黄金バット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京・浅草にて、紙芝居『黄金バット』を上演する男性。

黄金バット』(おうごんバット)は、昭和初期の紙芝居のタイトルロールの主人公。金色の骸骨の姿をし、漆黒のマントを身にまとう。昭和40年代に漫画映画テレビアニメ化された。一般的には悪の象徴とされる骸骨であるが、『黄金バット』では正義のヒーローとして描かれている。その特有の「高笑い」と、共に現れる金色のコウモリが印象的である。

スーパーヒーローアンチヒーローの両面をもつ主人公で、その孤高の存在が斬新だった。髑髏という、一般的に嫌われるモチーフを持つヒーローという点でも、蜘蛛や蝙蝠を素材にしたアメコミヒーローに先行している。

概要[編集]

『黄金バット』は1930年昭和5年)、鈴木一郎原作で白骨面に黒マントの怪盗が活躍する街頭紙芝居シリーズ『黒バット』が好評だったことから、主人公を黄金色にした絵19枚を永松健夫が描いて誕生した。『黒バット』の最終回で、無敵で不死身の悪役である黒バットを倒す正義のヒーローとして突如、初登場した。この黄金バットが子供たちに大好評だったため、黄金バットを主人公とした新作紙芝居を蟻友会の後藤時蔵、高橋清三、田中次郎らが製作。当時の驚異的な当たり演目となる。しかし当時の零細な紙芝居業界に著作権意識は存在しなかったため、多種多様な黄金バットが勝手に作られた。さらに当時はセリフは書かれておらず口伝であった為、同じ紙芝居でも演者によって内容に差異があるのは普通であった。なお、戦前の『黄金バット』の紙芝居のほとんどは戦時下の混乱にあって散逸、あるいは戦災により焼失したとされる(当時の紙芝居は貸し出し式だった為倉庫にまとめて保管されており、倉庫が火事に遭うと全て燃えてしまっていた。また、手書きで写し描きされていたので製作数が少なく、人気作は損耗も激しかった)。

歴史[編集]

キャラクター[編集]

黄金バット[編集]

黄金バットは長い歴史を持ち、そのため数多くの作品に登場している。戦前は欧風の(三銃士のような)洋装に帽子を被った長髪の黄金骸骨(または痩せこけた老人のような金色の顔)という風貌で黄金丸というサーベルを操る。終戦直後は進駐軍によってチェックが入り、くりんとしたパーマ髪の仏像のような顔の逞しい白人男性ヒーローのような姿に改変されたが、すぐに少年雑誌の絵物語で元のデザインに復活。その後微妙な変更を経て、アニメなどで見られる「大きな襟付きマントをひるがえして飛んで来る、顔が髑髏で筋骨逞しい金色の超人」という、現在最もよく知られているより親しみやすいデザインとなった。武器はシルバーバトン。アニメ後期には暗闇バットという濃い青色のライバルキャラクターも登場した。

ナゾー[編集]

宿敵ナゾーは四つ目のミミズクの覆面に左手が機械の鉤爪、下半身は円盤の中という奇怪なデザイン。どこにでも現れるナゾータワーを根城とする。絵物語では黄金バットに負け、蛇王(じゃおう)という他のヒーローとの戦いによって両足を失った後の黒バットが正体であり、元ナチスの科学者ドブロクスキー博士や妖婆モモンガのお熊(モモンガとは同名の動物ではなく、古代の邪神の名前。黒バット一味はこれを信奉する一族らしいが、お熊以外に信仰心がある描写は無い)、女賊ハルピンお光らを従え宇宙的な悪事を働く(目は2つ)。アニメでは彼自身が元ナチスの科学者エーリッヒ・ナゾー、マンガ版では黄金バットと同世代の超古代人(生身の手の指が3本であるなど、明らかに人間ではない)。アニメ版ではことあるごとに「ロ〜ンブロゾ〜」と叫ぶ。またアニメでは4つの目の色が全て異なり、さらに最終回では逃亡してしまい、黄金バットとの最後の対決はなかった(ナゾーの逃走直後に怪獣が現れ、しかもヤマトネタケルが、彼は怪獣だったのだろうか、と言うなど、ナゾーの正体が微妙に暗示されていた)。

実写映画[編集]

黄金バット 摩天楼の怪人(1950年)[編集]

1950年12月23日公開。上映時間71分、製作は新映画社

キャスト
スタッフ

黄金バット(1966年)[編集]

黄金バット
Phantaman
Golden Ninja
監督 佐藤肇
脚本 高久進
原案 永松健夫
出演者 千葉真一
山川ワタル
筑波久子
高見エミリー
音楽 菊池俊輔
主題歌 ヴォーカル・ショップ
「黄金バット」
撮影 山沢義一
編集 祖田富美夫
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1966年12月21日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説[編集]

主演千葉真一を迎え、実写化した作品[1]モノクロシネマスコープ、73分、製作東映[3]日本では1966年12月21日に封切り公開された。欧米で公開された際のタイトルは『Phantaman or Golden Ninja [3]

ストーリー[編集]

天体観測を趣味とするアキラ少年は、惑星イカロスが地球への衝突コースをとっていることに気付く。アキラは黒スーツの男達によって拉致されてしまう。黒スーツの男達は国連秘密機関パール研究所の所員達だった。責任者ヤマトネ博士はアキラをメンバーに誘う。研究所ではイカロス破壊のため超破壊光線砲を建造していた。

その完成に必要な特殊レンズの原石探索にヤマトネ博士、パール博士、アキラ、ナオミ隊員、パール博士の孫娘エミリーらは、幻の大陸・アトランタスへと向かう。だがそこは謎の集団によって既に占拠されていた。彼らの首領はナゾー。宇宙征服のためイカロスを呼び寄せた怪人である。

追い詰められた彼らはある棺桶の中に原石を発見する。棺桶には1万年の眠りについた守護者、黄金バットが眠っていた。エミリーが水を注いだことで、復活した黄金バットは、彼ら科学者と協力しナゾーの陰謀に立ち向かっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

2005年4月21日に東映ビデオよりDVDが発売された[4]

テレビアニメ[編集]

概要[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:永松健夫
  • 監修:加太こうじ
  • 脚本:島内三秀
  • 演出:石黒昇・若林忠雄・庵原和夫
  • 動画監督:森川信英
  • 美術監督:木村和夫

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル
1 黄金バット誕生
2 マンモスキラー
3 ゲーゲオルグ
4 危機一髪
5 人食い植物
6 メロン爆弾大追跡
7 怪獣サンドベロニヤ
8 宇宙怪獣アリゴン
9 怪物ガイゴン
10 ウラン島大決戦
11 謎のフィンカーメン
12 ジンガーの毒キノコ
13 ミュータント5
14 原子ブラックギャット
15 破壊魔ネロ
16 岩人ギルトン
17 怪鳥ガルガー
18 ポリネシアの星
19 バット対バット
20 青い炎の国
21 ルートシグマの女王[5][6]
22 謎のペロン火山
23 怪盗ブラック仮面
24 悪魔のルビー
25 ロボット都市
26 光線人間ボルド
27 タランゲーの眼
28 アキシスの剣
29 宇宙コウモリの謎
30 超能力改造人間
31 ゆうれい塔
32 悪魔の巨像
33 透明怪獣グラスゴン
34 世界大洪水
35 地底怪獣モグラー
36 地球大爆発
37 双頭怪獣ゲゲラ
38 恐竜の罠
39 骸骨の水先案内
40 地球暗黒の日
41 インドの女王
42 妖婆の怪獣ヒードロ
43 廃坑の一つ眼怪獣
44 ライガーマンの逆襲
45 死を呼ぶ女
46 こうもり老女と怪獣シェルゴン
47 幻のゲロンチューム90
48 小さい暗殺者[7]
49 怪人こうもり男
50 サーカス怪獣ガブラー
51 よみがえる暗闇バット
52 ひび割れるナゾー帝国
? ボンゴ作戦[8]

主題歌など[編集]

オープニングテーマ「黄金バットの歌」
実写映画の主題歌をそのまま流用。
エンディングテーマ「黄金バット数え歌」
作詞:第一動画 / 作曲・編曲:田中正史 / 歌:鈴木やすしコロムビアゆりかご会
イメージソング「ナゾーの歌」
作詞:第一動画 / 作曲:宇野正寛 / 歌:ボーカル・ショップ / セリフ:島宇志夫

放送局[編集]

劇場版[編集]

TV版第4話のブローアップ版を「オールカラーで!東映まんがまつり」内で公開。併映は『ひょっこりひょうたん島』、『魔法使いサリー』、『キャプテンウルトラ』。
よみうりテレビ 土曜日19:00台 大塚製薬提供枠
【当番組よりアニメ
前番組 番組名 次番組
武田信玄
※ここまでドラマ
黄金バット

漫画[編集]

週刊少年キング版[編集]

黄金バット
漫画
原作・原案など 加太こうじ
作画 一峰大二
出版社 大都社
掲載誌 週刊少年キング
発表期間 1966年51号 - 1967年52号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート

「懐まんコミック」シリーズの第1弾として大都社より単行本が発売されている。デザインや設定はアニメ版に準拠している。1巻巻末には加太による短い解説がある。

ストーリー
ある月の無い夜、突如として現れた古代軍船。調査に赴いたヤマトネ博士とその一団は、動き出した軍船に導かれ辿り付いた海底の廃墟アトランティスで黄金バットと邂逅する。
同時期、怪遊星とともに宇宙の果てから帰還した古代アトランティスの犯罪者ナゾーは地球の征服を宣言、ヤマトネと黄金バットは彼の野望に立ち向かうのだった。

少年画報版[編集]

黄金バット
漫画
原作・原案など 永松健夫加太こうじ
作画 智プロ、井上智
出版社 アップルBOXクリエート
掲載誌 少年画報
発表期間 1967年4月号 - 1968年3月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート

2006年にアップルBOXクリエートより私家版として上下巻で復刻。ストーリーはほぼアニメ版に準拠しており、黄金バットは最初からいるものとして扱われルーツなどにも触れられない。

その他[編集]

  • 湯浅粂策 『怪人黄金バット』(1935年、春江堂)
  • ハラマサル 『覆面の怪人 黄金バット』(1947年、藤田書店)
  • 永松健夫 『黄金バット』全4巻(1947年 - 1949年、明々社
  • 手塚治虫 『怪盗黄金バット』(1947年、東光堂)
  • 寺尾よしたか 『おうごんばっと』(1948年、民生本社)
  • 須賀武雄 (考案者)、小野寺秋風 (絵) 『黄金バット 秘密国の怪タンク』(1948年、青樹社)
  • 夢田小四郎(文)、中井矢之助(絵) 『黄金バット』(1948年、榎本書店)
  • をはら三好 『黄金バット』(1948年、児訓社)
  • 小沢光治 『黄金バット』(1948年、日昭館書店)
  • 永松健夫 『黄金バット』(1948年 - 1950年、冒険活劇文庫
  • 加太こうじ 『冒險活劇 黄金バット』(1949年、冒険ロマン)
  • 牧野四朗 『黄金バット ルビーの王冠』(1949年、榎本書店)
  • 永松健夫 『超人黄金バット』(1950年、少年痛快文庫)
  • 竹内しん三 『黄金バット 黄金の杖』 (1950年、児童漫画社)
  • 加太こうじ 『繪物語 黄金バット』全2巻(1952年、網島書店)
  • 永松健夫 『黄金バット』(1952年 - 1953年、少年画報
  • 永松健夫 『黄金バット』(1955年、太陽少年)
  • 永松健夫 『探偵傑作絵物語 黄金バット』(1956年、少年クラブ
  • 井上智 『新編 黄金バット』全3巻(1958年 - 1959年、中村書店
  • 篠原とおる 『黄金バット』(1964年 - 1965年、まんがサンキュー)

書籍[編集]

  • 『黄金バット なぞの巻 地底の国』永松健夫1975年(昭和50年)5月10日発行、桃源社
    • 終戦直後の絵物語をまとめたもの。巻末には都筑道夫による解説があり、作品が辿った歴史、黄金バットの名称はタバコのゴールデンバットに由来する、初期のバットのスタイルは映画『オペラ座の怪人』(1925年版)が元ではないだろうかなどが書かれている。

オマージュ[編集]

  • 恐竜戦隊ジュウレンジャー - とんがり帽子とマントを着た金色の骸骨の騎士・ドーラスケルトンが第二話に登場。
  • けっこう仮面 - スーパー黄金バットマンという、バットマンがどくろの仮面とフリルを付けたような人物が登場。作中で「スーパーマンバットマンと黄金バットの三角関係から生まれた」と紹介されている。
  • 39108 - 収録曲「黄金バッド」は黄金バットがモチーフの歌。歌詞には高笑いへの言及があり、DVD収録のライブ映像では黄金の頭蓋骨やコウモリが飛び回る効果が合成されている。
  • 5代目三遊亭圓楽 - 『笑点』の大喜利で、大喜利メンバー時代〈1966年(昭和41年) - 1977年(昭和52年)〉に黄金バットをたびたび披露している。
  • 真・女神転生if... - スーパーファミコンロールプレイングゲーム。登場する悪魔「ベロボーグ」の外見の原形が黄金バットである。
  • ドラえもん のび太と夢幻三剣士 - 偽予告でのび太とドラえもんが黄金ハットとドライオンという役を演じる。
  • 韮沢靖 - 作品集『DOESN'T』掲載の著作『GOLDOVA』は黄金の鎧を着たミイラ男が四つ目の化粧の悪の魔術師を懲らしめる話。魔術師の愛人の名はゾナ。
  • ロードオブモンスターズ - 4作目の鳥系モンスター、ゴールデンバットは奇怪な笑い声の黄金ドクロに技を教えてもらったという設定がある。
  • わくわく7 - 登場キャラ・ロンブローゾ博士のモデルはナゾー。「ゲーメストムックvol.63わくわく7」に掲載の設定画には「アトランティスやコウモリがどうの」と言及されており、作中に登場しなかった「ロンブローゾタワー」は漫画版のナゾータワーそのものである。
  • ワッハマン - あさりよしとおによるオマージュ的漫画作品。
  • 笑う犬の生活 - 名倉潤扮する「黄金ナット」なるパロディコントがある。ナゾーは原田泰造

脚注[編集]

  1. ^ a b 黄金バット”. 東映チャンネル. 2013年8月1日閲覧。
  2. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、64頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ a b 黄金バット”. 日本映画製作者連盟. 2013年8月1日閲覧。
  4. ^ 「Visual Radar」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 105頁、 雑誌コード:01843-05。
  5. ^ 次回予告が現存していない。
  6. ^ 配信サイトなどで「ハートシグマの女王」との表記があるが誤植。
  7. ^ 配信サイトなどで「岩人ギルドン」との表記があるが誤植。
  8. ^ 未放映話。予告編のみ存在している。20話と21話の間に放映予定だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]