Λucifer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Λucifer
2010年9月25日、Indoor Stadium Huamark公演にて左からYUKI、SANTA、MAKOTO、TOWA、ATSURO}
2010年9月25日、Indoor Stadium Huamark公演にて
左からYUKI、SANTA、MAKOTO、TOWA、ATSURO
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ハードロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
活動期間 1999年 - 2003年
2010年
2012年
2014年
公式サイト Λucifer 10th Anniversary Official Website
メンバー
MAKOTO(ボーカル
YUKI(ギター
ATSURO(ギター
TOWA(ベース
SANTA(ドラムス

Λucifer(リュシフェル)は、1999年から2003年に活動していたヴィジュアル系ロックバンドである。2010年4月、結成10周年を機に再結成を果たした。以後もΛuciferの活動は度々行われている[1][2]

メンバー[編集]

名前 読み パート 備考
MAKOTO マコト ボーカル †яi¢к
YUKI ユキ ギター DUSTAR-3Rayflower、およびAcid Black Cherryのライブ、レコーティング等の固定サポートメンバー
ATSURO アツロウ ギター
TOWA トーワ ベース OLIVE SUNDAY2008年結婚
SANTA サンタ ドラム 現OLIVE SUNDAY、2006年結婚

概要[編集]

新條まゆの漫画「快感♥フレーズ」をテレビアニメ化した「KAIKANフレーズ」から派生し[3]、メンバーの名は漫画キャラクターから取られ、ボーカルのMAKOTOも当初はキャラクターと同じ咲也の名だった。「アニメの架空のバンドが現実世界でデビューした」と注目された。

1999年9月シングル「堕天使BLUE」でデビューした。以降もハードロックやオルタナティヴ・ロックのエッセンスを凝縮したシングル、アルバムをコンスタントにリリースするも、2003年1月に解散した。解散後もメンバーそれぞれがソロ活動、スタジオ・ミュージシャンバックバンドとして活躍していた。

MAKOTOはタイで人気を誇っており、たびたび訪問してライブ等の活動を行っている(その人気はプミポン国王の三女チュラポーンもΛucifer時代からのファンを公言するほどである)。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1999年9月15日 堕天使BLUE PCDM-00009
  1. 堕天使BLUE 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】<テレビ東京系「KAIKANフレーズ」オープニングソング>
  2. Silent Melody 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】
  3. 堕天使BLUE(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場16位
2nd 1999年11月3日 Cの微熱 PCDM-00011
  1. Cの微熱 【作詞:森雪之丞 作曲:CHISATO
  2. PLASMAGIC 【作詞:森雪之丞 作曲:CHISATO】
  3. Cの微熱(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場8位
3rd 2000年2月16日 TOKYO幻想(イリュージョン) PCDM-00014
  1. TOKYO幻想 【作詞:森 雪之丞 作曲:TAKUYA】(TX系全国ネットテレビアニメ「KAIKANフレーズ」オープニングテーマ)
  2. LUCY 【作詞:森雪之丞 作曲:ATSURO】
  3. TOKYO幻想(off vocal version)
  4. LUCY(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場11位
佐久間正英プロデュース
4th 2000年6月7日 CARNATION CRIME POCE-8200
  1. CARNATION CRIME 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】
  2. DUMMY Live ver.
  3. Midnight Crow Live ver.
  4. CARNATION CRIME(Off vocal ver.)
オリコン週間ランキング初登場9位
5th 2000年8月2日 JUNK CITY POCE-8201
  1. JUNK CITY 【作詞:森雪之丞 作曲:CHISATO】
  2. 輪廻の瞳 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】
  3. JUNK CITY(off vocal version)
  4. 輪廻の瞳(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場9位
6th 2000年11月8日 TSUBASA POCE-8202
  1. TSUBASA 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】
  2. See You 【作詞:MAKOTO 作曲:ATSURO】
  3. TSUBASA(off vocal version)
  4. See You(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場11位
7th 2001年8月1日 ハイパーソニックソウル POCE-8204
  1. ハイパーソニック ソウル 【作詞:森雪之丞 作曲:TAKUYA】
  2. CASTAWAYS 【作詞:森雪之丞 作曲:ATSURO】
  3. ハイパーソニック ソウル(off vocal version)
  4. CASTAWAYS(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場16位
8th 2002年2月6日 Regret POCE-8205
  1. Regret 【作詞:MAKOTO 作曲:ATSURO&MASAKI】
  2. Heavy Style 【作詞:SANTA&TOWA 作曲:SANTA】
  3. Regret(Off Vocal Version)
  4. Heavy Style(Off Vocal Version)
オリコン週間ランキング初登場18位
亀田誠治プロデュース
9th 2002年8月7日 Realize POCE-8207
  1. Realize 【作詞・作曲:MAKOTO】
  2. この手の中に 【作詞・作曲:TOWA】
  3. Realize(off vocal version)
  4. この手の中に(off vocal version)
オリコン週間ランキング初登場15位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1999年12月8日 LIMIT CONTROL PCCM-00005 オリコン週間ランキング初登場6位
2nd 2001年2月21日 BEATRIP POCE-8203 オリコン週間ランキング初登場10位
3rd 2002年3月13日 ELEMENT OF LOVE POCE-8206 オリコン週間ランキング初登場17位
ベスト 2002年12月5日 THE BEST POCE-9820:初回限定盤
POCE-8208:通常盤
オリコン週間ランキング初登場15位

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2000年04月19日 リュシフェル VISION FILE ONE:FILM:ESCAPE PCVU-50002:VHS
PCBU-50001:DVD
2nd 2001年05月30日 Be Trip Tour 2001 POVE-8201:VHS
POBE-8201:DVD
3rd 2001年11月07日 Film〜ESCAPE 2 POVE-8202:VHS
POBE-8202:DVD
4th 2003年03月26日 LAST TOUR 2002-2003 ENERGY TOUR FINAL AT TOKYO KOKUSAI FORUM POBE-8203:DVD
5th Λucifer 10th Anniversary Live Tour Rinne 2010.09.01 AKASAKA BLITZ (通信販売限定)

その他[編集]

  • MAKOTOが「"GREEN" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」に「FREEZE MOON」で参加。
  • ドラマCD「快感フレーズ~リインカーネーション~超豪華盤」に新曲「タイムマシーンは要らない」(作詞:森 雪之丞 作曲:ATSURO)が収録されている[4]

ラジオ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
丹羽悠晃 「ハイパーソニックソウル」
不明 「CARNATION CRIME」「Cの微熱」「JUNK CITY」「Realize」「Regret」「TOKYO幻想」「TSUBASA」「堕天使BLUE」

出典[編集]

外部リンク[編集]