路上ライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
路上ライブを行っている若者達、観客、そして通行人

路上ライブ(ろじょうライブ)、またはストリートライブは、路上パフォーマンスのひとつで、歩道公園などの屋外で音楽を演奏すること。

路上ミュージシャン(ろじょうミュージシャン)、またはストリートミュージシャンは、路上ライブの演奏者。

路上シンガー(ろじょうシンガー)、またはストリートシンガーは、路上ライブの演奏者のうち、歌唱を行う者。

漫才コントダンスパフォーマンス、アートパフォーマンスなどを路上で実演することについても路上ライブと呼ぶことがあるが、本記事では音楽活動について記述する。音楽活動以外については大道芸の記事を参照。

歴史[編集]

日本でのブームの訪れには諸説があり、泉谷しげるが参加していた1969年昭和44年)頃の「新宿西口フォークゲリラ」や、大正デモクラシー時代の路上演歌師の活動を含めて考える説もあるが、一般には1980年代後期、休日の歩行者天国などでパントマイムや音楽活動を行う渡航者に合わせるかのように日本人演奏者が増えた時代を第1次ブームと考え[1]、先の路上演歌師を路上ライブのルーツと考えるものが多い[2]。第2次ブームはゆずなどのストリートミュージシャンが多数現れる1997年平成9年)頃とされ、2003年(平成15年)あたりから終息に向かったとされる[3]2005年(平成17年)以降の微増に対しては、「ブーム再来」と考える者もいれば「定着」と考える者もいるという[3]

アメリカでは、1929年の世界恐慌の直後に職を探して大陸中を歩いたとされるウディ・ガスリー、1930年代にブルース弾き語りでアメリカ大陸中を旅したロバート・ジョンソンなどが路上ライブの興りとして扱われる。

ロンドンでは、地下鉄で路上パフォーマンスを行う人をバスカー英語版と呼んでいる。地下鉄職員とバスカー、あるいはバスカー同士のトラブルの多発を受けて、ロンドン地下鉄は2003年5月にライセンス制度を設け、以降は演奏許可証(バスキング・ライセンス)なしには演奏できないこととなった。また、演奏可能な場所や時間帯はオーディションによって決められる。

民族音楽を中心とする一部の音楽、例示するならコンガジャンベなどを用いる奏者にとっては、路上あるいは屋外でライブをすることが日常的であるが故、路上ライブということを意識しないで演奏している者もいる[4]。日本での第1次ブームに記した「音楽活動を行う渡航者」にはそういった者たちも含まれる。日本の盆踊りの音頭祭囃子などもこの類といえる。

目的[編集]

アーティストが、費用をあまりかけずに自分たちの作品を知ってもらうための手段として行われる。CDMDカセットテープやライブチケットなどの販売も併せて行われることが多い。 この他に、多くの人達に見てもらい知名度を向上する、声をかけてくれる人との面識を深める、曲を聞いた人からの投げ銭によりお金を稼ぐ、人前での実演を繰り返すことによって技量の向上が見込まれるなど、実演者により目的は様々である。

またプロのミュージシャンの中でも、『無味乾燥した街に素敵な音楽を!』と、ストリートに出る者や、活動のプロモーションの一環として路上ライブを行う者もいる。また海外である程度有名なミュージシャンが別の国の路上でゲリラライブを行う場合がある。[要出典]

実演場所[編集]

人通りの多い駅前の歩道や、都心の公園などが選ばれることが多い。 楽器を広げたり人が集まったりするためのスペースと、周りに商店や住宅が無いなどある程度の音を出せる環境が求められる。また、音の拡散防止という観点では、屋根があることも1つの要素である。

例外的に、電車がひっきりなしに走る東京の高架下や深夜の六本木など、周辺が極度の騒音に囲まれているスペースも、ある程度の音が出せる環境となりうる[5]

実演方法[編集]

拡声器を使用した例

音楽の実演の場合、一番シンプルなものは、体一つでのア・カペラであり、つづいてアコースティック・ギターなどの電源不要な楽器を使用した弾き語りなどがある。その他の電源不要な楽器としては、アルパなどギター以外の弦楽器、カホンジャンベ和太鼓などの打楽器、トランペットなどの管系など様々である。

拡声器を使用する場合もあり、充電式の小型なものから、外部電源式のやや本格的なものまである。屋外で使用可能なアンプは日本では、第2次ブーム1999年(平成11年)に登場し、その後2005年(平成17年)頃に出回りだした。エレキ・ギターや、シンセサイザーなどの電気楽器を使用する場合も電源が必要であり、外部電源を用いる場合は可搬型の発動発電機が使われることが多い。いずれにしても、持ち運びを容易にするためにコンパクトな物が選ばれ、設置や撤収が簡単なように工夫されている。

慣習として、実演者の前に投げ銭を入れるためのギターケースや空き缶などが置かれる。曲を聞いた上で聞いた人がその演奏に対してお金を払っても良いと思った場合、投げ銭をすることができる。ミュージシャンによってはアルバムシングルを即売している事もある。

ストリートミュージシャンは、基本的に楽器を自ら持参して路上ライブを行うため、使用する楽器は持ち運びが比較的容易で、なおかつ外部電力を必要としない(電源が必要でも内蔵乾電池などで動作可能な)ものがメインとなる。アコースティック・ギターなどの弦楽器キーボードなどの鍵盤楽器1本で演奏するのが主流で、時には複数者により複数の楽器を用いる場合もある。また楽器を持参せず演奏はラジオカセットレコーダーなどで代用する場合もある。中には楽器を用いず、もっぱらア・カペラによる歌唱を行う者もいる。[要出典]

ストリートミュージシャンという概念が広まってくると、バッテリーアンプを用いてエレクトリックギターエレクトリックベースなどによる大掛かりな演奏を行うミュージシャンも、大都市圏の公園や繁華街などを中心に現れている。[要出典]

問題点[編集]

公園などでの演奏行為や、拡声器を使って大きな音を流すことについても、自治体の条例などで禁止されていることが多い。仮に禁止されていなかったとしても、興味のない人にとっては単なる騒音であり、聴衆が増えれば通行妨害で迷惑となる(交番に通報され中止・撤収命令を出されることになる)。実際、1999年(平成11年)に郷ひろみ渋谷で行った路上ライブでは警察署への許可を取らなかったために大きな混乱と交通渋滞を引き起こし、企画したプロデューサーなどが書類送検された。

また、同じ場所に多くの実演者がいる場合、拡声器を使用しない者は使用する者の中で実演できないなど、実演者間の環境や目的の違いにも問題がある。これらの問題が原因で実演者間のトラブルに発展する場合もある。

演奏者あるいは集まってきた観客のマナーなどを問題視し[要出典]井の頭公園では井の頭公園アートマーケッツという試みを行っている。

現状[編集]

CD売り上げが減少する中、各レコード会社は新人発掘に慎重となっており、宣伝費もなかなか掛けられなくなっている。そんな中でも自分の作品を世に問いたいアーティストは依然多く、活路を求めて路上に出る者も増えている。ゆず川嶋あいなど、路上出身のアーティストの活躍によって、この動きはさらに加速されており、路上ライブの名所は多くのアーティストでひしめく状況となっている。

日本以外では、場所を決めて路上パフォーマーに提供している所も多く、これにならって東京都ではヘブンアーティストの制度を始めた。しかしながら、CDなどの販売は禁止され、演奏の場所、日時が限られていて、出演できるようになるには審査が必要ということもあって、大道芸人などが中心で、ストリートミュージシャンには、十分機能しているとは言えない。

その他[編集]

ニューヨーク市地下鉄では、1985年より経営体であるMTAオーディション[1])を行っており、合格したストリートミュージシャン350組による駅構内での合法的な演奏活動が一部(25か所)駅で行われている[6]

類似例では、東京駅構内の「駅コン」→「赤煉瓦コンサート」(2006年より休止)があるが、ニューヨーク市地下鉄と異なり、有名な音楽監督を迎えてクラシック音楽の演奏会を行うものであり、本稿でいう「路上ライブ」ではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]