キャプテンウルトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャプテンウルトラ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1967年4月16日 - 9月24日(24回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 中田博久
オープニング 「キャプテンウルトラ」
「宇宙マーチ」
テンプレートを表示

宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ』は、1967年(昭和42年)4月16日-9月24日まで、TBSの「ウルトラシリーズ」第3弾として、日曜日19:00-19:30枠にて全24話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および同作主人公の名前である。

概要[編集]

TBSが「ウルトラシリーズ第3弾」として、また東映が「宇宙特撮シリーズ」として制作した国産初の本格スペースオペラ作品である。本作の企画のきっかけは東映の渡邊亮徳SFマガジンで『キャプテンフューチャー』の記事を読んだのがきっかけである。タイトルも『キャプテンフューチャー』が由来である[1][2]

1966年(昭和41年)初頭からTBSのタケダアワーで放映開始された円谷特技プロダクション制作の「空想特撮シリーズ」、『ウルトラQ』、『ウルトラマン』は、高視聴率を獲得し、日本全国に爆発的な『怪獣ブーム』を巻き起こした。しかし、円谷特技プロダクション側では『ウルトラマン』の制作が次第に追いつかなくなり、やむなく放送打ち切りを余儀なくされた。この放送枠を単独提供していた武田薬品工業およびTBSは、ウルトラシリーズの続行を熱望。

これに対し、前年から本格的にTV特撮番組への参入を目論んでいた東映側では、大川博東映社長から資本提携下にあるNET(現:テレビ朝日)以外の局での番組枠獲得が厳命されていた。これを受け、渡邊亮徳と植田泰治プロデューサーによって「円谷特撮と東映特撮の違い」という企画論文が起こされ、これを番組仮名『宇宙大戦争』とし、TBSに持ち込んでの積極的なセールスが行われた[3][2]。これを受けてTBSは、円谷特技プロの次回作準備が整うまでの半年間の契約で、新番組の製作を東映に依頼。こうして本作は、TBS「ウルトラシリーズ第3弾」として放送されることとなった。作品コンセプトは『ウルトラマン』の後続企画『ウルトラ警備隊』から引き継がれている[4]

TBSでは本作の放映開始に合わせ、『ウルトラマン』と『キャプテンウルトラ』の番組引継ぎパーティーを本社で開催した。この際、東映の平山亨プロデューサーは『ウルトラマン』でムラマツキャップを演じた小林昭二と会談の機会を持っており、このときに小林の人柄と子供番組に対する真摯な姿勢に強い感銘を受けたことが、のちに『仮面ライダー』で出演を持ちかけるきっかけになったと語っている。また、杉並公会堂においても公開型の引き継ぎイベントが行われている。

平山亨プロデューサーによれば、東映東京撮影所テレビ部初のカラー特撮番組の制作でもあり、スタッフは大変な意欲をもって制作に当たったという。TBSから支給された予算は、『ウルトラマン』と同額の1クール13本につき7000万円。しかし宇宙を舞台にしているため野外ロケが出来ず、毎回の惑星セットは大泉撮影所のスタジオをすべて確保して組まれていた。そのため、制作費は予算を大きく超えたという。

背景の宇宙空間は「明るい青色」に統一されているが、これについては平山プロデューサーと矢島特撮監督たちスタッフとの間で「黒」か「青」かで議論があったとのことである。当時のテレビ画面の小ささや、テレビ自体の普及度が、カラーよりも白黒が主体だったことなどを考慮して、白黒画面でも発色が明るく出る「青」に決まったという。

放映中の雑誌掲載権は小学館が獲得し、週刊少年サンデーなどで漫画版が連載されるなど、同社の子ども向け雑誌で盛んに記事が掲載された。同社の月刊児童誌でキャラクター人気投票が行われ、キケロ星人ジョーは子供たちに不人気との統計が出たため、2クール目での設定変更を機に降板となった。また、本放送中に番宣特番があった(「特集番組」の項を参照)。

平均視聴率は25.6%だった。 1967年4月23日放送の第2話では、最高視聴率32.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。普通ならば大ヒットと言えるが、前番組『ウルトラマン』が平均36.8%という驚異的な数字を獲得していたために、スポンサーの武田薬品側からクレームがつき、東映の平山亨プロデューサーはTBSの上層部から何度も叱責されたという。なお後番組『ウルトラセブン』の企画書(仮題「ウルトラアイ」の段階)には、放送開始が1967年10月15日と記述されており、『キャプテンウルトラ』は当初全26話を予定していた事が伺える。結局、2話分の短縮措置がとられ、セブンの放送開始は10月1日に繰り上がった。

本作は東映のTBS進出第一作であり[2]、新参の制作会社として厳しい扱いを受ける事が多かったものの、田原編成部員や担当プロデューサーの熊谷国雄から非常に高い評価を得た。そしてこの半年後、土曜夜9時枠でスタートする『キイハンター』を生み出すきっかけにもなった。

1967年(昭和42年)7月には松屋デパートで「ウルトラシリーズ第3弾・『キャプテンウルトラ』の怪獣七夕祭り」がTBSの主催によって開催され、怪獣の展示に合わせ、出演者のトークショーが行われた。当時の新聞は「アカネ隊員役の城野ゆきが子供たちに大人気で、ステージから引っ張り降ろされる騒ぎ」とその盛況ぶりを伝えている[5]。放送終了後も本作の人気は続き、主演の中田博久は、その後数年間のキャラクター巡業で、「番組で貰った以上のギャラを稼いだ」と述懐している。

ストーリー[編集]

舞台は21世紀後半。宇宙開発計画の発達によって地球は「宇宙開拓時代」を迎えた。しかし宇宙に進出した人類を待ち受ける未知の危険は絶えなかった。そこで宇宙ステーション「シルバースター」所属の宇宙警察パトロール隊が編成された。ひとたび特殊銃で救援信号があると、隊員・本郷武彦ことキャプテンウルトラは、キケロ星人のジョー、万能ロボットのハックと共に、宇宙船シュピーゲル号を駆ってバンデル星人や様々な怪獣たちと戦い続ける。

前半12話は「バンデル星人編」と銘打たれ、太陽系への移住をもくろむ宇宙人・バンデル星人との戦いを中心に展開した。登場する怪獣は3体のみ。第13話から路線の修正が行なわれ、「怪獣ぞくぞくシリーズ」がスタート。キャプテンたちが毎回登場する新怪獣と、これらの引き起こす怪現象に立ち向かうストーリー展開になった。

キケロ星人ジョーは前述の投票不人気に伴って小林が降板させられたため第12話で功を労われた上で宇宙船を与えられ、故郷の星へ帰った。第13話以後はアカネ隊員がシュピーゲル号に搭乗し、共に戦うようになった。これに伴い、番組冒頭のナレーションとともに、主題歌が「キャプテンウルトラ」から「宇宙マーチ」に変更されている。

最終回の花畑でのシーンは、特撮ヒーロー史上最も難解な最終回といわれるほど様々な解釈ができるものだった。中田博久によれば、出演者たちも意味がわからず「これって天国なの」と聞いたほどだったという。スタッフの説明によれば、ブラックホールを通り抜けた宇宙の果てには、天国のような素晴らしい世界が待っているかも知れないという暗示を込めたメッセージだったとのことである。

メカニック[編集]

シュピーゲル号
ムナトモ博士の設計による光速宇宙艇。全長50メートル、最高速度マッハ10。原子力、光子強力ロケットを装備。戦闘時には3機に分離するD3作戦を取る。レーザー砲、ミサイル、ワイヤーを装備。機体中央に位置するスリムな1号機はキャプテンが、銀色の瓦のような四角い形状をした2号機はジョー(後にアカネ隊員)が、2号機と同じ形状の3号機はハックが操縦する。
シュピーゲル号の「シュピーゲル」はドイツ語で「」を意味し、その名の通り銀色に輝く長方形の鏡を連想させる形状をしている。3機が分離・合体するシュピーゲル号の撮影用には、1メートル超のミニチュアが用意された。
シルバースター
宇宙ステーション。光線砲とバリヤーを装備。11話では太陽ビーム砲を装備した。

特撮・キャラクター[編集]

シュピーゲル号のデザインは「矢島特撮研究所」側で日大の学生らによって起こされ、撮影用のミニチュア模型は、郡司模型製作所によって製作された。三機に分離・合体するシュピーゲル号は、「合体メカ」の嚆矢でもある。特撮監督の矢島信男によると、この「分離・合体」の描写は、吊り下げた三つの機体を分離させるタイミングが難しく、数秒の分離シーンの撮影に、ほぼ3日を要したという。

湯浅憲明によると当時、登戸にオプチカル・プリンター(フィルム光学合成機器)の自家製海賊版を製作した会社があり、「大映ガメラシリーズの特撮に使わないか」と誘われたという。しかしスタジオが安普請のため、自動車が外を走るたびに合成画面に揺れが伝わる状態だった。このため湯浅は断ったが、この海賊版オプチカル・プリンターは本作で使われることとなった。実際に、劇中の合成画面は揺れが入ったものが多い[6]

主要登場人物[編集]

キャプテンウルトラ
主人公。本名・本郷武彦。25歳。少年宇宙学校パイオニアスクールの教官で、優れた頭脳と鍛えられた体を持つ。柔道6段、空手5段。
武器はミサイルも装着可能なウルトラレーザーガンと、短剣の宇宙剣。レーザーガンのケースはレンジャーケースと呼ばれ、物体透視スコープやワイヤー射出機能を持つ。背中にジェット噴射装置を背負って飛行する。12話からはヘルメット上部から放つ必殺光線ミラクルビームを装備するようになった。これはキャプテンの潜在能力をビームにするものであり、発射時にはヘルメットにも相当な負荷がかかり、被っている人間の命も危ない[7]。また13話では、シュピーゲル号のエネルギーをキャプテンに送り込み、キャプテンの目から光線を放つ必殺兵器ウルトラエネルギーマシンを使用し、ゴースラーを倒した。
ハック
500万馬力のロボット。腕をロケット砲に換装可能。頭部に言語翻訳機を備えている。11話でキャプテンと共に四次元空間に放り込まれた際、キャプテンはハックの部品を使用して四次元脱出装置ゼロタイマーを作っている。
キケロのジョー
幼少の頃、地球人に拾われて育てられたキケロ星人。体を丸めて岩のように変形する。その状態から貝殻のように小さくなる事も可能。レンジャーケースを携帯。第12話でバンデル星人との戦いが終わった後、キケロ星人が貝殻に変身できる秘密が入っているとされる鉱石をキャプテンに託し、母星へと帰った。
アカネ隊員
パイオニアスクールの教官を務める宇宙物理学者。20歳。ムナトモ博士の助手だが、キャプテン達と行動を共にする事も多い。変装が得意。光線銃を携帯。ジョー降板後はシュピーゲル号のクルーとなる。
ケンジ
パイオニアスクールの生徒。13歳。好奇心旺盛で、勝手な行動に出てキャプテンを困らせる事も多いが、彼の活躍で危機を乗り越えた事もある。最終話では無限研究会を立ち上げ、子供用ロケット・ガリバー号を開発していた。
ムナトモ博士
シルバースターの長官で、キャプテン達をサポートする科学者。50歳。

スタッフ[編集]

撮影:林迪雄、中村泰明、豊田収
合成:山田孝、星野行彦
操演:市倉正男、佐久間正光、水間正勝
美術:入野達弥、井上繁、窪野博明、吹野志雄
照明:大森康次、山本辰雄、酒井信雄、森沢淑明、橋本松之
怪獣技術:阿部洋士
プロデューサー:熊谷国雄(TBS)
操演用プロップ制作:郡司模型製作所
特殊美術・怪獣制作:エキスプロダクション

キャスト[編集]

  • キャプテンウルトラ(本郷武彦):中田博久
  • アカネ隊員:城野ゆき(第14話のみ登場せず)
  • キケロ星人ジョー:小林稔侍(第12話まで)
  • ハック:佐川二郎(着ぐるみのロボット。キケロのジョーの良き相棒。)
  • ケンジ:安中滋
  • ムナトモ博士:伊沢一郎(第13話のみ登場せず)

主題歌・挿入歌[編集]

いずれも作詞:長田紀生、作曲:冨田勲である。

一部のMADテープに全編が収録されているものがある。
  • 挿入歌・主題歌 (13-26話)「宇宙マーチ」 歌:ボーカル・ショップ ※ 内閣総理大臣賞
  • 挿入歌 「ハックとジョー」 歌:熊倉一雄川久保潔

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場怪獣他 脚本 監督 特殊技術 放送日
1 バンデル星人襲来す
(怪星獣バンデラーあらわる[9]
バンデラー 高久進 佐藤肇 矢島信男 1967年
4月16日
2 宇宙ステーション危機一発
(怪星ロケットギンダーあらわる)
ギンダー 長田紀生 4月23日
3 磁石怪獣
ガルバンあらわる
ガルバン 高久進 加島昭 4月30日
4 原始怪獣
ブルコングあらわる
ブルコング 長田紀生 5月7日
5 バンデル巨人
あらわる!!
バンデル巨人 高久進 竹本弘一 小川康男 5月14日
6 怪兵器
ゲバードあらわる
ゲバード 石津嵐
山田稔
山田稔 矢島信男 5月21日
7 原始怪獣
ブルコングの逆襲
ブルコング 長田紀生 5月28日
8 二大怪獣
火星都市にあらわる
改造バンデラー
ガルバン
高久進 加島昭 小川康男 6月4日
9 怪生物
バンデルエッグ
あらわる
バンデルエッグ 鈴木良武
伊東恒久
6月11日
10 スパイロケット
ワルダー
あらわる!!
ワルダー 辻真先 竹本弘一 6月18日
11 四次元衛星
ノズラー
あらわる
ノズラー 長田紀生 田口勝彦 矢島信男 6月25日
12 バンデル星人を
撃滅せよ
バンデル星人 高久進 竹本弘一 小川康男 7月2日
13 まぼろし怪獣
ゴースラー
あらわる!!
ゴースラー 大津皓一 佐藤肇 矢島信男 7月9日
14 金属人間
メタリノーム
あらわる!!
メタリノーム 加井嘉 7月16日
15 コメット怪獣
ジャイアンあらわる
ジャイアン 長田紀生
山崎充朗
竹本弘一 小川康男 7月23日
16 雷雨怪獣
アメゴン
あらわる!!
宇宙原人
アメゴン
高久進 田口勝彦 7月30日
17 合成怪獣
バクトン
あらわる!!
バクトン 井口達
山崎充朗
8月6日
18 ゆうれい怪獣
キュドラ
あらわる
分身キュドラ
キュドラ
長田紀生 富田義治 上村貞夫 8月13日
19 神話怪獣
ウルゴン
あらわる!!
ウルゴン 金子武郎 8月20日
20 スペクトル怪獣
シャモラー
あらわる!!
シャモラー 高久進 田口勝彦 小川康男 8月27日
21 電波怪物
ラジゴン星人
あらわる!!
ラジゴン星人 井口達 9月3日
22 怪獣軍団
あらわる!!
メタリノーム
ゴースラー
キュドラ
アメゴン
ウルゴン
シャモラー
高久進 山田稔 上村貞夫 9月10日
23 くたばれ
怪獣軍団!!
メタリノーム
ゴースラー
キュドラ
分身キュドラ
シャモラー
9月17日
24 行け! キャプテン
宇宙をこえて
プロメザウルスの化石 加井嘉 佐藤肇 矢島信男 9月24日

劇場版[編集]

キャプテンウルトラ(1967年7月21日公開)
第2話と第5話の再編集版。
「オールカラーで!東映まんがまつり」の一篇で、同時上映は『ひょっこりひょうたん島』(東映動画制作による長編アニメ映画版)、『黄金バット』(第一動画)、『魔法使いサリー』(東映動画)だった。

特集番組[編集]

  • 土曜パートナー「キャプテンウルトラと怪獣」 TBS系 1967(昭和42)年4月27日(土) 8:00~9:00
    • 出演:中田博久、城野ゆき

漫画版[編集]

敵役としてバンデル星人が登場するのはテレビ版と同じだが、内容は大きく異なる。怪獣はあまり登場せず、キャプテンウルトラやキケロのジョー、ハックたちとバンデル星人との科学力や体力による戦いを中心に描かれ、テレビのような1話完結ではなく連続物の様式を取った。ハックは銅の塊を食べると怪力を出す、などの独自の設定もあった。終盤になって、ブルコングやガメーその他バンデル星人の操る怪獣が一度に現われ、決戦となって、キャプテンウルトラたちは反物質を用いた爆弾でバンデル星人を滅ぼす。
バンデル星人が撲滅された後、最後の数話は、やはり地球侵略を狙う宇宙人のバルカン星人が、宇宙刑務所に収監されていた凶悪な科学者と殺人狂の囚人2人を操って侵略の手先とする話で、ハックの活躍でバルカン星人は倒され、囚人たちは改心した。
キケロのジョーは連載の最後まで登場し活躍した。
  • よいこ 1967年6月号から9月号まで連載。作画は井上英沖
  • 幼稚園 1967年5月号から11月号まで連載。作画は中城けんたろう
  • 小学一年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は井上英沖。
  • 小学二年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は静岡けんじ
  • 小学三年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は 馬場秀夫
  • 小学四年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は井上英沖。
  • 小学五年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は江波譲二
  • 小学六年生 1967年4月号から10月号まで連載。作画は園田光慶
  • 小学館BOOK 1967年連載。作画は中城けんたろう。

映像ソフト化[編集]

  • ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)は傑作選として、4巻・13話分を収録したものが東映ビデオよりリリースされている。
  • 1993年5月25日から9月25日にかけてLDが東映ビデオより発売された。全2巻の各3枚組で各巻12話収録。
  • 2003年5月21日8月8日にかけてDVDが東映ビデオより発売された。全2巻の各2枚組でVol.1は13話、Vol.2は11話収録。
  • 劇場版が、DVD「キャプテンウルトラ Vol.2」(2003年8月8日発売)の映像特典や、「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX」(2007年12月7日発売)及び、「東映特撮ヒーロー THE MOVIE Vol.1」(2009年10月21日発売)に収録されている。

関連事項[編集]

  • キャプテン・フューチャー
    • 前述のように本作の元ネタである。主人公チームの編成は生きている脳はいないが、主人公、メカ、ヒューマノイドと一致しており、ほかにも光の信号で出動要請がかかること、主人公の呼び名が通り名であること等々、共通点が多い。また主演の中田は、人間のリーダーを中心に、左右にロボットと異星人の3人(3種)が乗る操縦席のイメージが「スター・ウォーズ・シリーズ」に影響を与えたのではないか、と推測もしている。
  • 西遊記
    • ジョー、ハックの名前は、沙悟浄、猪八戒から採ったとする説がある。

パロディ[編集]

キャプテンウルタカ

  • フジテレビの番組『とんねるずのみなさんのおかげです』内のドラマ仕立てのコント。1991年頃小林稔侍が番組に出演するようになったことがきっかけとなり制作された。小林稔侍本人が約24年ぶりにキケロ星人ジョーに扮した。小林はこの際、「本放送当時、番組出演のギャラでスポーツカーを買いました」とコメントしていた。ソフト化されておらず、現在視聴することはできない。

放送リスト

回数 放送日 サブタイトル ゲスト 特記事項
1 不詳 不詳 ベンガル(ベンガル星人) 不詳
2 不詳 ポール星人の陰謀 ポール牧(ポール星人) 不詳
  • サブタイトルの形式は本家を踏襲していない。

キャスト

  • キャプテンウルタカ:石橋貴明
  • キケロのジョー:小林稔侍
  • ノック(ロボット):木梨憲武


主題歌
キャプテンウルタカ
歌:不詳
本家キャプテンウルトラの「ウルトラ」を「ウルタカ」、宇宙船の名前「シュピーゲル」を「シュパーゲル」と変えた替え歌。OPには1番が使用された。2番も存在し「小林稔侍の名誉を守りぬけ」という歌詞になっており、ジョーがメインを張った回で使用された。OPには本家キャプテンウルトラのパロディ映像も製作され磁石怪獣ガルバン、バンデル星人に似た着ぐるみも登場した。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本ヒーローは世界を制す』(角川書店)
  2. ^ a b c 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、66頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ 『巨大ヒーロー大全集』(講談社)
  4. ^ 『ウルトラセブンイズム』 辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日、50頁。ISBN 4-88641-779-5
  5. ^ 「ファンタスティック・コレクション・ウルトラセブンアルバム」より
  6. ^ 『ガメラを創った男 評伝 映画監督湯浅憲明』(アスペクト)
  7. ^ だが最終話では3発連射している
  8. ^ 佐藤肇助監督館野彰による共同ペンネーム。佐藤の証言では、自身が監督した第2話の怪植物がスタッフ間で「カイカイ」と呼ばれていたので、それをヒントに加井嘉というペンネームを考案したとされる。
  9. ^ この第1話と第2話のみサブタイトルとは別に、敵側の登場キャラクターを説明するためのサブタイトルが本編冒頭に記されていたが、第1話の脚本表紙には「怪星獣バンデラーあらわる」とだけ記されている。第3話以降はこの形式のサブタイトルが主となる

参考文献[編集]

  • 『巨大ヒーロー大全集』(講談社)
  • 『日本ヒーローは世界を制す』(大下英治著、角川書店)
  • 『ぼくらが大好きだった 特撮ヒーローBESTマガジン』 第5号「巻頭特集 キャプテンウルトラ」(2005年11月25日、講談社)ISBN 4-06-370005-4

前後番組[編集]

TBS タケダアワー
前番組 番組名 次番組
ウルトラマン空想特撮シリーズ
宇宙特撮シリーズ キャプテンウルトラ