佐久間正英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐久間正英
基本情報
出生 1952年2月29日[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 2014年1月16日(満61歳没)[2]
学歴 和光大学人文学部人間関係学科卒業
ジャンル J-POPロック
職業 ミュージシャン音楽プロデューサー作曲家編曲家セッションミュージシャン
担当楽器 ベースギターキーボード
活動期間 1975年 - 2014年
共同作業者 四人囃子
プラスチックス
土屋昌巳
公式サイト 佐久間正英のHP

佐久間 正英(さくま まさひで、1952年2月29日[1] - 2014年1月16日)は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー

経歴[編集]

母親は広島の出身で、戦前広島市舟入にあった少女歌劇に在籍[3][4]海軍士官だった父親と終戦と共に逃げるように東京に出て来たという[5]三味線の師匠だった母から音楽的な影響を受ける[6][7]東京都立杉並高等学校を経て和光大学人文学部人間関係学科卒業。

「ミスタッチ」というバンドの在籍を経て、四人囃子に加入しベースを担当した後、作曲家編曲家セッションミュージシャンとして活動。1978年にプラスチックスに参加(「Ma-CHANG」名義)し、1981年に脱退。この間にP-MODELのプロデュースに携わり、本人は「初めてのプロデュース業」と振り返っている[8]。1984年、自身の活動拠点としてブイ・エフ・ブイスタジオを設立。

1999年、ケイト・ピアソンB-52's)、YUKIJUDY AND MARY)らと共にNiNaを結成し、シングル「ハッピー・トゥモロー」をリリース。

四人囃子からプラスチックスへの移行期に香港映画ドランクモンキー 酔拳』の日本向け主題歌「拳法混乱〜カンフージョン」を作曲したのを機に、1980年代からは映画音楽も手がけている。近作は『Bandage』(2006年、製作中止)を手がけた。

2001年には佐久間が中心となってビビアン・スー土屋昌巳ミック・カーン屋敷豪太The d.e.pを結成し、同年5月9日アルバム『地球的病気』を発売。

2003年早川義夫とCes Chiensを結成。佐久間はかつて早川がリーダーを務めていたジャックスに強い衝撃を受け、音楽の道を目指すきっかけになったという。

2008年より、佐久間本人が長年抱いて来た“理想のバンド”構想を実現すべく、若菜拓馬星山哲也砂山淳一佐久間音哉らとunsuspected monogramとして活動を開始する。 このバンドではギタリストとして活動しており、不定期ながら、ライブを行っていた。

2010年2月19日より、"Goodnight_to_followers"、通称"おやすみ音楽"として毎晩、曲を作成しネット上に無料でアップロードしていた。"いつまで続けるかはわからない。"としながらも500夜、700夜、1001夜達成の節目節目にライブを開いている。連続アップロードは2013年3月5日の1111夜で一旦終了し、その後は「気が向いた時」に作りたいとしていたが、結果的には2013年3月15日の1112夜目が最後となった。

過去にはストリングスアレンジを手掛けた楽曲もあり、山下達郎の「あまく危険な香り」が最も有名である。

2013年8月9日、自身の公式サイトにて末期のスキルス胃がんであることを公表[9]

2014年1月16日午前2時27分死去、61歳没[10]。同年1月20日、息子の音哉により死去が報告される[2]。アルバムではウラニーノのアルバムプロデュースが最後となった[11]。2014年3月5日に遺作「Last Days」を含むコンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』が発売[12]

人物[編集]

  • 「佐久間式ピッキング法」とも呼ばれる逆アングル・ピッキングフォームが特徴的。この奏法は、通常のピッキングよりも弦にハード・ヒッティング出来て、更にスラップよりも強い音が出るので、BOØWY松井常松GLAYJIRO黒夢人時などに影響を与えた。しかし元々はギタリストであり、キーボードなどもこなすマルチプレイヤーである。
  • 「Journeyman」「TopDog」というエレキギターベースブランドを立ち上げ、GLAYのメンバーなどに提供している。
  • VOCALOIDオリジナル曲も手掛けている。
  • アイドルグループ乃木坂46生田絵梨花は親戚(生田の父親といとこ同士)である。のちに、乃木坂46のシングル『バレッタ』収録映像の中で共演が実現した[13]
  • 死の2年半前、未曾有の大災害東日本大震災時に、初めてBOØWYに対する思いをブログ上に告白し、全盛期のプロデューサーであった自分自身が最も再結成を望んでいる胸の内を明かした。しかし、生前彼らが再結集することは叶わず、2014年に氷室京介がライブ活動の完全終了を宣言するなどしたこともあり、さらにその実現は困難となった。現在においても佐久間の最も再結成を望んだBOØWYの活動再開は果たされていない。[14]

ディスコグラフィ[編集]

ソロアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 備考
1st 1984年10月21日 LISA ビクターエンタテインメント
2014年4月2日(再発)
2nd 1991年3月27日 in a garden〜創造の庭で EMIミュージック・ジャパン
2014年4月2日(再発) ユニバーサルミュージック
3rd 1991年3月27日 REPLAY〜再生 EMIミュージック・ジャパン
2014年4月2日(再発) ユニバーサルミュージック
4th 1992年4月22日 SANE DREAM〜正気の夢 EMIミュージック・ジャパン
2014年4月2日(再発) ユニバーサルミュージック

オムニバス[編集]

発売日 タイトル レーベル 備考
- 2014年3月5日 SAKUMA DROPS ビクターエンタテインメント これまでの佐久間正英プロデュース作品から佐久間自ら選曲した33曲に、遺作となった新曲「Last Days」を含む全34曲収録[15]

プロデュースした主なミュージシャン[編集]

主な音楽担当作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Interview: SAKUMA Masahide. 四人囃子公式ウェブサイト. 2013年8月11日閲覧。ただし、戸籍上は3月1日生まれとなっている。
  2. ^ a b 佐久間音哉、TwitLonger、2014年1月20日閲覧。
  3. ^ 佐久間正英のHP November 30, 2009
  4. ^ 四人囃子メンバー 佐久間正英 インタビュー
    (文中の「波田舞踊団」は「羽田別荘少女歌劇団」のこと〈料亭 羽田別荘 歴史〉〈広島・少女歌劇 : とっておき旅 : 企画・連載 : 関西発 : YOMIURI ONLINE 〉、
    倉橋滋樹・辻則彦『少女歌劇の光芒 ひとときの夢の跡』青弓社、2005年)。
  5. ^ 佐久間正英のHP December 7, 2009
  6. ^ 『そして音楽が残った~プロデューサー・佐久間正英“音と言葉”~』NHK総合、4月11日放送
  7. ^ 第06回 佐久間 正英 氏 | Musicman-NET
  8. ^ 30th anniv.” - Masahide Sakuma、2014年1月21日閲覧。
  9. ^ 佐久間正英「goodbye world」
  10. ^ 音楽プロデューサー佐久間正英氏死去…昨夏に末期がん公表(2014年1月20日)、スポニチアネックス、2014年1月20日閲覧。
  11. ^ 佐久間正英「goodbye world」、2014年1月20日閲覧。
  12. ^ 音楽プロデューサー 佐久間正英、ヒット曲満載の作品集「SAKUMA DROPS」3/5発売、musicman-net、2014年1月20日閲覧。
  13. ^ 乃木坂46生田絵梨花、新個人PVで佐久間正英と念願の初共演(2013年11月12日)、ナタリー
  14. ^ Talking about a BOΦWY II
  15. ^ 『SAKUMA DROPS』特設サイト”. 2014年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]