SEAMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SEAMO
基本情報
出生名 高田 尚輝
(たかだ なおき)
出生 1975年10月31日(38歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県一宮市
血液型 A型
学歴 愛知学院大学文学部宗教学科
名城大学附属高等学校
ジャンル J-POP
職業 ラッパー
シンガーソングライター
活動期間 シーモネーターとして
1995年 - 2005年
SEAMOとして
(2005年 - )
レーベル ソニーレコード(シーモネーター&DJ TAKI-SHITとして)
2002年 - 2004年
BMG JAPAN
(2005年 - 2009年
アリオラジャパン
(2009年 - 2011年
ユニバーサルJ
2012年 - )
事務所 tearbridge production
公式サイト SEAMO☆オフィシャルウェブサイト
SEAMO (@SEAMOjyukucho) - Twitter

SEAMO(シーモ、1975年(昭和50年)10月31日 - )は、日本ラッパーシンガーソングライター愛知県一宮市出身。名城大学附属高等学校愛知学院大学文学部宗教学科卒業。血液型はA型。本名は高田 尚輝(たかだ なおき)。作詞・作曲のクレジットは、2ndシングル「DRIVE」までは高田 尚輝、3rdシングル「a love story」以降は"Naoki Takada"とローマ字表記されている。所属事務所はtearbridge production。所属レコード会社はユニバーサルJ

概要[編集]

  • 以前はシーモネーター(『行け!!南国アイスホッケー部』(久米田康治著)に登場する『下ネタ』とターミネーターを組み合わせたキャラクターから)という名前で、ライブでは海パンに天狗のお面を着けるというギャグを交えたラッパーとして活動していた。2003年(平成15年)にはNHKの『POP JAM』に出演し、「浪漫ストリーム」をパフォーマンスした。
  • しかし、メジャーデビューから約1年後のある日、レコード会社から突然の契約解除を通告され、一時は引退も考えたが、再デビューを目指して1年近く地道な売り込み活動を続けた。その結果、今のレコード会社と契約し「SEAMO」に改名した。(『「シーモネーターとしての活動はやりつくした」ということでレコード会社移籍を期にSEAMOに改名した』とあるが、実際は一度レコード会社をクビになっている)
  • 原点のストロングスタイルは『ダンス甲子園』に出演していた山本太郎が影響している。ちなみに、SEAMOに改名後もライブ等では“伝説の男”としてシーモネータースタイル、つまりストロングスタイルでパフォーマンスをしている。
  • 2005年(平成17年)3月、シングル「関白」でメジャー再デビュー。
  • 2006年(平成18年)、シングル「マタアイマショウ」「ルパン・ザ・ファイヤー」のヒットで、同年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。
  • セカンドアルバム『Live Goes On』が2006年(平成18年)10月2日オリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得した。これは日本のヒップホップアーティストとしては、RIP SLYMETOKYO CLASSICに次ぎ、2番目である。
  • 「マタアイマショウ」~「Continue」までのシングル(リカットシングルの「Honey Honey feat. AYUSE KOZUE」を除く)全てにおいて、オリコンデイリーシングルチャートの最高位でトップ10にランクインし、2008年(平成20年)5月7日発売の「MOTHER」は自身のシングル最高となるウィークリーチャート初登場5位を記録。
  • 2008年(平成20年)10月15日発売の「Continue」は、読売テレビ日本テレビ系スペシャルドラマ「夢をかなえるゾウ」の主題歌に起用された。
  • 2012年(平成24年)10月17日には、ロックバンドSPYAIRとのコラボシングル「ROCK THIS WAY」をリリース。SEAMOがSPYAIR主催のライブに出演したのがきっかけとなり、コラボとなった[1]
  • その他、自身の経験を基にした書籍を出版したり、東海地区の夏フェス「TOKAI SUMMIT」を発起するなどの活動を行っている。
  • 愛称は「塾長」。なお、シーモネーターだったころも、一部のラッパーから「シーモ」と呼ばれていた。
  • 同郷のHOME MADE 家族Nobodyknows+AZUギャングスタ系の"E"qualとは現在も交流があり、以前はTOKONA-Xとも親交があった。特に後輩でもあるHOME MADE 家族にはシーモネーター時代から「てんぐの兄貴」と呼ばれている。
  • また、シーモネーターとして活動していた頃、愛知県を中心に展開する弁当チェーン「ベントマン」にCMソングを提供している。サッカーも地元である名古屋グランパスエイトを応援している。プロ野球中日ドラゴンズファンである。
  • 趣味は競馬で、最も好きな馬は笠松競馬場から中央競馬に移籍して大レースで好勝負を繰り広げたオグリキャップだという。自身で一口馬主としても出資しており[2]クローバー賞などに勝利したウイントリガーなどを所有[3]。その延長で地方競馬馬主資格も取得している[2]


エピソード[編集]

  • BENNIE KのLIVEでは「天狗 VS 弁慶 feat.シーモネーター」の曲の時に、素っ裸の下半身に天狗のお面をつけた姿でラップ参加する。毎回アドリブで下ネタを挟んでくる。
  • 2006年第57回NHK紅白歌合戦では細川たかしが歌詞を忘れる等のアクシデントが続発し、初出場のSEAMOも背景の映像が機械の故障で出ないというトラブルに見舞われた。それでも無事に歌い切り、「クラブで何度もアクシデントに遭っているので大丈夫」とコメントした。
  • 上述のナゴヤドームでの始球式の際、中日ドラゴンズの沢井道久(打席に入る時の音楽に『Champion Road』を使用)から「いつもクルマの中で聞いています。サインを下さい」と声を掛けられ大変感激したという(沢井が中日の選手として初めてSEAMOの楽曲を採用したことにも感激していた。また試合出場予定のなかった朝倉健太長峰昌司らとベンチ裏で記念撮影をしている(以上は中日スポーツの記事より)。始球式の後はCBCテレビの野球中継の副音声放送でつボイノリオと共演し、「エロ音声」と銘打った中継を行なった。なお、二人ともオールナイトニッポンのDJ経験者だが偶然にも放送時間帯はともに「金曜2部」(土曜朝3時)からだった。(SEAMOはシーモネーター名義でDJ TAKI-SHITとの共演、番組名はオールナイトニッポンRだった)
  • 東京タワーに登った際、大展望台の1階のガラス張りの床から下をまともに見られなかったほどの、高所恐怖癖である。そのためジェットコースターも苦手である(「Live Goes On」収録の「Rhyme Jet Coaster」の中で暴露)。
  • シーモネーターとしての活動末期の頃からパチスロにはまり、一時はスロプロとして生計を立てていたという。本人によれば『北斗の拳』(サミー)のバトルボーナス継続回数は最高46回。また「マタアイマショウ」のCD発売当日も仕事が夕方からのラジオ出演のみだったため、朝からパチンコホールの開店待ち行列に並んでいたほど[4]。そのせいもあって、曲の歌詞の中にパチスロの機種名が登場したこともある(「Live Goes On」収録の「Mr.Girl Hunter」の中に『押忍!番長』が登場するなど)。
  • シーモネーターとしてNHKポップジャムに一度出演した際にはジャンプスーツを使用した。
  • グラビアアイドル好きで細かい動向をチェックしているらしく、2007年5月放送のフジテレビ系「魁!音楽番付」に出演した際、対談インタビュー相手の元競馬キャスター杉本清を相手に「お気に入りのグラビアアイドル」として白鳥百合子の名前を挙げている。また同番組中には「グラビアアイドル、サラブレッドスポーツカーはSEAMOの3大セクシー」とも発言している。

ディスコグラフィー[編集]

シーモネーター&DJ TAKI-SHIT名義での作品はシーモネーター&DJ TAKI-SHITを参照されたい。

シングル[編集]

リリース日 タイトル 週間最高位 型番
1st 2005年3月23日 関白 50位 <BVCR-19644>
2nd 2005年7月13日 DRIVE 58位 <BVCR-19650>
3rd 2005年10月12日 a love story(SEAMO with BENNIE K) 14位 <BVCR-19956>
4th 2006年4月5日 マタアイマショウ 14位 初回限定盤:<BVCR-19964〜5>
通常盤:<BVCR-19966>
5th 2006年7月26日 ルパン・ザ・ファイヤー 9位 初回限定盤:<BVCR-19979〜80>
通常盤:<BVCR-19976>
6th 2007年4月18日 Cry Baby 6位 アニメジャケット初回生産限定盤:<BVCR-19995>
DVD付初回生産限定盤:<BVCR-19989~90>
通常盤:<BVCR-19988>
7th 2007年7月25日 Fly Away 8位 DVD付初回生産限定盤:<BVCR-19094〜95
通常盤:<BVCR-19093>
8th 2007年9月26日 軌跡 10位 DVD付初回生産限定盤:<BVCR-19102〜3>
通常盤:<BVCR-19101>
9th 2008年5月7日 MOTHER 5位 DVD付初回生産限定盤:<BVCR-19119/20>
ギフトパッケージ限定盤:<BVCR-19124>
通常盤:<BVCR-19118>
10th 2008年6月18日 Honey Honey feat. AYUSE KOZUE 19位 <BVCR-19736>
11th 2008年10月15日 Continue 11位 DVD付初回生産限定盤:<BVCR-19134/5>
通常盤:<BVCR-19133>
12th 2009年8月19日 My ANSWER/不景気なんてぶっとばせ!! 19位 DVD付初回生産限定盤:<BVCL-16〜17>
通常盤:<BVCL-18>
13th 2010年2月17日 終わりと始まり/Lost Boy 25位 DVD付初回生産限定盤:<BVCL-65〜66>
通常盤:<BVCL-167>
14th 2010年8月4日 海へいこう 42位 <BVCL-116>
15th 2011年4月6日 約束 36位 <BVCL-200>
16th 2012年6月6日 君に1日1回「好き」と言う 58位 DVD付初回限定盤:<UPCH-9755>
通常盤:<UPCH-5755>
17th 2012年8月8日 汚れた翼で 79位 DVD付初回限定盤:<UPCH-9762>
通常盤:<UPCH-5760>
18th 2012年10月17日 ROCK THIS WAY(SEAMO×SPYAIR) 39位 DVD付初回限定盤:<UPCH-9786>
通常盤:<UPCH-5773>

配信限定シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2009年9月23日 キミヲワスレナイ feat. AYUSE KOZUE 配信限定デジタルシングル
2nd 2011年8月31日 HOLD MY HAND(HOME MADE 家族,nobodyknows+,SEAMO) 配信限定チャリティーシングル

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2010年12月15日 5♥WOMEN 44位 <BVCL-147>
2nd 2011年7月27日 ONE LIFE 42位 <BVCL-232>

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2005年10月26日
2007年9月26日(再発盤)
Get Back On Stage 27位 通常盤:<BVCR-11072>
再発盤:<BVCR-17059>
2nd 2006年9月20日 Live Goes On 1位 初回限定盤:<BVCR-18081~2>
通常盤:<BVCR-11092>
3rd 2007年10月31日 Round About 2位 初回限定盤:<BVCR-18106~7>
通常盤:<BVCR-14039>
4th 2008年11月26日 SCRAP & BUILD 10位 初回限定盤:<BVCR-18160/1>
通常盤:<BVCR-14046>
5th 2011年4月27日 messenger 23位 初回限定盤:<BVCR-205~206>
通常盤:<BVCR-207>
6th 2012年11月7日 REVOLUTION 42位 初回限定盤:<UPCH-9792>
通常盤:<UPCH-1899>
7th 2013年12月18日 TO THE FUTURE 73位 <UPCH-1950>

コレクションアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2008年6月18日 Stock Delivery 20位 初回限定シンプル盤(ブックレット無し):<BVCR-18131>
通常盤:<BVCR-17064>
2nd 2014年1月22日 LOVE SONG COLLECTION 54位 DVD付初回限定盤:<UPCH-9911>
通常盤:<UPCH-1960>

ベストアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2009年10月7日 Best Of SEAMO 4位 クリップ集DVD付初回生産限定盤:<BVCL30〜31>
ツアーDVD付初回生産限定盤:<BVCL32~33>
通常盤:<BVCL-34>
2nd 2011年8月24日 コラボ伝説 38位 DVD付初回限定盤:<BVCL244〜246>
通常盤:<BVCL-247〜248>

DVD[編集]

PVクリップ集[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2009年1月21日 SEAMO ON DEMAND 〜perfect clip collection〜 27位 <BVBR-11119>

ライブDVD[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 型番
1st 2008年4月23日 SEAMO Round About Tour 〜2008年 シーモ半期 珍プレー好プレー大賞〜 Final at 日本武道館 25位 <BVBR-11104>


参加作品[編集]

フィーチャリング[編集]

シーモネーター名義
  1. nobodyknowsnobody knows2」(2001年5月5日発売)
    • 4.二十一世紀旗手 feat シーモネーター、ガリガリ亡者、ヤス一番?
  2. スネークマンショー「ラジオ版スネークマンショー vol.1」(2001年9月27日発売)
    • 14.二十一世紀旗手 / nobodyknows feat シーモネーター、ガリガリ亡者、ヤス一番?
  3. ミニ塾SMALL WORLD」(2002年9月19日発売)
  4. 闇アガリADVIBES」(2003年4月9日発売)
    • 4.狼
  5. L.L.COOL J太郎プッチRADIO」(2003年4月25日発売)
    • 4.Radio feat.シーモネーター&ダースレイダー
    • 5.I NEED LOVE feat.シーモネーター&ダースレイダー
  6. オナニーマシーン恋のABC/家出」(2003年9月10日発売)
    • 「オナニーマシーン&シーモネーター」名義。
  7. 電撃チョモランマ隊☆Bunny POP☆ feat.シーモネーター」(2003年10月15日発売)
  8. BENNIE Kザ・ベニーケー・ショウ」(2004年5月8日発売)
    • 2.天狗 vs 弁慶 feat.シーモネーター
  9. BENNIE K「Synchronicity」(2004年11月4日発売)
    • 10.天狗 vs 弁慶 feat.シーモネーター
SEAMO名義
  1. BENNIE K「Japana-rhythm」(2005年11月9日発売)
    • 14.a love story/with SEAMO
    • 「SEAMO with BENNIE K」名義でのコラボ曲のBENNIE Kバージョン。
    • このアルバムにおいては「冬」の曲とされている。
  2. 天上智喜The Club」 <RZCD-45333>(2006年3月8日発売)
    • 最高順位131位
    • 「天上智喜 feat. SEAMO」名義。
  3. Ukatrats FCWin and Shine」 <KFCD-10004> (2006年5月24日発売)
  4. 中林芽依Fallin' in or Not feat.SEAMO」 <UPCI-5039>(2006年9月27日発売)
    • 最高順位159位
  5. MONKEY MAJIK卒業、そして未来へ。」(2007年3月14日発売)
    • 初登場23位
    • 「Monkey Majik + SEAMO」名義。MONKEY MAJIKコラボレーションシングル3部作第二弾。
  6. HOME MADE 家族FAMILIA」(2007年3月14日発売)
    • 5.fantastic 3 feat. SEAMO
  7. 手裏剣ジェット空色reflect」(2007年7月18日発売)
    • 2.こころオリジナル feat. SEAMO
  8. カルテットL.I.F.E.」(2007年9月19日発売)
    • 5.僕はここにいる feat. SEAMO
  9. 天上智喜「Graceful 4」(2007年4月11日発売)
    • 10.The Club
    • 「天上智喜 feat. SEAMO」名義。
  10. SOFFetNEW STANDARD」(2008年2月27日発売)
    • 4.恋唄 with SEAMO
  11. 和田アキ子わだ家」(2008年4月23日発売)
    • 6.素直になりたい feat. SEAMO
    • 和田アキ子に楽曲を提供したナンバー。自身の9thシングル「MOTHER」に別バージョンが収録。
  12. AZU時間よ止まれ feat. SEAMO」(2008年7月2日発売)
    • 初登場27位
    • 「心の声」以来のコラボ曲。
  13. BENNIE K「THE "BESTEST" BENNIE K SHOW」(2008年10月29日発売)
    • 3.a love story/with SEAMO
    • 10.天狗 vs 弁慶 feat.シーモネーター
  14. YA-KYIM君がいるだけで/さぁ行こう!」(2008年12月3日発売)
    • 2.さぁ行こう!
    • 「YA-KYIM respects SEAMO」名義。
  15. YA-KYIM「HAPPY! ENJOY! FRESH!」(2009年8月19日発売)
    • 10.さぁ行こう!
    • 「YA-KYIM respects SEAMO」名義。
  16. Spontaniaコラボレーションズ BEST」(2009年11月18日発売)
    • 2.Be With Me feat. SEAMO
  17. Tiaraキミがおしえてくれた事feat.SEAMO」(2010年1月27日発売)
  18. HOME MADE家族「CIRCLE」(2010年3月3日発売)
    • 11.ムチャぶりキング feat. SEAMO
  19. AZU「Two of Us」(2010年3月17日発売)
    • 12.おねがい! AZU子先生 feat. SEAMOくん
  20. MEGARYULOVE A LOVE feat. SEAMO/メロディーのようなLIFE feat. Metis」(2010年5月5日発売)
    • 1.LOVE A LOVE feat. SEAMO
  21. Tiara「Message for you」(2010年5月12日発売)
    • 12.キミがおしえてくれた事 feat. SEAMO
  22. MEGARYU「メガ・ベスト〜我流全集〜」(2010年7月7日発売)
    • 17.LOVE A LOVE feat. SEAMO
  23. miCKunD.N.A」(2011年1月12日発売)
    • 8.恋の花咲かせナイト★フィーバー feat. SEAMO & Missing Link
  24. 紗羅マリーバレンタイン大作戦 feat. SEAMO」(2011年2月9日発売)
    • 「クリスマス大作戦 feat. 紗羅マリー」の続編。
  25. AZU「AZyoU」(2011年2月23日発売)
    • 10.AKS99 feat. SEAMO & KG
  26. Miss Monday&U」(2011年7月13日発売)
    • 10.マタアイマショウ in respect for SEAMO
    • 大ヒット曲「マタアイマショウ」のアンサーソングを、SEAMO本人を招いて作品化した。
  27. 童子-T12 Love Stories 2」(2011年11月30日発売)
    • 4.あなたしか見えなかった feat. SEAMO, ICONIQ
  28. セカイイチThe Band」(2012年3月21日発売)
    • 8.Night and Daylight feat. SEAMO
  29. CHIHIROC is」(2012年8月29日発売)
    • 3.どんなに離れても feat. SEAMO
  30. 傳田真央MENZ Collaboration」(2012年9月5日発売)
    • 1.RESET with SEAMO
  31. nobodyknows+「nobodyknows+ is dead?」(2013年 9月25日発売)
    • 12.HOLD MY HAND feat.HOME MADE 家族,SEAMO
    • 2011年8月31日に配信限定チャリティーシングルとしてHOLD MY HAND(HOME MADE 家族,nobodyknows+,SEAMO名義)をリリースしたのをCD化
  32. HOME MADE 家族「ハシリツヅケル」(2013年10月23日発売)
    • 4.N.A.M.A. (Remix) feat.SEAMO

コンピレーション[編集]

シーモネーター名義
  1. PUFFYMARCHING PUFFY 」(2003年11月26日発売)
    • 2.愛のしるし
    • PUFFYのトリビュートアルバム
    • シーモネーター featuring BUMBASTICKS名義。
  2. オムニバス「KRUSH GROOVE 〜HOME PARTY〜」(2004年7月4日発売)
    • 2.淫美テーション / BEAT★NATURE feat.シーモネーター
SEAMO名義
  1. オムニバス「WE LOVE WE」(2006年6月14日発売) 
    • 12.Champion Road
    • 後に自身の2ndアルバム「Live Goes On」にも収録された。
  2. オムニバス「swing presents...Peace from Central Japan」 <BVCR-14030> (2006年6月28日発売)
    • 1.Make it? Naked? / "E"qual(M.O.S.A.D.)×SEAMO
    • 6.Mo' Money / GANXSTA CUE(from PHOBIA OF THUG)×SEAMO
    • 9.Street Life / MR.OZ(from PHOBIA OF THUG)×SEAMO
    • 11.全然余裕じゃん! / Groove Brothers featuring SEAMO
    • 14.One Peace / Pieces from Central Japan
    • 最高順位205位
    • 名古屋を拠点に活動中のアーティスト達が、メジャー、インディーズの垣根を越え集結。
    • HIPHOP中心で、他参加アーティストにはCRYSTAL BOY、ヤス一番(Nobodyknows+)、"E"qual(M.O.S.A.D.),AK-69等、來々machacoANTY the 紅乃壱が参加。
  3. オムニバス「夜のピクニック INSPIRED BEST ALBUM」(2006年9月20日発売)
    • 3.Friends
  4. DJ KAORIDJ KAORI'S JMIX」(2007年10月24日発売)
    • 22.心の声 featuring AZU
  5. オムニバス「Rhythm Nation presents TOP HITS 07-08」(2007年12月5日発売)
    • 6.心の声 featuring AZU
  6. オムニバス「さだまさしトリビュート さだのうた」(2008年10月22日発売)
    • 2.そばに〜たいせつなひと〜
    • 後に自身の4thアルバム「SCRAP & BUILD」にも収録された。
  7. オムニバス「ラブレター」(2008年11月26日発売)
    • 2.マタアイマショウ
  8. オムニバス「LUIRE presents THE PARTY」(2009年1月14日発売)
    • 10.We Fight!
  9. オムニバス「リック・ナービー shoe shock MIX SHOW」(2009年2月25日発売)
    • 4.空
  10. オムニバス「モンハン音楽部〜MONSTER HUNTER 5th ANNIVERSARY〜」(2009年9月30日発売)
    • 1.おかえり
  11. オムニバス「Re:MUSIC!!-JAPANESE SAMPLING CLASSICS-」(2010年4月7日発売)
    • 6.Continue
  12. オムニバス「BEST HIT NARUTO」(2010年7月14日発売)
    • 10.My ANSWER / SEAMO
  13. オムニバス「BEAT CONNECTION」(2010年10月27日発売)
  14. オムニバス「アイのうた WINTER REMIX」(2010年12月1日発売)
    • 6.時間よ止まれ feat. SEAMO -LADY BiRD Winter Remix- / AZU
  15. オムニバス「ぜんぶ恋がかなう歌 〜歌詞伝説〜」(2011年1月26日発売)
    • 3.マタアイマショウ
  16. オムニバス「TRF TRIBUTE ALBUM BEST」(2013年3月13日発売)
    • 14.寒い夜だから…(オーバードライブRemix)

楽曲提供[編集]

  1. NEWSHappy Birthday」(2008年10月1日発売)
    • 初登場1位
    • KOSE「HAPPY BATH DAY」CMソング
    • 後に自身のコレクションアルバム「LOVE SONG COLLECTION」でセルフカヴァーする。
  2. 藤井フミヤF's シネマ」(2008年9月30日発売)
    • 9.君のために
    • 後に自身のミニアルバム「ONE LIFE」でオリジナルのアレンジを加えてセルフカヴァーした。
  3. チームしゃちほこ首都移転計画」(2013年6月19日発売)

未音源化曲[編集]

  1. ぺヤングビート
    • ライブで披露した曲。
  2. ピザ 田中 棒々鶏

執筆[編集]

著書[編集]

  1. 続けてきただけ~SEAMOの言葉(2008年6月18日
  2. ラップの言葉 (2010年)
    • 日本語ラッパーにリリックについてインタビューする書籍。ラッパーの一人として、歌詞の書き方などを話している。

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ
関白 日本テレビ系音楽戦士 MUSIC FIGHTER2005年3月度テーマ
DRIVE 中京テレビ・日本テレビ系『サルヂエ』エンディングテーマ/中京テレビ・日本テレビ系『少年チャンプル』エンディングテーマ
マタアイマショウ テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』エンディングテーマ/オリジナル短編アニメーション「東京マーブルチョコレート」主題歌
Cry Baby 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!主題歌
Rising Dragon feat. 2BACKKA CBCザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!』2007年度テーマ曲
軌跡 フジテレビ系「ウチくる!?」エンディングテーマ
From Now 読売テレビ・日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」エンディングテーマ
Hey Boy, Hey Girl feat. BoA TBS系列『あらびき団』エンディングテーマ
天狗〜祭りのテーマ〜 CBC『ザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!』2008年度テーマ曲
MOTHER TBS系列「ランク王国」4・5月度オープニングテーマ
funky teacher カートゥーン・ネットワーククラス・オブ・ミュージック!』エンディングテーマ
Honey Honey feat. AYUSE KOZUE TBS系アニメ『xxxHOLiC◆継』エンディングテーマ
Brotherhood 第55回さっぽろ夏まつりコラボレーションソング
Continue 読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『夢をかなえるゾウ』主題歌
やさしい風 グリコポッキー・チョコレートSSTV Ver. CFソング
Kiss Kiss Kiss feat. AZU & yukako テレビ朝日系『業界技術狩人 ギョーテック』1~3月度エンディングテーマ
GO!! CBC『ザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!』2009年度テーマ曲
不景気なんてぶっとばせ!! マイクロソフト『Xbox 360』夏のキャンペーンソング/日本テレビ系「江川×堀尾のSUPERうるぐす」テーマソング
My ANSWER テレビ東京系アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』エンディングテーマ
Lost Boy テレビ朝日系アニメ『怪談レストラン』主題歌
零-ZERO- テレビ東京系『柔道グランドスラム東京2009』中継テーマソング
海へいこう フジテレビ系ドラマ『もやしもん』エンディングテーマ
My Style is the Best 洋服の青山「清涼フォーマルスーツ」CMソング
クリスマス大作戦 feat. 紗羅マリー TBS系列『CDTV』12月度オープニングテーマ/「2010 ららぽーと Colorful Xmas」CMソング
ピザ 田中 棒々鶏 BeeTV春の新キャンペーン駅篇CMソング
ワン☆ダフル 映画「犬飼さんちの犬」主題歌
君に1日1回「好き」と言う 毎日放送系ドラマ「RUN60」主題歌
汚れた翼で TBS系列「王様のブランチ」8・9月度エンディングテーマ
TREASURE テレビ新広島「わんぱく大作戦」テーマソング
未来への種 第3回NHK・民放連共同ラジオキャンペーン in 名古屋「RADIO CAMPAIGN IN 名古屋 \ラジオ きいてみた/」キャンペーン・ソング
NO.1 CBC『サンデードラゴンズ』テーマソング

出演番組[編集]

主なテレビ出演[編集]

  • 音楽戦士 MUSIC FIGHTER 2004年10月〜2005年3月頃まで不定期準レギュラー出演。さだまさしを訪問して「関白宣言」リメークの許諾を得たり、キングコング梶原雄太と楽曲を競作する企画があった。
  • めざましテレビ(2006年6月19日)広人苑IIに出演
  • ミュージックステーション(2006年8月4日)に出演 「ルパン・ザ・ファイヤー」をパフォーマンス
  • ミュージックステーション(2006年9月1日)に出演 「マタアイマショウ」をパフォーマンス
  • トップランナー(2006年9月3日)に出演 シーモネーター時代の話から、自身の挫折、そして再デビューまでを語った
  • COUNT DOWN TV(2006年10月7日)に出演 「マタアイマショウ」をパフォーマンス
  • 紅白歌合戦(2006年12月31日)に出演 「ルパン・ザ・ファイヤー」、「マタアイマショウ」をパフォーマンス
  • MUSIC JAPAN(2008年5月9日)に出演 「MOTHER」をパフォーマンス
  • ミュージックステーション(2008年5月9日)に出演 「MOTHER」をパフォーマンス
  • COUNT DOWN TV(2008年5月11日)に出演 「MOTHER」をパフォーマンス
  • MUSIC JAPAN(2008年10月16日)に出演 「Continue」をパフォーマンス
  • ミュージックステーション(2008年10月17日)に出演 「Continue」をパフォーマンス
  • 音楽戦士 MUSIC FIGHTER(2008年10月18日)に出演 「Continue」をパフォーマンス
  • COUNT DOWN TV 年越しライヴ(2008-09年)に出演 「ルパンザファイアー」と「MOTHER」をパフォーマンス
  • COUNT DOWN TV(2011年4月3日)に出演 「約束」をパフォーマンス
  • サタテン(NHK名古屋)(2011年4月15日)に出演 「Lost Boy」、「MOTHER」をパフォーマンス

ラジオ[編集]

関連人物[編集]

現在も交流のある人物

かつて交流のあった人物

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SEAMO×SPYAIR、名古屋つながりでコラボシングル発売”. ナタリー (2012年9月3日). 2012年9月7日閲覧。
  2. ^ a b 馬主って、こんなに楽しい【第5回】SEAMOさん” (日本語). 日本軽種馬協会 (2011年11月30日). 2012年2月17日閲覧。
  3. ^ 2007年10月15日『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にて
  4. ^ 競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)2008年12月号 pp.124 - 125

外部リンク[編集]