MERRY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MERRY
}
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ハードロック
パンク・ロック
ハードコア・パンク
アバンギャルド
歌謡曲
活動期間 2001年 -
レーベル FULL FACE・劇薬レコード(2003年
FROCKS(2004年 - 2005年
ビクターエンタテインメント2005年 - 2009年
Fire Wall Division2010年 - )
事務所 Sunkrad
公式サイト MERRY Official Web Site
メンバー
ガラ(Vocal
結生(Guitar
健一(Guitar
テツ(Bass
ネロ(Drums

MERRY (メリー) は、日本ヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所はSunKrad、所属レコード会社Fire Wall Division

概要[編集]

リーダーはボーカルのガラ、公式ファンクラブ名は『CORE』である。2001年10月、ガラを中心として、人間性・協調性を重視して現メンバーが集められる。活動開始前に、バンドのイメージの統一感を固める事に徹底しており、華やかな雰囲気のバンドが人気だった当時において、アンダーグラウンドな匂いのするバンドをコンセプトに、シークレットライヴにて活動を開始した[1]

音楽性[編集]

曲調も然りで、『エログロ』『哀愁歌謡』路線の楽曲を主軸に制作していた。そのレトロ感溢れる音楽性は、『レトロック(レトロなロック)』と称され、今やMERRYというバンドの個性・代名詞にもなっている。現在に至るまでには曲調も多様になり、パンクやハードロック、ハードコア調の楽曲が割合の大半を占めている。しかし、曲を聴けばレトロな歌謡テイストは垣間見ることができ、バックボーンは結成時から積み重ねてきたレトロックである事が伺える。またライヴでは、レトロックのイメージを表現するため、ボーカルのお立ち台に学級机が使用されている。この机はオークションで3000円で落札したものである。

バンド名の由来[2][編集]

メンバー全員で決めたバンド名。まず、初めて聞く人にも覚え易いようにと、カタカナの単語にする事にした。音楽性に縛られたくないという考えから、バンドスタイルからは結びつかない単語を挙げていき、その中から『メリー』が選ばれた。『メリーさんのひつじ』という童謡があるように羊を連想させる単語だが、かわいらしい風貌に反して不気味な瞳の羊が持つギャップ感とバンドのイメージ像が結び付いたという。2010年8月4日、事務所・レーベル移籍後の初シングル『The Cry Against.../モノクローム』リリースに伴い、それまでカタカナ表記がメインだったバンド名が大文字の英語表記に統一された。

爆音の中のお通夜[3][編集]

当初から限られたライヴ時間でより強烈なインパクトを残す為、「いかに観客を引かせるか」を念頭にパフォーマンスを行っていた。墨汁や卵を吐く、ドラムのネロ以外言葉を発しない(歌唱・コーラスは除く)、MCが習字、自慰行為(ポーズ)や三点倒立などのガラの奇行が功を奏し、演奏・歌唱力や曲のクオリティも相まって、シークレット扱いにも関わらずライヴハウスのマスターや音楽雑誌編集者に一目置かれる存在になった。しかし、観客が本当に引いてしまった為、しばらくの間、観客が棒立ちのライヴが続いたという逸話がある。半年ほど経った頃からようやく、『愛国行進曲』という曲をきっかけに、観客との一体感が生まれてきて、ネロ曰く「爆音の中のお通夜」状態から脱却することができた。

初メディア露出~初シングル発売[編集]

音楽誌『FOOL'S MATE』NO.244(2002年2月号)において初のメディア露出をし、マキシシングル『はいからさんが通る』を自主レーベル『劇薬レコード』から制作。通信販売と店頭販売の二形態で販売する事になったが、どの程度の数を用意すればいいのか予想できず、とりあえず2000枚準備した。ところが、予約の時点で完売してしまい、CDショップに全く並べられないという状態になってしまった。そこで急遽、発売日までに1000枚追加するという珍事が起こった。店頭販売盤のジャケットが2種類になったのはこの為である。更に追加分も瞬く間完売したので、後に、1曲追加収録された同タイトルの2ndプレス盤も販売された。

順調なバンド活動~活動休止~[編集]

清春が自身のレーベル『FULL FACE』からの作品リリースの話を持ちかけたことから、2003年4月13日に1stアルバム現代ストイック』をリリース。後に自主レーベルの名前を劇薬レコードから『FROCKS』に変え、コンスタントに音楽・映像作品をリリース。2005年9月7日に『nuケミカルレトリック』でビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。アルバム『アンダーワールド』までの約4年間のメジャーシーンでの活動の後、Fire Wall Divisionに移籍。2013年2月、ガラの椎間板ヘルニアの手術とリハビリのため、初めてバンド活動を休止させる。同年8月に再開したものの、2ヶ月後の10月、今度はテツがライヴ中のアクシデントによる負傷でバンド活動から離脱。作曲等には携わっているが、頸髄損傷の為リハビリに専念しており、一刻も早い回復・復帰が望まれる中現在に至る。


メンバー(加入順) [4][編集]

ガラ (Vocal)[編集]

  • 7月6日生、A型、群馬県出身。バンド遍歴(全てVocal) - Visage → After effect → MERRY
  • 独特なハスキーボイスが特徴で、本人も「よく人から”声が泣いている”って言われます」と語っている。
  • ライヴでは基本的に裸足であり、現在はあまり見られないが、前述の通り学習机の上で三点倒立をしたり、墨汁を吐いたりと奇行に出る。また、シャボン玉や柱時計など、レトロ調の小道具を用いてステージの世界観を視覚的にも広げるセンスも持ち合わせる。
  • 当初、バンド上のキャラ設定はかなりの口下手(初期は喋っていてもメンバー以外には声が聞こえないと言う設定もあった)で、MCを習字の筆談で行ったり、インタビューではフリップで回答する、ネロに代弁してもらう等の手段を使う無言キャラだったが、2006年12月31日~2007年1月1日にかけて行われた『Many Merry Days 5th Anniversary Special 2night ~白い羊/黒い羊~』にてMCを解禁して以来、現在は普通に声を発している。
  • バンドの事を何も知らず、つてもないまま上京してすぐDIR EN GREYローディーを務めており、ボーカルのから多大な影響を受けている。また、After effect解散後、次に組むバンドを最後にすると決めて構想を練る際に、京からアドバイスを受けたり、ガラという名前をつけてもらった[5]
  • 楽曲全ての歌詞を手掛け、「チクタク」と「ちぐはぐ」(チック・タック)、「降りそうさ」と「feel so sad」(妄想rendez-vous)、「明日へ明日へ らんらん」と「RUN RUN」(ワルツ)等、似た発音の言葉を巧みに取り替えて歌詞の世界観を広げる言葉遊びをよく用いる。他に『林檎と嘘』の冒頭のAメロの歌詞では回文を多用している。
  • 椎間板ヘルニアの悪化に伴い治療に専念するため、2013年2月13日のライヴをもって一時的に活動を休止、同年8月10日に再開した。

結生:ゆう(Guitar)[編集]

  • 4月2日生、B型、愛媛県出身。ステージ上手のポジション。バンド遍歴(全てGuitar) - ABC → LAPIS → Shiver → MERRY
  • Shiver時代にガラのバンド(After effect)と対バンした際にガラから一目置かれていた。
  • Shiver解散後、実家の愛媛に戻った際に約3ヶ月に亘るガラの電話勧誘により再びバンド魂に火が付き、一緒にバンドをする決意を固めた。また、ドラムにネロを強く推薦したのも結生である(ガラは前バンドで同じだったメンバーとはやらないつもりだったので、最初は反対していた)。
  • 愛称は『けつお』(結生という漢字をけつおと誤読される事が多いため)。
  • MERRYの楽曲の半数を作曲しており、カッティングダウン・ピッキング等の技術を得意としている。またコーラス・ハモリ部分にも積極的に参加している。
  • スコティッシュフォールドのメスネコ「ひめまる」を飼っており、ブログをやっていた際に頻繁に画像を掲載させていた。

ネロ(Drums)[編集]

  • 2月11日生、A型、埼玉県出身。バンド遍歴(全てDrums) - ナイトメア → スモーキー・フレーバー → After effect → MERRY
  • ガラとは、After effectからの付き合いで、一番長い間、共にバンドを組んでいる事になる。当初は、After effect解散後は同じメンバーでバンドを組むことはないとお互い思っていたが、結生の要望で彼と連絡を取る事になり、結生とガラのバンド構想を聞いているうちにすっかり意気投合してしまった。実はこの時、ネロと結生の間を取り持ったのはガラだった(ガラから「結生くんがオマエのことが良いって言ってるんだけど。電話番号教えるから連絡してみてくれないか」と事前に電話があった)。
  • 変則的かつ高速なドラムプレイを得意としており、かつダイナミックなパフォーマンスが持ち味。
  • ライブでは初期の頃から彼のドラムソロ『ネロリズム(音路拍子)』があり、大きな会場でのライブになると、その日のために特別なドラムソロが用意される。また、ライブや雑誌において彼の熱いポエムが出てくることがあるが、これも『ネロリズム』と呼ばれている。
  • 性格は絵に描いたような熱血漢で、座右の銘である『全身全霊』をドラムプレイで表す程である。
  • ネロの名付け人も、ガラと同じくDIR EN GREYの京である。

テツ(Bass)[編集]

  • 11月21日生、B型、愛知県出身。バンド遍歴(全てBass) - ? → さくら → ACiD → MERRY
  • ACiDの解散が決まった時に、同じレーベルだった蜉蝣大佑(当時)に、「いいメンバーがいたら紹介して下さい」と言っていた。
  • 時期を同じくして、”でかくて髪が長くて存在感がすごいベーシスト”を新バンドに求めていたガラの元に大佑から「名古屋にいいベーシストがいるよ」と連絡が行き、ACiDの解散の打ち上げ会場に現れたガラに勧誘された。ガラとは対バンをしたことがあったので初対面だったわけではないが、見た目の柄の悪さのせいで、実際に話すまではガラに対して好印象が持てなかった。
  • 細身で長身(身長187cm)、長髪(バンド初期は背中まであった)のヘアスタイルのイメージが強いため、何かと「長い」と称される。
  • バンド内で唯一、ガラの事をちゃん付けで呼んでいる。
  • 2013年10月に行われたlynch.との対バンで観覧していた際、ステージからダイブした観客と接触し、頸部を挫傷した。頸髄損傷と診断され、現在も指の動きがままならない為、当面の間音楽活動を休止し、現在リハビリ中。

健一:けんいち(Guitar)[編集]

  • 7月14日生、A型、群馬県出身。ステージ下手のポジション。バンド遍歴(全てGuitar) - ? → クレセント → シンドローム → MERRY
  • 加入当時のMERRYは、何人ものギタリストに声をかけつつも人間性などを重要視するあまり理想の人物が見つからないままライヴのスケジュールを組んでいた状態で、最初のライヴの日まで約1ヶ月しかないという状態だった。
  • 他のメンバーと全くの初対面というわけではなく(それぞれの前バンドで対バンを何度か経験していてある程度顔見知りだった)、性格的にも技術的にも申し分ないということでライヴ直前ぎりぎりに慌ただしく加入が決まった。
    • 単音の速弾きスタイルが特徴。そのため、彼が作曲した作品はイントロやギターソロに単音の速いメロディーが使われたものが多い。
  • MERRYの曲の半数を作曲しており、結生と並んでMERRYの楽曲作成の要である。
  • ロバート山本博とは中学時代の同級生。
  • CD収集家で、2000枚ぐらいは持っていると公言している。


正規バンド以外の形態[編集]

スーパーメリーズ[編集]

  • 2003年ツアー「ピンク色の青春~Wサーキット編~」に3度、MERRYのコピーバンドとして対バン形式で登場した。
  • 真紫:まむらさき(Vocal) - ガラ
  • ザク(Guitar) - 結生
  • セルピコ(Guitar) - 健一
  • シャドウ(Bass) - テツ
  • 袋小路 要:ふくろこうじかなめ(Drums) - ネロ

爆裂羊団[編集]

  • ガラと結生によるユニット。
  • MERRYの楽曲をアコースティックギターで演奏する、弾き語り風のスタイルで活動する。
  • シングル『冬のカスタネット』にも音源が収録されている他、YouTubeに撮り下ろしの動画をアップロードしたり、LIVEイベントに出演している。


ディスコグラフィー[編集]

無料配布MD[編集]

  1. (タイトルなし)2001年10月・劇薬レコード)

シングル[編集]

  1. はいからさんが通る。2002年2月23日・劇薬レコード)
  2. はいからさんが通る。2ndプレスにあの名曲追加2002年5月23日・劇薬レコード)
  3. 個性派ブレンド~黄昏編~2002年9月15日・劇薬レコード)
  4. 個性派ブレンド~純情・情熱編~2002年11月17日・劇薬レコード)
  5. はいからさんが通りすぎた跡...2003年8月6日・劇薬レコード) オリコン週間チャート初登場172位
  6. ジャパニーズモダニスト/R-2462004年2月11日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場103位
  7. 躊躇いシャッフル/T.O.P2004年2月11日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場101位
  8. さかしまエンドロール~phantom of the gallery~2005年3月16日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場70位
  9. さよなら雨(レイン)2006年5月24日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場24位
  10. 林檎と嘘2006年6月21日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場25位
  11. コールing2006年12月6日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場27位
  12. Blind Romance/最果てのパレード2007年4月18日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場16位
  13. 木洩れ日が僕を探してる…2007年8月8日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場12位
  14. 閉ざされた楽園2008年4月16日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場15位
  15. 激声2008年8月20日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場19位
  16. 冬のカスタネット2008年11月26日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場29位
  17. アイデンティティー(2009年11月7日・劇薬レコード)
  18. The Cry Against... / モノクローム2010年8月4日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場39位
  19. クライシスモメント(2010年10月6日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場45位
  20. 夜光(2010年12月1日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場67位
  21. 群青2012年5月2日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場26位
  22. 2013年2月6日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場29位
  23. ZERO-ゼロ-(2013年11月6日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート初登場33位

各限定シングル[編集]

  1. タイトルなし(Arry/愛国行進曲)2002年7月31日・劇薬レコード)
  2. ジャパニーズモダニスト/R-2462003年12月1日・劇薬レコード)
  3. 躊躇いシャッフル/T.O.P2004年1月9日・劇薬レコード)
  4. ニュースタンダード ルネサンス2004年7月13日・劇薬レコード)
  5. rareケミカルレトリック2005年9月10日・劇薬レコード)
  6. さよなら雨(レイン)~リバース~2006年10月・ビクターエンタテインメント)
  7. Midnight Shangrila/空っぽな歌~final cut~2008年5月3日・ビクターエンタテインメント)
  8. BURST EP2009年7月4日・劇薬レコード)
  9. BURST EPDVD/Live at 新宿ロフト2009年11月7日・劇薬レコード)
  10. ハーメルン2011年6月4日・劇薬レコード)
  11. 群青2012年4月30日・Fire Wall Division)
  12. 窓 -replay-2013年8月10日・劇薬レコード)

アルバム[編集]

  1. 現代ストイック(日本青年館会場限定盤)2003年3月22日・劇薬レコード)
  2. 現代ストイック(2003年4月13日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場88位
  3. モダンギャルド2004年6月30日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場49位
  4. 個性派ブレンド クラシック~OLDIES TRACKS~2005年6月1日・劇薬レコード)オリコン週間チャート初登場97位
  5. nuケミカルレトリック2005年9月7日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場20位
  6. PEEP SHOW2006年7月19日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場23位
  7. M.E.R.R.Y.2007年11月7日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場15位
  8. 復刻 現代ストイック(LIVE会場限定盤)2008年9月4日・劇薬レコード)
  9. 復刻 現代ストイック(2008年10月10日・劇薬レコード)
  10. アンダーワールド2009年2月25日・ビクターエンタテインメント)オリコン週間チャート初登場34位
  11. Beautiful Freaks(2011年7月27日・Fire Wall Division)オリコン週間チャート27位
  12. Beautiful Days 7.29 F.A.D YOKOHAMA(2011年・Fire Wall Division)
  13. Freaks Days 8.28 名古屋Ozon(2011年・Fire Wall Division)
  14. MERRY VERY BEST ~白い羊/黒い羊~(2012年9月26日)
  15. NOnsenSe MARkeT (2014年12月24日)

DVD[編集]

  1. バイオレットハレンチ~030829 Limited Edition~(仮)2003年8月29日・FULLFACE RECORDS)
  2. SCI-FI nuケミカルレトリック~first cut~日比谷野外大音楽堂2005年12月21日・ビクターエンタテインメント)
  3. LAST INDIES TOUR~Shambara to the CORE~ACT.22006年2月1日・劇薬レコード)
  4. LAST INDIES TOUR~Shambara to the CORE~ACT.12006年3月31日・劇薬レコード)
  5. Many Merry Days #1~日比谷野外大音楽堂~2006.7.302006年12月20日・ビクターエンタテインメント)
  6. Many Merry Days 5th Anniversary Special 2night~白い羊/黒い羊~2007年12月25日・劇薬レコード)
  7. Many Merry Days FINAL2008年7月23日・ビクターエンタテインメント)
  8. VIC ~VIDEO ID COLLECTION~2009年4月22日・ビクターエンタテインメント)
  9. 林檎と嘘 Video Clip -multi angle version-2009年4月22日・ビクターエンタテインメント)
  10. TOUR09 under-world[GI・GO]2009年8月26日・劇薬レコード)
  11. MERRY 10th Anniversary NEW LEGEND OF HIGH COLOR「6DAYS」2012年8月8日・Fire Wall Division)
  12. MERRY VERY BEST 20121130 赤坂BLITZ ~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~2013年7月31日・Fire Wall Division)
  13. MERRY VERY BEST 20121130 赤坂BLITZ ~Special 2night【白い羊】~2013年7月31日・Fire Wall Division)
  14. MERRY VERY BEST 20121130 赤坂BLITZ ~Special 2night【黒い羊】~2013年7月31日・Fire Wall Division)

書籍[編集]

  • ハイカラ解体新書(上) (2005年6月30日
  • ハイカラ解体新書(下) (2005年9月30日)

参加オムニバス[編集]

  • 妖幻鏡II (2002年5月29日
    • 「路地裏メランコリー理ミックス」収録。
  • STAND PROUD!III (2002年12月11日
    • 「Strength Beyond Strength」収録。
  • LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth- (2007年12月19日
    • 「PRECIOUS...」収録。
  • THE BLUE HEARTS “20th Anniversary”TRIBUTE (2010年2月24日
    • 「皆殺しのメロディ」収録。
  • ピエロとスイカと88ライダー (2010年11月10日
    • 「新宿ナナ」収録。
  • ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜 (2010年12月1日
    • 「オデッセイ・1985・SEX」収録。
  • CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs- (2011年1月26日
    • 「Schweinの椅子」収録。
  • 漆黒の光 (2011年4月20日
    • 「グリード」(結生)、「地下道に流れる、ある独りの男の「悲痛な叫び」にも似たメロディー」(ガラ)、「翻弄」(健一)、「葬送」(健一)収録。
  • PARADE II 〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜 (2012年7月4日
    • 「悪の華」収録。
  • BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE (2013年2月20日
    • 「悪の華」収録。


外部リンク[編集]

  • ^ 『Merry ハイカラ解体新書 上巻』より(2005年6月30日発行)
  • ^ FM FUJI『J-HITS POWER STATION』公開生放送より(2007年4月23日
  • ^ Merry ハイカラ解体新書 下巻』より(2005年9月30日発行)
  • ^ 『Merry ハイカラ解体新書 上巻』より(2005年6月30日発行)
  • ^ ガラとネロの名前については、本人らがDIR EN GREYの京に「エログロっぽい名前でお願いします!」と言ってつけてもらったものである。