マニック・ストリート・プリーチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニック・ストリート・プリーチャーズ
カーディフでのライヴにて(2010年)}
カーディフでのライヴにて(2010年)
基本情報
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ハードロック
グラム・パンク
ポストパンク
活動期間 1986年 -
レーベル ソニーBMG
コロムビア・レコード
公式サイト www.manics.co.uk
メンバー
ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド Vo. G.
ニッキー・ワイアー Ba.
ショーン・ムーア Dr.
旧メンバー
リッチー・ジェームス G.

マニック・ストリート・プリーチャーズManic Street Preachers)はイギリスウェールズ出身のロックバンド。愛称はマニックス(Manics)。

バンド名の由来は、メンバー全員がザ・クラッシュのファンであり、多大な影響を受けていたことから、クラッシュの曲「クラッシュ・シティ・ロッカーズ」をもじったものである[1]

概要[編集]

1986年にジェームス・ディーン・ブラッドフィールドを中心に結成。1992年にアルバム『ジェネレーション・テロリスト』でデビュー。

その後2枚のアルバムを発表し、バンドとしての評価が高くなった1995年、かねてからうつ病自傷行為ドラッグアルコールなど様々な問題を抱えていたギタリストであり作詞を担当していたリッチー・ジェームスが失踪。その後も彼は見つからず、2008年11月24日に死亡宣告が出された。

精神的な支柱を失ったバンドは一時解散も検討されたが、3人体制となって活動を継続。立て続けに傑作アルバムを発表したことにより、90年代イギリスを代表するロックバンドとして認知されるようになる。リッチーは今でもメンバー扱いとなっており、彼の分の印税はリッチーの家族に等分されている。

メンバー[編集]

ジェームスとショーンは従兄弟同士である。また、ニッキーの兄は詩人のパトリック・ジョーンズで、非公式PV制作など、しばしばバンドに関与している。

バンドの歴史[編集]

1993年頃

1991年まで[編集]

ベティ・ブルー(37°2 le matinというフランス映画の英語のタイトルから取られた)と名付けられたバンドが1986年にジェームス・ディーン・ブラッドフィールド(リードギター)、フリッカー(ベース)、ショーン・ムーア(ドラムス、ジェームスの従兄弟)、ニッキー・ワイヤー(リズムギター)で結成された。短い間Jenny Watkins-Isnardiがシンガーとして参加していたが、彼女がバンドを辞めた後ジェームスがシンガーとなった。

1988年、フリッカーがバンドを辞め3人になり、ニッキーはリズムギターからベース担当になり、最初のシングル「スーサイド・アレイ」を自主制作で録音した。その後間もなくリッチーが正式に加入。 1990年、彼らはパンクレーベル「Damaged Goods Records」と1枚のEPの契約を交わした。4曲入りのEP『ニュー・アート・ライオット』を発表。「Hall Or Nothing」マネージメントの助けで「Heavenly Records」と契約を結び「モータウン・ジャンク」(1991年1月21日)を「Heavenly Records」での最初のシングルとして発表。同時に「30曲入りの2枚組のデビューアルバムを発表、世界中でナンバーワンにして解散する」といった内容の解散宣言をする。

次のシングル「ユー・ラブ・アス」を発表。今では伝説となった事件が起きる。彼らの大げさな宣伝に軽蔑した態度をとったNME誌のインタビュアー(Steve Lamacq)に対してマニックスが本物であることを証明するために「4 REAL (本気だ)」とリッチーがカミソリの刃で自らの腕に切り刻み17針の大怪我を負う。その後まもなくソニーレコードと契約を結び、1stアルバムの製作にとりかかった。

1992年から1995年[編集]

1枚組(レコードでは2枚組)のデビューアルバム『ジェネレーション・テロリスト』を発表。アルバムを引っ提げてバンドは世界中をツアーし、多くの国々で成功を収める。特に日本では熱狂的なファンに迎えられた。しかし、アメリカでは全く成功しなかった(イギリス・チャート13位)。

解散宣言を撤回[2]1993年、2ndアルバム『ゴールド・アゲインスト・ザ・ソウル』を発表。イギリスのチャートで8位まで上昇した。

1994年8月30日、3rdアルバム『ホーリー・バイブル』を発表。前作以上に彼らの批判精神を取り戻したアルバムであった(イギリス・チャート6位)。[3]またアルバム発表時、イギリスの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップスでジェームスがバラクラバ帽を被り歌った為視聴者が激怒、TV局にセックス・ピストルズのビル・グランディ事件を超える程記録破りの抗議が殺到した。

程なくしてリッチーが精神病を患い精神病院に入院、その後退院し一時はバンド活動に復帰するも、アメリカ・ツアー前夜の1995年2月1日リッチーはジェイムスと泊まっていたロンドンのベイズウォーターにあるエンバシー・ホテルから突然姿を消してしまう。[4]バンドは6ヶ月間活動を休止したが、リッチーの家族の願いもあり活動を再開した。

1996年以降[編集]

2005年のライヴにて

リッチーが行方不明になってからの最初のアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』(リッチーによって書かれたかまたはニッキーと共同で書かれた4曲を含む)は好意的なレビューによって迎えられた。全英2位を記録し、バンド初のプラチナディスクを獲得する。シングル「デザイン・フォー・ライフ」は労働者階級のアンセムとなり、日本の深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』(フジテレビ)でもUKシングルチャートでNo.1を獲得した。アルバムは1996年の「マーキュリー賞」の最終選考リストに載り、「エヴリシング・マスト・ゴー」、「オーストラリア」、「ケビン・カーター」のヒット曲を生んだ。

1998年の5thアルバム『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』はバンド最大の成功を収め、同アルバムで念願の全英1位を獲得する。また、バンド初のナンバー1ヒットシングル「輝ける世代のために (If You Tolerate This Your Children Will Be Next)」をもたらした。この曲はスペイン内戦について書かれ、ジョージ・オーウェルの「カタロニア賛歌」、ザ・クラッシュの「スペイン戦争」にインスパイアされて書かれた。

2000年には限定版のシングル「ザ・マッシズ・アゲインスト・ザ・クラッシズ」を発表した。これは19世紀の首相ウィリアム・グラッドストンの"All the world over, I will back the masses against the classes"の言葉から名付けられた。プロモーションをほとんどしなかったにも関わらず、イギリスのシングルチャート1位を記録した。

2001年、カール・マルクスシアターでライブを行い、キューバで初めて演奏する西側のロックバンドとなった。カストロに会い、「Louder than War」と言われ、これがこのライブDVDのタイトルにもなった(日本未発売であったが、2007年11月21日に発売)。同年6thアルバム『ノウ・ユア・エネミー』を発表、全英2位を記録。

2004年、7thアルバム『ライフブラッド』を発表。ニュー・ウェイヴに接近、全英13位にとどまる。

2006年、2005年から2年間の活動休止期間中にジェームスがアルバム『ザ・グレート・ウェスタン』ニッキーがアルバム『アイ・キルド・ザ・ザイトガイスト』とそれぞれソロ・アルバムを発表した。

2007年、ソロ・プロジェクトを経てバンド活動を再開し、8thアルバム『センド・アウェイ・ザ・タイガーズ』を発表、全英2位を記録。シングル「ユア・ラブ・アローン・イズ・ノット・イナフ」ではカーディガンズニーナ・パーションとデュエットしている。

2008年11月24日、英国の裁判所がリッチーの死亡宣告を発した。メンバーとリッチーの家族はリッチーの死亡に関して一切否定している。

2009年、9thアルバム『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』を発表。全曲リッチーが残していた歌詞を元に制作し、ジャケットの絵は3rdアルバムのホーリー・バイブルと同じジェニー・サヴィルによるものであり、本作はホーリー・バイブルの続編として位置づけられている。プロデューサーニルヴァーナイン・ユーテロなどを手がけたスティーブ・アルビニを起用している。イギリスの大手スーパーマーケットチェーンはアルバム・カバーの絵を問題視し、無地のスリップケースに入れた上で販売している。[5]

2010年、前作からわずか1年4か月で10枚目となるアルバム『ポストカーズ・フロム・ア・ヤングマン』を発表。ジャケットのビデオカメラを持つ人物は俳優のティム・ロス

ディスコグラフィー[編集]

  • 日付は英国での発売日を示す。「英」とはイギリスの「UK Albums Chart」の、「日」は「オリコン・アルバムチャート」におけるチャートの最高位を示す。「ゴールド等認定」については、イギリスの「BPI」における記録である。

スタジオ・アルバム[編集]

アルバム ゴールド等認定
1 1992 ジェネレーション・テロリスト Generation Terrorists 13 60
  • ゴールド(10万枚)
  • デビュー・アルバム
2 1993 ゴールド・アゲインスト・ザ・ソウル Gold Against the Soul
  • 発売日:1993年6月21日
  • レーベル:コロムビア
8 32
  • シルバー (6万枚)
3 1994 ホーリー・バイブル The Holy Bible 6 48
4 1996 エヴリシング・マスト・ゴー Everything Must Go
  • 発売日:1996年5月20日
  • レーベル:エピック
2 50
  • ダブル・プラチナ (60万枚)
5 1998 ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ This Is My Truth Tell Me Yours
  • 発売日:1998年9月14日
  • レーベル:エピック
1 27
  • トリプル・プラチナ(90万枚)
6 2001 ノウ・ユア・エネミー Know Your Enemy
  • 発売日:2001年3月19日
  • レーベル:エピック
2 26
7 2004 ライフブラッド Lifeblood
  • 発売日:2004年11月1日
  • レーベル:エピック
13 47
8 2007 センド・アウェイ・ザ・タイガーズ Send Away The Tigers
  • 発売日:2007年5月7日
  • レーベル:コロムビア
2 39
9 2009 ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ Journal for Plague Lovers
  • 発売日:2009年5月18日
  • レーベル:コロムビア
3 24
10 2010 ポストカーズ・フロム・ア・ヤング・マン Postcards from a Young Man 3 36
11 2013 リワインド・ザ・フィルム Rewind The Film
12 2014 フューチャロロジー <未来派宣言> Futurology

コンピレーション・アルバム[編集]

アルバム ゴールド等認定・補足
1 2002 フォーエヴァー・ディレイド Forever Delayed
  • 発売日:2002年8月28日
  • レーベル:ソニー
4 68
  • プラチナ (30万枚)
  • ベスト盤
2 2003 リップスティック・トレイス Lipstick Traces (A Secret History of Manic Street Preachers)
  • 発売日:2003年7月14日
  • レーベル:ソニー
11 243
  • アルバム未収録・レアトラック集
3 2011 ナショナル・トレジャーズ National Treasures – The Complete Singles
  • 発売日:2011年10月28日
  • レーベル:ソニー
10 125
  • シングル・コレクション

シングル[編集]

発売日 タイトル(邦題/原題) 規格 収録曲 備考 収録アルバム
1st 1988年 スーサイド・アレイ
Suicide Alley
7inch 自主制作シングル。
SBS Recordsよりリリース。
オリジナルアルバム未収録
2nd 1990年 ニュー・アート・ライオット EP
New Art Riot EP
12inch
CD
メンバー4人による初の作品。
Damaged Goodsよりリリース。
オリジナルアルバム未収録
3rd 1991年1月21日 モータウン・ジャンク
Motown Junk
12inch
CD
インディーズデビュー作品。
Heavenly Recordsよりリリース。
オリジナルアルバム未収録
4th 1991年 ユー・ラヴ・アス
You Love Us
7inch
CD
Heavenly Recordsよりリリース ジェネレーション・テロリスト
5th 1991年 ステイ・ビューティフル
Stay Beautiful
7inch
CD
メジャーレーベルからリリースした初のシングル。
6th 1991年10月 亡命 / リピート
Love's Sweet Exile / Repeat
7inch
CD
7th 1992年1月 ユー・ラヴ・アス
You Love Us
7inch
CD
CT
8th 1992年1月1日 享楽都市の孤独
Motorcycle Emptiness
7inch
CD
CT
9th 1992年3月16日 スラッシュ&バーン
Slash 'N' Burn
7inch
CD
CT
10th 1992年9月 スーサイド・イズ・ペインレス
Theme From M.A.S.H. (Suicide Is Painless)
7inch
CD
CT
The Fatima Mansionsとのスプリット・シングル オリジナルアルバム未収録
11th 1992年12月 リトル・ベイビー・ナッシング
Little Baby Nothing
7inch
CD
CT
ジェネレーション・テロリスト
12th 1993年 絶望の果て
From Despair To Where
7inch
CD
CT
ゴールド・アゲインスト・ザ・ソウル
13th 1993年7月 悲しみは永遠に消え去らない
La Tristesse Durera (Scream To A Sigh)
7inch
CD
CT
14th 1993年 ローゼズ・イン・ホスピタル
~囚われた快楽~

Roses In The Hospital
7inch
CD
CT
15th 1993年 失われた夢
Life Becoming A Landslide E.P.
7inch
CD
CT
16th 1994年7月 ファスター / P.C.P.
Faster / P.C.P.
10inch
CD
CT
ホーリー・バイブル
17th 1994年8月1日 リヴォル
Revol
10inch
CD
CT
18th 1994年10月3日 シー・イズ・サーファリング
She Is Suffering
10inch
CD
CT
19th 1996年 ア・デザイン・フォー・ライフ
A Design For Life
CD エヴリシング・マスト・ゴー
20th 1996年7月8日 エヴリシング・マスト・ゴー
Everything Must Go
CD
CT
21st 1996年9月27日 ケヴィン・カーター
Kevin Carter
CD
CT
22nd 1996年10月16日 ファーザー・アウェイ
Further Away [A]
CD
23rd 1996年11月29日 オーストラリア
Australia
CD
CT
24th 1998年8月24日 輝ける世代のために
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
CD
CT
ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ
25th 1998年12月8日 ジ・エヴァーラスティング
The Everlasting
CD
CT
26th ノーバディ・ラヴド・ユー
Nobody Loved You[A]
CD
27th 1999年3月16日 ユー・ストール・ザ・サン・フロム・マイ・ハート
You Stole The Sun From My Heart
CD
CT
28th 1999年7月5日 ツナミ
Tsunami
CD
CT
29th 2000年1月10日 ザ・マッシズ・アゲインスト・ザ・クラッシズ
The Masses Against The Classes
10inch
CD
完全生産限定盤 オリジナルアルバム未収録[B]
30th 2001年2月26日 ソー・ホワイ・ソー・ザット
Found That Soul
CD
CT
ノウ・ユア・エネミー
31st 2001年4月24日 ファウンド・ザット・ソウル
Found That Soul
7inch
CD
32nd 2001年5月29日 オーシャン・スプレイ
Ocean Spray
CD
CT
33rd 2001年9月10日 レット・ロウブソン・シング
Let Robeson Sing
12inch
CD
34th 2002年12月17日 ゼア・バイ・ザ・グレイス・オヴ・ゴッド
There By The Grace Of God
CD
DVD
フォーエヴァー・ディレイド
35th 2004年10月18日 ザ・ラヴ・オブ・リチャード・ニクソン
The Love Of Richard Nixon
CD
DVD
ライフブラッド
36th 2005年3月15日 エンプティ・ソウルズ
Empty Souls
CD
DVD
37th 2007年3月12日 アンダードッグス
Underdogs
7inch センド・アウェイ・ザ・タイガーズ
38th 2007年4月30日 ユア・ラヴ・アローン・イズ・ノット・イナフ
Your Love Alone Is Not Enough
7inch
CD
39th 2007年8月7日 オータム・ソング
Autumnsong
7inch
CD
40th 2007年10月1日 インディアン・サマー
Indian Summer
7inch
CD
41st 2010年9月21日 (イッツ・ノット・ウォー)ジャスト・ジ・エンド・オヴ・ラヴ
(It's Not War) Just the End of Love
7inch
CD
ポストカーズ・フロム・ア・ヤング・マン
42nd 2010年12月14日 サム・カインド・オヴ・ナッシングネス
Some Kind of Nothingness
7inch
CD
43rd 2011年2月28日 ポストカーズ・フロム・ア・ヤング・マン
Postcards from a Young Man
7inch
CD
44th 2011年9月16日 ディス・イズ・ザ・デイ
This Is The Day
CD ナショナル・トレジャーズ
45th 2013年9月9日 奇跡を見せてくれ
Show Me The Wonder
7inch リワインド・ザ・フィルム

EP[編集]

発売日 タイトル(邦題/原題) 規格 収録曲 備考
1st 1992年1月25日 スターズ・アンド・ストライプス
Stars And Stripes - Generation Terrorists US Mix [A]
CD
2nd 2001年7月18日 ノウ・アワー・ビーサイド
Know Our B-sides[A]
CD 2001年時の来日を記念した企画盤。
「KNOW YOUR ENEMY」からのシングルのB面曲を集めたミニアルバム。
3rd 2003年1月16日 フォーエヴァー・ディレイド EP
Forever Derayed EP[A]
CD ベストアルバム発売を記念した企画盤。
メモ
  • A ^ 日本でのみ発売。
  • B ^ 「KNOW YOUR ENEMY」日本盤にボーナストラックとして収録。

来日公演[編集]

  • 1992年 Generation Terrorists Tour(5/9大阪クラブクアトロ、5/10名古屋クラブクアトロ、5/11-13川崎クラブチッタ)
  • 1993年 Gold Against The Soul Tour(10/7-8大阪クラブクアトロ、10/9福岡クロッシングホール 10/10広島ナミキジャンクション 10/11-13渋谷On-Air East、10/16-17名古屋クラブクアトロ、10/18-19渋谷On-Air East、10/20仙台ビーブベースメントシアター、10/22札幌ペニーレーン)
  • 1999年 This Is My Truth Tell Me Yours Tour(2/5大阪ZEPP、2/7-8赤坂ブリッツ、2/9渋谷On-Air East)
  • 2001年 フジロック・フェスティバル(7/25)
  • 2003年 Greatest Hits Tour(1/22名古屋ダイヤモンドホール、1/23福岡ZEPP、1/26東京ベイNKホール)
  • 2005年 Life Blood Tour(2/10 渋谷AX、2/12大阪ZEPP、2/13東京ZEPP、2/14名古屋クラブクアトロ)
  • 2007年 サマーソニック(8/11大阪、8/12東京)
  • 2010年 Postcards From A Young Man Tour(11/26新木場STUDIO COAST、11/27横浜ベイホール)
  • 2011年 NANO-MUGENフェスティバル(7/17横浜アリーナ)
  • 2011年 Postcards From A Young Man Tour(7/18新宿BLAZE)
  • 2012年 National Treasure Japan Tour(5/17-18新木場STUDIO COAST)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マニックス結成以前に路上で歌っていたジェームスが通りすがりの老人に言われた言葉から付けたという説もある。
  2. ^ 当時解散宣言をシリアスに受け止めていた日本のファンのために、日本のプレスにだけ発表された。
  3. ^ 後に「ホーリー・バイブル」10周年記念アルバムがリマスター、リミックス、DVD付きでリリースされた。
  4. ^ その後リッチーの車はセヴァーン橋付近のガソリンスタンドで発見されるが消息は不明となる。
  5. ^ [1]

関連項目[編集]

  • シャンプー - 彼女たちはデビューする前はマニックスの追っかけでファンジンを作っていたほどであった。シングル「リトル・ベイビー・ナッシング」のプロモーション・ビデオに出演している。

外部リンク[編集]