黒薔薇の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒薔薇の館
監督 深作欣二
脚本 松田寛夫
深作欣二
製作 織田明
出演者 丸山明宏
小沢栄太郎
田村正和
音楽 鏑木創
撮影 川又昂
編集 寺田昭光
配給 松竹
公開 日本の旗 1969年1月25日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

黒薔薇の館』(くろばらのやかた)は、1969年公開の日本映画である。

前年の『黒蜥蜴』に続く、深作欣二監督、丸山明宏主演作品である。横尾忠則が題字を手がけた。

ストーリー[編集]

資産家の佐光喬平が半ば趣味で経営するサロン「黒薔薇の館」を一人の妖艶な女が訪れるようになった。藤尾竜子と名乗るその女は毎晩黒薔薇を片手に愛を歌い、サロンに集う男たちを魅了していった。竜子を追って男たちがサロンを訪れるが、竜子は冷たく対応するだけであった。ついには竜子を巡って自殺や殺人まで起きる。竜子の虜となった佐光は、彼女が気に入るように館を改装し、竜子が館の女主人として君臨することを許した。

ある日、佐光の次男で放蕩息子の亘が黒薔薇の館を訪れる。佐光の留守中に亘と竜子は関係を深めていく。

登場人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]