スキマスイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキマスイッチ
}
基本情報
ジャンル J-POP
活動期間 1999年 -
レーベル オーガスタレコード / BMG JAPAN
2003年7月 - 2009年9月
オーガスタレコード / アリオラジャパン
2009年10月 - )
事務所 オフィスオーガスタ
公式サイト スキマスイッチ
メンバー
大橋卓弥
常田真太郎

スキマスイッチは、大橋卓弥常田真太郎による日本音楽ユニット。略称は「スキマ」。

目次

メンバー[編集]

以下記載以外の詳細・エピソードについては、それぞれの項目を参照。

大橋卓弥(おおはし たくや、1978年5月9日 - )

常田真太郎(ときた しんたろう、1978年2月25日 - )

ユニット名の由来[編集]

  • 名称に深い意味は無く、響きを重視して付けられた。名前を決める際に、常田の部屋で偶然目に入った窓の「隙間」、電気の「スイッチ」から誕生。カッコイイと思う名前にすると後々ダサくなるから、あえて初めからダサくしようという2人の考えで「スキマスイッチ」となった。他の候補には「タタミスイッチ」や「コタツスイッチ」、「フスマスイッチ」などもあった。
  • とある深夜番組内では、「当時まだ売れていない時に木造の安アパートに住んでおり、隙間風が入り天井の照明はスイッチのヒモを引っ張るタイプだった。有名になった時この時の苦労を忘れないように『スキマスイッチ』と命名した」と本人たちは語っている。

音楽活動に対する姿勢[編集]

  • 【all songs written, arranged and produced by スキマスイッチ】という表記が全ての楽曲の歌詞カードにある。その意味の通り、セルフアレンジ&セルフプロデュースで活動しており、楽曲の提供及びプロデュースも積極的に行っている(詳しくは下段“他アーティストに提供した楽曲”を参照)。
  • 作詞者と作曲者が個人名義でなく【スキマスイッチ】あるいは【大橋卓弥/常田真太郎】となっているのは、両方の作業を常に共同で行っているためである。
  • 二人とも言葉を重要視し、日本語を大切にしての楽曲作りを心がけている。
  • 歌詞中に出てくる一人称と二人称は、「Aアングル」(虹のレシピ c/w)で「わたし」と「あなた」になっている以外、全て「僕」と「君」に統一されている。
  • 歌詞作りの際は架空の人物を主人公として当てはめることが多く、その人物を「スキマスイッチくん」と呼んでいる。二人曰く、「めちゃくちゃモテてイケメン」。
  • 大橋は玉置浩二ビートルズ德永英明Mr.Childrenを尊敬しており特に玉置浩二は大橋が出演した番組で一番尊敬していると語った。常田は槇原敬之小林武史GRAPEVINE[1]に大きく影響を受けている。
  • ソロ活動明けの作品(「虹のレシピ」)からは、リスナーに自分たちの音楽をよりよい音で聴いてほしいという気持ちからCD作品の初回盤は高音質のBlu-spec CDを採用している。

来歴[編集]

1999年
  • 大橋が常田に曲のアレンジを依頼。これがきっかけとなり、常田主導でスキマスイッチ結成。
2000年
  • 赤坂Blitz、ぴあ、日音の3社が共同で始めたBlitz-Pia RecordsよりコンピレーションCD「BLITZ・PIA SELECTION FROM NEWCOMER CARNIVAL 2000」に参加。
  • 4月1日、インディーズアルバム『10チャンネル』発売。
2001年
  • 本格的なライブを渋谷新宿にて始め、自らの主催による「想いコンダーラ」というライブイベントを複数回開催した。
  • この頃に、現在のマネージャーである樋口健と知り合い、事務所入りした。
  • 3月、インディーズミニアルバム『僕の話』発売。
2002年
  • 8月、「AUGUSTA CAMP 2002」のサブステージに出演。観客30,000人の前で演奏。
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

作品[編集]

インディーズ[編集]

ミニアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 2001年3月 僕の話

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 2000年4月1日 10チャンネル

デモ音源[編集]

リリース日 タイトル
1st 2003年 DEMOTRACKS
2nd 2003年 ふれて未来を(DEMO)

その他[編集]

  • Roft Star #5

メジャー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 最高位 初収録アルバム
1st 2003年7月9日 view 68位 夏雲ノイズ
2nd 2004年3月10日 奏(かなで) 22位
3rd 2004年6月16日 ふれて未来を 25位
4th 2004年11月24日 冬の口笛 6位 空創クリップ
5th 2005年4月20日 全力少年 3位
6th 2005年6月22日 雨待ち風 7位
7th 2006年3月1日 ボクノート 3位 夕風ブレンド
8th 2006年8月16日 ガラナ 1位
9th 2006年11月22日 アカツキの詩 6位
10th 2007年7月11日 マリンスノウ 3位 グレイテスト・ヒッツ
11th 2009年5月20日 虹のレシピ 5位 ナユタとフカシギ
12th 2009年10月14日 ゴールデンタイムラバー 2位
13th 2010年7月7日 アイスクリーム シンドローム 6位 musium
14th 2011年1月26日 さいごのひ 11位
15th 2011年9月14日 晴ときどき曇 10位
16th 2012年6月27日 ラストシーン 10位 POPMAN'S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜
17th 2012年8月8日 ユリーカ 16位
18th 2013年6月19日 スカーレット 15位
19th 2013年7月31日 Hello Especially 17位
20th 2014年7月23日 Ah Yeah!! 8位 スキマスイッチ
21th 2014年11月19日 パラボラヴァ
22th 2014年12月3日 星のうつわ
配信リリース作品[編集]
リリース日 タイトル 初収録アルバム
1st 2011年7月9日 センチメンタル ホームタウン musium
2nd 2011年8月13日 石コロDays
3rd 2011年9月14日 晴ときどき曇

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]
発売日 タイトル 最高位
1st 2004年6月23日 夏雲ノイズ 2位
2nd 2005年7月20日 空創クリップ 1位
3rd 2006年11月29日 夕風ブレンド 3位
4th 2009年11月4日 ナユタとフカシギ 3位
5th 2011年10月5日 musium 7位
6th 2014年12月3日 スキマスイッチ
ミニアルバム[編集]
発売日 タイトル 最高位
1st 2003年9月17日 君の話 30位
ベストアルバム[編集]
発売日 タイトル 最高位
1st 2007年8月1日 グレイテスト・ヒッツ 1位
2nd 2012年8月22日 DOUBLES BEST 4位
3rd 2013年8月21日 POPMAN'S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜 2位
ライブアルバム[編集]
発売日 タイトル 最高位
1st 2008年4月2日 スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA" 11位
2nd 2010年11月24日 スキマスイッチ TOUR 2010"LAGRANGIAN POINT" 27位
配信限定 2011年10月19日 iTunes LIVE -
3rd 2012年9月26日 スキマスイッチ TOUR 2012“musium” 32位
4th 2013年9月11日 スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN” 23位
5th 2014年2月26日 スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD” 29位
6th 2014年4月30日 スキマスイッチ 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch” 19位
コンピレーションアルバム[編集]
発売日 タイトル
2013年7月24日 anuenue     

DVD[編集]

PVクリップ集[編集]
リリース日 タイトル 最高位
1st 2005年11月23日 別冊スキマスイッチ 24位
ライブDVD[編集]
リリース日 タイトル 最高位
1st 2008年6月11日 スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA"THE MOVIE 5位
2009年9月 SUKIMASWITCH TOUR'09 "DOUBLES" LIVE DVD -[注 1]
2nd 2010年11月24日 スキマスイッチ TOUR 2010"LAGRANGIAN POINT"THE MOVIE 20位
3rd 2012年10月24日 スキマスイッチ TOUR 2012“musium”THE MOVIE 23位
4th 2013年10月2日 スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”THE MOVIE 33位
5th 2014年3月26日 スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD”THE MOVIE 37位
6th 2014年5月28日 スキマスイッチ 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch” THE MOVIE 14位

その他[編集]

他のアーティストに提供した楽曲[編集]

  • w-inds. - キレイだ2004年6月2日
    • 12thシングル『キレイだ』、4thアルバム『ageha』、ベストアルバム『w-inds.bestracks』収録。
    • w-indsのファン投票で1位の楽曲となる。
    • 後に自身もアルバムでセルフカバー
  • w-inds. - マバタキの夢 (2005年6月1日 / 作曲のみ)
    • 4thアルバム『ageha』収録。
    • 作詞は同じ事務所に所属するCOILの岡本定義が担当した。
  • ソニン - あすなろ銀河 (2005年1月13日
  • ソニン - 小さな夜旅 (2005年9月14日
    • 編曲は河野伸が担当した。ダウンロード限定販売の曲。
    • 大橋が歌ったデモがスキマスイッチのベストアルバムである「POPMAN'S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜」の初回盤Bに収録されている。
  • 松たか子 - 明かりの灯る方へ2006年3月22日
    • 19thシングル『明かりの灯る方へ』収録。
    • プロデュース、アレンジは常田。
    • 大橋がコーラスで参加している。
  • 松たか子 - そして僕の夜が明ける・水槽 (2006年4月26日
    • 前述の曲と共に、彼女の7thアルバム『僕らがいた』収録。
    • 「水槽」は2人がインディーズ時代に作った曲。
    • 「そして僕の夜が明ける」の原曲である「蜻蛉草」がスキマスイッチのベストアルバムである「POPMAN'S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜」の初回盤Bに収録されている。
  • 福耳 - 惑星タイマー2006年7月12日
    • 4thシングル『惑星タイマー』、Best Album『福耳 THE BEST WORKS』収録。
    • 後に自身もアルバムでセルフカバー。
    • 今回2人は歌・演奏に参加すると共に、楽曲のトータルプロデュースも行っている。
    • 後にオフィスオーガスタ所属の杏子もカヴァーした。ミニアルバム『Hybrid Black』に収録。
  • YUKI - You've got a friend (2006年9月6日 / 作曲のみ)
    • 4thアルバム『Wave』収録。
    • YUKIは自身のホームページで、「スキマスイッチさんの曲と知らずデモを聴いて、この人(大橋)が歌ったほうがいいと思った。」と語っている。
  • お中元(中孝介+元ちとせ) - 春の行人 (2011年3月9日 / 作曲のみ)
    • 作詞は同じ事務所に所属するCOILの岡本定義が担当した。
    • 6thシングル「雨待ち風」に収録されている「安曇野にて(instrumental)」を元に書かれた。
  • 関ジャニ∞ - フリーダム理論 (2011年11月16日
    • 6thアルバム『FIGHT』収録。
  • コッシー(NHK教育テレビ「みいつけた!」のキャラクター) - あしたわらおう(作曲のみ)
    • 作詞はコッシーの声優を担当しているサバンナ高橋茂雄。また、大橋も曲中でコッシー(高橋)とともにコーラスをしている。

参加した楽曲[編集]

参加したオムニバス・コンピレーションアルバム[編集]

未音源化曲[編集]

  • No.758
    • デビュー前に作った曲。名古屋でのライブ限定で歌われる。
  • チェリー
  • デラックスなテーマソング
    • ファンクラブ「DELUXE」のために作られた曲。

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ
view NHK-BS2『真夜中の王国』2003年7月オープニングテーマ
君の話 TBS系TV全国ネット『CDTV』2003年9月オープニングテーマ
ふれて未来を TBS系TV全国ネット『日立 世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ
全国東宝系映画『ラフ ROUGH』挿入歌
全力少年 NTTDoCoMo関西 CMソング
日本テレビ系TV全国ネット『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』 - 2005年4月オープニングテーマ
オリジナル短編アニメーション東京マーブルチョコレート主題歌
全国東宝系映画『ラフ ROUGH』挿入歌
雨待ち風 カルビー「夏ポテト」CMソング
飲みに来ないか タカラCanチューハイ果実きわだつチューハイCMソング
ボクノート 全国東宝系公開アニメ映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』主題歌
チェリー FM802 ACCESSキャンペーン2006年度キャンペーンソング
ピーカンブギ〈instrumental〉 日本テレビ系『ズームイン!!SUPERのお天気テーマソング
スフィアの羽根 ABC2006 夏の高校野球』統一テーマソング
ガラナ 全国東宝系映画『ラフ ROUGH』主題歌
奏(かなで) 全国東宝系映画『ラフ ROUGH』挿入歌
フジテレビ系「4夜連続ドラマ『卒うた』第3夜」主題歌
君曜日 NTT西日本WEBコンテンツ「あそむび」内ネットムービー『幸運探偵〜風烈光の事件簿〜』主題歌
マリンスノウ 明治製菓アーモンドチョコ」CMソング
回想目盛 オロナミンC Presents「キモチスイッチ」プロジェクト応援ソング
NHK教育テレビアニメ『獣の奏者 エリン』オープニングテーマ
虹のレシピ テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」5月度オープニングテーマ
第2回「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014」オフィシャルイメージソング
8ミリメートル ケータイドラマサイトDORAMO内ドラマ『8ミリメートル』主題歌
Aアングル ケータイドラマサイトDORAMO内ドラマ『8ミリメートル』挿入歌
Bアングル
ゴールデンタイムラバー 毎日放送・TBS系アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』オープニングテーマ
アイスクリーム シンドローム 映画『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』主題歌
石コロDays NHK Eテレ中学生日記』主題歌
センチメンタル ホームタウン ファミリーマート『Green & Cleanプロジェクト』プロジェクトソング
テレビ東京系『ドラGO! -DRIVE A GOGO!-』エンディングテーマ
晴ときどき曇 花王アタックNeo」CMソング
ラストシーン 映画『臨場 劇場版』イメージソング
ユリーカ 読売テレビ・日本テレビ系アニメ『宇宙兄弟』オープニングテーマ
スカーレット テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』主題歌
Hello Especially フジテレビ系アニメ『銀の匙 Silver Spoonエンディングテーマ
トラベラーズ・ハイ 松山発オリジナルアニメーション『マッツとヤンマとモブリさんエンディングテーマ
夏のコスモナウト 2014年全国高等学校総合体育大会公式応援ソング
読売新聞「インターハイ 自称、次期日本代表編」CMソング
Ah Yeah!! 毎日放送・TBS系アニメ『ハイキュー!!』オープニングテーマ
パラボラヴァ ヨコハマタイヤ『iceGUARD 5(アイスガード ファイブ)』CMソング
life×life×life ABCマート『Hawkins ウォーキングシューズ』CMソング
星のうつわ 全国東宝系映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』主題歌

メディア[編集]

ラジオ番組[編集]

  • オーガスタラジオプレゼンツ スキマチャンネル! (うたキャスにて2006年4月より放送中)
(携帯電話向けラジオ番組。現在auドコモの一部機種にのみ対応)

雑誌連載[編集]

(「隙間珍聞」→「世界の隙間で、愛をさけぶ」→「有限会社 隙間産業」)

CM[編集]

タイアップ曲「回想目盛」を書き下ろしで提供。4月24日より、Yahoo!ミュージックにて、ストリーミング配信中。

TV[編集]

テレフォンショッキングに5度の出演。4連続または4度のストラップ獲得は史上最多(タモリ談)。
・2005年8月26日(金)「彼氏の髪型がアフロヘアーだという人」でストラップをゲット。
・2006年9月4日(月)「夫か彼氏が高校野球で甲子園出場経験があるという人」でストラップをゲット。
・2010年7月14日(水)「今日、すでにアイスクリームを2個食べた人」でストラップをゲット。
・2012年10月17日(水)「47都道府県の全てに行った事がある人」でストラップをゲット。
・2013年8月22日(木)「この10年間で20kgやせた人」でストラップゲットならず。
「キャンディーをなめて歌手になろう」でボクノートを歌う本人役として出演。
「いすのまちコッシー」に、テーラースキマのアーダとコーダ役で声の出演。

映画[編集]

タイムパトロール隊員役で声の出演。

ライブツアー[編集]

2004年[編集]

“夏雲ノタビ” 〜日本公演〜[編集]

  • 2004/09/28 名古屋CLUB QUATTRO
  • 2004/09/09 広島ナミキジャンクション
  • 2004/10/01 福岡DRUM Be-1
  • 2004/10/02 高知キャラバンサライ
  • 2004/10/04 大阪BIG CAT
  • 2004/10/12 札幌KRAPS HALL
  • 2004/10/14 仙台MACANA
  • 2004/10/15 新潟LOTS
  • 2004/10/19 LIQUIDROOM ebisu

全9会場・9公演

“夏雲ノタビ” 〜日本追加公演〜[編集]

森永製菓・ウィダー協賛。

  • 2004/12/09 ペニーレーン24
  • 2004/12/13 なんばHatch
  • 2004/12/14 イムズホール
  • 2004/12/16 ダイアモンドホール
  • 2004/12/23 SHIBUYA-AX

全5会場・5公演

2005年[編集]

TOUR'05 “全国少年”[編集]

  • 2005/09/27 栃木県総合文化センター メインホール
  • 2005/09/29 静岡市民文化会館 中ホール
  • 2005/10/01 京都会館 第二ホール
  • 2005/10/03 倉敷市芸文館
  • 2005/10/05 神戸国際会館 こくさいホール
  • 2005/10/07 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
  • 2005/10/10 岩手教育会館
  • 2005/10/11 仙台電力ホール
  • 2005/10/13 新潟市民芸術文化会館 劇場
  • 2005/10/15 長野CLUB JUNK BOX
  • 2005/10/16 金沢AZ
  • 2005/10/18 広島アステールプラザ 大ホール
  • 2005/10/21 名古屋市民会館 大ホール
  • 2005/10/23 福岡市民会館
  • 2005/10/25 熊本DRUM Be-9
  • 2005/10/26 鹿児島CAPARVO
  • 2005/10/29 高松オリーブホール
  • 2005/10/31 高知県民文化ホール・グリーンホール
  • 2005/11/05 函館フライデーナイトクラブ
  • 2005/11/07 札幌市民会館
  • 2005/11/14 東京厚生年金会館 大ホール【追加公演】
  • 2005/11/15 東京厚生年金会館 大ホール

全21会場・22公演

2006年[編集]

TOUR'06 “空創トリップ”[編集]

森永製菓・ウィダー協賛。

  • 2006/02/28 宮城県民会館
  • 2006/03/02 北海道厚生年金会館
  • 2006/03/10 サンポート高松 大ホール
  • 2006/03/12 福岡サンパレス
  • 2006/03/13 広島郵便貯金ホール
  • 2006/03/15 - 16 グランキューブ大阪
  • 2006/03/20 - 21 東京国際フォーラム ホールA
  • 2006/03/24 新潟テルサ
  • 2006/03/29 名古屋国際会議場 センチュリーホール【延期公演】
  • 2006/03/31 神奈川県民ホール

全10会場・12公演

2007年[編集]

TOUR'07 “夕風トラベル”[編集]

大塚製薬オロナミンC協賛。各公演の終演後、来場者にオロナミンCが配られた。

  • 2007/02/06 府中の森芸術劇場 どりーむホール
  • 2007/02/07 大宮ソニックシティ
  • 2007/02/10 大分iichikoグランシアタ
  • 2007/02/12 鹿児島県文化センター
  • 2007/02/14 長崎市公会堂
  • 2007/02/17 - 18 福岡サンパレス
  • 2007/02/22 高知県民文化ホール オレンジホール
  • 2007/02/23 松山市民会館 大ホール
  • 2007/02/25 香川県県民ホール グランドホール
  • 2007/02/27 千葉県文化会館 大ホール
  • 2007/03/01 宇都宮文化会館
  • 2007/03/03 - 04 NHKホール
  • 2007/03/06 倉敷市民会館
  • 2007/03/07 広島厚生年金会館
  • 2007/03/09 周南市文化会館
  • 2007/03/11 米子コンベンションセンター
  • 2007/03/13 盛岡市民文化ホール
  • 2007/03/14 山形市民会館
  • 2007/03/16 仙台サンプラザホール
  • 2007/03/19 - 20 神戸国際会館 こくさいホール
  • 2007/03/22 京都会館 第一ホール
  • 2007/03/24 - 25 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
  • 2007/03/27 長良川国際会議場 メインホール
  • 2007/03/29 名古屋国際会議場 センチュリーホール
  • 2007/03/30 静岡市民文化会館 大ホール
  • 2007/04/02 北海道厚生年金会館
  • 2007/04/03 旭川市民文化会館 大ホール
  • 2007/04/05 帯広市民文化ホール 大ホール
  • 2007/04/08 石川厚生年金会館
    (この時、シングル「ガラナ」の特典映像で着ていたジャンパーを投げた)
  • 2007/04/10 富山オーバード・ホール
  • 2007/04/11 新潟県民会館
  • 2007/04/13 群馬県民会館
  • 2007/04/14 長野県県民文化会館
  • 2007/04/20 沖縄コンベンション劇場

全34会場・38公演

ARENA TOUR'07"W-ARENA"[編集]

スキマスイッチ初のアリーナツアー。大塚製薬・オロナミンC協賛。

  • 2007/10/20 - 21 マリンメッセ福岡
  • 2007/11/3 北海道立総合体育センター きたえーる
  • 2007/11/9 日本ガイシホール
  • 2007/11/13 - 14 国立代々木競技場 第一体育館
  • 2007/11/26 - 27 大阪城ホール
  • 2007/12/1 さいたまスーパーアリーナ【追加公演】

全6会場・9公演

2009年[編集]

TOUR'09 “ダブルス”[編集]

スキマスイッチ復活後初のツアー。サポートメンバーなしで行う。

  • 2009/03/04 Zepp Sapporo
  • 2009/03/09 広島CLUB QUATTRO
  • 2009/03/10 Zepp Nagoya
  • 2009/03/12 Zepp Fukuoka
  • 2009/03/16 Zepp Sendai
  • 2009/03/18 なんばHatch
  • 2009/03/24 - 25 Zepp Tokyo

全7会場・8公演

2010年[編集]

TOUR'10"ラグランジュポイント"[編集]

このツアーで、初めてバンドメンバーに管楽器(トランペット、サックス)が入った。

  • 2010/01/12 市原市市民会館
  • 2010/01/16 - 17 名古屋国際会議場 センチュリーホール
  • 2010/01/20 千葉文化会館 大ホール
  • 2010/01/22 北海道厚生年金会館
  • 2010/01/24 中標津町総合文化会館 大ホール
  • 2010/01/28 新潟県民会館
  • 2010/01/30 長野県県民文化会館 大ホール
  • 2010/01/31 富山オーバード・ホール
  • 2010/02/04 仙台サンプラザホール
  • 2010/02/06 青森市文化会館
  • 2010/02/07 盛岡市民文化ホール 大ホール
  • 2010/02/10 - 11 NHKホール
  • 2010/02/13 米子コンベンションセンター BIG SHIP
  • 2010/02/15 周南市文化会館
  • 2010/02/16 広島厚生年金会館
  • 2010/02/18 倉敷市民会館
  • 2010/02/20 - 21 福岡サンパレス
  • 2010/02/23 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)
  • 2010/02/24 宮崎市民文化ホール
  • 2010/03/03 宇都宮市文化会館
  • 2010/03/09 京都会館 第一ホール
  • 2010/03/11 - 12 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
  • 2010/03/16 大宮ソニックシティ
  • 2010/03/18 神奈川県民ホール
  • 2010/03/26 群馬県民会館
  • 2010/04/01 高知県民文化ホール・オレンジホール
  • 2010/04/02 サンポート高松
  • 2010/04/06 三重県文化会館 大ホール
  • 2010/04/07 静岡市民文化会館 大ホール
  • 2010/04/11 なら100年会館 大ホール
  • 2010/04/13 - 14 神戸国際会館 こくさいホール
  • 2010/04/20 - 21 中野サンプラザホール【追加公演】
  • 2010/04/25 沖縄コンベンションセンター劇場

全33会場・39公演

2012年[編集]

TOUR 2012“musium”[編集]

  • 2012/01/19 川口リリア メインホール
  • 2012/01/21 周南市文化会館
  • 2012/01/23 広島市文化交流会館
  • 2012/01/24 倉敷市民会館
  • 2012/01/28 千葉県文化会館 大ホール
  • 2012/02/04 サンポート高松
  • 2012/02/05 高知県民文化ホール・オレンジホール
  • 2012/02/12 仙台サンプラザ
  • 2012/02/15 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)
  • 2012/02/17 - 18 福岡サンパレス
  • 2012/02/24 大宮ソニックシティ 大ホール
  • 2012/02/28 静岡市民文化会館 大ホール
  • 2012/02/29 長良川国際会議場 メインホール
  • 2012/03/03 那須塩原市黒磯文化会館
  • 2012/03/10 - 11 名古屋国際会議場 センチュリーホール
  • 2012/03/14 - 15 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
  • 2012/03/17 神戸国際会館こくさいホール
  • 2012/03/18 京都会館第一ホール
  • 2012/03/23 釧路市民文化会館(大ホール)
  • 2012/03/25 ニトリ文化ホール
  • 2012/03/31 本多の森ホール
  • 2012/04/01 新潟県民会館
  • 2012/04/03 まつもと市民芸術館
  • 2012/04/05 神奈川県民ホール 大ホール
  • 2012/04/07 盛岡市民文化ホール 大ホール
  • 2012/04/08 郡山市民文化センター 大ホール
  • 2012/04/12 - 13 NHKホール【追加公演】
  • 2012/04/18 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
  • 2012/04/21 沖縄市民会館 大ホール

全29会場・32公演

2012‐2013年[編集]

TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”[編集]

スキマスイッチ初の全47都道府県ツアー。二人のデビュー前からの夢だった「二人で全都道府県をまわるツアー」を実現させた形となった。

ファイナルの沖縄公演ではスキマスイッチでは初となるライブビューイングを実施。沖縄以外の46都道府県の55の映画館で放映された。配給はワーナー・マイカル・シネマズ

  • 2012/10/26 市原市市民館(千葉県)
  • 2012/11/01 東京エレクトロン韮崎文化ホール(山梨県)
  • 2012/11/07 よこすか芸術劇場(神奈川県)
  • 2012/11/10 鹿沼市民文化センター(栃木県)
  • 2012/11/15 群山市民文化センター中ホール(福島県)
  • 2012/11/16 山形市民会館大ホール(山形県)
  • 2012/11/18 盛岡市民文化ホール大ホール(岩手県)
  • 2012/11/20 青森市民ホール(青森県)
  • 2012/11/23 仙台サンプラザホール(宮城県)
  • 2012/11/25 秋田市文化会館 大ホール(秋田県)
  • 2012/11/30 中野サンプラザホール(東京都)
  • 2012/12/07 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホール(滋賀県)
  • 2012/12/09 舞鶴市総合文化会館(京都府)
  • 2012/12/11 神戸国際会館こくさいホール(兵庫県)
  • 2012/12/13 グランキューブ大阪(大阪府)
  • 2012/12/14 和歌山市民会館大ホール(和歌山県)
  • 2012/12/16 なら100年会館 大ホール(奈良県)
  • 2012/12/19 四日市文化会館第1ホール(三重県)
  • 2012/12/20 土岐市文化プラザサンホール(岐阜県)
  • 2012/12/22 東海市立文化センター(愛知県)
  • 2013/01/11 長崎市民会館文化ホール(長崎県)
  • 2013/01/12 佐賀市民会館(佐賀県)
  • 2013/01/14 宇佐文化会館(大分県)
  • 2013/01/17 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知県)
  • 2013/01/18 清水文化会館マリナート(静岡県)
  • 2013/01/24 高知市文化プラザかるぽーと(高知県)
  • 2013/01/25 松山市総合コミュニティーセンターキャメリアホール(愛媛県)
  • 2013/01/27 サンポートホール高松(香川県)
  • 2013/01/28 徳島市立文化センター(徳島県)
  • 2013/02/02 小美玉市小川文化センター(アピオス)(茨城県)
  • 2013/02/03 藤岡市みかぼみらい館(群馬県)
  • 2013/02/08 防府市公会堂(山口県)
  • 2013/02/10 尾道市公会堂(広島県)
  • 2013/02/11 島根県民会館(島根県)
  • 2013/02/13 鳥取市民会館(鳥取県)
  • 2013/02/14 岡山市民会館(岡山県)
  • 2013/02/19 富山県民会館(富山県)
  • 2013/02/21 金沢市文化ホール(石川県)
  • 2013/02/22 福井市文化会館(福井県)
  • 2013/02/26 新潟テルサ(新潟県)
  • 2013/02/27 ホクト文化ホール中ホール(長野県)
  • 2013/03/01 川口総合文化センターリリアメインホール(埼玉県)
  • 2013/03/08 稚内総合文化センター(北海道)
  • 2013/03/10 札幌市民ホール(北海道)
  • 2013/03/11 函館市芸術ホール(北海道)
  • 2013/03/16 福岡サンパレス(福岡県)
  • 2013/03/17 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)(熊本県)
  • 2013/03/19 都城市総合文化ホール大ホール(宮崎県)
  • 2013/03/20 宝山ホール(鹿児島県文化センター)(鹿児島県)
  • 2013/03/27 渋谷公会堂(東京都)
  • 2013/03/31 沖縄市民会館大ホール(沖縄県)

全51会場・51公演

2013年[編集]

Sukimaswitch 10th Anniversary Arena Tour2013 “POPMAN'S WORLD”[編集]

デビュー10周年記念ツアー。6年ぶりのアリーナツアー。

  • 2013/10/05 福岡国際センター
  • 2013/10/12 日本ガイシホール
  • 2013/10/28 大阪城ホール
  • 2013/11/16 - 17 さいたまスーパーアリーナ

全4会場・5公演

2015年[編集]

TOUR 2015“SUKIMASWITCH”[編集]

  • 1/31 川口リリア メインホール
  • 2/1 群馬音楽センター
  • 2/8 仙台サンプラザ
  • 2/10 - 11 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2/14 秋田県民会館
  • 2/15 八戸市公会堂 大ホール
  • 2/19 市川市文化会館
  • 2/22 アルファあなぶきホール・大ホール
  • 2/23 高知県立県民文化ホール・オレンジ
  • 2/28 本多の森ホール
  • 3/1 新潟県民会館
  • 3/5 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
  • 3/7 - 8 福岡サンパレス
  • 3/10 宮崎市民文化ホール
  • 3/13 神戸国際会館こくさいホール
  • 3/15 和歌山市民会館大ホール
  • 3/17 - 18 フェスティバルホール
  • 3/21 土岐市文化プラザ サンホール
  • 3/22 静岡市民文化会館大ホール
  • 3/27 広島文化学園HBGホール
  • 3/29 米子コンベンションセンター
  • 4/2 - 3 NHKホール
  • 4/11 ニトリ文化ホール
  • 4/12 函館市民会館(大ホール)
  • 4/15 大宮ソニックシティ 大ホール
  • 4/17 上田市交流文化芸術センター
  • 4/21 神奈川県民ホール 大ホール
  • 4/25 沖縄コンベンションセンター劇場

全28会場・32公演

スキマスイッチのファンとして知られている有名人[編集]

  • 天野ひろゆき
    • カラオケの十八番が「奏(かなで)」であり、テレビ番組でも度々披露している。
  • 池松壮亮
    • 大橋が主題歌を担当した映画「DIVE!!」で主演。
  • 岩井勇気
  • 梶原雄太
  • KAN
    • ライブで度々共演している。KANのツアータイトルをファンから公募する際常田は特別審査員を務める。
  • 貫地谷しほり
    • 熱烈なファンであり、テレビで初めて共演した際は感極まり号泣した。
  • 小池徹平
    • ファンを公言しており、「僕らの音楽」で初共演。その後もライブやテレビ番組などで共演を果たしている。
  • 倖田來未
  • 佐藤寿人
  • 高橋茂雄
    • 高橋が声優を務める「みいつけた!」の中で流れる「あしたわらおう」の作曲を担当。大橋が歌ったデモは「自分しか持っていない」ということを自慢にしている。
  • 田中圭
    • 「飲みに来ないか」のPVに出演。
  • 谷原章介
    • 大橋とはプライベートでも関わりが深く「たくちゃん」と呼ぶ。ブラザートムの紹介で知り合った。
  • たむらけんじ
    • プライベートでも親交が深くHello EspeciallyのPVにも出演している。
  • 長澤まさみ
    • 主題歌を担当した映画ラフ ROUGHで主演を務めた。
    • 一番好きなスキマスイッチの楽曲は「ただそれだけの風景」。
  • 中村憲剛
    • 常田の大親友であり家族ぐるみの付き合いであり、常田が不在でも常田の自宅にいることもあるという。
    • 中村が眠りにつくためのピアノ曲を常田が作りプレゼントしたりしている(後の「Human relations」)。
    • デモを聴かされ感想を求められることも多々あるという。
    • Hello Especially」のPVに出演している。
  • 二宮和也
    • インディーズ時代のアルバム「10チャンネル」を持っている。
  • 羽鳥慎一
  • バナナマン
  • 林遣都
  • 松たか子
    • スキマスイッチが楽曲提供をしたことがきっかけで交流が生まれる。テレビ番組での共演も多くなった。
    • クリスマスの約束」でスキマスイッチと共にレギュラーメンバーを務める。
    • Hello Especially」のPVに出演している。
  • 三浦大知
  • 安めぐみ
  • 山里亮太
    • スキマスイッチがよく出演する「Melodix!premium」のMCを務める。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オフィシャルファンクラブ「デラックス」会員のみ販売。

出典[編集]

外部リンク[編集]