佐橋佳幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐橋佳幸
基本情報
出生 1961年9月7日(53歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京都立松原高等学校卒業
ジャンル J-POP
職業 ギタリスト音楽プロデューサー
活動期間 1983年 - 現在
レーベル エピックレコードジャパン
事務所 ファー・イースト・クラブ
共同作業者 UGUISS、ダージリン、山弦
公式サイト 公式ホームページ habanero VOICE

佐橋 佳幸(さはし よしゆき、1961年9月7日 - )は、ギタリスト音楽プロデューサー東京都出身。ファー・イースト・クラブ所属。東京都立松原高等学校卒業。高校の先輩に清水信之EPO、後輩に渡辺美里がいる。

妻は女優松たか子

略歴[編集]

1983年、当時先鋭的な存在であったバンド「UGUISS」のメンバーとして、エピック・ソニー(現・エピックレコードジャパン)からデビューするが、1枚のアルバムをリリースしただけで解散。バンド解散後は、セッション・ギタリストとして、レコーディングやコンサートツアーにも参加。

1985年、デビュー期であった渡辺美里の制作ブレーン、清水信之の依頼を受け、渡辺の楽曲制作の手伝いを始める。その後、渡辺のバックバンドのバンマスを10年に渡り務め、長いつきあいとなる。

1991年に参加した、小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」、1993年に参加した、藤井フミヤの「TRUE LOVE」は、共に200万枚を突破し、高く評価される。両作のイントロ部分のギターフレーズも、佐橋の演奏である。

この他にも、桑田佳祐坂本龍一佐藤竹善佐野元春氷室京介槇原敬之山下達郎など、日本の音楽シーンを牽引しているアーティストからの信望が厚く、様々な局面で数多く起用されている。また、親友の小倉博和とのギターユニット「山弦」でも活躍中。

2003年には、エピックレコードジャパン25周年記念イベント「LIVE EPIC 25」に参加。バンドマスターを務め、成功を納めた。

キーボーディストのDr.kyOn(元・BO GUMBOS)と「ダージリン」というユニットを組み、読売テレビで、月に1度「共鳴野郎」という番組をもっている。そこでは、様々な一流ミュージシャンとの音楽談義やセッションをしている。また、2006年4月29日には、ダージリンの呼びかけに集まったアーティスト達と「OSAKA ROCK CITY-共鳴野郎」と題し、会場の大阪城ホールを満員にした。

渡辺美里のデビュー25周年となる2010年には、Dr.Kyon、渡辺美里と3人で「三ツ星団」を結成し、三ツ星団としてツアーを催行。

2007年12月28日、女優の松たか子との入籍を発表。そのため松本幸四郎は義父、藤間紀子は義母、中村吉右衛門は義叔父、松本紀保は義姉、市川染五郎は義兄となる。

同じく音楽家(作曲家)の佐橋俊彦とは無関係。

主な楽曲(共作曲含む)[編集]

  • 内田有紀「恋愛セラピスト」(編曲)
  • 片寄明人 feat.ショコラ「Veranda」(編曲)
  • 桐島かれん「TRAVELING GIRL」(作曲・編曲)
  • キンモクセイ「七色の風」「車線変更25時」「同じ空の下で」「人とコウモリ/日曜日の夜」「二人のムラサキ東京」「メロディ」「むすんでひらいて」(編曲)
  • Qlair「パジャマでドライブ」「永遠の少年」(編曲)
  • 小泉今日子「1992年、夏」(作曲・編曲)
  • 近藤名奈「根拠はないけど」「しずかな生活」(編曲)
  • サザーランド「and yet」「Dreams of youth」「letter」(編曲)
  • 沢田研二「憂鬱なパルス」「夜明けに溶けても」(作曲)
  • 鈴木祥子「Swallow」「水の冠」「この愛を」(編曲)、「Little Love」(作曲・編曲)
  • 富田靖子今日子」「よりみち」(編曲)
  • ともさかりえ「ふたりのせいじゃない」(編曲)
  • 中西圭三「SO BAD」「月の上に腰かけて」「次の夢」(作曲・編曲)
  • 氷室京介「魂を抱いてくれ」「SHAKE THE FAKE」(編曲)、「PLEASURE SKIN」(作曲・編曲)
  • FayrayI'll save you」「Baby if,」(編曲)
  • 福山雅治HELLO」「HEAVEN」「HEY!」(編曲)
  • 藤井フミヤTRUE LOVE」(編曲)
  • 藤井尚之「友達になろう」(作詞・編曲)、「生活」「UNDER THE MOONLIGHT」「許してください」(編曲)
  • 松たか子「花のように」「Clover」「明日にくちづけを」「未来になる」「冬のトレモロ」(編曲)
  • Le Couple海の底でうたう唄」「夢で待ち合わせしよう」「7月の感傷」(編曲)
  • 渡辺美里「彼女の彼」「MILK HALLでお会いしましょう」「NEWS」「彼女が髪を切った理由」「真夏のサンタクロース」(作曲)、「センチメンタル カンガルー」「君の弱さ」「HAPPY TOGETHER」「風になれたら」「恋する人魚」「パイナップル ロマンス」(作曲・編曲)、「シャララ」「19才の秘かな欲望」「ぼくらのアーチ」(編曲)「ロマンティック・ボヘミアン」(作曲・編曲)「しなやかに跳べ!~Life goes on~」(編曲)「春の日 夏の日 日曜日」(編曲)

劇伴[編集]

外部リンク[編集]