フリーウィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

株式会社フリーウィル(Free-Will)は、音楽・映像ソフトの制作も手がける、日本の独立系レコード会社。代表取締役は冨岡裕(ダイナマイト・トミー)。 ヴィジュアル系を扱うレーベルとしては最大規模の会社で、DIR EN GREY等などの人気アーティストを多数抱える。

ポリシー[編集]

代表取締役である冨岡が元々アーティストであった経験から、所属アーティストに対して様々なアドバイスがなされている。

沿革[編集]

1986年ダイナマイト・トミーが自身のバンドCOLORのファーストEP「MOLT GRAIN」をリリースするためにフリー・ウィル・レコードを設立したのが始まり。1980年代後半から1990年代にかけて多くの人気を博したヴィジュアル系ロックバンドが所属していたことにより、昔は「東のエクスタシー、西のフリーウィル」とも呼ばれていた。 ちなみにエクスタシーとはYOSHIKIの主催するEXTASY RECORDS(現在は事実上運営は終了しているがX JAPAN復活に際し復活した)のこと。

1996年頃より傘下のレーベルや交流のあるバンドのCDの流通に深く携わるようになった。傘下のSunKradにDIR EN GREYが所属している。欧州圏向けの販売戦略を押し進めてもおり、所属バンドであった蜉蝣が2005年にヨーロッパ公演を行った。

DIR EN GREYは米インディーズレーベル「ワーコン・エンタープライズ英語版」と契約、『Withering to death.』『THE MARROW OF A BONE』の2枚のアルバムを全米でリリース。2007年2月には全米ツアーを実施し多くのファンを獲得。

2007年9月14日、社長である冨岡裕が大手広告会社「アサツー ディ・ケイ」から約3億2000万円を詐取した容疑で逮捕されるが、後日嫌疑なしとして不起訴処分となる。

所属アーティスト[編集]

SunKrad
ism
Einustar records
HAVELL PLOT
S'CUBE
Resistar Records

Fire Wall Division / FIREWALL DIV.[編集]

Fire Wall DivisionおよびFIREWALL DIV.は、フリーウィルがソニー・ミュージックディストリビューションに販売を委託している、フリーウィル運営のメジャー・レーベル。DIR EN GREY12012NAYUTAWAVE RECORDSから移籍)、MERRYビクターエンタテインメントから移籍)、baroque(再結成後)らの作品が同レーベルよりリリースされている。 現在フリーウィル傘下のアーティストのほぼ全てがこのレーベルから発売している。

かつて所属したバンド[編集]

終了したレーベル[編集]

soleil
Matina
SHINING
NEW HORIZON
BIG FOREST RECORD
  • PULSE
  • MisLead 
  • Leon
  • INDY NOSEBONE 
FULLFACE
STORM

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]