BY-SEXUAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BY-SEXUAL
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1988年 - 1998年
レーベル ポニーキャニオン
メンバー
SHO
RYÖ
DEN
NAO

BY-SEXUAL(バイセクシャル)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド

バンド名の由来[編集]

  • NAOの実家のオス犬同士が番っている(SEXしている)のを見たことから両性愛を意味する英語(bisexual)をもじって生まれた。

概説[編集]

  • 1988年4月、メンバーの地元である大阪・高槻で結成。
  • 1990年2月21日、シングル「SO BAD BOY」でデビュー。(当時はメンバー全員未成年)
  • 1991年、「幕末純情伝」が映画の主題歌となる。
  • 1995年1月、Vo.SHO脱退。
  • 1996年夏、BY-SEXとバンド名を変え、ライブ活動再開(VocalはRYÖ)。
  • 1998年2月、Ds.NAOの脱退により活動休止。
  • 2011年5月、チャリティーのため1度限りの再結成を発表。
    DENのBlogによれば、NAOの呼びかけで4人がミューテイングを行ったことを記している。NAOのアカウントが、バンド公式ツイッター(仮)になる
  • 2011年9月3日品川ステラボールにて震災チャリティライブを行い、16年ぶりに一夜限りの復活を果たした。

メンバー[編集]

  • SHO: Vocal, 1970年8月25日、AB型 (BY-SEXUAL→ソロ→引退)
  • RYÖ: Guitar, 1970年8月14日、O型 (BY-SEXUAL→BY-SEX→ZIGZOtest-No.)
  • DEN: Bass, 1970年6月10日、O型 (BY-SEXUAL→BY-SEX→machine→ZIGZO→test-No.& machine)
  • NAO: Drums, 1970年7月7日、O型 (BY-SEXUAL→BY-SEX→machine→nitro→food→現在machine/BADUB)

逸話[編集]

  • DENとRYÖは高槻・真上(まがみ)小学校からの同級生。共に、小学3年まで高槻・芥川小学校に通っていた。
  • 2人は中学(高槻第二中)でSHOと出会う。NAOは高校時代、当時出入りしていたスタジオで3人に出会いRYÖからバンドへ誘われる。
  • DENはDYNAMITE TOMMY率いるCOLORでローディーをしていた。
  • NAOは4人の中で唯一高校を卒業している。(SHO:2年で中退、DEN:1か月、RYÖ:3日)
  • NAOは、後にその高校を授業中に訪れ一部の生徒が気付いた為パニックになった事もある。
  • ダウンタウンと夢で逢えたらで共演した後に、関西のラジオで『日本一下手くそなバンド』だと言われていた。これは後にZIGZOとしてHEY!HEY!HEY!に出演したときにもDENとRYOがそのことについてダウンタウンからいじられた。
  • デビュー当初は、聖飢魔IIから「あの自転車を英語にしたのと似たバンド(バイシクルとバイセクシャルの音が似ている)はヘタ」と酷評されていたが、後に「まあ、あいつらも巧くなったよ」とダウンタウンにトーク番組で語っている。
  • SHOはFEELのマネージャーをしていたが、後に音楽界から引退した。
  • とんねるずのみなさんのおかげです」内のコント「ロックンロール最高物語」にて、B21スペシャルヒロミとともに準レギュラーで出演し、BY-SEXUAL21というグループに扮した。
  • 2012年5月にSHOがDEN個人ウェブサイトにて、チャリティライブ後の義援金報告とファンに向けてメッセージを発表。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • Culture Shock (1990年4月21日、PCCA-00058)
  • SEXUALTY (1990年11月14日、PCCA-00123)
  • Cracker (1991年10月9日、PCCA-00309)
  • 4D POCKET (1992年9月18日、PCCA-00394)
  • Coupling Party (1992年11月20日、PCCA-00411)
  • Young Sprits (1993年6月2日、PCCA-00455)
  • 94 LOVE (1994年4月6日、PCCA-00555)
  • COOL (1994年11月18日、PCCA-00691)
  • ago (2011年8年17日、RDSR-70000)BY-SEX名義

ベスト・アルバム[編集]

  • Album (1995年4月5日、PCCA-00731)
  • Anthology BY-SEXUAL ベスト (2002年12月18日、PCCA-01835)

シングル[編集]

  • SO BAD BOY (1990年2月21日、PCDA-54)
  • BE FREE (1990年3月21日、PCDA-66)
  • GET, START, DON'T STOP, GO GO! (1990年7月25日、PCDA-94)
  • FLAPPER (1990年10月24日、PCDA-123)
  • DYNAMITE GIRL (1991年4月24日、PCDA-177)
  • 幕末純情伝/沖田総司はBカップ (1991年6月21、PCDA-211)
  • HYSTERIC (1991年9月21日 PCDA-228)
  • HURRY UP! LET IT GO! (1992年1月1日、PCDA-265)
  • DEEP KISS (1992年9月18日 PCDA-360)
  • THANK YOU FOR SMILE (1993年5月21日、PCDA-452)
  • MEDIA JUNKY (1993年9月17日、PCDA-485)
  • ROMANTIC (1994年3月18日、PCDA-550)
  • COOL HEART (1994年10月21日、PCDA-661)

映像作品[編集]

VHS[編集]

いずれも未DVD化。

  • FILM BY-SEXUAL 1 (1990年9月21日、PCVP-10325) 3曲入りビデオクリップ集
  • FILM BY-SEXUAL 2 〜LIVE IN SHIBUYA KOKAIDO〜 (1991年1月1日、PCVP-10433) 1990年9月29日 Sexuality Tour 渋谷公会堂でのライブを収録。
  • FILM BY-SEXUAL 3 (1991年11月21日、PCVP-50671)  4曲入りビデオクリップ集
  • FILM BY-SEXUAL 4 〜Cracker Shop 24h〜 (1992年4月1日、PCVP-50792) 1992年1月12日 Cracker Shop 24Hours Tour NHKホールでのライブを収録。
  • FILM BY-SEXUAL 5 (1994年4月28日、PCVP-51428)  4曲入りビデオクリップ集
  • FILM BY-SEXUAL 6 〜Live at the Hibiya Music Stadium〜 (1995年1月20日、PCVP-51592) 1994年10月23日日比谷野外音楽堂でのライブ収録

本・ムック[編集]

  • PENALTY AREA (ソニー・マガジンズ、1991年6月)
  • In and Out of BY-SEXUAL 海賊版 (宝島社、1991年12月)
  • 今月のばいちゃん!! (ソニー・マガジンズ、1993年9月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]