辻真先

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。
辻 真先
(つじ まさき)
誕生 1932年3月23日(82歳)
愛知県名古屋市
職業 推理作家脚本家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1963年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(1981年)
長谷川伸賞(2004年)
中日文化賞(2008年)[1]
本格ミステリ大賞(2009年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

辻 真先(つじ まさき、1932年3月23日[2] - )は、日本のアニメ特撮脚本家推理冒険作家漫画原作者旅行評論家エッセイストデジタルハリウッド大学教授愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校名古屋大学文学部卒業。本格ミステリ作家クラブ第3代会長。日本アニメ界を黎明期から支えた人物の一人。東京在住だが、仕事場は熱海にある。

経歴[編集]

実家はおでん屋で、幼少時からまんが映画を好み、週末は名古屋宝塚劇場にアメリカのアニメーション映画を鑑賞しに行った。その後、戦争が始まると軍需工場で働いた。

NHKで『バス通り裏』や『お笑い三人組』『ふしぎな少年』等の演出を担当する一方で、桂 真佐喜の筆名で『鉄腕アトム』などの脚本を執筆。NHK退職後は本名で多くの作品に参加。1970年代に爆発的に製作本数が増えるまでは、アニメ作品に関しては関係していないものから数えた方が早いほどであった[要出典]虫プロ時代には、後のSF作家である筒井康隆小松左京平井和正眉村卓豊田有恒半村良らと交流があった。

旧「宝石」の新人賞候補作が商業誌デビュー作という経歴を持つ。ジュブナイル小説、トラベル・ミステリを量産する一方、叙述トリックを駆使した実験的なミステリも多い。後者の傾向の代表作に『合本・青春殺人事件』『デッド・デテクティブ』、日本推理作家協会賞を受賞した『アリスの国の殺人』などがある。

また、『迷犬ルパン』シリーズを書き、その中に三毛猫ホームズや片山刑事が登場する『迷犬ルパンと三毛猫ホームズ』がある。

アニメ『サザエさん』の第一回放送(1969年10月5日)の第1話『75点の天才!』も辻の脚本である。サザエさんでは2012年現在もごくたまにだが脚本を書いている。他に、『ルパン三世』、『どろろ』、『Dr.スランプ』など、多くの漫画・アニメ作品の小説版も手がける。テレビアニメ『一休さん』の初期の脚本も書いていたが、途中で他の脚本家にバトンタッチされている。『デビルマン』では、原作者である永井豪との打ち合わせにおいて、その話作りの発想を目の当たりにした永井に天才と称された。『宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)』など、特撮作品での脚本執筆も多い。自身のエッセイ『TVアニメ青春記』では、1980年代後半以降、アニメ脚本をあまり手がけなくなったことが書かれているが、2013年には『名探偵コナン』の脚本を執筆している。

辻 真先(つじ まさき)をアナグラムにした牧 薩次(まき さつじ)名義での執筆(『完全恋愛』)もある。

日本SF作家クラブ会員だったが、2013年、他のベテラン作家らとともに名誉会員に[3]

受賞歴[編集]

人物[編集]

最も好きな漫画は『ジャングル大帝』で、アニメの仕事が入ってくると快諾した。脚本だけでなく全体構成や、主題歌の作詞も手がけている。

執筆が速いことでも有名で、プロデューサーと喫茶店で打ち合わせをしながらその場でアニメ1話分の脚本を書き上げたこともあるという[4]

趣味は読書で、漫画雑誌は毎週欠かさずに読んでいる。また、傘寿を迎えようとする現在も、深夜に放送されることの多くなった現代のテレビアニメをチェックし続けている。

NHKに在籍中の辻が、山崎忠昭が原案を手掛けた脚本の改訂を一晩で書き上げたことがあった。辻による改訂稿を読んだ山崎は、元の脚本に比べ「ギャグも豊富、会話も軽妙、ストーリーの展開もすこぶる快調」と評し、その速筆と上手さに舌を巻いたという[5]

脚本を担当した作品[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

実写映画[編集]

主な作品[編集]

以下の作品の大半は、作品世界のつながりを意識して執筆されており、登場人物が相互にゲスト出演している。スナック蟻巣、東西大学、文英社、夕刊サンなど共通の舞台がいくつか設定されている。

スーパー&ポテトのシリーズ[編集]

可能キリコ(通称スーパー)と牧薩次(通称ポテト)の2人が活躍するシリーズ。2人が中学生としてデビューして以来、現実の時間に近いペースで成長しながら、物語を重ねている。初期の数作は「意外な犯人」をテーマにし、「読者」「作者」「編集者」など本来は小説世界の外にいる立場の人物を犯人にしていた。作中に社会批判を取り込んで、現実世界の不特定多数を「犯人」として指名するパターンもある。

初期作品である、『仮題・中学殺人事件』『盗作・高校殺人事件』『改訂・受験殺人事件』の三作は、青春三部作とも呼ばれ、1989年には三作を一つの本に合わせた『合本・青春殺人事件』が発行されている。『TVアニメ殺人事件』までの六作はソノラマ文庫より、「薩次&キリコシリーズ」として販売された。徳間文庫の『宇宙戦艦富嶽殺人事件』以降は、一般向けとして各社より出版されている。

また、『完全恋愛』(第9回本格ミステリ大賞受賞)と『郷愁という名の密室』の2作は、「牧薩次」名義で書かれている。

長篇

  • 仮題・中学殺人事件 1972
  • 盗作・高校殺人事件 1976
  • 改訂・受験殺人事件 1977
  • SFドラマ殺人事件 1979
  • SLブーム殺人事件 1979
  • TVアニメ殺人事件 1978
  • 宇宙戦艦富嶽殺人事件 1981
  • 急行エトロフ殺人事件 1982
  • 寝台特急ひかり殺人事件 1984
  • 幻の流氷特急殺人事件 1986
  • 電気紙芝居殺人事件 1989(鬼堂修一郎シリーズ最終作を兼ねる)
  • 東海道36殺人事件 1989(文庫化に当たって『東海道本線殺人事件』に改題)
  • 沖縄県営鉄道殺人事件 1990
  • 「殺人事件」殺人事件 1991
  • ユートピア計画殺人事件 1991
  • ガラスの仮面殺人事件 1991
  • 究極の鉄道殺人事件 1992
  • 本格・結婚殺人事件 1997
  • 戯作・誕生殺人事件 2013

短編

  • 特急『燕』驀進す 1983(1984年にユーカリおばさんシリーズの短編集「死ぬほど愛した」へ収録)
  • 一件落着!(『合本・青春殺人事件』に収録)
  • 祖神の声(新潮文庫『ミステリー大全集2 ミステリー日本地図』に収録)
  • 臼杵2時間52分の危機(天山文庫『トラベル推理傑作選 日本縦断殺人』に収録)

克郎&智佐子シリーズ[編集]

スーパーとポテトシリーズを中心に、各作品で狂言回し的な役割を果たしている、スーパーの兄・可能克郎と、その恋人萱庭智佐子(後に結婚)が主人公となるシリーズ。主人公コンビが探偵役をしないことと、現地取材せずに資料だけで書くというのがコンセプトである。そのため探偵役は毎回異なる。

  • ブーゲンビリアは死の香り 1984
  • 列車内での悲鳴はお静かに 1985
  • 南の島のお熱い殺意 1986
  • 自由の女神にないしょで殺人 1987
  • 犯人のお好みは麻婆豆腐だった 1988
  • 婿ドノのいのちが危ない
  • 新妻は二度ずつだまされる
  • 若夫婦の寝室に潜むヤツは誰だ
  • 殺人はフルコースのあとで
  • 湾岸鉄道殺人事件

克郎のみの作品

  • 殺されてみませんか 1985
  • 奥飛騨、殺人慕情
  • 津軽、殺人じょんから節

迷犬ルパン・シリーズ[編集]

詳しくは、迷犬ルパンシリーズを参照。

赤川次郎の「三毛猫ホームズシリーズ」を意識して、そのパロディ的に描かれた作品群である。三毛猫ホームズと同様に探偵として活躍する犬のルパン、その飼主の朝日正義、恋人の川澄ラン、その飼い犬のサファイヤ(「サファイア」ではないとこだわっている)が初期の主人公であったが、後期になると、ランの弟の川澄健と、そのガールフレンドの木暮美々子が主になっている。

<長編>

  • 迷犬ルパンの名推理 1983
  • 迷犬ルパンの大活劇 1983
  • 迷犬ルパンの檜舞台 1984
  • 迷犬ルパンの蒸発
  • 迷犬ルパンの犬疑
  • 迷犬ルパンの挑戦
  • 四国殺人Vルート 1987
  • 迷犬ルパンと地獄谷 1988
  • 迷犬ルパンと幽霊海峡
  • 迷犬ルパン、ハウステンボスを走る
  • 迷犬ルパンと殺人結婚
  • 迷犬ルパンの大逆転
  • 迷犬ルパンと里見八犬伝

<短編集>

  • 迷犬ルパンの東京暗殺マニュアル
  • 迷犬ルパンの大売出し

迷犬ルパン・スペシャル[編集]

元々「ルパンシリーズ」自体がパロディなのだが、そのルパンで更に様々なパロディ化(というよりもトリビュートに近い)をしたもの。

トラベル・ライター瓜生慎シリーズ[編集]

トラベルライターの瓜生慎と、お金持ちの令嬢・三ツ江真由子(後に慎と結婚)のコンビが日本全国の旅先で事件を解決する。シリーズは真由子の「産休」をはさんで前期と後期に別れる。

前期[編集]

  • 死体が私を追いかける 1979
  • ブルートレイン北へ還る 1980
  • ローカル線に紅い血が散る 1982
  • 火の国死の国殺しを歌う 1982
  • 殺人者が日本海を行く 1984
  • 三陸鉄道死神が宿る 1984
  • 山陰ドン行に死す 1985
  • 鳴門に血渦巻く 1985
  • 北海で殺そう 1986

産休時期[編集]

真由子の産休の間、女子大生でグルメライターの神保亜子(通称:味子)が活躍するシリーズが発表された。なお探偵役は亜子の恋人で、身体が不自由なため現地には赴かず、亜子との電話連絡で推理する「ロックチェア探偵」永坂進吾である。ただし、「緑青屋敷の惨劇」では、永坂進吾が不在のため、亜子本人が謎解きをしている。

  • 味子さん殺人です
  • 探偵さん迷宮です
  • 犯人さん復讐です
  • 緑青屋敷の惨劇

後期[編集]

真由子の産休明けと共に再開。最初の「ソウル発」には引き継ぎのため、味子も出演する。

  • ソウル発殺人物語
  • 大雪山発殺人物語
  • 仏ヶ浦発殺人物語
  • 四万十発殺人物語
  • 殺人「北越雪譜」
  • 殺人「悲しき玩具」1993.6

その後の続編[編集]

少し年をとり、中年(正式な年齢は不詳)になった瓜生慎・真由子夫妻と、中学1年生(初登場時)になった一人息子・竜、

「信州・高原列車殺人号」の事件で3人と知り合い、その後、竜のガールフレンドとなる小学6年生(初登場時)の少女・中浜うずらが登場する続編。

ストーリー展開によっては、可能克郎など、辻真先の他シリーズのキャラが、ゲスト出演することもある。 また、竜とうずらの若者コンビがメインで活躍し、慎と真由子は後方支援の場合もある。

  • 北海道・幽霊列車殺人号 2002.8
  • 上州・湯煙列車殺人号 2004.3
  • 信州・高原列車殺人号 2004.12
  • 伊豆・踊り子列車殺人号 2005.5
  • 長崎・ばてれん列車殺人号 2005.9
  • 弘前・桜狩り列車殺人号 2006.4
  • 日本海・豪雪列車殺人号 2007.2
  • 甲州・ワイン列車殺人号 2007.11
  • 宗谷・望郷列車殺人号 2008.11
  • 四国・坊っちゃん列車殺人号 2009.10
  • 会津・リゾート列車殺人号 2010.7
  • 日本・マラソン列車殺人号 2011.8・・・瓜生慎シリーズ完結編(瓜生慎シリーズは、合計32年にわたって書き続けられたことになる)

ユーカリおばさんシリーズ[編集]

ユーカリおばさんと、孫娘の綾川くるみ、その恋人でホラー役者の三津木新哉が主人公となるシリーズ。このサブシリーズとして、一時期全国各地に誕生した「独立国」を巡る国立探偵シリーズがある。中央公論から出ている分と集英社から出ている分があるが、両者は作品の雰囲気に違いがある。国立探偵シリーズは全て中央公論である。超特急燕号誘拐事件のみ、光文社文庫から書き下ろし刊行されている。

  • 死ぬほど愛した・・・ 1984
  • いつか虹を渡りたい 1985
  • 刺のある花園 1988
  • 旅は道づれ死体づれ 1984
  • 殺したい子に旅させよ
  • 旅の死体は殺し捨て
  • 鬼ごっこだよ国立探偵 1986
  • 死体は走るよ国際列車
  • 殺しもあるよ国境紛争
  • 死体も歌え奥信濃
  • 知床岬に夏は死ぬ
  • 佐多岬北緯31度の墓標
  • 伊豆恋岬殺しの眺望
  • 津軽海峡死景色(事実上のシリーズ最終作)
  • 超特急燕号誘拐事件(シリーズ完結編 ユーカリの死後に回想される若き日の事件)

贅沢シリーズ[編集]

辻真先の豊富な知識をベースにした豪華絢爛なシリーズである。

  • 世にも贅沢な殺人
  • 世にも香しい殺人
  • 世にも達者な殺人
  • 西伊豆昇天海岸

葉月麻子シリーズ[編集]

タレントの葉月麻子がクライマックスになると突然頭脳明晰な名探偵に変身するシリーズ。 麻子の恋が毎回悲恋に終わるパターンが多い。そのため彼女には「失恋探偵」の異名もある。

  • 殺しはレールに乗って 1985
  • 殺しは江戸のパフォーマンス
  • 北斗星ロイヤル個室で誰が死ぬ
  • 秘境西表島で誰が死ぬ
  • 南九州噴煙の下で誰が死ぬ
  • 南紀仙人風呂で誰が死ぬ
  • 十和田湖畔に死体が踊る(シリーズ最終作。夢瀬鬼人シリーズへの引き継ぎを兼ねる)
  • 旅と恋と殺人と(引退後の麻子が再び事件に巻き込まれる番外編)
  • 嵐の柩島で誰が死ぬ(探偵Xからの挑戦状!のための書き下ろし)

秀介シリーズ[編集]

東西大学の学長の息子である東秀介が探偵役をするシリーズ

  • 秀介ファイル№1
  • 秀介ファイル№2

服部健太郎シリーズ[編集]

文英社系列の編集プロダクション「瓦プロ(かわらプロ)」で働いている三枚目編集者・服部健太郎(はっとりけんたろう)と妻・知香(ちか)の2人が活躍するシリーズ。

  • 小泉八雲殺人風土記
  • 江戸川乱歩の大推理
  • 零下四十一度の義経伝説

オールスターもの[編集]

スナック「蟻巣」に集まる探偵たちが共演するが、特定のシリーズには入らない作品群。

  • アリスの国の殺人 1981 書籍にビジュアルな効果を取り入れた意欲的な作品。日本推理作家協会賞を受賞。
  • ピーターパンの殺人 1986
  • 犯人 -存在の耐えられない滑稽さー 1989
  • 白雪姫の殺人 1992
  • 怪盗天空に消ゆ―幻説銀座八丁 1994 那珂一兵の回想で語られる戦前の事件。

単発作品[編集]

  • 天使の殺人 1983
  • 愛して盗んで 1987
  • 殺人小説大募集 短編集のように見せて全体を通した大きな謎がある見事な入れ子型作品。
  • 刀根家のいちばん長い日
  • 富良野・狩勝殺人ライン
  • 安曇野殺人事件
  • 根釧原野(こんせんげんや)殺人事件
  • 電気紙芝居殺人事件
  • 伝説「鬼姫村伝説」
  • 殺人病棟は眠らない
  • 弔い島殺人ステージ
  • 夜明け前の殺人
  • 悪魔は天使である
  • 平和な殺人者
  • ニャロメ、アニメーター殺人事件
  • 黄昏の殺人特急
  • 世紀の殺人 1995
  • 殺人がいっぱい 1986
  • 小説 佐武と市捕物控 1969
  • 私のハートに、あなたのメスを 1982
  • くらやみの天使たち 1987
  • スカイブルーは殺しの色 1979
  • 大血闘! ニッポン超軍団 1980
  • われら2DK超軍団 1983
  • はだかの探偵 1989
  • 能登はやさしや鬼までも 1998
  • 完全恋愛 牧薩次名義 第9回本格ミステリ大賞を受賞
  • 郷愁という名の密室 牧薩次名義

SF作品[編集]

株式学園の伝説シリーズ[編集]

  • 変身番長サクラ
  • 宇宙番長ムサシ
  • SF番長ゴロー
  • おれの名は殺人犯

マッドボーイシリーズ[編集]

  • 謎の戦乱惑星ラア
  • 謎のギアマン機関(からくり)
  • 謎の妖ATOM城

単発SF作品[編集]

  • はるひワンダー愛(ラブ)
  • デッド・ディテクティブ 2000
  • 伝説「バラ星雲伝説」
  • 正義の味方 仮面ライター

冒険もの[編集]

  • 時はそよ風、時はつむじ風

戦記シミュレーション作品[編集]

  • 暁の連合艦隊 全4巻
  • サハリン脱走列車 1997
  • あじあ号、吼えろ! 2000
  • 進駐軍の命により
  • 沖縄軽便鉄道は死せず
  • 北辰挽歌 土方歳三海に戦う

紀行作品[編集]

  • 旅は道づれ湯はなさけ 1989年5月
  • 韓国を乗る・韓国を食べる
  • 殺人者レールをいく 1990年4月

漫画原作[編集]

エッセイ[編集]

「辻真先のエッセイ教室」受講者作品集[編集]

  • 旅の書き方教室
  • 旅のエッセイ教室
  • 地球あっちこっち
  • 辻真先先生のエッセイ塾 -旅は人生、人生は旅ー 2010.5 展望社

脚注[編集]

  1. ^ 中日文化賞:第61回(平成20年)”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、286頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  3. ^ 『日本SF短篇50(1)』早川書房
  4. ^ MovieWalker レポート【文化庁メディア芸術祭レポート】[1]
  5. ^ 山崎忠昭・高崎俊夫「日活アクション無頼帖」ワイズ出版、2007年、p.66

外部リンク[編集]