里見八犬伝 (1983年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
里見八犬伝
Legend of the Eight Samurai
監督 深作欣二
脚本 鎌田敏夫
深作欣二
原作 鎌田敏夫 『新・里見八犬伝』
製作 角川春樹
出演者 薬師丸ひろ子
真田広之
松坂慶子
千葉真一
音楽 NOBODY
主題歌 ジョン・オバニオン
「里見八犬伝」
「八剣士のテーマ (White Light)」
撮影 仙元誠三
編集 市田勇
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映
公開 日本の旗 1983年12月10日
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 23.2億円(配給収入
テンプレートを表示

里見八犬伝』(さとみはっけんでん、Legend of the Eight Samurai )は、1983年12月10日東映洋画系にて封切り公開された日本映画カラービスタサイズ、136分。第2回ゴールデングロス賞の優秀銀賞作品。

製作角川春樹監督深作欣二

解説[編集]

南総里見八犬伝を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を映画化した作品。JACによる迫力ある戦い、音楽にはロック英語主題歌特撮など、それまでの時代劇にはなかった斬新なアイデアを取り込み、大型エンターテイメント映画となっている。日本映画で初めて特殊メイクがクレジットに表示された作品でもある[1]

1984年の配給収入では邦画1位の23億2千万円[2]、ビデオも5万本・7億円を売り上げた[3]

2012年に「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化。

ストーリー[編集]

 かつて蟇田領主、蟇田定包(ひきたさだかね)は妖婦玉梓 (たまづさ)の色香に迷い、酒池肉林と暴虐の限りを尽くしていた。苦しむ領民の意をくみ取り、里見義実(さとみよしざね)は、彼らを討ちとったが、玉梓は最期に呪いの言葉を遺す。まもなく、玉梓の呪いか里見家は隣国の軍勢に囲まれ落城の危機に瀕す。力尽きた義実は飼い犬の八房(やつふさ)に「敵将の首を討ちとれば娘の伏姫(ふせひめ)を嫁につかわす」と戯言を投げかけ、その夜、八房は見事に敵将の首を討ちとる。君主たるもの約束を違えてはならないと、伏姫は八房と共に山奥へと去るが、伏姫を取り戻そうとした義実の軍の鉄砲より八房をかばった伏姫は死してしまう。しかし死の直前、伏姫の体から仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の各字を刻んだ八つの霊玉が飛び散り、伏姫は「100年の後、この光の玉は八人の剣士となって蘇り、里見の姫を奉じて玉梓の呪いに打ち勝つでしょう」と言い残す。  それから100年後、妖怪として蘇った玉梓、息子の素藤(もとふじ)は里見家を攻め滅ぼす。ただ一人、落ち延びた里見家の静姫は玉梓の追手から逃れ、それぞれの運命により導かれた八人の剣士と共に玉梓の野望を砕くため、戦いを挑む。

キャスト[編集]

里見家
光の軍団(八剣士)
闇の軍団
その他

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、288頁。ISBN 4766927060
  2. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、p151

関連項目[編集]

外部リンク[編集]