男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男はつらいよ > 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(おとこはつらいよ くちぶえをふくとらじろう)は、1983年12月28日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの32作目。上映時間は105分。観客動員は148万9千人。興行収入は10億8千万円。

あらすじ[編集]

博の亡き父の三回忌の墓参りのため、備中は高梁の地に立ち寄った寅次郎。そこで、寺の和尚(松村達雄)に気に入られた寅次郎は、寺に住み着く事になった。和尚には朋子(竹下景子)という美しくてしっかりした娘がおり、寅次郎は早速恋の虜になる。朋子に接近するためにはお坊さんになるのが一番。そう考えた寅次郎は柴又に舞い戻ると帝釈天の門を叩き、御前様のもとで僧侶になるための修行を積む事を決心する。しばらくして、また備中高梁を訪れた寅次郎は、僧侶となって朋子の花婿になることを画策する。その一方で、和尚の息子一道(中井貴一)と、その恋人ひろみ(杉田かおる)の若いカップルに恋の手ほどきをしてやるのであった。寅次郎の甲斐もあってか、一道とひろみのカップルは上手くいく。そして、最後の柴又駅のシーンで朋子も寅次郎と結婚したいとほのめかすが、寅次郎は冗談と受け止め笑ってごまかすのであった。

愛の告白をされようとしているのに、自分から冗談にしてしまう寅次郎の哀しみがにじみ出ている作品。

キャッチコピー[編集]

『さくら、兄ちゃんは罰が当たっちまったよ! 三日坊主とお笑い下さいまし。』

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]