HY (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HY
基本情報
出身地 日本の旗 日本 沖縄県うるま市
ジャンル J-POP
ミクスチャー・ロック
活動期間 2000年 -
レーベル ASSE!! Records/UNIVERSAL J
公式サイト [1] HY ROAD
メンバー
新里英之(ギターボーカル
仲宗根泉(キーボード、ボーカル)
宮里悠平(ギター)
許田信介(ベース
名嘉俊(ドラム

HY(エイチワイ)は、男性4人・女性1人の日本ミクスチャーバンド。メンバー全員沖縄県うるま市出身。

メンバー

概要

2000年結成以来、インディーズシーンで活動している。2003年にリリースしたセカンドアルバム『Street Story』が発売と同時にオリオンチャート1位を獲得、更に4週連続の1位となり、インディースとしては初の記録を作る。以降、ライブハウスからアリーナツアーまで、チケットを即日完売させるほどの人気に。2007年にはカナダ、アメリカツアーも敢行。地元沖縄を拠点にしながら海外にも活動を広げている。日本のアーティストとしては珍しく、アルバム発売のみの活動(シングル盤を一度もリリースしない)が特徴。テレビ朝日ミュージック内の自主レーベル“東屋慶名建設”に所属(あくまでレーベル名であり、実際に建設関係の会社ではない)していたが、2013年4月23日をもってテレビ朝日ミュージックとのマネジメント契約が終了。同年8月からは、新レーベル「ASSE!! Records」を設立[1]

「HY」というバンド名の由来は彼らの地元沖縄本島中部、うるま市与那城「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」のイニシャルから来ている。

来歴

2000年に高校の同級生である新里、名嘉、許田、宮里と名嘉の従兄妹である仲宗根で結成。

2001年、初のミニアルバム『Departure』でデビュー。当初は沖縄限定発売だったが、沖縄での人気からCDが全国発売に至る。

2003年、2枚目となるアルバム『Street Story』をリリース。インディーズでは異例の4週連続オリコンチャート1位を記録する。

2004年に発売された3枚目のアルバム『TRUNK』も前作に続いてオリコンチャートで1位を獲得。これらの記録はインディーズとしては史上初の記録となった。また、同年にはリンキン・パークの来日公演のオープニングアクトを務めた他、初のホールツアー「ITTA SOMUN'04 TOUR ~そこにあるべきもの~」を開催する。

2005年、『Departure』のリードトラック『ホワイトビーチ』がコカコーラのキャンペーンCMソングに採用。コカコーラのキャンペーンで「ANSHI COKE NONJOHNBAR RASSAI!! '05 TOUR」を開催する。

2006年には全47都道府県を巡るツアー、「WATTA SHINKER '06 TOUR ~mu-ruiinchu~」を開催。そして4枚目のアルバム『Confidence』をリリース。また、初回5万枚限定アルバムも発売。このアルバムも、オリコンチャートでは初登場1位を獲得。これにより、インディーズ3作連続初登場オリコンチャート1位の記録を更新した。その後「HY 2006 KUMAKARA AMAE TOUR」を開催。武道館、大阪城ホールでワンマンライブを開催し、クリスマスイヴには沖縄北谷のカーニバルパーク美浜にてストリートライブを行った。また、3月7日にはライブDVDが発売された。

2007年3月には、カナダアメリカツアーも決定。トロントボストンニューヨークフィラデルフィアオースティンロサンゼルスサンフランシスコシアトルの計8都市を回った。

2008年4月、5枚目のアルバム『HeartY』をリリース。 同アルバム収録曲『366日』がフジテレビ系ドラマ・映画「赤い糸」主題歌に決定。

2010年1月、6枚目のアルバム『whistle』をリリース。オリコンチャート初登場1位を獲得。

2010年12月第61回NHK紅白歌合戦初出場(白組)。

2012年3月、7枚目のアルバム、『PARADE』をリリース。

2012年12月、8枚目のアルバム、『Route29』をリリース。NHK・連続テレビ小説純と愛」主題歌『いちばん近くに』や、同ドラマ挿入歌『二人で行こう』が同アルバムに収録される。第63回NHK紅白歌合戦出場(白組)。

2013年4月15日、同年4月23日をもって所属マネジメント会社であるテレビ朝日ミュージックとの契約解除、ならびに公式ホームページ・SNSサイト等の公式アカウントの閉鎖、ファンクラブの解散を発表[2]

2013年4月25日、新オフィシャルサイト ”HY ROAD”、ならびに公式facebook[2]、公式Twitter[3]を新設。

2013年8月、新レーベル「ASSE!! Records」を設立。同時に、オフィシャルファンクラブ「HY HUB CLUB」およびスマホ向け有料サイト「HYクイナーズ」も開設[1]

2014年2月、9枚目のアルバム、『GLOCAL』をリリース。

ディスコグラフィ

各CD作品は通常盤の他、期間限定・枚数限定生産盤も複数バージョン制作されている。

アルバム

発売日 タイトル
1st 2001年9月22日 Departure
2nd 2003年4月16日 Street Story
3rd 2004年7月14日 TRUNK
4th 2006年4月12日 Confidence
5th 2008年4月16日 HeartY
6th 2010年1月27日 Whistle
7th 2012年3月7日 PARADE
8th 2012年12月5日 Route29
9th 2014年2月26日 GLOCAL

ベスト

発売日 タイトル 備考
1st 2014年2月26日 HY SUPER BEST かつての委託先であったエイベックスがリリースしたもので、メンバー側は本作には全く関与していない。

未発表曲

  • フェイバリットソング(ライブでのみ歌われる)

DVD

  1. PV集『Street Story』(2003年12月3日
  2. LIVE DVD 『ITTA SOMUN '04 TOUR 〜そこにあるべきもの〜』(2005年3月9日
  3. LIVE DVD 『WATTA SHINKER '06 TOUR 〜mu-ruiinchu〜』(2006年11月1日
  4. LIVE DVD 『HY 2006 KUMAKARA AMAE TOUR 〜ここから未来へ〜』(2007年3月7日
  5. Document DVD 『HY 2007 AMAKUMA A'CHA document TOUR 〜from OKINAWA to the WORLD〜』(2007年6月27日
  6. LIVE DVD 『HY PACHINAI×5 MAGGY HAKODE TOUR'08&Nartyche』(2009年1月21日
  7. LIVE DVD 『HY MACHIKANTY SO-TANDOH TOUR 2010@沖縄宜野湾海浜公園屋外劇場 〜時をこえ〜』(2010年7月7日

書籍

仲宗根泉は詩集を2冊出版している。それぞれに自身が書き下ろした楽曲(『Fortune』『バイバイ』)を収録したCDがついている。

  • 『あなたへ』 ディスカヴァー・トゥエンティワン、2006年11月1日、128頁。ISBN 4887595069
  • 『バイバイ』 ディスカヴァー・トゥエンティワン、2008年8月1日ISBN 978-4887596436

その他の活動

  • 携帯電話向けSNSサイト「ログとも」と連動して、2008年2月9日よりラジオ風コミュニケーション番組(ケーラジ)というイベントを行っている。

脚注

  1. ^ a b HYがレーベル設立「アッセと驚く音楽を届けていきたい」”. ナタリー. 2014年4月20日閲覧。
  2. ^ ファンの皆様、ならびに関係者の皆様へ大切なお知らせ HY Mode 2013年4月15日

外部リンク