佐伯清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐伯 清(さえき きよし、1914年9月19日 - 2002年7月16日)は、愛媛県生まれの映画監督である。代表作は昭和残侠伝シリーズ

来歴・人物[編集]

同郷の伊丹万作を頼り、片岡千恵蔵片岡千恵蔵プロダクションに入る。1935年(昭和10年)、『戦国奇譚 気まぐれ冠者』で初めて助監督のクレジットが入る。日活太秦撮影所新興キネマを経て東宝映画へ移籍した。

1945年(昭和20年)1月、榎本健一 の『天晴れ一心太助』で監督デビュー。東宝争議をきっかけに新東宝へ、1952年(昭和27年)に東映へ。主に東映京都撮影所で時代劇を撮るが、1958年(昭和33年)以降は東映東京撮影所での現代劇が中心となる。プログラム・ピクチャーの監督として、バラエティーに富んだ作品を数多く残している。

1965年(昭和40年)、高倉健主演の『昭和残侠伝』を演出。その後も数々の仁侠映画を生み出す。1972年(昭和47年)12月30日に封切られた『昭和残侠伝 破れ傘』が、劇場用映画最後の作品となった。

作品[編集]

外部リンク[編集]