the HIATUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
the HIATUS
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
パンク・ロック
ピアノ・ロック
エモ
活動期間 2009年 -
レーベル フォーライフミュージックエンタテイメント2009年 - 2011年
NAYUTAWAVE RECORDS2012年 - )
事務所 IRON GEAR RECORDS
公式サイト http://thehiatus.com
メンバー
細美 武士(ボーカルギター
masasucks(ギター)
ウエノコウジ(ベース
柏倉 隆史(ドラムス
堀江 博久(キーボード
伊澤一葉(キーボード)
一瀬正和(ドラムス)

the HIATUS(ザ ハイエイタス)は、日本のロックバンド。活動を休止したELLEGARDEN細美武士が立ち上げたプロジェクトで、所属レーベルはフォーライフミュージックエンタテイメントだったが2012年NAYUTAWAVE RECORDSに移籍。

公式サイトでは「音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」と表記されている。

概要[編集]

細美武士ELLEGARDEN・活動休止中[補足 1])が立ち上げたプロジェクトで、ライヴ活動を中心にフェスティバルなどにも積極的に参加し、活動中。メディアへの露出が極端に少ないことでも知られる。

作品ごとに楽曲の世界観が大きく異なるのが特徴である。2ndアルバムまでは、楽曲のほとんどを細美が手掛けていたが、3rdアルバムは主に細美、柏倉が中心となって作曲などの作業を行った。全楽曲のプロデュースを堀江、細美が行っている。

ライブが始まる前の直前SEはJoey Beltramの「The Start It up」が用いられる。

音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」とあるように、イラストレーターの牧かほりやデザイナーのBALCOLONY.、映像ディレクターの松本空番場秀一も名を連ねている。

正式なバンド名は「the」が小文字で「HIATUS」は大文字の「the HIATUS」である。「HIATUS」の意味は、中断・隙間。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

略歴[編集]

  • 2010年
    • 2月27日、9mm Parabellum Bulletのツアー「命ノゼンマイ大巡業」の渋谷CLUB QUATTRO公演の前座として出演。
    • Third Eye Bllindのジャパン・ツアーを全公演サポートをする。
    • 6月30日、2ndアルバム「ANOMALY」を発売。アナログ盤は7月14日に発売延期(「Trash We'd Love」も同じく)。
    • 7月2日より、全国ツアー「ANOMALY TOUR 2010」をスタートさせる。10月5日まで全国35公演を実施した。一部の都市ではゲストバンドを招いてライブが行われた。
    • 8月1日、韓国ジサン・バレー・ロック・フェスティバルをはじめ、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010SUMMER SONICJOIN ALIVEなど数多くの夏フェスに出演。(ROCK IN JAPAN FES.2010とJOIN ALIVEはメインステージのヘッドライナーとしての出演。)
    • 8月29日、RUSHBALL2010(会場:泉大津フェニックス)に出演。
    • Superflyのツアーの名古屋公演・大阪公演をサポート。
  • 2012年
    • 各地夏フェスに出演予定。夏フェスはツアーメンバーの伊澤一葉が鍵盤・シンセサイザー担当として出演する。
    • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012では2日目のメインステージのヘッドライナーを務める。
    • 9月にスタジオライブDVD、The Afterglow-A World Of Pandemoniumを発売。それに伴い11月12日の札幌市民ホールを皮切りに、16人編成で、全国8会場10公演のホールツアー、「The Afterglow Tour 2012」を行う。最終日のNHKホールのみ17人編成となる。
    • 全国ホールツアーをもって堀江博久(key)がthe HIATUSからの離脱を発表。主な理由として、ソロアルバムの制作を挙げている(HPに本人によるメッセージが掲載されている)。
    • 所属レーベルをフォーライフミュージックからNAYUTAWAVE RECORDSに移籍。
  • 2013年
    • 5月、2012年12月6日のNHKホールにおける、"The Afterglow Tour 2012"ファイナル公演のライブ音源から、DVD、Biu-ray 、CDで、『The Afterglow Tour 2012』を発売。
  • 2014年
    • 3月26日、4thアルバム『 Keeper Of The Flame』を発売。
    • 5月8日から7月23日まで全国36カ所41公演の、初の大規模な全国ツアー「Keeper Of The Flame Tour 2014」を開催。その最終日に、12月22日に初の武道館公演を開催することを発表した[3]

ディスコグラフィー[編集]

EP[編集]

  1. Insomnia (2009年11月18日・FLCF-4309)
    • このEPには徳澤青弦がストリングスアレンジとしてレコーディングに参加している(ツアーメンバーとしての参加の予定はなかったがホールツアーにて共演が決定)。
  2. Hatching Mayflies (2011年6月1日・FLCF-4375)
  3. Horse Riding (2013年7月31日・UPCH-80333)

オリジナルアルバム[編集]

  1. Trash We'd Love (2009年5月27日・FLCF-4281)
  2. ANOMALY (2010年6月30日・FLCF-4340)
  3. A World Of Pandemonium (2011年11月23日・FLCF-4406)
  4. Keeper Of The Flame (2014年3月26日・UPCH-20338)trailer

DVD[編集]

  1. 2009.07.21 Trash We'd Love Tour Final at Studio Coast (2009年12月23日・FLBF-8103)
    • the HIATUS初のライヴDVD。2009年7月21日にSTUDIO COASTで行われた"Trash We'd Love Tour 2009"のファイナル公演を収録。1st EPに収録の「Antibiotic」のPVも収録されている。
  2. The Afterglow-A World Of Pandemonium (2012年9月12日発売・UPXH-20013)
  3. The Afterglow Tour 2012 (2013年5月22日発売・UPBH-20107)

バンドスコア[編集]

  1. Trash We'd Love(2010年03月31日)
  2. ANOMALY(2010年09月17日)
  3. A World Of Pandemonium(2012年09月20日)

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2009年7月1日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2009 オリコン最高11位、登場回数5回
2011年6月29日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2011 オリコン最高17位、登場回数4回
2012年6月27日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2012 オリコン最高26位、登場回数5回
2013年3月6日 奥田民生・カバーズ2 オリコン最高39位
2013年3月22日 IMMORTALITY TRAFFIC

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
岩口哲也 「Bittersweet / Hatching Mayflies (The Afterglow ver.)」「Insomnia from「The Afterglow Tour 2012」」
SHIMURABROS. Walking Like A Man
番場秀一 The Flare」「The Ivy
フカツマサカズ Bittersweet / Hatching Mayflies」「Deerhounds」「Superblock
松本空 Ghost In The Rain
MASAO Antibiotic (Live Ver.)
不明 Horse Riding」「Thirst

関連人物[編集]

補足[編集]

  1. ^ Wikipediaを含む各所で「解散したELLEGARDENの細美武士の新バンド」「ex.ELLEGARDENの〜」と見かけることがあるが、解散でも脱退でもなく活動休止なので「元」「ex.」などは誤りである。ELLEGARDEN 公式サイトを参照。同じように、ウエノコウジのRadio Carolineも解散ではない。

脚注[編集]

  1. ^ 7月8、9日の2公演は一瀬正和が担当。
  2. ^ 7月8、9、14、16、21日の5公演は堀江博久が担当。
  3. ^ the HIATUS、ツアーファイナルで初の日本武道館公演を発表!

外部リンク[編集]