に死去した平山亨のお別れの会で弔辞を述べる予定だったが体調不良のため出席を見送った[1]

松竹時代におけるアルバイト作品[編集]

テレビシリーズ
※無許可の仕事であったことから、後に訓戒処分を受ける。

東映特殊技術課における演出作品[編集]

劇場映画[編集]

この時期の作品はクレジットに矢島の名前が出ない物が多い。

テレビシリーズ[編集]

1965年以降は特撮研究所も技術協力。他にも『キイハンター』や『プレイガール』などの作品を時折、無表記で演出していた。

※『仮面の忍者 赤影』(1967 - 1968年)では、忍者が忍術で竜巻を起こすというシーンを撮影する際、京都のスタッフが竜巻を特撮で表現することに難航していたため、プロデューサーの平山亨を通して矢島に相談があり、矢島は「真綿を竜巻の形にしてモーターで回転させる(そのうえで、回転する真綿に下から砂埃をふきつける)」というアイデアを提供したこともあった。

特撮研究所における演出作品[編集]

劇場映画[編集]

1976年頃には佐藤肇監督と組んで『デビル・マンタ』という怪獣映画の企画を進めるが、この企画は翌年の『スター・ウォーズ』ブームによって『宇宙からのメッセージ』へと変更された。

1979年には『復活の日』の企画に関わり、南極大陸へのロケハンにも参加する予定であったが実現に到らず。

1980年には、東映東京撮影所が制作を予定していた地震映画の企画にも関わっているが、こちらは翌年に企画が頓挫している。

※下記作品のテレビシリーズの劇場版も担当。

テレビシリーズ[編集]

※他にも東映京都撮影所における仕事の際には『銭形平次』などの作品を時折、無表記または特撮監督名義『同左・第713話「大江戸大地震」』で演出していた。

テレフィーチャー[編集]

オリジナルビデオ[編集]

個人契約における演出作品[編集]

テレビシリーズ

脚注[編集]

  1. ^ 「さようなら、泣き虫プロデューサー 故平山亨を「偲ぶ会」列席リポート」、『宇宙船』vol.143、ホビージャパン2013年12月28日、 125頁、 ISBN 978-4-7986-0727-6
  2. ^ 矢島の名前はノンクレジット(特撮研究所のスタッフはクレジットされている)
  3. ^ 矢島を含む日本側の特撮スタッフは「里見八犬伝の特撮スタッフ」としてクレジットされ個人名はクレジットされていない。
  4. ^ 「矢島企画」としてクレジット。15話まで。

参考文献[編集]

  • DVDウルトラマンレオ Vol.2 付属ライナーノーツ発売元:株式会社デジタルウルトラプロジェクト
  • DVD海底大戦争 付属ライナーノーツ発売:東映ビデオ株式会社
  • 特撮と怪獣 わが造形美術著:成田亨、発行:フィルムアート社
  • 巨大特撮大全集発行:講談社
  • マンガ少年別冊 すばらしき特撮映像の世界
  • 季刊宇宙船vol.2&4発行:朝日ソノラマ
  • 東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界編:安藤幹夫、発行:双葉社
  • 東映ヒーローMAX Vol.35(『仮面の世界』インタビュー)

関連項目[編集]