高久進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 たかく すすむ
高久 進
別名義 池田和雄、井口真吾
生年月日 1933年1月11日
没年月日 2009年7月22日(満76歳没)
出生地 日本の旗日本福島県
民族 日本人
ジャンル 脚本家
活動期間 1959年 - 2009年

高久 進(たかく すすむ、1933年1月11日 - 2009年7月22日)は、日本脚本家福島県会津坂下町出身。福島県立会津高等学校卒業、早稲田大学教育学部卒業。池田和雄や井口真吾などの別名義を用いていた場合もあった。

略歴[編集]

大映東京撮影所にシナリオ研究生として入るが、デビュー作は、新東宝の『九十九本目の生娘』(監督・曲谷守平 主演・菅原文太1959年)である。高岩肇に師事した。

1960年代後半からメインの執筆活動を劇映画からテレビ作品に移し、アクションドラマ時代劇特撮アニメと幅広いジャンルの作品にシナリオを数多く残した。『Gメン'75』のメインライターでもある。また、刑事ドラマや特撮では「戦争の傷痕」をテーマにしたエピソードを多く執筆している。

門下には、『秘密戦隊ゴレンジャー』などで共同執筆を手掛けた新井光がいた。

小笠原猛監督は好きな脚本家という質問に対し、上原正三曽田博久らと共に高久の名前を挙げていた。

2009年7月22日、急性呼吸不全のため死去。76歳没。

参加作品[編集]

テレビ[編集]

太字はメインライターを担当した作品。

映画[編集]

テレビゲーム[編集]

その他[編集]

  • 豹マン(1967年8月、パイロットフィルム版)

外部リンク[編集]