出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(れい)とは、さまざまな行事のなかで規定されている動作や言行、服装や道具などの総称。春秋戦国時代儒家によって観念的な意味が付与され、人間関係を円滑にすすめ社会秩序(儒家にとっては身分制階級秩序)を維持するための道徳的な規範をも意味するようになった。

礼の分類[編集]

儀礼』が扱っている礼

  1. 冠礼
  2. 婚礼
  3. 喪礼
  4. 祭礼
  5. 射礼
  6. 郷礼
  7. 朝礼
  8. 聘礼

四礼[編集]

  1. 礼記』『漢書』礼楽志には礼が四つに分類されている。
    1. 婚姻之礼 - その由来は人に「男女の情、妬忌の別」があるため。
    2. 郷飲之礼 - その由来は人に「交接長幼の序」があるため。
    3. 喪祭之礼 - その由来は人に「哀死思遠の情」があるため。
    4. 朝覲之礼 - その由来は人に「尊尊敬上の心」があるため。
  2. 後には「冠礼」・「婚礼」・「葬礼」・「祭礼」を四礼と呼んだ。

五礼[編集]

周礼』大宗伯には礼が五つに分類されている。

  1. 吉礼 - 天地鬼神の祭祀(邦国の鬼神につかえる)
  2. 凶礼 - 葬儀・災害救済(邦国の憂いを哀れむ)
  3. 軍礼 - 出陣・凱旋(邦国を同じくする)
  4. 賓礼 - 外交(邦国に親しむ)
  5. 嘉礼 - 冠婚・饗宴・祝賀(万民に親しむ)

礼学[編集]

礼は儒家によって観念化され、秩序原理にまで高められた。荀子によって理論的整備がなされ、六経の一つとして挙げられると、礼を研究・実践する学問である礼学が起こった。

秦代焚書坑儒によって礼に関する多くの書物が散佚し、漢代に伝えられた礼経は士礼17篇(現在の『儀礼』)のみであったという。高堂生がこれを伝え、后蒼武帝の時、博士となり、その弟子、戴徳(大戴)・戴聖(小戴)・慶普の三家に分かれて学官に立てられた。また礼経に対して注釈や補充説明をした「記(礼記)」がある。『漢書芸文志には『記』131篇・『陰陽明堂記』・『王史氏記』、后蒼が著した『后氏曲台記』が記載されている。現在に伝わっている礼記は戴徳が伝えた『大戴礼記』、戴聖伝えた『小戴礼記』(現行本『礼記』)である。

後漢鄭玄古文経の『周官』を礼経とした。そして、『周官』を中心として『儀礼』と『小戴礼記』を三礼として総合的に解釈する体系的な礼学を構築した。

礼の格言[編集]

  • 三顧の礼 - 劉備諸葛亮を迎えたときの礼
  • 礼に始まり礼に終わる - 武道の基本。この言葉の初出は1907年7月『武徳誌』に内藤高治が発表した論文「剣道初歩」。
  • 礼は庶人に下らず、刑は大夫に上らず - 『礼記』ほか。

関連項目[編集]