北陸代理戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北陸代理戦争
Proxy War in Hokuriku
監督 深作欣二
脚本 高田宏治
出演者 松方弘樹
ハナ肇
千葉真一
音楽 津島利章
撮影 中島徹
編集 堀池幸三
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1977年2月26日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

北陸代理戦争』(ほくりくだいりせんそう、英題 : Proxy War in Hokuriku )は、1977年2月26日に封切り公開された日本映画。98分。製作東映

解説[編集]

深作欣二実録映画最終作。福井市三国町敦賀市輪島市金沢市を舞台に、関西名古屋を巻き込んだ地元ヤクザの抗争を描く。残虐さと救いのなさが描かれ、ラストには「俗に北陸三県の気質を称して越中強盗、加賀乞食、越前詐欺師と言うが、この三者に共通しているのは生きるためにはなりふり構わず、手段を選ばぬ特有のしぶとさである」のナレーションが流れる。

あらすじ[編集]

福井市の富安組若頭・川田は組長・安浦が競艇場利権を譲渡する約束を破ったため、安浦をリンチ。おびえた安浦が弟分・万谷を介して大阪浅田組・金井に相談したため、金井は手打ちの仲介名目で北陸進出にのり出すことになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

昭和52年(1977年4月13日午後1時5分、本作品の主人公のモデルとなった川内組の組長・川内弘が地元の喫茶店で射殺された(三国事件)。深作が実録路線から撤退したのは映画封切後、まもなく発生した三国事件のためともいわれる[1][2]。深作は撮影後に川内から手紙を受け取っている。

竹井役は渡瀬恒彦が演じていたが、撮影中に雪中での自動車事故に遭い重傷を負ったため、急きょ伊吹吾郎に差しかわった。映画館で上映されていた予告編では渡瀬の出演するシーンがある。

当初は『新仁義なき戦い』シリーズの一編として制作が予定されていたが、同シリーズを主演していた菅原文太が出演できなくなったため、別作品として制作・公開された。深作は「彼(菅原)も飽き飽きしていたんじゃないですか[3]」と回顧している。

本作は現在進行中の抗争を映画化し、映画の製作が原因でモデルとなったやくざを刺激した[1][4]。飛び交う雑音を無視して東映の岡田茂社長(当時)が「こういう生々しいのはええ」と製作を推し進めさせたといわれる[5]。しかし福井県警の干渉を受けたり、大雪で撮影が難航したり、前述の主役、準主役の交替など撮影時から多くのトラブルにも見舞われ、「仁義なき戦い」というネームバリューを外されたこと、興行力のある菅原が降板したこと、客層が変化したことなどの理由で配収が2億円に届かない記録的な不入りとなったといわれる[4]

しかし監督の深作、及び脚本の高田宏治は、その後ともに大作を任され、さらなる名声を得る[6]。深作は「実録路線」を切り上げ、様々なジャンルの大作を手掛けた。高田は『鬼龍院花子の生涯』や『極道の妻たちシリーズ』などの「東映やくざ女性映画」に繋げた[1][6]。本作はその分岐点といえる作品であった[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 実録が現実を喰う!『映画の奈落』 北陸代理戦争の仁義なき場外戦
  2. ^ 奈落、p287
  3. ^ 『映画監督 深作欣二』 ワイズ出版
  4. ^ a b 奈落、p239-241
  5. ^ 奈落、p261
  6. ^ a b 奈落、p287-291
  7. ^ 奈落、p264-265

関連書籍[編集]