男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男はつらいよ > 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
口笛を吹く寅次郎
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 日本の旗 1983年12月28日
公開 松竹
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12億5千万円(配給収入
前作 男はつらいよ 旅と女と寅次郎
次作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎
テンプレートを表示

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(おとこはつらいよ くちぶえをふくとらじろう)は、1983年12月28日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの32作目。上映時間は105分。観客動員は148万9千人。配給収入は12億5千万円[1]

あらすじ[編集]

備中は高梁の地に立ち寄った寅次郎。博の亡き父のお墓参りをしようとする。寺の和尚(松村達雄)に気に入られた寅は二日酔いの和尚の代理で法事に出て法話が受け、寺に住み着く事になった。和尚には朋子(竹下景子)という美しくてしっかりした娘が出戻っており、恋の虜になる。さくらたちは三回忌のために菩提寺に集まる。まさかと思ったら寅が坊主の格好をしていた。そんなさくらは寅の姿に驚き「まさか悪いことでもしてるんじゃないでしょうね」と涙ながらに言っていたが「これにはいろいろわけがあるんだ。泣くなっつーの」と悟った。寺を継ぐはずが、大学をやめて東京の写真スタジオで働くという長男の一道(中井貴一)を和尚は勘当同然に追い出した。一道には病弱な父を支えて酒屋を切り盛りしているひろみ(杉田かおる)という恋人がいた。その時一道は電話で「今夜中に東京に行く」と告げて電話を切った。走り去る電車の車窓でひろみをみつけ「ひろみー」と大声で叫んで大きく手を振った。「いったらいけん、いったらいけん」とひろみは踏切で流れる涙をぬぐった。ある夜、入浴中の和尚と湯加減を心配する朋子の「寅を養子に貰うか」という会話を耳にした寅は、翌朝、書きおきを残して東京に発った。帝釈天の門を叩き、御前様のもとで僧侶になるための修行を積む事を決心する。朋子が柴又まできて再会。最後の柴又駅のシーンで朋子も寅次郎と結婚したいとほのめかすが、寅次郎は冗談と受け止め笑ってごまかすのであった。朋子は悲しげに去っていく。そして寅はまた、旅に出るのであった。

愛の告白をされようとしているのに、自分から冗談にしてしまう寅次郎の哀しみがにじみ出ている作品。

キャッチコピー[編集]

『さくら、兄ちゃんは罰が当たっちまったよ! 三日坊主とお笑い下さいまし。』

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟